京太郎「おっぱいが揉みたい」

竜華「なんやねんいきなり……」

京太郎「というわけで揉ませてくださいよ」

竜華「…頭大丈夫か?」

京太郎「ええ、大丈夫ですから揉ませてください」

竜華「嫌に決まっとるやろ!」ダンッ

京太郎「大丈夫です、すぐに気持ちよくなりますから……」ワサワサ…

竜華「その手つきやめーや」

京太郎「別に毎晩揉んでるんですしいいじゃないですか?」

竜華「それはそれ、これはこれやから」

京太郎「えーっ……」

竜華「いくら付き合ってるからってそないなこと言うたらダメやで?」

京太郎「大丈夫です、竜華さん以外にも言いますから」

竜華「はっ!?」

京太郎「怜さんなんて揉ませてって言えば喜んで揉ませてくれますよ」

竜華「衝撃の事実!?」ビクッ

京太郎「しかも生で」

竜華「ふええっ!?」ビビクッ

京太郎「さっきから驚いてばっかりですね」

竜華「あたりまえやろ!」

京太郎「大丈夫です、おっぱいが揉みたいだけで好きなのは竜華さんですから」

竜華「そうなんか…// ってそうやないやろ!」ダンッ

京太郎「ですから揉ませてください、生で」

竜華「大体なんで怜の揉んでるんや! うちのがありながら!」

京太郎「ほら、毎日ご飯たべてるとたまにパン食べたくなるじゃないですか、それです」

竜華「気持ちはわかるような…てか怜はなにして……」

京太郎「あっ、ナニまではしてないです。浮気になりますからね」ハハッ

竜華「どこからが浮気なんやろ……」

京太郎「ってことなんでおっぱいくらい頼めば揉ませてくれるもんなんですって」

竜華「怜と京太郎がすこしおかしいだけやから」

京太郎「まあまあ、もう我慢できないんで無理やりでいいですよね?」ガシッ

竜華「ちょっ…ほんまに……きゃっ!」モニュ

京太郎「大丈夫ですよ、おっぱい揉んだら終わりですから……たぶん」ボソッ

竜華「たぶんって…あっ…んきゅっ……」

京太郎「やっぱ竜華さんのおっぱいが一番ですねぇ…いやされるわぁ……」モミモミ…

竜華「ちょっと…激しいから……やさしくっ……」

京太郎「いやぁ…やさしくなんて無理ですって…その代わり気持ちよくしますから……」モニュモニュ…

竜華「んっ…先っぽは……やっ……ああっ!」ビビクン

京太郎「あれ、もしかして……」

竜華「……//」コクン

京太郎「…おっぱいだけじゃ終わらなさそうですね」モミモミ…

カン!