京太郎「ほうほう~相も変わらずかわいい子が多いなあこの会場は」

慕「うーんどうしよう?」

京太郎「お?どうしました?」

慕「あ、こんにちは」

京太郎「こ、こんにちは…どうしたんですか?迷子ですか?」

慕「ち、違うよ?ちょっとお散歩してただけだよ?本当だよ!」

京太郎「わ、わかりましたよあんまり大声を出さないでください」

慕「ううっ」

京太郎「それで?お姉さんは妹さんか誰かの応援に来たんですか?」

慕「えっそう見える?えへへ~うれしいなあ」

京太郎「ええ、どこの学校ですか?」

慕「ふっふっふ、実は秘密の任務があってここにいるのです」

京太郎「任務ですか?なんかたのしそうですね!どういう」

慕「あ~~!まだドリアンジュース売ってるんだ。もう無くなったとおもってたのに!」

京太郎「・・・聞いてないよこの人」

慕「ああ、ごめんなさい、なんだっけ?」

京太郎「秘密の任務・・・」

慕「ああ、それは~はやりちゃんをおどろかしって!言っちゃだめじゃない!」

京太郎「いや本当にいうとは・・・」

慕「また閑無ちゃんに怒られるよ…これは・・・」

京太郎「もしもーし?」

慕「わかった!秘密を知られた以上、君を生かして帰るわけにはいかないよ」

京太郎「うえっ?」

慕「協力してもらうねっお名前なんて言うの?」

京太郎「…京太郎、須賀京太郎です」

慕「きょーたろー君だね。私は白築慕。よろしくねっ」

京太郎「あ、はいよろしく」

慕「それでは行きましょう~」

京太郎「ああ、もう行きますよ!」

カンッ?