http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357998646/




和「…というと?」

咲「うーん、何て言うかいつもの京ちゃんじゃないみたい」

タコス「京太郎がおかしいのはいつもの事だじぇ」

ワカメ「随分な言い草じゃのお」

久「いつもとはどう違うの?私が見る限りは変わりないと思うけど」

咲「なんかよそよそしいって言うか…私を避けているような…」

タコス「なにぃ!?あいつ咲ちゃんをいじめてるのか!?」

咲「いや、いじめられてる訳じゃないけど」

和「何か隠し事をしてるのではないでしょうか?」

咲「隠し事?」

和「宮永さんに何か隠し事をしているから態度がよそよそしくなったりするのではないかと思います」

久「そうね、それも宮永さんに知られたら困る事」

咲「そんな…京ちゃんが私に隠し事…?それも知られたら困るような…?」

ワカメ「考えすぎじゃないんか?」

久「そうかもね、でも一番長く一緒にいる宮永さんがそう感じるって言ってるんだから何かあると思わない?」

ワカメ「そりゃそうじゃけど…」

タコス「京太郎の癖に隠し事とは生意気だじぇ!」

咲「でも京ちゃんが私に何を隠してるんだろう…?」

久「そうねえ…例えば恋人ができた、とかね」

咲タコス「!?」

咲「きょ、京ちゃんに恋人なんて…出来るわけないです!」

タコス「そうだじぇ!そんなことあるわけないじぇ!」

久「例えばの話よ、でも須加くんだって青春真っ盛りの高校生なんだから恋人がいてもおかしくは無いんじゃない?」

咲「そりゃそうですけど…でも…」

和「直接聞いてみたらどうですか?」

咲「ええ?」

和「直接須加くんに会って聞いてみたらどうでしょう」

咲「でも…私は今避けられてるし…」

タコス「私もいくじぇ!」

咲「優希ちゃん!?」

優希「犬の癖にご主人様に隠し事なんて許せん!会って問いただしてやるじぇ!」

優希「ほら!咲ちゃん早く!」

咲「うわっ!待って優希ちゃん!」

タッタッタ

久「行っちゃったわね…」

ワカメ「何も無ければいいんじゃが…」



教室

京太郎 ポチポチ

優希「京太郎!いるか!?」

京太郎「うわっ!?なんだなんだ!?」サッ

京太郎「ってなんだ優希かよ、それに咲まで…」

咲「…京ちゃん」

京太郎「な、なんだよ…」

咲「私に何を隠してるの?」

京太郎「えっ!?」ギクッ

咲「最近京ちゃんおかしいよ…何かよそよそしいし私を避けるし…一体何を隠してるっていうの…?」

京太郎「別に隠し事なんかしてねえよ…」

咲「じゃあ何であんな態度を取るの?何で私を避けるの?」

京太郎「…」

咲「まさか… 恋人でも出来たの…?」

京太郎「…」

咲「ねえ京ちゃん!何で答えてくれないの!」

京太郎「…うるせーな」

咲「え?」

京太郎「別に俺に恋人ができようがお前には関係無いだろ!何で教えなきゃなんねーんだよ!」

咲「だって…私は…」

タコス「言い過ぎだじぇ!京太郎!」

京太郎「…ちっ!」

タコス「どこにいくんだじぇ!咲ちゃんに謝れ!」

京太郎「てめーに指図される覚えはねーよ」

タコス「京太郎…」

京太郎「じゃあな」

咲「京ちゃん…」グスン

タコス「どうしちゃったんだじぇあいつ…」


部室

咲「…」

タコス「…」

久「何があったかは大体予想できるけど…一応聞いてみてもいいかしら…?」

タコス「咲ちゃんが京太郎に怒鳴られたんだじぇ…」

ワカメ「いや、そうじゃのうてそこまでの経緯を聞きたいんじゃが…」

タコス「実は…」


五分後

久「なるほどね、つまり私の言ったこどが大体現実となっていたと…」

咲「…はい」

タコス「あいつちょっとおかしかったじぇ…」

和「それでもわかりませんね…」

久「何が?」

和「何故恋人がいることを秘密にしていたのでしょうか」

久「恥ずかしかったんじゃなくて?」

和「恥ずかしいだけなら宮永さんを避けたりしませんよ」

ワカメ「たしかにそうじゃのお…」

咲「あの…」

久「あら、どうしたの?」

咲「京ちゃんは多分私に知られたら困るような人と付き合ってるんだと思います…」

ワカメ「何故そうおもったんじゃ?」

咲「京ちゃんがあんな風に怒鳴ったのは初めてだからです」

ワカメ「???それだけか?」

咲「はい」

久「なるほどね」

ワカメ「いやさっぱりわからん」

和「強がり…ですか?」

ワカメ「は?」

和「須加くんは宮永さんとの関係が壊れるのを恐れていたんだと思います。」

ワカメ「お前らは何の話をしとるんじゃ…」

久「つまりこういうことね。」

久「須加くんは最近ある人と付き合いはじめて、その人との関係を宮永さんにしられたら
宮永さんとの関係が壊れてしまう。だから最近宮永さんを避けていた。
しかしついに宮永さんに態度がおかしい事に気付かれてしまい、問いただされる。
須加くんはバレまいと必死に強がって宮永さんを怒鳴った」

咲「はい、その通りです」

ワカメ「そんなアホな…」

和「それにしてもそこまでして知られたくない相手とはどんな方なんでしょうか?」

久「宮永さん、検討はついてるの?」

咲「はい、京ちゃんといったらあの人しかいません」

タコス「あいつか…京太郎の趣味悪すぎだじぇ…」

咲「いくよ!優希ちゃん!」

タコス「おう!咲ちゃん!」

咲タコス「くたばれハギヨシィィィィィィ!!!」



透華自宅

透華「あらハギヨシ、何か聞こえません?」

ハギヨシ「はい?」

ハギヨシ「そう言えば先程から徐々に音が大きくなっているような…」

「ハギヨシィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!!!」

SP「非常事態です!何者かがこの屋敷に潜入しました!ってぐはぁぁっ!!」

ハギヨシ「!?大丈夫ですか!?」

SP「それよりも…侵入者が!」

ハギヨシ「はっ!?」

咲タコス「見つけたぞハギヨシィィィ!!!」

ハギヨシ「あなた方は清澄高校の…私に何のようです?」

タコス「しらばっくれるんじゃないじぇ!さっさと京太郎を返せ!」

咲「お願いです!京ちゃんを…いつもの京ちゃんを返してください!」

ハギヨシ「どう言う事ですか?」

タコス「そのまんまだじぇ!さっさと返せ!」

ハギヨシ「私そのような方存じ上げておりませんが」

咲タコス「!?」

咲「だったら京ちゃんは…」

京太郎「良い加減にしろよ咲」

咲「京ちゃん!」

タコス「おいお前知らないんじゃなかったのか!」

ハギヨシ「いや、今初めてあったんですけど」

京太郎「ここの家の人の麻雀の対戦相手として俺の恋人が呼ばれてな…付き添いで来たんだよ…」

京太郎「さあ来てくれ、照」

照「…」

咲「お姉ちゃん!?」

照「久しぶりだね…咲…」

咲「なんでお姉ちゃんがここに…」

照「…」

咲「待って、それじゃあ京ちゃんの恋人って…お姉ちゃんなの…?」

京太郎「…そう言ってるじゃないか」

咲「なんで…なんで…」

京太郎「お前は俺の恋人が知りたかったんだろ?これで満足じゃないか」

咲「違うよ…こんな…」

照「…」

京太郎「何も違わねえよ」


タコス「良い加減にしろよ馬鹿京太郎!!」

ドンッ

京太郎「!?」

京太郎「優希てめえ!何すんだよ!!」

タコス「お前は本当は咲ちゃんの事が大好きなはずだろ!付き合う奴間違えてるじぇ!」

京太郎「なっ!!」

京太郎「何を言いやがるてめえ!」

タコス「好きじゃないなら何故咲ちゃんにこの事を話さなかった!
お前は咲ちゃんとの関係が壊れるのを恐れて隠していたじゃないか!」

京太郎「うるせえ!うるせえ!」

タコス「お前は誰よりも咲ちゃんが好きなはずだろ!!」

京太郎「うるせえんだよおおお!!!」

照「京太郎落ち着いて、私が話す」

京太郎「何だよ照…」

照「咲、聞いて…」

咲「お姉ちゃん…」

照「京太郎は私が不良に絡まれていた所を助けてくれたんだ」

照「別に私は護身術を身につけてるし別に平気だったんだがこいつは聞かずに不良の中に飛び込んでいったんだ」

照「結局ボコボコにされたけど私だけには手を出すなってずっと言ってたのが聞いたみたいで不良はそのまま帰っていった」

照「私は何故体を張ってまでこんな事をするんだって聞いた。そしたらこいつ何ていったと思う?」

咲「…?」

照「こいつはこう言ったよ「アンタ俺の幼馴染に似ててさ。俺が守ってやらなきゃいけない気がしたんだ。」ってな」

咲「京ちゃん…」

京太郎「…」

照「そしたら私はいつの間にか恋に落ちてたんだよ、こいつに」

照「いつの間にかこんな関係にまでなってしまっていた」

照「だけどもうそれも終わりにしようと思う」

京太郎「おい、照…」

照「別れよう京太郎」

照「私はお前が守らなければならない幼馴染ではないんだよ」

京太郎「でも…俺はお前の事…!」

照「私はお前と付き合えて嬉しかった。その思い出だけでもう十分幸せだよ」

京太郎「…!!」

照「それにお前五分に一回は咲からメールきてないか携帯確認してて正直引いた。待ち受けも咲の写真だし」

咲「京ちゃん…」

京太郎「おまっ!余計なことを 」

照「それだけ好きな咲を守ってやってくれよ。そして幸せにしろ。絶対だぞ」

京太郎「…ああ」

照「咲、今の話を聞いて分かったと思うけどこいつはお前の事が一番好きなんだ。それも引くぐらいな」

咲「うん」

照「こいつはお前の事を幸せにできる。元恋人の私が言うんだ。間違いない」


照「幸せになれよお前ら」

京太郎「…」

咲「…」

京太郎「咲、話がある。ちょっといいか」

咲「うん、もちろん」








京太郎「ずっと前から好きだった。付き合ってくれ」

咲「こちらこそよろしくお願いします」


カン