優希「はい、あなたあーん」

京太郎「……あなたじゃねえ」

優希「もう、照れちゃって。そんなところも可愛いじぇ、あ・な・た♪」

京太郎「……」

優希「ほらほら、早く食べないと私が食べちゃうじぇ」

京太郎「わかったよ……あーん」

優希「あーん……どうだ、美味しいか?」

京太郎「市販のポッキーなんだから、聞く必要ないだろ」

優希「はあ、わかってないじょ京太郎は。私に食べさせてもらったんだから普通より美味しいに決まってるじゃないか!」

京太郎「……」

優希「はあ、京太郎にムードを期待した私が馬鹿だったじょ」

京太郎「ちょっと貸せ」バッ

優希「あっ、何するんだ!全部取るなんて酷いじぇ!」

京太郎「あーんしろ」

優希「えっ?」

京太郎「お前が先にしてきたんだろ。お返しだ」

優希「……んふふ」

京太郎「なんだよ、その気持ち悪い笑いは」

優希「別にー。そんなに私に食べさせたかったんだなーって思っただけだじぇ」

京太郎「食わないなら全部食っちまうぞ」

優希「ああ、待て待て!んんっ、んっ……よし。あーん」

京太郎「ほれ」

優希「あむっ……」パクッ

京太郎「俺も」パクッ

優希「んっ!?」

京太郎「……」パクパクパクパクッ

優希「ひょっ、待っ……」

京太郎「……」パクパク……チュッ

優希「あっ……」

京太郎「ごちそうさん」

優希「お、お前どういうつもりだじょ!?こんな、こんな……」

京太郎「ほれ、あーん」

優希「んにゃっ!?」

京太郎「で、どうする?」

優希「……」

京太郎「……」

優希「あ、あーん……」

――

優希「ううっ、京太郎に散々いたぶられた……」

京太郎「人聞きの悪い事を……お前が俺がどれだけ食ってもよけなかっただけじゃねえか」

優希「京太郎相手に逃げるなんて出来るか!」

京太郎「そうかいそうかい……なあ優希」

優希「なんだじぇ」

京太郎「プリッツとトッポあるけどどうする?」

優希「……」ピクッ

京太郎「ん?」

優希「ふんっ、このまま負けたままなんてお断りだから受けてたってやるじぇ!さあ来い京太郎!」

京太郎「はいはい、わかりましたよ」

京太郎(どんな言い方しても笑顔が隠せてないんだよ、全く)

優希(しょうがないって言い方しても口元笑ってるじぇ、全く)

京太郎・優希(素直じゃない奴)

カン!