http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378043496/




優希「……」

プリントの山「」

優希「ヤバいじぇ、プリント関係が全く終わってない……」

優希「どうしよう……」

優希「……」

ピッポッパッ……

優希「もしもし、京太郎?」

京太郎「なんだよ優希……俺は今忙しいんだ、手短に頼む」

優希「宿題、終わったか?」

京太郎「そういうお前は……終わってる訳ないか」

優希「ううっ、言い返したいのに何も言い返せないじょ……」

京太郎「こっちは後プリント類だけだ。いつもは咲と一緒にやっちまうんだけど……ほら、あいつ今東京行ってるしさすがにな?」

優希「京太郎にもそういう気遣いが出来たのか!?」

京太郎「お前にだけは言われたくねえよ!で、どうしたんだよ、
どうせお前も終わってないんだろうけど和が教えてくれるんじゃないのか?」

優希「のどちゃんにはもう高校生なんだから自分でやらなきゃダメだって言われちゃったじぇ」

京太郎「あー……」

優希「……だからその、一緒にやらないか?」

京太郎「……そうするか」

――須賀家

ピンポーン

京太郎「はーい、今行きますよっと」

優希「出迎えご苦労!」

京太郎「はいはい、いいから早く上がれよ。もう今日で最後なんだから気合い入れていくぞ」

優希「ほほぉ、ここが京太郎の家か……涼しいじょ」

京太郎「よし、とりあえず今開けてる冷蔵庫は閉じような」

優希「はーい」

京太郎「ったく……先に部屋行っててくれ。俺は飲み物用意してくから」

優希「タコスは?」

京太郎「そう言うと思って作ってある。部屋にあるから食べちゃっていいぞ」

優希「さすが京太郎!それでこそ私の婿だ!」

京太郎「遠慮させてください」

優希「なぜだ!?」

京太郎「今の流れで喜んでOKする奴がいたら見てみたいわ!」



――京太郎の部屋

優希「タコス発見だじぇ、いただきまーす!」

優希「んぐっ、もぐっ……タコスうまー」ホワッ

優希「そういえば京太郎の部屋ってこんな感じなのか……初めて入ったけどなかなか綺麗に片付いてるじゃないか」

優希「……ふむ」

優希「男の部屋に入ったからには……やる事は一つだじぇ」キラン

京太郎「やっべえ、麦茶作っておくのすっかり忘れてた……氷入れたからそれなりに
冷えてるけど今度から誰か呼ぶ時には気をつけないとな……」

ガチャッ

京太郎「悪い、待たせたな優……」

優希「お、おぉ……こんな風にするのもアリなのか……」

京太郎「」

優希「こ、こんな所に入れちゃうのか!?未知の世界だじぇ……でも気持ちよさそうだな……」

京太郎「……おい」

優希「あっ、京太郎!私も寛容な方ではあるけどさすがにこんなプレイが好きだっていうのはどうかと思うぞ!」

京太郎「お前、何してんの?」ヒクヒク

優希「本を読んでたんだじょ。ベッドの下を探したらあったからな!」

京太郎「本当何してくれてんだよ!?」

1優希「痛いじぇ……」ウルウル

京太郎「家捜しするお前が悪い」

優希「むー……まぁ、京太郎がおっきなおっぱい以外にも色々好きなのはよーくわかったじぇ」

京太郎「その話まだ蒸し返す気か!?」

優希「えー、だってこんな話のどちゃんや咲ちゃんとは出来ないし……」

京太郎「お前少しは自分が女だって自覚持てよ……」

優希「なんだなんだ、ようやくこの優希ちゃんの魅力に気付いたのか?」

京太郎「反応に困るんだよ!ああ、もう、いいからさっさと宿題するぞ!」

優希「もう照れちゃってあ・な・た♪」

京太郎「あなたじゃねえから!」

京太郎「それでどんだけ終わってないんだ?」

優希「えーっと、これだけだじぇ」

プリントの山「」ドンッ!

京太郎「……お前これ、もらったプリント一枚もやってないじゃねえか!」

優希「他のやつは片付けたじょ!」

京太郎「自慢にならねえよ!最悪でも五枚程度だと思ってたのに、これ今日中に終わるのかよ……」

優希「まあ、なんとかなるだろ!」

京太郎「……優希、とりあえず俺の終わってるやつ全部写していいから手早くやってくれ」

優希「いいのか!?」

京太郎「そうしなきゃ終わらないんだよ!」

京太郎(つうかこれ、俺全く得してねえ!)

京太郎「……」カリカリ

優希「えーっと、これはこうで……」カリカリ

京太郎「……」カリカリ

優希「あー!解答欄ずれたじょー!」

京太郎「……」カリカリ

優希「ううっ、やり直しだじぇ……」

京太郎「……」カリカリ

優希「ああ、文字見てると頭痛くなってくるじぇー!」

京太郎「……」ピタッ

京太郎「優希」

優希「じょ?」

京太郎「頼むから静かにして手だけ動かしてくれ……」

優希「えっ、そんなにうるさくした覚えないじぇ」

京太郎「……早く終わったらタコス好きなだけ食わせてやるから」

優希「本当か!?よーし、それなら気合い入れていくじぇー!」ゴッ!

京太郎「!?」

シュババババババ!!

優希「はい、終わった!次行くじぇ!」

京太郎「……」

優希「どうした京太郎、手が止まってるじょ!」

京太郎「算数ドリルで躓くお前が清澄受かった理由がよくわかったよ……」

優希「うー……もう、ダメだじぇ……」ガクッ

京太郎「結局30分ももたないのかよ……それでも三枚プリント終わらせてるからましな方か?」

優希「つーかーれーたーじょー……」

京太郎「俺も丁度一枚終わったし休憩にするかー……」

優希「そうしようじぇー……それにしても暑いじょ」

京太郎「今日はかなり暑いらしいからな……最高記憶が確か37℃だったか?」

優希「うええ……」

京太郎「悪いな、エアコン壊れてるからさ。扇風機で我慢してくれ」

優希「……まあ、こうして助けてもらってるからそれくらいは我慢するじぇ」ヌギヌギ

京太郎「……は!?」

優希「どうした京太郎、変な声出して」

京太郎「いやいや、お前何してるんだよ!?」

優希「暑いから脱いでるだけだじぇ」

京太郎「お前少しは恥じらい持てよ!男の部屋でキャミソール一枚とか馬鹿じゃねえのか!?」

優希「別にいいじゃないか。ここには京太郎しかいないんだ、遠慮する必要はないじぇ」

京太郎「お前……いい加減にしないと襲うぞ!」ドンッ!

優希「京太郎に出来るのか?」

京太郎「なっ……」

優希「……」ジー

京太郎「……飲み物の換え、持ってくる!」

優希「ヘタレ」

京太郎「うるさい!」

バタンッ!

優希「……普段なら何しても相手にもしないくせに」
――

京太郎「……」カリカリ

優希「ふうっ、暑いじぇー……」パタパタ

京太郎「……」カリカリ

優希「えーっと、これで合ってるよな……よし、終わりだじぇ!」

京太郎「……」カリカリ

優希「数学はやってておかしくなりそうだじょ……でもこれもタコスのためタコスのため……」

京太郎「優希」

優希「ん?」

京太郎「肩紐」

優希「肩紐?ああ、落ちてたのか……教えてくれてありがとうだじぇ」

京太郎「……」カリカリ

優希「むー……京太郎」
京太郎「なんだよ?」

優希「ほれ」チラッ

京太郎「ぶっ!?」

優希「きゃはははは!どうした、ちょっとおっぱい見えかけただけだろう?」

京太郎「このやろっ……!」

優希「私がパンチラしても全然問題なかったんだからこれくらい大丈夫じゃないのかー?」

京太郎「ぐ、うっ……!」

優希「ほらほら、早く続きするじぇー」

京太郎「お前マジ覚えてろよ……!」

優希「覚えてたらなー」

京太郎「……」ギリギリ

優希「~~♪」

――

優希「終わったじぇー!」

京太郎「はっ!?」

優希「いやー、やろうと思えば出来るものなんだな!」

京太郎「あれだけ差があったのに、優希の方が早いとか……嘘だろ……」

優希「嘘だと思うなら見てみるじぇ!」

京太郎「……確かに、全然終わってるな。合ってるかどうかは別として」

優希「一言余計だじぇ!まあ、半分以上は京太郎の写しただけだから……助かったじょ」

京太郎「そうかよ」

優希「そうだじぇ」

京太郎「……じゃあもうわざわざ暑い家にいる意味もないだろ」

優希「それもそうなんだけどな……どうせだから京太郎が終わるまで待つじょ」

京太郎「……ならそこらへんにあるもので適当に時間つぶしててくれ。くれぐれも邪魔すんなよ」

優希「大丈夫、私を信じろ!」

京太郎「信じらんねえ……」

京太郎「……」カリカリ

優希「ドラ15!?なんだじぇ、この麻雀ゲーム!?」

京太郎「……」カリカリ

優希「このキャラ京太郎みたいだな……」

京太郎「……」カリカリ

優希「なんで卓に同じキャラ三人いるんだ!?ああ、自分同士で点数移動するなー!」

京太郎「……」カリカリ

優希「全く酷い目にあったじょ……でももしこんな風に京太郎が三人いたら……」

京太郎「……」ピタッ

優希「えへへ、そんなの天国過ぎておかしくなりそうだじぇー……!」ゴロゴロ

京太郎「優希」

優希「一人にはタコス作ってもらって、一人には膝に座らせてもらって、後一人には……うわわわわわ!」ゴロゴロゴロゴロ!

京太郎「優希」

優希「ふぇ!?きょ、京太郎どうした?」

京太郎「本当に頼むから静かにしてくれ。これ以上うるさくするなら出てってもらうぞ」

優希「えっ、あっ、ごめん……」

京太郎「……」カリカリ

優希「……」

京太郎「……」カリカリ

優希「……」ギュッ

優希(ちょっと、はしゃぎすぎちゃったじょ……)

――

京太郎「やっと終わった……」

優希「!」ガバッ

京太郎「ふうっ、悪かったな優希」

優希「べ、別にいいじぇ……ちょっと京太郎を待つくらい私には苦じゃないからな!」

京太郎「いや、それもあるけど……なんつうか、ちょっとキツく言い過ぎた気もするしさ」

優希「それも、別に気にしてないじょ……はしゃぎすぎてたのは本当の事だし……」

京太郎「まあ確かにもう少し静かにしてくれないかとは思ったのも事実だけどな。
それでももうちょっと言い方ってものがあったと思うし……だからその、ごめんな」

優希「私も、うるさくしてごめんだじぇ……」
京太郎「……よし、この話題はこれで終わりだ!予想より全然早く終わったし夏休み最後の日を楽しもうぜ!」

優希「……そうだな!じゃあ楽しむためにタコスを用意してもらおうか!」

京太郎「そういや約束してたっけな……よし任せとけ!家にある材料全部使って作ってやるよ!」

優希「おぉ、それは楽しみだじぇ!」

京太郎「そうだ、どうせなら優希も作ってくれよ。お前の作ったタコス、本当に美味しかったからまた食べてみたい」

優希「……ふふん!よかろう、そんなに食べたいというのならこの私の本気のタコスを食べさせてやるじぇ!」

京太郎「じゃあキッチン行くか」

優希「おー!」

――

京太郎「いただきます」

優希「いただきまーす」

京太郎「うおっ、やっぱり美味いな!これ下手したらハギヨシさんより美味いんじゃないのか……?」

優希「ふっふっふっ、タコスに関して私に勝てるものなどいないのだ!」

京太郎「このタコスを食べたらその言葉も嘘じゃない気がしてくるな……」

優希「……そんなに美味しいのか?」

京太郎「おう、どんだけ食べても全然飽きが来ないし、これなら一生食べてたいくらいだな!」

優希「……!」

京太郎「いや、俺もいつかはこの境地に辿り着いてみたいもんだ……」

優希「一生……一生……」モジモジ

京太郎「ん?優希どうした?」

優希「京太郎、今一生私のタコス食べていたいって……」

京太郎「ああ、確かにそんな事は言ったけど……は!?」

京太郎(お、俺何言っちゃってんだよ!?これじゃあまるでプロポーズしたみたいじゃねえか!)

優希「えっとその、私の婿か嫁になるためにはタコスが作れないとダメなんだじぇ……」

京太郎「そ、そうなのか」

優希「きょ、京太郎は、クリアしてるな……」

京太郎「そ、そうだな」

優希「……京太郎」

京太郎「な、なんだ!?」

優希「さっき私が胸見せかけた時動揺したよな?」

京太郎「そ、それはだな……」

優希「私が今の格好になる時も動揺してたよな?」

京太郎「まあ、その、えっと……」

優希「……私を、襲うって言ってくれたよな……?」

京太郎「あれは!いや、だから……」

優希「京太郎……私、少しは期待してもいいのか?」

京太郎「……」

優希「わかってる、わかってるんだじょ……私は京太郎の好みとは全然かけ離れてるって事くらい」

京太郎「優希……」

優希「それでも私は……どうしても諦めきれないんだじぇ!だって、だって私は!」

.






優希「京太郎が好きだから!!」






.

京太郎「……!」

優希「本当に本気で困ってるならのどちゃんは宿題手伝ってくれたじぇ!
例え手伝ってくれなくても教えるくらいは絶対にしてくれた!」

京太郎「……」

優希「タコスだって!前に食べた時マズかった京太郎に作ってもらわなくても、
頼めばみんな作ってくれただろうし、買えばよかったし、どうしても欲しいなら自分で作ればよかった!」

京太郎「優希……」

優希「だけど私は京太郎に頼んだ!その理由がわかるか!?」

京太郎「……」

優希「私は、京太郎の作ったタコスが食べたかった……
前みたいに勝負とか関係ない私のためだけに作ってくれたタコスを、食べたかったんだじぇ……」


京太郎「……」

優希「はあ、はあ……」

京太郎「……お前はさ」

優希「!」

京太郎「悪いけど、俺の好みのタイプとは全然違う。俺が好きなのは家庭的で、えっと、胸が大きい子だからな」

優希「……」ウルウル

京太郎「それに比べてお前は子供っぽいし俺をこき使うし胸はぺったんこだし
お世辞にも家庭的とは言えねえし……まあ、俺のタイプとはかけ離れてる」

優希「ぐすっ、うっ……」

京太郎「でもなんでかね……」

優希「えっ……」

京太郎「今のお前見てるとそんなのどうでもよくなってくるんだよな」

優希「京太郎……それって」

京太郎「考えてみたら家庭的なのはこれからどうにでもなるし、胸だって……もしかしたら万が一にも希望があるかもしれない」

優希「そこまで言わなくてもいいじゃないか……いくらなんでも傷つくじょ」

京太郎「悪い、なんか上手く言えなくてさ……」

優希「いいじぇ……京太郎のデリカシーのなさはよくわかってるから」

京太郎「それはありがたい。あー、好みのタイプ云々も大事だけどさ、
俺のこういう部分受け入れてくれる子なんて早々見つからないよなあ……だからその」

優希「……ええい、まどろっこしいじぇ!」グイッ!

京太郎「うわっ!?」

優希「京太郎!お前は私の事どう思ってるんだ!?」








京太郎「……意識してるよ!優希は可愛い女の子だってな!」






.

優希「……」

京太郎「……」

優希「……そ、そうか」

京太郎「お、おう」

優希「じゃ、じゃあ、こういうのも今なら興奮しちゃうのか……?」チラッ

京太郎「ばっ、やめっ!」

優希「嫌なのか……」

京太郎「なあお前わざとだろ、わざとなんだろ!?」

優希「う、うるさいじぇ!わ、私だってな結構やってて恥ずかしいんだぞ!?」

京太郎「ならしなきゃいいだろうがよ!」

優希「なんだその言い草!私なりに京太郎を誘惑してるのにそんな言い方はないだろー!」

京太郎「おいこら暴れるな!肩紐落ちてきてるから!あっ、馬鹿見え……」

ストン……

優希「あ」

京太郎「」


――

優希「うっ、うえっ、ひっく……」

京太郎「あー……優希?」

優希「見られた、見られた見られた……あんな形で見せるつもりはなかったのに……」

京太郎「いや、ああなる事くらい予想出来るだろ……お前は本当に頭があまりよくないというかなんというか……」

優希「うるさいじぇ……どうせ小さいとか思ったんだろこのおっぱいマニア!」

京太郎「お、おっぱいマニア……いや、確かに小さかったけどな」

優希「」

京太郎「まあ待て、最後まで聞け!小さかったけど、まあ……いいもの見せてもらったぜ優希!」

優希「……」プルプル

京太郎「ゆ、優希?」

優希「……きょ」

京太郎「きょ?」

優希「京太郎の馬鹿ー!」ドスッ!

京太郎「ぐほおっ!?」

優希「お前は!本当に!デリカシーが!足りないじぇ!」

京太郎「み、鳩尾に突っ込むなよ……」ヒクヒク

優希「……見せろ」

京太郎「は?」

優希「私のを見たんだ、京太郎も恥ずかしい部分見せろー!」

京太郎「はあ!?ちょっと待て、ふざけんな!お前の胸と俺のズボンの下じゃ等価交換にならねえって!」

優希「それは私が決める事だじぇ!さあ、見せろー!」

京太郎「やーめーろー!」

ガチャッ






咲「京ちゃん、鍵開いてたけどいるの?東京のお土産持ってきたんだけど……」






.

京太郎「ほああっ!?」

優希「あっ……」

咲「……えっ」

京太郎「さ、咲?ちょっと待て、落ち着け、落ち着くんだ……」←ズボンを半分脱がされている

優希「さ、咲ちゃん、これはだな……」←脱げかけた下着姿で京太郎のズボンを掴んでいる

咲「京ちゃん、優希ちゃん……」

京太郎「さ、咲……」

優希「咲ちゃん……」

咲「ご、ごめんね邪魔しちゃって!あっ、これ東京のお土産だからここに置いておくね!
えっと、えっと、えっと……お、お邪魔しました!」

バタンッ!

京太郎「……」

優希「……」

京太郎「……なあ優希」

優希「なんだ京太郎……」

京太郎「明日には広まってる気がするの俺だけか?」

優希「奇遇だな、私も同じ意見だじぇ……」

京太郎「もうさ、咲から話聞き出した部長と染谷先輩のニヤニヤ笑いが透けて見えるんだよ……」

優希「私は怒りののどちゃんが見えるじょ……」

京太郎「明日から新学期だってのに……」

優希「……京太郎」

京太郎「んー……?」

優希「だったら、いっそのこと本当にしちゃう?」

京太郎「……本気かよ」

優希「ダメ?」

京太郎「そうだな……魅力的な提案ではあるけど。その前に……」スタスタ

ガチャッ

咲「あ」

優希「さ、咲ちゃん!?」

京太郎「……ドアの陰に隠れて何してんのお前」

咲「じゃ、邪魔はしないから!だけど興味もあるからその、見学……ダメ、かな?」

優希「うえええっ!?」

京太郎「……」

咲「ううっ……」

京太郎「……咲」ニコッ

咲「京ちゃん!」パアッ

京太郎「いいわけねえだろうがよぉぉぉぉぉ!!」スパーン!!

咲「きゃううっ!?」

――翌日

優希「おっはよーのどちゃん!」

和「おはようございますゆーき。ちゃんと宿題はやってきましたか?」

優希「ふふふ、もちろん全部終わらせてあるじぇ」

和「……今日は雨が降るんでしょうか?」

優希「のどちゃん酷い……あっ」

咲「お、おはよう……」

和「おはようございます咲さん。あら、どうかしたんですか?」

咲「えっと、昨日東京から帰ってきて家の近くに着いたあたりから記憶が飛んでて……」

和「だ、大丈夫なんですかそれ?」

咲「うーん……どうなんだろう……あれ?」

優希「じょ!?」

咲「なんだろ、優希ちゃんを見てるとなにか思い出しそうな……」

優希「き、気のせいじゃないかー?」

咲「うーん?」

優希(マズい、マズいじぇ……昨日の事色々バレたら間違いなく
とんでもない事になるじぇ!ああ、京太郎が人が見てると思うと燃えるとか言うから……いや、私もノッちゃったけど!)

京太郎「おはようさん」

咲「あっ、京ちゃんおはよー」

和「おはようございます須賀君」

優希「……」ブツブツ

京太郎「……どうしたんだ優希の奴?」

咲「よくわからないんだけど……あっ、そうだ!京ちゃん、
私昨日東京から帰ってきてからの記憶が飛んでるんだけど何か知らない?」

京太郎「……」

咲「京ちゃん?」

京太郎「イヤシラネエヨ?サキハドジダカラドコカデコロンダンジャナイカ、アハハ」

咲「怪しい……」

和「怪しいですね……」

京太郎「いや、本当に知らねえんだよ!」

優希「そ、そうだじぇ!私達は咲ちゃんに会ってなんか……」

和「私達?ゆーき、昨日須賀君と一緒にいたんですか?」

優希「あっ……」

京太郎「ああ、馬鹿っ……!」

咲「確かに2人並んでるとさっきより何か思い出しそうだよ……!」

京太郎「き、気のせいだっての!そ、それより咲、東京土産サンキューな!」

咲「京ちゃん……昨日会ってないのになんで東京のお土産の事知ってるの?」

京太郎「……あ」

和「2人共、説明を求めます!」

優希「それは、その……」

京太郎「えっと、だな……」

咲「あっ、思い出した……」

京太郎「!?」

優希「……ううっ」

和「思い出したんですか咲さん!?」

咲「うん、昨日京ちゃんと優希ちゃんは……」

京太郎「さ、咲!頼むからやめ……」

優希「咲ちゃん……!」

咲「宿題やってたんだよ!」

京太郎「へっ?」

和「宿題、ですか?」

咲「うん、優希ちゃんが宿題終わってなかったから京ちゃんが手伝ってたんだよ」

優希「えっ、えっ……」

和「何かと思えばそんな事だったんですか……もうゆーき、自分でやったのなら私は怒りませんよ」

優希「う、うん……」

和「それじゃあ行きましょうか。立ち話をしていたせいか時間がありませんから」

京太郎「お、おう……さ、咲?」

咲「……」

京太郎「なんで、本当の事……」

咲「い、言えるわけないよ!だって、あんな事……うううっ」

京太郎「……そりゃ、そうか」

優希「た、助かったじぇ……」

咲「あっ、でも……」

京太郎「ん?」

咲「これからも邪魔はしないから見学させてね?」ニコッ

京太郎「」

優希「」

咲「ふふっ、行こう京ちゃん、優希ちゃん!」スタタッ

京太郎「……優希」

優希「なんだ京太郎……」

京太郎「二人きり、当分無理だ……あいつを説得しない限り……」

優希「咲ちゃんの説得とか大きすぎる宿題だじぇ……」

京太郎「この宿題はいつになったら終わるんだろうな……」

和「何してるんですか2人共ー!」

咲「京ちゃーん、優希ちゃーん!早く行こうよー!」

京太郎「はあ……」

優希「前途多難、だじぇ……」

カン!