淡「キョータロー」ダキッ

京太郎「ん?」

淡「きょーおーたーろーおー」グリグリグリ

京太郎「うぉぉ、気持ちわりぃっ!?何だよ淡!?」

淡「何でもなーい!んふふー…」スリスリ

京太郎「あーもー…前回ってこい」

淡「むー…むむむむ…」ググググ

京太郎「…何してんの?」

淡「抱きついたまま前に回ろうとしてるの…むむむー…」

京太郎「アホか」ペシッ

淡「あわっ…あー!離しちゃったじゃないもー!馬鹿!」

京太郎「うるせぇ。ほら、はよこい」

淡「むー」トテテ チョコン

淡「ぷいっ!」プイッ

京太郎「声に出すなや」ペシッ

淡「あわっ!?もーキョータローってば頭叩きすぎ!お馬鹿になったら責任とってくれるの!?」

京太郎「心配しなくともお前は十分に馬鹿だよ…」

淡「む!馬鹿っていうな!」

京太郎「馬鹿に馬鹿って言って何が悪いって言うんだよこの馬鹿」

淡「また馬鹿って言ったー!馬鹿って言う方が馬鹿なんだぞぅ!」

京太郎「テストで高得点とる馬鹿っているのかねぇ…」

淡「う…べ、勉強できても意味ないし!時代は生活力だし!」

京太郎「家事全般俺の方が上手いけど?」

淡「…ま、麻雀とか…」プルプル

京太郎「お前昨今のインハイ事情知った上でそれ言うの?」

淡「う…うぅ…」プルプル

京太郎「生活力無いし、勉強できないし…こんなんで将来やっていけるのかねぇ…」

淡「うぅ~…」ジワッ

京太郎「…でもま、心配すんなよ」ポン

淡「…ふぇ?」

京太郎「お前は俺がもらってやるからさ」

淡「ほ、ホントに…?」

京太郎「あぁ、もちろんだ」

淡「キョータロー…!」パァァ

京太郎「ペットの面倒は最後まで見なきゃな?」

淡「だいっきらい!」

カンッ