洋榎「あれ、おかんどっかいくん?」

雅枝「あー、ちょい須賀んちにな。あのころくなもん食っとらんやろし」

絹恵「おかん須賀くんのことお気に入りやもんなー」

雅枝「あほなことゆーとらんと、あんたらは留守番やっときや」

「「はーい」」

----

洋榎「とはゆったけど、実際ガースーのことお気に入りやんなー」

絹恵「そやねー。よう泊まりがけで麻雀教えにいっとるもんな」

洋榎「にしても、初心者のガースーがおかんのしごきに耐えられるんやろか?」

絹恵「厳しいもんなーおかん」

洋榎「なむなむ」

----

ぴんぽーん。

京太郎「はーい。どちらさまですかー」

雅枝「・・・うちや」

京太郎「あ、雅枝さんか」

がちゃり。

京太郎「いらっしゃいっす。また来てくれたんですね」

雅枝「まぁな。じゃますんで?」

京太郎「どぞどぞ」

がちゃり、ばたん。

京太郎「まさえさーん!」ぎゅーっ。

雅枝「もう、いきなり抱きつかんといて」

京太郎「えー、だってー」

雅枝「だってもなにもあらへん。ほら、ご飯作ったるさかい、いくで」

京太郎「はーい」

雅枝「もう……」

ぎゅうっ。

雅枝「後でちゃんとかまったるから、な?」


洋榎「きぬー、風呂上がったし次入りー」

絹恵「りょーかーい」

洋榎「おかんらは今頃なにしとんやろな?」

絹恵「んー、須賀くんのことやし、お風呂に入ってるおかんのこと覗いてしばかれとるんちゃうか?」

絹恵「ほら、須賀くんってエッチやん?」

洋榎「あー、わかるわかる。むっつりやな」

洋榎「(よくウチの髪とかいじってきおるしなー。言うてくれたらもっと他のとこ触ってもええのに……)」

洋榎「ほんま困ったもんやで」

絹恵「ほんまになー。女の子は男の子の視線に敏感やのに。ばればれやっちゅうねん」

絹恵「(うちや漫ちゃんのおっぱいちらちら見てきおるし。ちゃんと告白してくれたらやぶさかでもないのに……)」

絹恵「ほんままいるわー」

洋榎&絹恵「はっはっはー!」

洋榎&絹恵「(よし、姉妹間の闘争はなし、と)」

----

京太郎「雅枝さんとお風呂入ると犯罪チックなのはなんでだろうね」

雅枝「そら親子くらい歳離れたんと抱き合って風呂はいってたら、そういう感想もあるやろ」

京太郎「でも大好きなんですよねー」

雅枝「恥ずかしげもなくいいおるなぁ。これが若さか」

京太郎「言葉にしなきゃ伝わらないものもあるらしいので、まず雅枝さんといちゃいちゃするところから
はじめようかなぁ、と」

雅枝「うん、欲望丸出しやろ。あんたはまずウチのお腹に当たってる固いのをなんとかせえ」

京太郎「愛ゆえにですよ」

雅枝「それもどうなんや?」

京太郎「雅枝さんが俺のこと大好きにさせるからいけない」

雅枝「……」

京太郎「雅枝さん?」

雅枝「今日はめっちゃ気持ちよくしたる」

京太郎「わぁい」


京太郎「大丈夫ですか、雅枝さん」

雅枝「あかん、無理。腰が抜けてる」

雅枝「あんたが抜かずに何回もするから」

京太郎「正直すまんかったと思ってる。性欲を抑えきれなかった」

雅枝「うん、反省しとらんなぁ」

京太郎「えー」

雅枝「えー、やない」

京太郎「しかたがない。これから雅枝さんに手を出すのは控えよう」

雅枝「えっ」

京太郎「ん?」

雅枝「いや……別に」

京太郎「(かわいい)」


カンッ!