京太郎「玄さん知っています、最近おもち揉むのがブームなんですよ?」

玄「ふふっ…おもちマイスターである私が知らないわけないのですっ!」ドヤァ

京太郎「というわけなので揉ませてください」

玄「だめだよっ! お姉ちゃんのおもちは私のものなんだから!」

京太郎「いや、揉むのは玄さんのです」

玄「ふえっ!?」

京太郎「じゃあ失礼して……」モニュ

玄「ひゃんっ!」ピクッ

京太郎「宥さんに劣らず玄さんもいいおもちしてますよね」モミモミ

玄「そんなっ…やんっ…だめだよこんなの……」

京太郎「まあ減るものじゃないですし、ね?」

玄「ねぇ、今なら誰にも言わないで許してあげるから…やめてよぉ……」ビクッ

京太郎「そんなこといってますけど気持ちよさそうじゃないですか?」モミモミ

玄「そんなっ…ことはぁ……」ビビクン

京太郎「松実館のサービスでこういうのないんですか?」モミモミ

玄「うちはぁ…普通の旅館だからっ……ひゃうっ!」

京太郎「先っぽいい反応だな…えいっ!」クリッ

玄「ふにゅうぅっ……だめっ…そこはっ……」ビクビク

京太郎「まあまあ…気持ちよくなっちゃいましょうって…ほらほら~」グニッ

玄「んっ…んにゃあぁぁぁぁっっ!!」プシャアアアァァ…

京太郎「あっ…」

玄「あへぇ…京太郎くん……」

京太郎「ちょっとやりすぎた」

カン!