京太郎「淡…頼む…!もうやめてくれ…!」ガクガク

淡「んぶっ、じゅぶっ、じゅぶっ…ぷぁっ…♪」シコシコ

淡「んふふ、口ではそう言ってるくせにココはこぉんなにカチカチだよ?説得力無いねぇ」クスクス

京太郎「おっ、前がいきなりっ触るからだろ…!うぐっ…!」ビクッ

淡「もー、キョータローってば頭固いよー?カタくするのはここだけでじゅうぶ…んっ…♪」くちっ

京太郎「ちょ…!待てっ…!」

淡「あ…はぁあああ~♪♪♪♪♪」ぬぷぷぷ…

京太郎「ぐあぁぁ…!」ゾクゾクゾク

京太郎(膣内…すっげーうねって…!)

淡「んぁぁ…♪あはっ、全部入ったねキョータロー…♪♪童貞卒業オメデトー…ちゅっ♪」

京太郎「なんで…こんなこと…」

淡「なんでってキョータローが悪いんだよ?引っ張れば従うくせにいつまでもいつまでも煮え切らないことばっかして…だからっ…んっ」にゅるっ


京太郎「っ!」ビクッ

淡「私がっこーやってぇっリードっしてるんだよぉ?」ぬぷっぬぷっぬぷっぬぷっ

京太郎「うぁっ…あぁっ頼むっもうやめ…止めてくれっ!」

淡「…」ピタッ

京太郎「ぁ…」

淡「くすっ…♪今、がっかりしたでしょ…?」

京太郎「っ!」ドキッ

淡「図星なんだぁ…この変態さん…♪」

京太郎「そ、そんな…こと…」

淡「いいんだよ?別に」ボソッ

京太郎「…え?」

淡「だからぁ…その性欲、私にぶつけてもいいんだよ…?」

淡「あはっ。ほらほら、中でどんどん大きくなってきたよぉ…♪」

京太郎「あ、淡…」

淡「いいんだよ…オトコノコだもんねぇ…♪」

淡「だからキョータローのおちんちん…いつでもこうやってぇ…ほぉら♪」グリッ

京太郎「うぁっ…!」ビクッ


淡「ほらほらぁ…♪こうやって搾り取ってあげるよぉ…♪」グリグリグリ

京太郎「ちょ…淡…!今はマジでヤバ…!」ビクビクビク

淡「そういえば言い忘れてたんだけどね…?」ぬぷ…ぬぷ…

京太郎「…?」ハァ…ハァ…

淡「私今日危ない日なんだよね~…」ピクン

京太郎「~~!?」ビキビキビキ

淡「ひゃんっ♪あれぇ?今、硬くなったでしょ?くすくす…」

京太郎「ち、ちが…俺は…そんな…」ガタガタ

淡「そう言うくせに抜かないんだぁ…」クスクス

京太郎「お、お前が…抜かせないんだろうが…!」

淡「今私動いてないのにそんなこと言うんだね?」

京太郎「ぐ…」

淡「いいよ別に?責任とれー、なんて言わないし。でも中か外か…早く決めちゃわないと暴発するんじゃない?私は別にそれでも良いけど」

京太郎「それは…」

淡「今から動き始めるから早く決めてね…んっ♪」ぬちゅ…


京太郎「うぁっ…!」

淡「んっあっんっひぁっあぁっ♪♪」パンッパンッパンッパンッ

京太郎「あぁぁぁ…!」ビクビクビクビク

淡「ほらっ…ほらぁっ♪はーやく…しっないと…もれちゃう…ぞっ♪」パンッパンッパンッパンッ

京太郎「う…がぁ…で、出るっ!」ニュポンッ

びゅるっびゅるるるるっどくんっどくんっどくんっ…

淡「~~~~~!!!」ビクビクビクビク…

淡「あぁ…はぁぁ…♪気持ち…良かったぁ…♪♪♪」ピクッピクッ…

京太郎「はぁ…はぁっ…!な、なんとか…中出しだけは…!」ゼェ…ゼェ…


淡「くすっ…ねぇ…安堵してるところ悪いけど…知ってた?」

京太郎「な、何を…?」

淡「くすくすくす…♪」

――赤ちゃんのモトって…先走りのほうが多いんだって

京太郎「は…?おい…嘘…だろ…?」

淡「ねぇ、出来てたらどうする…?パーパ?」

淡「あはっ♪だからね…」

――もう一回…しちゃお…♥?

カンッ