姫子「ご主人様ぁ…♪姫子にぃ…姫子にお恵みをくらはぁい…♪」

京太郎「姫子…口、開けろ」

姫子「はい…♪」カパァ

京太郎「ほら…お前の欲しがってたモノだぞ…!」グッ

姫子「ぁ~む…じゅぷぷっ…~~♪」ゾクゾク

京太郎「ちゃんと口全体を使って…そうだ…」ズッ…ズッ…

姫子「んん…じゅぷ…♪んふっ♪んっ♪んっ♪んっ♪」ジュポッ ジュポッ ジュポッ ジュポッ

京太郎「くおぉ…うまいぞ…!」

姫子(ご主人様のがっ…♪喉につかえてぇ…♪苦しいのに…気持ちいいっ♪)ジュポッ ジュポッ ジュポッ ジュポッ

京太郎「そろそろ出るぞ…準備はいいな?」

姫子「っ~~~」コクコク

京太郎「イクぞっ…!」グイッ

ドブッドブッドビュルルルル…

姫子「っ!!!!っ…♪♪♪」ごきゅ…ごきゅ…ごきゅ…

京太郎「一滴もこぼすな…全部吸いだせ…!」

びゅくんびゅくんびゅくん…

姫子(ご主人様の…ザーメン♪いっぱいでてるよぉ…♪)ごきゅ…ごきゅ…


姫子「んふぅっ…♪じゅるるる…ちゅぽんっ…♪ぁむ…♪ちゅるるるる…ちゅぽんっ…♪」シコシコ

京太郎「全部吸い出せたか?口の中見せてみろ」

姫子「んぁぁ…♪」ぬちゃあ…

京太郎「命令通り一滴もこぼさなかったのは褒めてやる…よく頑張ったな。飲んでいいぞ」ナデナデ

姫子(はぁぁ…♪撫でられてるだけでイっちゃうぅぅ…♪)ゾクゾクゾク

姫子「ん…もちゅ…もちゅ…ごくっ…ごきゅっ…♪ごきゅっ♪……ぷはぁぁ…♪ゲェップ…♪」

京太郎「さぁ、選べ。前か後ろ、どっちがいい?」

姫子「んぅ…♪今日はお尻を虐めてください…♪」フリフリ

京太郎「わかったから急かすんじゃない…ほら、いくぞっ!」ズブン

姫子「きゅぅっ~~~~~~♪♪♪」ビクビクビク

姫子(い…♪いきなりははんしょくぅぅ…♪♪)ピクッ ピクッ

京太郎「何へたばってんだ…まだおわってねー…ぞっ!」パンッ

姫子「ふぎゅうっ!?」

京太郎「まだまだ俺はイかねぇぞー?気絶しても止めねぇからな」パンッパンッパンッパンッ

姫子「ん゛お゛お゛ぉ゛~…♪♪♪お゛っ♪ひっ♪いぃっ♪」ビクンッビクンッ

京太郎「そらそら、スパートかけっぞ!」パンパンパンパンパン

姫子「あ゛っ…ん゛あ゛ぁ゛ぁ゛~!!壊れるっ♪こわれひゃうぅっ♪♪」ガクガクガクガクガク

京太郎「奥に出すぞ!しっかり受け止めろよぉっ!!っくぅ!!」ドプッドププッビュルルル


姫子「※$□◇▲◎~~~~~!!!!!!」ブルブルブルブル

姫子「ぁっ……………」カクン

姫子「」プシャアアア…

京太郎「ふぅぅ~…」ズルルル ニュポンッ

姫子「あっ…♪あぁぁ~…♪♪♪」プピッ…ゴポポポポ…

京太郎「大丈夫か?おい」ユサユサ

姫子「あぁ~…♪う~…♪」スリスリ

京太郎「ちっとやりすぎたか…まぁすぐに戻るだろ」ナデナデ

姫子「あ~♪」ニチャア…

―――――

姫子「やっぱり私の見込んだとおり、京太郎は生粋のドSやったと…♪」スリスリ

京太郎「まぁ…ああいうふうにして喜んでもらえてるならいいんですけど…いまいち慣れないというか…」

姫子「その割に全然容赦してくれんかったけど…?」

京太郎「う」

姫子「ええんよ…♪そのほうが私も嬉しか…♪」ギュッ

姫子「これからもよろしく頼むばい…ご主人様っ♪」

カンッ