久「須賀くん、噂で聞いたんだけど好きな子がいるんですって?」

咲、優希「」ビクッ

まこ「あんさん何を言っとるんじゃ」

和「そうですよ部長、立場を利用して他人のプライバシーに関わるような事を聞くのはパワハラです。」

久「そんな、重い事を聞いてる訳じゃないんだしへーきよね?」

咲「京ちゃんの好きな人って...」チラッチラッ

優希「京太郎...」ジー

和「パワハラですが私も気になります。言うのでしたら聞かせて下さい。」

まこ「和まで一緒になって!やめんしゃい!京太郎?」


京太郎「ケンナヨ...」

久「えっ?なんだって?」

京太郎「ふざけんな!アンタ何様だよ!いつもいつも雑用ばっかり押し付けやがって!イベントん時だって準備やら荷物持ちやらやらせて、『もう帰っていいわよ』」

久「だって、女子部のイベントに男子部員の貴方を」

京太郎「あー、はいはい、その通りでございます。部長様の言う通りですぅ。俺みたいな麻雀も碌にできない部員が着いて行っても清澄麻雀部のレベルを下げる事はあっても上げる事はありませんからねぇ。男子部員だから?都合のいい言葉ですね!」

久「そんなつもりじゃ」

京太郎「そんなつもりじゃない!アンタはそんなつもりじゃなくても俺は」ガシッ

まこ「あんさん言い過ぎじゃ。気持ちは分からなくも無いがのぅ正直すまんかった、おんしに甘え過ぎてたみたいじゃ」

京太郎「あ...スイマセン俺そんな...」

まこ「いいんじゃ、普段麻雀もせんと雑用ばかりさせられて不満が溜まってた所にあんな風にからかわれてはなぁ。ホレあんたらも謝りんしゃい」

咲「京ちゃんゴメンネ」

優希「京太郎ごめん」

和「遺憾の意を評します」

まこ「ほれ、あんたも」

久「ノリが悪いわね。分かったわよチッ反省してまーす」

まこ「あんさん!いい加減に!」

京太郎「染谷先輩!もう、いいです。俺ここではやっていけません、今迄お世話になりました後日退部届けを持ってきますので...」

久「えっ?須賀くんほんの冗談じゃない、そんな本気で怒らなくても...」

京太郎「部長。もう黙れ。」

久「」

京太郎「あぁ、最後ですから教えてあげますよ。俺の好きな人は染谷先輩です。いつも俺の事を気にかけてくれたのは染谷先輩だけでしたし、人間としてもとても尊敬してます。どっかの議会長殿と違いまして。」

咲「京ちゃん...」

優希「京太郎...」

京太郎「それじゃ、お世話になりました。失礼します!」

咲「待ってよ、京ちゃん!あ、部長。京ちゃんが辞めるんだったら私も辞めます。優希ちゃん、和ちゃんゴメンネ」

和「咲さんは須賀くんが連れてきて、付き合いで入部していたようなものですからね。それも仕方がありません。でも、私達とはずっと友達でいてくれますよね?」

咲「当たり前だよ!それじゃあ。待って京ちゃーん」


久「メンナサイ...」

まこ「久?」

優希「ぶちょー?」

久「ゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさい...」

和「今更謝っても遅いですけどね」

久「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」

まこ「和!」

和「本当の事じゃないですか。麻雀部が部として再開できるようにしてくれた5人目でありながら、5人目の女子部員の咲さんを連れてきてくれて、雑用を一手に引き受けてくれていた彼を労うどころかオモチャにして辞められたじゃないですか」

久「」

まこ「久、おい久」

久「」ガクガク

まこ「優希!保健の先生を呼んでくるんじゃ!和!久をベッドに横にするのを手伝え」

久(須賀くんゴメンなさい。私アナタの事が...好きだから意地悪してたなんて信じてくれないわよね...)

カンッ