番外編―まことイチゴと京太郎―

まこ「うーん、困ったのう」

京「どうかしたんですか先輩?」

まこ「おお、京太郎か。実はのう…明後日ウチの店でイチゴを大量に使うイベントがあるんじゃけど…」

京「なるほど、料理に使うイチゴを調達するのに手間取っているって訳ですか」

まこ「そうなんじゃ……イベントまで時間がないっちゅうのに…ほんに困ったわい…」

京「あの、もし良かったら俺の親戚にイチゴの業者の方がいますから、その人にいえば安くイチゴが手に入るかもしれませんよ」

まこ「ほんまか!? 京太郎、悪いけどその人に話をしてもらえんかのう?」

京「ええ、良いですよ」

まこ「恩に着るわ京太郎! じゃあ、お金を渡しておくから、出来るだけ沢山のイチゴと交換しておいてくれ!」

京「任せてください染谷先輩! 出来るだけ沢山のイチゴて交換してきますよ!」(ニヤリ

――帰り道

京「しめしめ、親戚の人に言えばイチゴはタダ当然で手に入るからな…このお金は俺が…フフフ」

京「ん……これはまさか!」パッ

京「どこに行ってもなかった新作のゲームじゃないか!まさかこんな所にあったなんて…。 ああでもお金が…」

(ふと、鞄の中にあるまこから渡された金が目に入る)

京「うう…この金は…まぁ、どうせ俺の金になるんだしいいか!すいませーん、これください!」

――自宅

京「いやー!やっぱりモンスターバスター3は面白いな!買って正解だったぜ! おっとそろそろ親戚に電話しないと…」

プルルルル…

京「あれ…おかしいなぁ…電話が繋がらねーや」

ガチャッ

京「あ、おじさん…京太郎だけどさ」

電話『ただいま、旅行に行って一週間は帰ってくる事が出来ません。 用事のある方はピーと…』

京「……………」

―――二日後の喫茶店にて

まこ「全く京太郎の奴、いつまで待たせるつもりなんじゃ! もうお客さんが一杯来とるっちゅうのに」

京「や、やあ染谷先輩…」

まこ「おお、やっと来たか京太郎!で、イチゴの方は大丈夫なんじゃろうな?」

京「は、はい……もちろん大丈夫ですよ……」

(大きな箱をまこに手渡す)

まこ「おお!思ったより沢山ありそうじゃの! どれどれ…」

京「ちょっと待ったぁ!」

まこ「な、なんじゃ京太郎。いきなりデカイ声を出して…」

京「まだ箱を開けてはいけません先輩。このイチゴは非常にデリケートなため、外気に触れると鮮度が落ちていくんですよ。
ですから、調理する前に箱を開けた方が良いって親戚の人は言ってました」

まこ「そ、そうか…なら箱は開けん方がええな」

京「じゃあ俺はこれで…」

まこ「待ちんさい京太郎、せっかくだからウチで食べていけ! お前には感謝しとるんじゃからの」

京「いえ、咲との約束がありますから……」

まこ「ほう……おぬし、咲とのデートがあったんか!そりゃあすまんかったの!」

京「ははははは……じゃあ俺はこれで失礼しまーす!」ピュー

まこ「なんじゃアイツ……まぁ、ええわ!とにかくイチゴを運ばんと」

まこ「ぐっ…重い…イチゴってこんな重いもんじゃったけ……」

客「おーいまこちゃん!そろそろイチゴ料理が食べたいんだけど!」

まこ「はい、すまんのう!今から新鮮なイチゴを皆に見せるけん待っとれ!」

ドスンッ

まこ「ほれ、これが今日、皆にご馳走する…イチゴじゃ~♪」

パカッ

一同「へ……?」

客「これは……ワカメ?」

まこ「な…な…なんじゃこりゃ~!!」

客「どういう事だい、まこちゃん!今日はワカメじゃなくてイチゴを食べに来たんだけど!」

まこ「あ、いや……ワシにもさっぱりじゃ…」

まこの親戚「まこちゃん!イチゴはどうしたのイチゴは!どういう事か説明してくれ!」

まこ「いえ……だからその……」

―――次の日の麻雀部

ガシャーン!

鎧武者まこ「京太郎の馬鹿はどこじゃ!どこにいる!」

久「す、須賀君ならイチゴ狩りを楽しんでくるって静岡に行ったわよ……」

―終―

名前:
コメント: