京太郎「あの?」

由子「ん? どうしたん?」

昼休み。青く茂った葉が紅葉し始めた秋の空の下。

長椅子に座る俺と由子先輩。

連れ立って中庭を訪れた俺たち、早々に弁当を片付け今は食後の一休みといった具合である。

のだが。

由子「~♪」

隣り合って座っている。っというには些か近過ぎる距離。

詳しく言えば、俺の側面左側。分子一つ分の空間も作らず密着した状態。

俺の左肩を背凭れに、自身の膝に両手を重ねた由子先輩はただ黙って、けれどこの上なく上機嫌に俺見上げてくる。

京太郎「っ……///」

なんともむず痒い空気。自然と頬に朱が差し込む。

羞恥を払拭するように、視線を彷徨わせながらパックジュースを啜る。

京太郎「あの」

由子「ん~?」

口火を切ったのは俺の方から。

京太郎「由子先輩は、なんでそんなに俺に構ってくれるんですか?」

以前から疑問に思っていたこと。名門姫松のレギュラーと平部員で万年雑用係の俺。

同部内ですら接点か持てなさそうな俺と先輩。

由子「それは私が、京太郎のことが好きだからよー」

京太郎「は?」

素で、素っ頓狂な声を上げてしまった。

普段通りの由子先輩の間延びした声が、世間話でもする気軽さで自然に告げててきた為、一瞬思考が追いつかなかった。

京太郎「それは、どういう……」

由子「どういう意味かは、自分で考えてほしいのよー……」

初めて、由子先輩の視線が外れる。その顔は反対側へと移動し、こちらからは表情が伺えない。

が、僅かに、頬が赤らんでいるようにも見える。

背凭れに乗せていた左腕を由子先輩の薄い肩に回す。

由子「ぁ……」

吐息のように、小さく零れた感嘆符。

身を捻り上体を左に向ける。右手を先輩の頬に添え、やさしくこちらを向けさせる。

再び視線が出会う。いつもどこか余裕のある柔和な笑みではなく、はっきりと見て取れるほどの紅潮。

まぁ俺も似たようなものだろう。

数瞬の静寂。

由子先輩の瞼が静かに閉じられた。


カン!