久「私の麻雀スタイルって知ってる?」

京太郎「悪待ちですよね?」

久「正解。」

京太郎「それがどうかしたんですか?」

久「須賀君は鈍感ね。」

京太郎「?」

久「私って私生活でもそうなのよ。大事な日に、やりたいことをすると結構失敗しちゃうの。」

京太郎「そうなんですね。でも急になんで……」

久「これ、使わせてもらおうと思って。」

京太郎「あ、俺の『雑用チケット』ですか?」

久「そうよ。本当は昨日使いたかったけど、1日我慢したの。」

京太郎「たしかに、昨日うずうずしていましたからね。」

久「でもそれでよかったみたい。」

京太郎「どうしてですか?」

久「だって、今日なら須賀君…京太郎は私の自由に出来るんですもの♪」

京太郎「部活休みって……そう言うことだったんですか?」

久「そうよ。」

ガシャン!!

京太郎「鎖!?って、いきなり何するんですか!!」

久「言ったじゃない。私は悪待ちでしか、良い結果が出ないって。」

京太郎「確かに...言いましたけど…」

久「それを実行するだけよ。北九州代表の、哩姫さん達から教わったこの鎖でね♪」

京太郎「あ、あの人たちって……」

久「普通じゃ考えられない手のほうが、案外成功するって言ったでしょ?」

京太郎「そ、そんな、」

久「案外、私たち上手くいくかもしれないわよ?」

京太郎「だ、だ…もががが」

久「おっと、騒ぐと誰か来るかもしれないからね。 猿轡用意しといてよかったわ~♪」

京太郎「むぐむぐううう!!」

久「首輪付けてると......本当にペットみたいね、須賀君。お手♪」

久「あ、両腕も後ろで固定しているから無理か......」

京太郎(助けて―!!)

久「さぁ…続きはロッカーで、いっぱい楽しみましょうね……京ちゃん♪」





今までで最高のプレゼントよ

私の大事な...大好きな京ちゃん♪