某所でちょっとやったひな祭りネタリメイク

怜「りゅーかー、キョータロー、どこやー?」

船Q「どないしたんですか?園城寺先輩」

怜「お、フナQ、竜華と京太郎どこにおるか知らへん?」

船Q「うーん、少し前に見かけましたけど、どこにいるかは分からないですね」

怜「そか……」

泉「お二人なら家庭科室に行く言うてましたよ、何か作っとるんとちゃいます?」ヒョッコリ

怜「ホンマ?んじゃ行ってみよ」

セーラ「ひな祭りやし、菱餅とか雛あられ食えるかもしれんな!俺もいくで!」

船Q「ほな折角ですし皆で行きましょうか」

泉「そうですね、行きましょう」

――――――
――――
――

船Q「で、来たのはいいんですけど……」

怜「」カベピタッ

泉「」カベピタッ

セーラ「」カベピタッ

船Q「何で皆して聞き耳立ててはるんですか?はよ入りましょうよ」

セーラ「いやー、なんとなく気になってな?」

泉「何か面白いこと起こらへんかなーって」

怜「ちょっとくらいええやん、船Qも聞こ?な?」

船Q「まったく、す、少しだけですよ?」イソイソ

怜「やっぱり船Qも気になるんやん……」

~~~~~~~

京太郎「もう限界だ!触るね!」

竜華「きょ、京太郎君、アカンって!ああっ!」

京太郎「うわっぷ!」

竜華「もー、だからそんな弄っちゃアカンって言うたやないか」

京太郎「すいません、どうしても気になっちゃって」

泉(せ、先輩のを弄る!?)///

京太郎「うう……顔まで潮でベタベタだ……」

竜華「あーあーあー、拭いたるから顔寄越し」

京太郎「ありがとうございます、ん、しょっぱい」

竜華「ちょ!汚いから舐めたらアカンって!」

セーラ(し、潮!?それに竜華のを舐めるって!?)///

京太郎「でも結構勢いよく潮を噴くもんなんですね、ビュービュー出てましたよ」

竜華「普段はそんなでも無いんやけどね……あんなん初めてやわ、京太郎君のだからやろか」

京太郎「普段って……竜華さん結構やるんですか?」

竜華「せやね、それなりに好きやし家でよくやっとるよ」

船Q(い、家でよくやるて、何を言うとるんですか先輩!?それに『京太郎君のだから』!?そんな凄いんですか!?)///

京太郎「へぇ、やっぱりそうなんですか、先輩らしいですね」

竜華「何や、ちょっと恥ずかしいな」

京太郎「そんなことありませんよ!イメージにピッタリです」

竜華「そ、そう?ありがと」

怜(京太郎何言うとるん!?竜華もお礼言うところちゃうで!?)///


京太郎「じゃあ準備できたみたいですしそろそろ……」

竜華「せやね、じゃあ京太郎君、入れてくれるか?」

京太郎「俺でいいんですか?初めてなのに」

竜華「かまへん、一気に入れてぇな」

京太郎「はい!それじゃ……」

「「「「ちょっと待ったーーーー!!!」」」」

京竜「」ビクッ!

怜「ふ、二人とも!一体何をやっ……て……」

竜華「」つ鍋

京太郎「」つボウル

怜「……ホンマに何やってるん?」

竜華「何って……料理に決まってるやん」

京太郎「ひな祭りですし、蛤のお吸い物を」

京太郎「親戚が新鮮なのをくれたんですよ、皆に食べてもらおうと思って」

竜華「そうや!ちょっと聞いてぇな怜~、京太郎ってば砂抜き中に蓋弄るから蛤が潮噴きだして大変やったんやで~」

京太郎「ちょっ!言わないでくださいよ!」

竜華「それなりに家で料理はしてるけど京太郎君が持ってきたやつの活きが良かったのか、あんなん初めて見たわ」ニヤニヤ

京太郎「うう、園城寺先輩助け……って、なんで皆さん顔真っ赤にして震えてるんです?」

「「「「き、京太郎のアホーーー!!!」」」」

京太郎「な、何でー!?」

カンッ