\ピンポーン/

淡母「はーい、どちら様ですか?」

京太郎「あの、須賀京太郎っていいます。淡さんはいらっしゃいますか?」

淡母「淡ね。淡ーお友達よー!」

淡「はいはーい!」ドタドタ

ガチャッ

淡「あ、京太郎!遊びに来てくれたんだ!」

京太郎「ふっふっふっ、実は俺」バリッ

大沼「わしじゃったんじゃよ。ふっほっほ、可愛い娘じゃのう。可愛がってあげるぞ~(性的な意味で)」

淡「…………」バタンッガチャガチャ

淡「さ~て、戻ってバイオハザードの続きしよーっと」


一方、本物の京太郎は……

京太郎「……照さん」

照「……」

京太郎「あの、照さん」

照「~♪」

京太郎「照お姉ちゃん」

照「なに?」ニッコリ

京太郎「なんで俺のベッドに入り込んでんのかな?」

照「京ちゃんの寝顔を近くで見たかったから…//」

京太郎「いや、照さんが来た時…」

照「照お姉ちゃん」

京太郎「…照お姉ちゃんが来た時、俺もう起きてたんだけど」

照「じゃあ寝て」

京太郎「今からは無理だよ……」

照「じゃあ子守唄歌ってあげる…」

京太郎「はい?」

照「~~♪」ぎゅっ

京太郎「わっ!?照お姉ちゃん!?///」

照「京ちゃんの背中……大きくなったね…♪//」

京太郎「そりゃ成長したから……それより、照さ…お姉ちゃん」

照「んっ?」

京太郎「照お姉ちゃんの心臓、とってもドキドキしてるよ」

照「京ちゃんもとってもドキドキしてる…♪だから、おあいこ」

京太郎「…おあいこだね」

照「ぷっ…くすくす」京太郎「あはははは」

照「……ねえ、京ちゃん…」

京太郎「ん…」

照「好き…」

京太郎「……俺も」

カンッ