須賀京太郎カプ総合スレで書いてた京郁
全部やるとさすがに長すぎるのでキンクリ部分から

―――――
京太郎「キス…しますよ」

郁乃「ん、ちゅ…はぷっ…じゅっ…」

京太郎「はむ…ちゅっ…あ、垂れて…じゅるる…」

郁乃「ん…はぁ…キス…上手いんやね~…」トローン

京太郎「そうですかね?たまたまじゃないですか?」

郁乃(なんや女慣れしてそうな雰囲気でもあるけど~…まぁええか~)

郁乃「キスばっかりするのもええけど~…ココも触ってくれへん?」トロッ…

京太郎「うわ…糸ひいて…」

郁乃「んふふ~…どう?」

京太郎「すっげーキレイっす…じゃあ、触ります…」クチュ

郁乃「はんっ…♪やさしくいじってぇ…♪」ビクン

京太郎「中、広くてあったけぇ…」クチュ、ヌチュ

京太郎(あいつらとはまた違うみたいだな…)

郁乃「んっ…はぁ…♪そこっ…もっとぉ…」ピクッビクン

京太郎「ん…」ニュポッ

京太郎「すごい…濡れてますね…ほら…」ニチャア…

郁乃「もう…見せんでええから早くぅ…」モジモジ

京太郎「あ、はい…挿入れて、いいんですよね…」ギンギン

郁乃(あ…♪すごいおっきいわぁ~…うち…骨抜きにされて…情報、引き出されへんのちゃ

うかな…♪)ゾクッ

京太郎「ふっ…!」ヌププププ…

郁乃「っ…♪はぁあ~~~…♪」ピクピクピク


京太郎「全部…入りました…」

郁乃「んぅ~…♪キミの…おっきいわぁ…♪うちの中…もう一杯やで…♪」

京太郎「ははは…じゃ、動きますよ…!」ニュプッ ニュプッ ニュプッ ニュプッ

郁乃「んっ…はっ…あ、そこぉっ…らめっ…♪」ヌチッ ヌチッ ヌチッ ヌチッ

京太郎「ここですか?」グリグリ

郁乃「っ~~…♪♪♪♪あかんて…言うたのにぃっ…♪」ゾクゾク

京太郎「じゃあお詫びを込めてもっと気持ちよくしてあげますね…」グッ…

郁乃「え…?や、今動いたらあか」ズプンッ「っ~!?」ビクビクビク

京太郎「あ…もしかして今イッちゃいました?」

郁乃「せや…からぁ…♪♪ちょっと…きゅうけ…」ハァ…ハァ…

京太郎「ダメですよ。誘った側がへたばるなんて」ズズズズ…スパンッ

郁乃「ぎゅぅっ…♪♪しょんな…すこ…ひゃうっ♪」

京太郎「まだ俺は一回もイッてないんですからね?せめて出すまでは持ってくださいよっ…!」ヌプッヌプッヌプッヌプッヌプッヌプッ

郁乃「あっあっはっんっはげしっ…らめっまたイくっイくぅっ♪」

京太郎「ほらほら、まだ俺はイきそうにないですよ?そんなんで持つんですか?」パンッ パンッ パンッ パンッ

郁乃「やぁぁ…♪手加減…手加減してぇ…♪あっらめぇっ…イくぅ……♪♪♪♪」プシュウウ…

京太郎「今度は潮吹きですか…だらしないですね…」

郁乃(あかん…この子、上手すぎぃ…♪♪)

郁乃「はぁ…あっ♪ふぅぅ…♪んっ…♪」ピクピク

京太郎「そういえば…何か目的があって呼んだんじゃないんですか?」コリコリ

郁乃「ぴぃっ…♪きっ…気付いとったん…?」

京太郎「そりゃまあ露骨でしたしね…何が目的だったんです?」ニュルッ ヌプ…

郁乃「んにゃあっ…♪そこまで言うなら分 かっとるんちゃうのん…?」

京太郎「ここは言わせるのが様式美な気がして…それで?答えないならもうここで止めちゃいますよ?」ピタッ

郁乃「え…う、嘘やろ…?」

京太郎「嘘じゃありませんよ。何回もイってましたけど、精液を出されたほうが気持ちいいことはご存知でしょう?早く言わないと…」ズルル…

郁乃「い、言う!言うからぁ!止めんといてぇっ…!」ギュッ


京太郎「わかりました…それで?」

郁乃「い…色仕掛けですぅっ…♪男の子なら… 情報引き出せると思ってぇ…♪体で誘惑しちゃいましたぁ…♪」

京太郎「そんなことだろうとは思いましたが…」

郁乃「なぁ…言うたから続きしてぇなぁ…♪これ以上我慢したら頭おかしなるぅ…」フリフリ

京太郎「仕掛けた相手…しかも年下にはしたなくおねだりですか…?恥ずかしくないんですかね?」クリクリ

郁乃「やぁ…言わんといてぇ…♪」ゾクゾク

京太郎「ちゃんと可愛がってあげますよ…後のこと考えたら二回ぐらいしかできませんけど、 この感じなら十分でしょう?」グッ…

郁乃「はいぃ…♪あっ…♪」

ズプンッ

郁乃「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛~♪♪♪♪」

京太郎「一突きでっイくなんてっ乱れすぎですよっ」パンッパンッパンッパンッ

郁乃「あっやぁっ♪♪言わんでっ♪いわんでぇ♪」ヌチッヌチッヌチッヌチッ

京太郎「そろそろ俺もきついですし…外と中どっちがいいですか?」パンッパンッパンッパンッパンッ

郁乃「…かがっ♪いいっ…♪」ボソッ

京太郎「ちゃんと言わないと出してあげませんよ?」パンッパンッパンッパンッパンッ

郁乃「中がっ♪いいですぅっ♪中に出してぇぇぇぇっ♪♪♪」ヌチッヌチッヌチッヌチッヌチッ

京太郎「いい子ですね…スパートかけますよ…!」パンパンパンパン

郁乃「あっ♪やっ♪あっ♪またっ♪イくっ♪」

京太郎「ぐっ…出るっ…!」ズプンッ

コツン

郁乃「あっ♪♪子宮こ…♪」

ドプッビュルルル ドクッドクッドクッ

郁乃「○△×※☆◇!?」ビクビクビクビクッ

郁乃(うそぉ…こんにゃ…♪こんにゃの…♪はじめてぇ…♪♪♪)ゾクゾク

京太郎「ぐっ…まだ、出るっ…」ビュグン…ビュグン…

郁乃「そそぎ…込まれてるぅ…♪♪種付けぇしゅごいい…♪♪」ビクッ ビクッ

京太郎「…ふぅぅ~~~…」ズルルルル…ニュポンッ

郁乃「あっ…あぁっ…♪♪溢れてぇ…♪もったいにゃいのにぃ…♪♪」ゴププッ…



―――――

京太郎「はぁ…どうでした?気持ち良かったですか?」ナデナデ

郁乃「うん…♪今までで一番のセックスやったぁ…♪」ギュー

京太郎「それは良かったです…じゃあそろそろ…」スッ

郁乃「もう…帰るのん…?」

京太郎「…俺は姫松の人間じゃないですからね」

郁乃「…行かんといて~や…」キュ

京太郎「郁乃さん…」

郁乃「せめて一晩…ホンマはあかんけど…姫松の皆のこと教えるから…」

京太郎「…しょうがないですね」ハァ

郁乃「!じゃあ…」「でも」

京太郎「これは俺が居たいからなだけですから、情報はいりません。…姫松の皆だって頑張

ってるんだからそういうこと言っちゃ駄目ですよ?」

郁乃「でも…うちは聞き出そうと…」

京太郎「別にいいですって。そのくらい抱えられないと。俺は、男ですから」ニコッ

郁乃「…あほやなぁ…ホンマあほやで」クスッ

京太郎「それが俺ですしね」

郁乃「大好きやで…♪」チュッ

カンッ