玄「おもちパラダイス!?」ガタッ

憧「うん、京太郎はそう言って部室に向かったけど…って、ちょっとクロ!?」

玄「失敬!」ドヒューン

おもちパラダイス、それはこの世の楽園
桃源郷、いや西瓜源郷、あるいはメロン源郷!
同志京太郎君ほどのおもちフリークが目をつけるなら、それはさぞかし…!
そしてもしそんなエデンがあるのなら…

玄「京太郎君の独り占めにはさせないのです!」

玄「部室到着! これより内部の確認をば…ん?」

『うわっ、大きい…』
『そ、そうかな』
『それに、柔らかいですね』
『そんなにいじっちゃ…あっ、つんつんしちゃダメ…』
『す、すみません。我慢出来なくて。…でももういいですよね? ほら、さきっぽもこんなにふくらんで、色づいてるし…』
『…うん。いいよ』
『…それでは』


玄「ぬわぁーっ!!! おもちぃいいい!!!!!」ガチャッ!


ストーブの上に置かれた金網&焼き餅

玄「……へ?」

京太郎「いやー、やっぱ海苔で巻いて醤油つけるのが一番ですね」

宥「私はあんこも好きかな…って玄ちゃん?」

玄「」

京太郎「ん? ああ、玄さんも食べます?」

宥「どうしたの? そんな顔して…」

玄「……オモチ…オモチ」

京太郎「ほら、今ちょうど焼けたところで」

玄「おもちー!!!」ビリィ

京太郎「イヤー! 服がー!」

宥「きゃあああああ!!」

玄「ひし餅ペロペロ! ひし餅ペロペロ!」

京太郎「助けて宥さーん!」

カン