優希「京太郎!京太郎!大変だじぇ!」ドタドタ

京太郎「なんだよ突然……」

優希「あの人が!あの人が長野に帰ってくるらしいじぇ!」ハァハァ

京太郎「あの人?あの人って?」

優希「それは私の…」

コンコン

京太郎「待った!誰か来たみたいだ。ちょっと行ってくる」ツカツカ

京太郎「はーい!どちら様でしょうかー!」ガラガラ

煌「すばらです!」

京太郎「須原さんですか?」

煌「おっとすみません、名前を名乗ってませんでしたね!私は」

優希「花田せんぱーい!」ドダダダダギュー

煌「すばらっ!優希じゃありませんか!久しぶりですね。元気にしてましたか?」

優希「この通り、元気一杯だじぇ!」

煌「すばらっ!元気で何よりです」

京太郎「あのー……」

煌「はい、どうしました?」

京太郎「どちら様でしょうか?」

煌「おっと、自己紹介が遅れました。花田煌と申します!優希とは中学の時の先輩後輩に当たる仲です」

京太郎「そうだったんですか。あ、俺は須賀京太郎っていいます」

煌「須賀君ですね!いつも優希や和がお世話になってます」

京太郎「いえ、こちらこそ」

煌「ふぅむ……ところで須賀君、彼女はいますか?///」

京太郎「うぐっ!い……いません……」

煌「そうですか!では私と付き合ってみませんか!?失礼ながら私、須賀君に一目惚れしちゃいました!///」

京太郎「えっ!?一目惚れ!?マジですか…?」

煌「マジも大マジです!どうですか?これでも家事には自信ありますよ!」

京太郎「そうですねぇ……」

優希「ちょーーっと待ったーー!!」

煌「どうしたんですか優希?」

優希「京太郎は私のものだじぇ!いくら花田先輩でも横取りは許さないじょ!」

煌「えっ?そうなんですか?」

京太郎「違います!」キッパリ

優希「ひどい……私とは遊びだったのね……」

京太郎「おい、人が真剣な話し合いしてる時に冗談で茶化すのはやめろよ」

優希「うぐぐ……」

煌「!分かりました!優希も須賀君の事が好きなんですね!」

優希「ち、違うじぇ!///誰がこんな奴!///」プイッ

煌「ふふ、顔真っ赤ですよ」

優希「あぅぅ~…」

煌「あの、須賀君」くるっ

京太郎「あ、はい」

煌「今須賀君は二人から告白を受けている状態ですが、彼女に出来るのは一人だけです。どちらを選びますか?」

京太郎「俺は……」


カンッ