京太郎「おっぱい揉ませてください」

雅枝「またか…まあええけどな」

京太郎「うーむ、やはりこの大きさ…この張り……すばらとしか言いようがない」モミモミ

雅枝「あんたがいつも揉むからやろうな」

京太郎「ほんとこの年でこのおっぱいは…あだっ!」ゴンッ

雅枝「だれがおばさんやっ!」

京太郎「痛い…そんなこと言ってないのに……」グスッ

雅枝「いつも思ってたことがあるんやけど…」

京太郎「なんですか?」モニュッ

雅枝「どうして服の上からなんや? 直接やのうて?」

京太郎「だって痕ついたりしたら旦那さんにばれるじゃないですか」モミモミ

雅枝「あれ? うち離婚してるって言ってなかったか?」

京太郎「えっ? 初耳なんですけど…」モミモミ

雅枝「旦那おったらこないなことさせへんし……じゃあ生で揉んでみるか」シュルッ

京太郎「おお…黒いエロ下着……」

雅枝「んっ……」プルッ

京太郎「ピンク乳首っっ!」ビクッ

雅枝「ほら、遠慮せんで揉んでええよ?」

京太郎「うっほ…柔らかい!」モミモミモミモミ…

雅枝「あっ…そんな夢中になって…そんなに生おっぱいがええんか?」

京太郎「生おっぱい最高です! 服の上からになんてもう戻れない……」モニュモニュ

雅枝「ふふっ…揉むだけでええんか?」

京太郎「えっ?」ドキッ

雅枝「舐めたり吸ったり……してみたくないんか?」

京太郎「なっ、なら……あむっ!」

雅枝「ふふっ…おっぱいおいしいか?」ナデナデ

京太郎「ちゅるっ…甘くておいしいです……じゅるるるっっ……」

雅枝「やっ…そんな激しく吸ってももう母乳は出えへんで?」

京太郎「じゅっ…はぁ……雅枝さんの母乳飲んでた2人がうらやましいぜ……」

雅枝「じゃあ飲ませてあげられへんお詫びに……挟んだろか?」

京太郎「挟むっっ!?」

雅枝「ほら、大きくなってるそれ…挟んでみとうないの?」

京太郎「お願いします!」ボロン

雅枝「ふふっ…こんな大きいの持っとるんやな……えいっ!」ムニュ

京太郎「ぱうっ!?」ビクッ

雅枝「ほらこうやって…んっ……気持ちええやろ……」ムニュムニュ

京太郎「あひっ…んひっ……」ビビクン

雅枝「ええ顔しとるなぁ……竜華はこういうことしてくれへんのか?」ムニムニ

京太郎「しっ…してくれますけど…こっちも気持ちいい……」ビクビク

雅枝「そか…ならたんと味わうんやな」ムニュムニュ

京太郎(本番まで…本番まで行かなければ浮気じゃないから……きっと)ビュルルッ

カン!