~各キャラにスカートめくりしてみた~

京太郎「……」そろ~り

煌「…」テクテク

京太郎「そぉい!」ガバッ

煌「すばらぁっ!?」ビクッ

京太郎「ほほう、ピンクか」

煌「きょ、京太郎君!何してるんですかぁ!?」

京太郎「え、ちょっとスカートめくりを……」

煌「やっちゃ駄目です!私だからいいですが、他の人にしたら殺されちゃいますよ?」

京太郎「へへ、気を付けま~す」そそくさ
…………
京太郎「よし、次は美子先輩だな」

美子「…」テクテク

京太郎「ざける!」ガバッ

美子「何事っ!?」ビクッ

京太郎「お、薄緑か」

美子「(ギロッ)……死なすぞきさん」

京太郎「えっ?」

美子「修羅の国の人間舐むんなよコラ!」ゲシッゲシッ

京太郎「ええっ!?ちょ!退散!」どひゅーん
…………
京太郎「はぁ、やばかった……さて、仁美先輩いってみるか」

仁美「…」ヂュー

京太郎「もるすぁ!」ガバッ

仁美「ぬおっ!?」ビクゥッ

京太郎「縞パン……いいセンスだ」

仁美「……京太郎がスカートめくりするのも政治のせい」

京太郎「はいっ?」

仁美「経済状況が悪い上に規制が厳しい。そうなると京太郎はエロ本が買えない。その結果スカートめくりに走る。よって、なんもかんも政治が悪い」

京太郎「はぁ…」

仁美「京太郎、政治について語るか」

京太郎「(まずい!)俺忙しいので!では!」どひゅーん


京太郎「仁美先輩の話は長いんだよなぁ……次は哩さんだな」

哩「…」スタスタ

京太郎「ガルーダフラップ!」ガバッ

哩「きゃっ!」ビクン

京太郎「白か、王道だな」

哩「京太郎……」くるっ

京太郎「は、はい!」

哩「わい欲求不満や?」

京太郎「え!?え~っと、そうのような違うような…」

哩「そいならそいで言ってくれりゃよかとに……///ほら、今保健室の空いとっけん行こうか…///」

京太郎「え?え?」


…………

京太郎「ふぅ……最後は姫子先輩か」

姫子「…」トコトコ

京太郎「ファイナルアンサー!」ガバッ

姫子「ひゃあっ!?」ビビクン

京太郎「ひ、紐だと…!」

姫子「きょうたろー…///」

京太郎「はい」

姫子「嫁入り前とにそげん事されたらもうお嫁に行けんばい///責任、取ってくるっとよね?//」

京太郎「話が重い!?」

姫子「はい、こん紙に名前と住所書いて印鑑押して…//シャチハタは駄目やけんね」

京太郎「ちょっ!婚姻届!?」

姫子「絶対逃がさんけんね…///」

京太郎「オワタ…」

3年後、京太郎と姫子は結婚しましたとさ
めでたしめでたし