170 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/10/22(木) 02:36:22 ID:ygtFG82O
流れをぶった切って何かオリオン座流星群が来てるってことで、麻雀部のみんなで見に来たって設定で。


京「部長~こんな夜中に学校に忍び込んで大丈夫なんすか?」
久「大丈夫大丈夫。それに今日を逃したら次はいつになるか分からないでしょ?」
京「そうですけど……へ……へっくしゅ!」
和「須賀君、寒いんですか?」
京「ん、あ~、ちょっとだけな。最近朝晩は冷え込むようになってきたしな~」
咲「京ちゃん、大丈夫?」
優「犬のくせに寒いなんておかしいんだじぇ!」


和「……須賀君、隣……いいですか?」
京「へ?お、おぉ。」

    ギュッ!

京「の、和!?」
和「こ、こうしてくっ付いていれば暖かいでしょう?」
京「あ、あぁ」
咲・優(ムッ!)


咲「きょ、京ちゃん!わ、私も隣いい!?」
京「へ?お、おぅ」

   ギュッ!

京「ちょ!な、なに腕に抱きついてんだよ!?」
咲「だ、だって寒いんだもん!」
優「あ~私も何だか寒くなってきたじぇ。」

   ギュッ!

京「だー!お前も何してんだ!離れろ!」
優「ん~?咲ちゃんとのどっちは良くて私はなんでダメなんだじぇ?」
久「あら~、暖かそうね。じゃあ私も」

   ギュッ!

京「ちょちょ!ぶ、部長……その……背中に……!」
久「当ててんのよ。あ~、須賀君って暖かいわね」










まこ「星がキレイじゃの~」



終わり

名前:
コメント: