京太郎「リーチ!よっしゃあ、一発ツモ!満貫だぜ!」

マホ「じー」

京太郎「……」

マホ「じー」

京太郎「なあ、マホ」

マホ「はい!なんでしょうか京太郎先輩!」

京太郎「俺が麻雀やってるところなんて見てて楽しいか?しかもいつもみたいにみんなで打ってるならともかく今日はネト麻だし」

マホ「はい!」

京太郎「おぉ、即答だよ……うーん、参考までに何が楽しいか聞かせてくれよ」

マホ「えっと、ですね……京太郎先輩ってすごく楽しんで打ってますよね」

京太郎「そうか?自分じゃよくわからないけど……」

マホ「負けた時はすごく悔しそうで、勝った時はすごく嬉しそうで、こう、麻雀を全力でやってやるって気迫が伝わってきます!」

京太郎「ははっ、まあやるからには全力でやった方が勝った時の喜びも大きいしな。負けた時の凹み具合も尋常ないけど……」

マホ「その気持ち、マホもよくわかります……」

京太郎「あれ?だけどそれならやっぱり他のみんなでもいいんじゃないか?あいつらだってやる時は基本全力だろ?」

マホ「ぎくっ」

京太郎「ぎくって……さてはマホ、お前何か隠してるな?」

マホ「そ、そんな事ないです!マホは決して何を切るか考えてる時の京太郎先輩の横顔かっこいいなとか思ってませんし、和了った時の嬉しそうな京太郎先輩の横顔に見とれてたりとかしてません!」

京太郎「あー……うん、わかったわかった。もういいから」

マホ「ほっ……」

京太郎(ごまかせたつもりなんだろうな……全く)

京太郎「……マホ」

マホ「なんでしょうか!」

京太郎「どうせだからさ、ネト麻一緒にやろうぜ。まだまだ俺達ミスも多いし2人で勉強すればはかどるだろ?」

マホ「あっ……」

京太郎「な?」

マホ「……はい!マホは喜んで京太郎先輩にお供します!」

カン!