てる「きょーちゃん、わたしのことスキ?」

きょーたろー「うん、すきー」

てる「いいこだねー、きょーちゃんはおかしたべる?」

きょーたろー「うん!ほしー!」

てる「はい、あーん」

きょーたろー「あーん」パク

てる「きょーちゃんはかわいいなぁ」

さき「もう、おねーちゃん!ちょーちゃんとっちゃめー」

てる「きょーちゃんはわたしのもの、ねーきょーちゃんはわたしのことすきだもんねー」

きょーたろー「すきー」

さき「もー!きょーちゃん!わたしのことすきっていったのにぃ、わだじのごどばぎらぎになっぢゃっだの?」

きょーたろー「さきもすきー」

てる「えっ?」

さき「うぞだぼん!」

きょーたろー「てるちゃんも、さきもどっちもすきー」

てる「うわぁぁぁん!」

きょーたろー「てるちゃんどうしたの?」

てる「さきにきょーちゃんとられちゃうー、そんなのやだー」

宮永パパ「おやおや、娘達を泣かせたね?麻雀をたのしませるよ!」

きょーたろー「おじさんおこってるの?」

宮永パパ「愛する娘に!それも2人に愛される君には分かるまい!私の体を通して出る力が!」

てる「あっちいけ」

さき「おとーさんきらい」

宮永パパ「」ガク

きょーたろー「おじさん...わかったよしょうぶするからげんきだなよ」

宮永パパ「フハハハハ、聞いたか娘達!お父さんがカッコよく勝つからみてろ」

てる「きょーちゃんをいじめるな!」

さき「おとうさん」ごっ「たおすよ」

きょーたろー「じゃあ、いっしょにやろー」

58 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/11/12(火) 23:07:17.10 ID:bwG04SxZ0
宮永パパ「いいだろう、宮永麻雀らしく賭けないとな。今回は点娘で勝負だ!君に勝って娘達を手に入れる!」

てる「さきはわたしがまもる」

さき「おねーちゃんがんばって、わたしもまけないよ」

きょーたろー「じゃあ、ふたりはぼくがまもる」

てる、さき「」きゅん

宮永パパ「(ムカッ)じゃあ、親を決めて。あっ私だね。はい」トン

きょーたろー「ろん!」

宮永パパ「えっ?京太郎くんルールは分かってるのかい?」

きょーたろー「んーよくわかんない!」

宮永パパ「じゃあ、チョンボだね。上がれないのに言っちゃダメなんだよ」

きょーたろー「えーあがれてるよ、こないだふたりにおそわったもん!おなじえを3つづつ4こそろえて、あと2このをいっこつくるんでしょ?」

宮永パパ「そうだね、じゃあ揃ったのかな?」

きょーたろー「そうだよ」

宮永パパ「四暗!ちょっと見せて!」

パラパラパラ
白白白北北北発発発東中中中 東

きょーたろー「ねー」

宮永パパ「」

てる「すーあんこたんき、だいさんげん、つーいーそー、ロンあがりだかられんほーもだね」

さき「きょーちゃんすごーい」

きょーたろー「だろー」

宮永パパ「」プルプル

きょーたろー「ぼくのかちだねおじさん!」

宮永パパ「(ブチッ)私はただやられる訳ではない...貴様の雀力も連れていく須賀!京太郎!」シュワワワ

京太郎「なんだ?おもしれー、シュワシュワしてる」

宮永パパ「」ガクッ

てる、さき「「きょーちゃん」」

てる「ふつつかものですが」テレテレ

さき「よろしくおねがいします」テレテレ

きょーたろー「?」

59 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/11/12(火) 23:09:49.17 ID:bwG04SxZ0
宮永ママ「ただいまー、ん?この気配?」

3人「おかえりなさーい」

宮永ママ「アナタ達麻雀やってたの?」ピリピリ

さき「うん!きょーちゃんすごいんだよー」つ

宮永ママ「なん...だと...もしやこの気配っ!」ハッ

きょーたろー「ん?」

宮永ママ「ちょっとゴメンネ」ピタ

宮永パパ「」コソコソ

宮永ママ「やっぱり!アナタ?どこ行くのかしら?ちょっとお話しましょう?」ガシッ

宮永パパ「やめて!コレには深い訳が!あっ!許してあっあぁぁぁぁ」ズルズル






てる「あれからきょーちゃんまーじゃんがよわくなっちゃったね」

きょーたろー「ほんとうにつよいやつはむやみにちからをみせないんだって」

さき(へー)

カンッ

耐性のない方は此処まで















アレから二人の仲は徐々に悪くなって行った。

宮永パパ「照はお父さんが好きだよね」
照「嫌い」

私はなし崩し的にお母さんに着いて行くことになってしまった。

咲とも離れ離れ、京ちゃんにも会えない。私達が離れる原因を作ったあの男を絶対に許さない!でも、咲はあの男の元に残ったお陰で毎日京ちゃんに会えている。
羨ましい。妬ましい。その場所には私もいられたのに私はこんな所にいる。
「京ちゃん...会いたいよ...」

記者「宮永選手には兄弟はいらっしゃいますか?」

照「(ズキン)私には兄弟なんていません!」

あぁ、咲ごめんなさい。
ダメなお姉ちゃんでゴメンなさい。(妬ましい)
ゴメンなさい(妬ましい)ゴメンなさい(羨ましい)ゴメンなさい(私は)ゴメンなさい(こんなに辛いのに)どうして私ばっかり!

菫「宮永、最近はますます麻雀に磨きがかかったじゃないか」

照「そう」

菫「なんだ、愛想の無い」

照「別に、じゃあ」

菫「おい!宮永!」

いらない、こんな思いをするくらいなら...もう何もいらない!

照「ロン1000点」「ツモ700オール」「ツモ1000オール」「ロン4000」...

心を凍らせよう。こんなものがあるからつまらない事に惑わされる。どうせ誰も...。

カンッ