全国大会優勝後
細かいところは気にしないでください

久「はい、須賀くん」

京太郎「……へ?」

弁当箱

京太郎「あの……これは?」

久「見ての通りお弁当よ?」

京太郎「……いや、そうじゃなくて」

久「ちょっと失敗したり時間かかったりしたけど、まずくはないと思うわ」

京太郎「部長の手作りですか!?」

久「だからもう部長じゃないわよ……というか何?私の手作りじゃ不満?」

京太郎「……何か仕込んだんですか?」

京太郎「はっ!それともこれから何かさせる気ですか!?」

久「あのね……それはお礼」

京太郎「お礼?そんなことされる覚えは…」

久「あなたね……自分がしてきたことが分かってないの?」

久「あなたがいなかったら咲は入部しないで大会にも出れなかった」

久「あなたが雑用に専念してくれたから私達は練習に集中できた」

久「他にもそう、あなたがいてくれたからできたことはたくさんあるわ」

久「何より……全国で優勝できた」

久「だからこれはそのお礼のひとつよ」

京太郎「部長……」

久「だから部長じゃないって……ほら、早く食べなさい。感想ぐらい聞かせてよ?」

京太郎「は、はい!……あ、うまい」

久「そう。良かったわ」

京太郎「それにこれ俺の好物ばっかり……どれもうまいですよ!」

久「咲に聞いた甲斐があったわね」

京太郎「本当にうまい……ありがとうございます!!」

久「……ねぇ、お弁当の他にも、あげたいものがあるのだけど」

京太郎「はい、なんですか?」

久「…………年上の彼女とか、欲しくない?」


カンッ!!