淡「ほらぁ、いつもみたいに私のパンツでオナニーしてるとこ見せてよ」

京太郎「姉ちゃんのパンツ…まだお姉ちゃんの体温が……」シコシコ

淡「それにしてもお姉ちゃんのパンツ盗んでオナニーに使ってたなんてさいてーだよね♪」

京太郎「ごめん…ごめんなさいお姉ちゃん……」シコシコ

淡「でも手は止めないんだね~自分の精液付いたパンツを履かせるのってどんな気持ちだった?」

京太郎「それはっ……うぐっ!」シュッシュッ…

淡「まあいっか、それよりビクビク震えてるけどもう出そうなの? お姉ちゃんちゃんのパンツに出していいよっ♪」

京太郎「うわぁ…あっ! 出るうっ!!」ビュルッ!

淡「あはっ! こんなに出してそんなにお姉ちゃんのパンツよかったんだ?」

京太郎「はぁ…はぁ……」ピクピク…

淡「じゃあお姉ちゃんがぁ…駄目な弟のをお掃除してあげる♪ あむっ…」

京太郎「~~っっ」ビクッ!

淡「じゅぼっ…じゅるっ……ちゅうぅぅううっっ!!」

京太郎「ああっ…残ってるのまで…全部吸われてっ……いいっ!」ピクピク…

淡「んっ…ちょっと舐めただけでまたこんなに大きくなったね♪ そろそろお姉ちゃんの中に入れたいかな?」キュポッ…

京太郎「もう限界っ…入れさせてよぉ……」ウルウル…

淡「そんな泣きそうな顔しなくても入れさせてあげるからぁ……その代わりちゃんとお姉ちゃんを満足させてね♪」クパァ…


京太郎「お姉ちゃんっ…気持ちいいよっ……」パンッパンッ

淡「んんっ! そこもっと激しく突いてっ…気持ちいいのっ!」ビクッ!

京太郎「お姉ちゃん…おれもうっ……」パンパンパンパン…

淡「もう出そうなの? もっと我慢してよ…」ガシッ

京太郎「お姉ちゃんっ! 足どけないと中に出ちゃうって!」パンッパンッ

淡「ちなみに今日は危ないから中出ししたらできちゃうよ?」

京太郎「ぐっ…ほんとに限界なんだって!」パンパンパンパン

淡「もうっ…お姉ちゃんに種付けしたいんだ? いいよ♪ きょーたろーの赤ちゃん産んであげるっ♪」ギュッ

京太郎「~~っっ!! うああっ……あぁぁぁあぁぁっっ!!」ビクッ…ビュルッ…

淡「ああんっ♪ 一度さっき出したのにすっごい濃いね…量もすごいし溢れてきちゃった……これはできちゃったかな?」ゴポッ…

京太郎「あぁ…気持ちよかったぁ……」

淡「…何終わろうとしてるの? お姉ちゃんまだ満足していないよ?」

京太郎「えっ……」

淡「今度はお姉ちゃんが上になってあげるから……あんっ♪」ズボッ

京太郎「ちょっ…待ってよっ……痛っっ!」ビキッ!

淡「出したばっかで敏感だから痛いんだ? でもそんなの関係ないから♪」ヌプッヌプッ

京太郎「うぐっ……」


淡「あんっ♪ やっぱり騎乗位いいよぉ……奥まできょーたろーのが届いてぇ……ふきゅ♪」ズポズポ

京太郎「チンコ敏感すぎて…感覚がっ……」ピクピク…

淡「さっきからずっと精子出続けてるね♪ もうおちんちん壊れちゃったのかな?」ズプッズプッ

京太郎「あっ…あぁぁ……」

淡「お姉ちゃんもそろそろ限界っ……もういっちゃいそうだよっ♪」ニュプッニュプッ

京太郎「俺もまた出るからっ…どいてくれよっ……」ピクッ…

淡「中に出しちゃいなよ……そのほうが気持ちいいでしょ♪」

京太郎「でもっ…!」ビクビク

淡「もう1回出してるしいいでしょ? 言ったでしょ、お姉ちゃんが赤ちゃん産んであげるって♪」ズンズン

京太郎「まっ…また出ちゃうっ! 出るううぅぅっっ!!」ビュルルッビュルッビュルルルル!

淡「あっ♪ きょーたろーの精子たくさん出てるっ♪ 弟の精子で孕んじゃうぅっ♪♪」ビクッビクビクッ!

京太郎「はぁ…はぁ…お姉ちゃん……」

淡「えへへ~おなかの中きょーたろーの精子でいっぱいだよ?」タプン…

京太郎「お姉ちゃん……」

淡「まだ時間はあるから……今日はたくさんエッチしようね♪」

カン!