ガタンガタン…

京太郎「尭深さん、おっぱい揉ませてくださいよ」ボソッ

尭深「なっ、なに言って…電車の中なんだよ……」

京太郎「だってこんな立派なものぶら下げてたら…ねえ?」

尭深「だって周りに人いるんだし……」

京太郎「端っこですし静かにばれませんから……」モニュ

尭深「ちょっ、ちょっと!」

京太郎「あんまり大声出すとばれちゃいますよ?」ボソッ

尭深「~~っっ!」

京太郎「やっぱ尭深さんのおっぱい大きいですね…それでいてこんなに柔らかい」

尭深「やっ…そんなっ……」

京太郎「流石に服の上からですけど…直接だったらどこまで柔らかいんですかね?」

尭深「わっ、わかんないから……」

京太郎「まあ今は服の上からの感触を楽しみますから……」モミモミ

尭深「あっ…やんっ!」ビクッ

京太郎「声出てますよ?」モミモミ

尭深「くっ……」

京太郎「まあそれだけ気持ちいいってことですよね?」モミモミ

尭深「そんなこと…ないからっ……」

京太郎「まあそんなこと言わずに…気持ちよくなっちゃってくださいよ」モニュ

尭深「うっ…あうっ……」フルフル

京太郎「ここでイッたら周りにばれちゃいますから我慢してください」

尭深「そんなのもう…無理っ……やあぁぁぁぁっっ!」プシャアアッ

京太郎「うわ、盛大に潮吹いちゃってまあ……」

ざわ…ざわ…

京太郎「やばっ…ばれそうだ……」

尭深「はぁ…はぁ…//」

京太郎「ほら、ばれないうちに電車降りますよ!」

カン!