京太郎「……」ボケー

?「……」コソコソ

ピトッ

京太郎「ほわああああああああ!?」

?「あはは、成功なのよー」

京太郎「ま、真瀬先輩……!?」

由子「ホットなのに驚きすぎよー」

由子「はい。紅茶とコーヒーどっちがいい?」

京太郎「あ、じゃあコーヒーで……」

由子「じゃあ、はいコーヒー」

京太郎「ど、どうも」

由子「こんなところで黄昏て。どうしたん?」

京太郎「いやーちょっと休憩といいますか」

由子「また洋榎や恭子にいじめられたんやね」ウンウン

京太郎「いや、いじめられたなんてそんな」

京太郎「俺がなかなか麻雀上達しないのが悪いんですから」

由子「まぁうちはこれでも麻雀に関しては名門だから、須賀君みたいんはめずらしいんやね」

由子「それが可愛くて、つい指導にも熱が入ってしまうんよ?」

由子「だから勘弁してあげてほしいのよー」

京太郎「それはぜんぜん、重々承知してますので」

京太郎「俺も早くみんなの練習相手になるくらいにはなりてぇなぁ」

由子「なら私もその目標に近付けるようにお手伝いするのよー」

京太郎「ホントですか!? ありがとうございます!」ペッコリン

由子「先輩として当然なのよー」フンス

由子「じゃあ早速、今から特訓なのよー」

京太郎「ええ!? 今からッスか?」

由子「善は急げという奴やね」

京太郎「は、はぁ……それでいったいなにをすれば? 牌譜の確認とかですか?」

由子「そやね。まずは、私のことを名前で呼んでほしいのよー」


京太郎「え? そ、それが特訓ですか?」

由子「そうよー」

京太郎「それと、麻雀とどんな関係が」

由子「まずは2人の親睦を深めるための歩み寄りからよー」

京太郎「いや、でも上級生ですし」

由子「私は気にしいひんよ?」

京太郎「でも先輩も俺のこと名前で呼んでませんよね、」

由子「京太郎」

京太郎「」

由子「京太郎、京太郎。これでいいんよね?」

由子「よろしくなのよー京太郎」ニコッ

京太郎「っ……///」

京太郎「いやぁでも……」

由子「洋榎や絹ちゃんは名前で呼んでるのに、私はダメなん?」

京太郎「いやあの2人は名字だと被るから仕方ないかと」

由子「理由はどうあれ事実はかわらないのよー」

京太郎「うぐ……」

由子「どうしてもダメなん?」

京太郎(上目遣い!?)

京太郎「由子、先輩……///」

由子「呼び捨てでも構わないのよー?」

京太郎「無理ですって!」

由子「あは、可哀そうやからこのくらいで勘弁してあげるな?」

京太郎「まったく、ま……由子先輩は……」ハァ

由子「それじゃあ部室に戻って練習再開よー」

京太郎「はぁ……じゃあ戻りますか」スク

由子(いつか絶対、呼び捨てにさせてみせるのよー)


カン