http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362492824/





久「ねぇ、咲」

咲「なんですか? 部長」

久「今更なんだけど……」

久「なんで須賀君のこと、『京ちゃん』って呼んでるの?」

優希「あ、それ私も気になってたじぇ」

久「最初は付き合ってるのか何かだと思ったんだけど」

咲「わ、私と京ちゃんが!?」

咲「ないない! ありえないってば!」

和「また言いましたね」

咲「うう……意地悪しないでよ、和ちゃん」

和「そ、そんなつもりでは」

まこ「渾名で呼ぶくらい、普通じゃないのか?」

久「みんな呼んでるならまだしも、咲しか呼んでないのよ?」

まこ「あぁ、まぁそれは確かにのう……」

咲「薄々気付いてたんです……なんか私だけ呼び方浮いてるって……」

久「試しに普通に呼んでみたら?」

久「京太郎って」

咲「きょ、京太郎……」

咲「……」ゾワゾワッ

咲「無理です無理ですっ! なんか気持ち悪い!」

久「ぷっ」

久「(き、気持ち悪いって……)」

久「渾名は大丈夫なのに名前はダメなのね……」

優希「私は最初から名前呼びだしもう慣れたなー」

和「私や部長のように名字で呼んでみる。というのはどうでしょうか」

久「須賀君」

和「須賀君」

咲「……須賀君?」

咲「あ、これなら全然恥ずかしくないよ!」

久「それじゃあ一度、須賀君が来たらそれで通してみましょうか」

咲「はーい」

久「(ぐふふ、須賀君がショックを受ける姿が目に浮かぶわ……)」

まこ「(また、何か企んどるんじゃろうなぁ)」

京太郎「遅れましたー」ガチャ

久「(来た!)」

久「(ほら、咲!)」

咲「(は、はい)」

咲「こ、こんにちは! 須賀君」

京太郎「お、おぉ?」

京太郎「……」

久「(ふふ、驚いてる驚いてる)」

京太郎「おう!」

久「(って、あれ? 以外と普通……)」

京太郎「つーか、お前掃除当番じゃねえのか?」

京太郎「宮永」

咲「!?」

咲「お、おぉう」

和「どうしたんですか、咲さん」

京太郎「ほら、さっさと行けよ」

咲「で、でも…」

京太郎「また、授業中みたいに怒られちまうぞ」

咲「う」

咲「それじゃ…いってきます……」ガチャ

久「は、はい 気を付けてね」

まこ「何を気を付けるんじゃ」

久「……」

まこ「……」

和「……」

シーン

優希「京太郎はなんで遅れたんだー?」

京太郎「ちょっとな」ゴソゴソ

京太郎「ほれ、俺特製タコス!」

優希「おお!」

京太郎「料理部に調理室借りて作ってたんだよ」

優希「サンキュー」

京太郎「おう」

久「す、須賀君?」

京太郎「はい?」

久「さっきの、宮永って……」

京太郎「あぁ、あれですか!」

京太郎「いやー、遂ににあいつもなんか恥ずかしくなっちゃったんですかねー」

優希「なにがー?」モグモグ

京太郎「なんかあるじゃねえか、自分だけ渾名で呼んでたらよく勘違いされるし」

京太郎「俺はあんま気にしてなかったんだけどな」

久「あぁ、私も最初思ってた」

京太郎「だから、咲が名字で呼びたいのなら俺もそれに合わせてやろうと思ったワケです」

和「なるほど、それで宮永。と」

まこ「完全に保護者感覚じゃな」

京太郎「それにしても、思春期ってヤツですかね?」

久「さ、さぁ~?」

まこ「おい」

久「そ、そういえば!」

京太郎「どうしたんですか、急に」

久「須賀君は誰にでも名前呼びなの?」

京太郎「いや、染谷先輩とか普通に名字呼びですよ」

まこ「じゃな」

久「ふーん」

久「……」

京太郎「部長?」

久「それ!」

京太郎「はい?」

久「名前で思い出した……ちょっと聞いてくれる?」

和「どうしたんですか?」

久「私……最近、学校で名前呼ばれてないのよね」

和「えっ」

京太郎「それは……」

まこ「……元気出せ」ポン

優希「部長には私たちがいるじぇ!」

久「いや、そういう意味じゃなくて!」

久「ほら、私って部長である前に学生議会長じゃない?」

まこ「ほぼ肩書きだけのな」

京太郎「いつも部室にいる気が」

和「仕事されてるんですか?」

優希「この前も呼び出されてたのに行かなかったしなー」

久「さっきまでの皆の優しさは何処へ消えたのかしら」

まこ「それがどうしたんじゃ?」

久「つまりこういうことよ」

久「部活外では会長呼び」

久「部活内では部長呼び」

久「殆ど名前なんか呼ばれないのよ!」

京太郎「あぁ、納得っすねそれ」

久「最近じゃ先生とかまで会長とか議会長とか呼ぶし……」

久「名前呼ばれても一瞬気付かないことすらあるわ」

まこ「それは重症じゃの」

和「じゃあ、名前で呼んでみますか?」

久「一回お願いできる?」

まこ「おう、別に構わんぞ」

京太郎「んじゃ、一応先輩なので久さん。で」

まこ「ほい、久さん」

和「久さん」

優希「ひしゃさん」

久「私は将棋の駒か」

優希「呼びにくいじぇー」

久「自分の名前だけど、その気持ちちょっとは分かるかも」

まこ「まぁ日本人には発音しにくいしの」

和「それに、優希は舌が短いですからね」

京太郎「確かめたのか!?」

和「ただの比喩表現です……」

まこ「んじゃ、次は名字で呼んでみるか?」

久「お願い」

京太郎「じゃ、竹井さん。いや、考えてみたら竹井先輩か?」

和「竹井先輩」

優希「竹井先輩! 言いやすいじぇ!」

まこ「ほい、竹井先輩。 これで満足か?」

久「……」

久「なんか他人行儀でイヤね……」

京太郎「注文多いっすね」

久「うーん、もう名前でいっかなぁ」

咲「ただいま帰りましたー」ガチャ

久「はい、おかえりー」

久「!」

久「そうよ! 咲だわ!」

咲「え、何ですか急に……」

京太郎「おかえり、咲」

咲「ただいま、京ちゃん」

優希「呼び方戻ってるじょ」

京太郎「おお、悪い悪い」

咲「もうこのままいいや……掃除で疲れて考えるの面倒臭くなっちゃった」

まこ「適当じゃの」

和「それで、咲さんがどうかしたんですか?」

久「渾名よ」

まこ「あー、なるほどな」

京太郎「へ?」

久「渾名で呼んでちょうだい!」

咲「部長は何を言ってるの?」

優希「かくかくしかじか」

咲「なるほど」

久「咲は須賀君のこと京ちゃんって呼んでるじゃない?」

久「そんな感じで!」

まこ「いきなり渾名と言われてものう」

和「咲さんに習ってちゃん付けにしてみますか?」

京太郎「幸い一文字だしな」

咲「ヒサちゃんじゃ呼びにくいし、キュウちゃんとかですかね?」

優希「キュウちゃん!」

久「某マラソンランナーと被ってるわね」

まこ「京太郎の渾名と一文字違いなだけじゃしのう」

咲「京ちゃんとQちゃん……確かに分かりにくいかも」

久「私のは保留として……」

久「折角だから皆の渾名も考えましょうか」

咲「わぁ、いいですねそれ!」

京太郎「次は妥当に考えて染谷先輩か」

まこ「ワシか……生まれてこの方渾名で呼ばれたことなんてないからのお」

和「私もです」

優希「よし、私が付けるじぇ!」

京太郎「おっ」

まこ「じゃ、優希に頼もうかの」

優希「んーと……」

優希「わか」

京太郎「やめろバカ!」ポコ

優希「いて!」

まこ「……」

久「安直に○○ちゃんとか○○っちでいいんじゃない?」

咲「まこっち?」

まこ「うわぁぁぁぁ!!」ゾクゾク

久「我ながら酷い案だわ……」

まこ「ワシはもう今まで通りで構わん」

久「ダメよ」

まこ「何故じゃ」

久「不公平じゃない!」シャキーン

まこ「お前さんが言い出したことじゃろ……」

京太郎「次は和で」

和「わ、私ですか」

優希「のどちゃんはのどちゃんだじぇー」

京太郎「それでもいいんだけど、俺がのどちゃんって呼ぶのは少しツラいものがあるな」

咲「ちょっと気持ち悪いよね」

京太郎「最近強気だな、お前」グリグリ

咲「ごめんなさいたいいたい!」

まこ「もうあれでいいんじゃないか?」

和「あれ、とは?」

久「のどっち?」

まこ「それじゃそれ」

京太郎「のどっち?」

和「は、はい」

優希「私は今まで通りのどちゃんで」

咲「和ちゃ……のどっち」

和「……」カァァ

まこ「それにしても、バレやせんじゃろうか」

久「身バレってこと? 大丈夫でしょ、ありきたりだし」

まこ「そうだといいんじゃが……」

京太郎「次は優希か」

優希「可愛いのお願いするじぇ」

京太郎「俺が決めてやろう」

優希「どんと来い!」

京太郎「タコス」

優希「……」ガブリ

京太郎「いってぇぇぇ!!!」

咲「それは無いよ京ちゃん……」

久「でも優希と来たら真っ先にタコスよね」

和「でも流石にそれを渾名にするのは酷すぎませんか?」

咲「でも他に何かあるかなー」

京太郎「酷いって言いながら何も考えてないのかよ……」

咲「ム! そんなことないもん!」

咲「あ、そうだ! あの……人数多いアイドルの……」

久「ACG48?」

咲「そうそう、それだよ!」

まこ「ゆきりんか」

京太郎「似合わねー……」

優希「がぶ!」

京太郎「噛むなバカ!」

京太郎「咲は」

和「咲さんは咲さんですよ!」

京太郎「お、おう」

咲「えー、私にも何か考えてよ!」

久「じゃあ、咲ぴょん」

京太郎「ぷっ!」

京太郎「さ、咲ぴょんって……」プルプル

咲「もー、笑わないでよ!」

まこ「可愛らしくてええじゃないか」

和「さ、咲ぴょんさん!」

咲「さんは要らないよ……」

優希「咲ぴょーん!」

咲「うわぁぁん!」



~後日~
インハイ会場

京太郎「おーい、ゆきりん! タコス作って来たぞー!」

優希「さんきゅー、京ちゃん!」

久「咲ぴょんはまだトイレ?」

和「まこっち先輩は何か知っていますか?」

まこ「いや、ワシは何も聞いとらんのう」


……

大沼「……」

大沼「福与アナ」

恒子「はい?」

大沼「最近の子はみんな、ああなのか?」

大沼「なんというか、チャラチャラしているというか……」

恒子「まさか、渾名で呼び合ってるのなんて一部の子たちだけですよー」

大沼「そうか……」

健夜「あれ、こーこちゃん」

恒子「おー、すこやn…」

大沼「……」

恒子「あ、あはは」

大沼「どうやら時代に置いていかれてしまっていたのは、私だけだったようだ……」

恒子「そんなことありませんって!」

大沼「だが……」

健夜「二人で何を話してるんですか?」

恒子「そうだ、大沼プロにも何か渾名を考えてあげますよ!」

大沼「私にか」

恒子「ほら、すこやんも何か考えて!」

健夜「ええ! 私!?」

健夜「え、えぇーと…」

大沼「無理はしなくてもいいぞ」

健夜「い、いえ! 是非考えさせて頂きます!」

健夜「!」

健夜「しゅ、シュウさん!」

恒子「うわ、センスが昭和……」

健夜「うるさいよ!?」

恒子「もっとあるでしょ、ぬまっちとか!」

健夜「それも大概酷い気が……」

大沼「シュウさんか……」

大沼「確かにセンスは幾年か古く感じる」

健夜「大沼プロまで!?」

大沼「だか……」

大沼「フ」

大沼「渾名というのも、案外悪くないものだな」

恒子「(気に入ったんだ)」





カン