ツヨナール・和

京「ロン!国士無双32000点!これで和がぶっ飛びで終了だ!」

和「そ、そんな…!また役満だなんて…」

まこ「こりゃあたまげたのぅ…まさか和が三回連続で京太郎の役満を直撃するなんて…」

和「こんな…こんなオカルトあり得ません!」

タコス「むむっ!さてはお前、イカサマをしているな京太郎!」

京「おいおい、全自動卓だぞここは」

咲「京ちゃん凄い…いつの間にこんなに強くなったの!?」

京「へへ…咲が俺に力を与えてくれているのさ。 お前のおかげだよ…咲」

咲「きょ、京ちゃんったら……///」

まこ「おーおー、熱いのうお二人さん!熱い事熱い事…」

久「フフフ、愛の力だなんて中々ロマンチックじゃない」

和「……………」(ドドドドドドドドド)

タコス(のどちゃん……なんだか顔が怖いんだじぇ…)

和「もう一回!もう一回勝負です須賀君! 次は絶対に負けませんからね!」

京「ああ、いいぜ…今度はどっちが勝つのか楽しみだぜ!」(ガサゴソ…)

タコス「よーし!今度は私が勝つんだじぇ!」

京「ゴグゴク……フヒヒヒ、ツヨナールうめぇ」(ボソッ

咲「京ちゃん頑張って!」

京太郎「ああ、頑張るから応援してくれよな咲!」

咲「うん!////」

和(くっ……宮永さん…私にも応援してくださいよ……)


――結局、この戦いでも和は京太郎に役満を振り込んで敗北する事となった

その日の帰り道

和「グスン……まさか…須賀君に6回連続で負けるなんて…あんなの…イカサマに決まっています!
でも…このままじゃ宮永さんが……私の宮永さんが須賀君の毒牙に……ああ!」(欲しい…宮永さんのために須賀君を倒す力が欲しいです!)

少年「ねぇねぇ、そこのお姉さん!」

和「えっ……もしかして私の事ですか?」

少年「うん、そうだよ!ちょっとだけでもいいから商品を見てってよ!
色々と面白いものを売っているからさ!」(ニコッ)

和「えーと…ごめんね僕、私はそういうのは買わな……)

【麻雀ツヨナール】

和「あの…この麻雀ツヨナールって…」

少年「おっ!さすがはお姉さん、お目が高い!これはね、飲むだけで麻雀が強くなる代物なんだよ!」

和「フフッ、すいませんけどそんな簡単な嘘には騙され……ハッ!?」(もしかして須賀君はツヨナールを使って……?
だとしたらこれを使えば須賀君に……!)

少年「どうかしたのお姉さん…?」

和「い、いえ…なんでもありません。 ところでこのドリンクの値段はどれくらいでしょうか…?」

少年「おっ!買ってくれるのお姉さん!?えーとね、今回は特別に5000円にしておいてあげるよ!」

和「ご…ごせんえ……」(た…高い…高いですけど……これで須賀君を倒す事が出来るなら。
いえ、あの卑怯極まりない男から宮永さんを取り返せるなら…安いものです!)

和「か…買います!ツヨナールを一つください!」

少年「まいど~!その薬には制限時間があるから気をつけてね~!」

和「分かりました、それじゃあ失礼します…」
(フフフ…須賀君、明日があなたの命日です!必ず、あなたから宮永さん取り返してみせますからね!
そして宮永さん……あなたは私と一緒に……!)


続くかな

名前:
コメント: