http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361454483/





バタン

久「ちょ、須賀くん!?」

まこ「京太郎!?」

優希「ただいまー」ガチャ

優希「タコス買ってきたじぇーっと……あれ?」

優希「京太郎はどこ行ったんだじぇ?」

咲「優希ちゃん……」

和「そ、それが…別ブロックの準決勝戦のビデオを見ていたら急に……」

優希「急に?」

まこ「発狂して出て行ったんじゃ」

久「ちょっと、まこ……」

優希「は、発狂?」

和「……」

咲「わ、私行ってきます!」

久「やめておきなさい」

咲「でも…」

久「咲じゃすぐ迷っちゃうわ、龍門渕の執事さんに頼んでみるから」プルル

久「皆、大人しくしててね……あ、龍門渕さん?」ガチャ

まこ「……」

まこ「やはり京太郎は、耐えれんかったか…」

優希「耐えられなかったって、どういうことだじょ……」

和「……」

まこ「京太郎は、麻雀向いてないってことじゃ」

和「そ、そんなのありえません!!」

咲「和ちゃ……」

和「麻雀に向き不向きがあるなんて!!」

和「それも天性の…そんな」

和「そんなオカルト……」

和「……」

優希「ど、どういうことだじぇ?」

咲「……」

まこ「ま、ワシらにはよう分からん世界ってことじゃ」

優希「結局京太郎は……」

まこ「分からん」

優希「分からん、って」

まこ「何が見えたんじゃろうな、この試合で」


……

京太郎「はぁ…はぁ……」

京太郎「げほっ、げほ!!」

京太郎「……」

京太郎「気持ち悪ぃ……」

淡「でねー、テルー」

照「……」

照「あの人、気分悪そう」

淡「えー、酔っ払いでしょー?」

照「学生服着てる……」

淡「もー!仕方ないなぁ」トコトコ

淡「お兄さーん、どうかしましたー?」

京太郎「あ、いえ……」

京太郎「ひっ!?」

淡「?」

京太郎「う、うわぁぁぁぁぁあ!!!!!??」

淡「な、なになに?」

淡「え、どうしたの!?」

京太郎「うわぁぁぁあ!!!!!」ダッ

淡「……」

淡「い、行っちゃった…」

照「……」

淡「何あの人、怖い……」

淡「テルー?」

照「ん…」

照「なに」

淡「なにじゃないですよ、本当怖かったんだから!」

照「ごめんごめん…」


……

京太郎「じゅ、準決勝の…バケモンが、なんで街歩いてんだよ……」

京太郎「も、もういやだ、頭がいてぇ…」

京太郎「帰りたい……」

京太郎「……」

健夜「あ、あの……」

京太郎「は、はい」

健夜「君、大丈夫?」

健夜「具合悪そうにしてたから……」

京太郎「あ、あぁ…なんでも」

京太郎「ウッ」

健夜「?」

京太郎「オ、オエェェッ!」ゲロ

健夜「え!?」

健夜「……」

健夜「た、大変だよこれ!」

健夜「え、えーっとえーっと!」

健夜「とりあえずこーこちゃん!」

京太郎「はぁ…はぁ……」フラフラ

健夜「ちょ、ちょっと、どこに行くの!?」

京太郎「……」フラフラ

京太郎「……」ドサ

健夜「……」

健夜「た」

健夜「大変だ!!」

健夜「えーっと…」

健夜「とりあえず寝かせなきゃ」

健夜「ここが公園で良かったよ…ベンチがあそこに……」

健夜「あそこに運ぼう…よいしょ」

健夜「う、うー!うー!」

健夜「……」

健夜「重い!!」

健夜「……」

健夜「引きずってごめんねー……」ズルズル

健夜「お、重」

健夜「ふー、ふー……」

健夜「よいしょ……っと」

健夜「ふー」

健夜「あ、こーこちゃんに電話してたの忘れてたよ」

健夜「まだ繋がってないし…」

健夜「仕事中だもんね、ごめんねこーこちゃん」

健夜「……ふぅ、疲れたー」

健夜「……」

健夜「休憩しちゃダメだよ私!」

健夜「えーっと、吐いてたし……」

京太郎「……」

健夜「顔色、良くないよね……」

健夜「息も荒いし……」

健夜「水は、水道水じゃダメだよね」

健夜「……か、買ってこなきゃ」

健夜「こんな時に限ってなんで誰も居ないの、この公園」

健夜「いつも居ないけどさ……」


……

健夜「つ、疲れた……久しぶりに走ったよ…」

健夜「まだ誰も来てないし…」

健夜「ウェットティッシュで、口の周りを拭いてあげなきゃ」

健夜「……」

健夜「(犯罪に見えてないよね、これ)」

健夜「そんなことどうでもいいよ!」

健夜「人の命が掛かってるから!」

健夜「セーフ、セーフ!」

健夜「つ、次は水を……」

健夜「……」プルプル

健夜「悪いけど、起きてもらおっと…」

健夜「あのー…ちょっと起きてー…」

京太郎「……」

健夜「起きてー!」ポンポン

京太郎「う……」

健夜「く、苦しそう」

健夜「起こしちゃダメかな……」

健夜「おかーさんに電話しよう…」プルル

健夜「……」

健夜「……」

健夜「なんで出ないの!?」

健夜「いや、パートだからなんだけどさ」

健夜「いつもはバンバンかかってくるのにぃ」

健夜「このままじゃ、私……」

健夜「だ、ダメな20代になっちゃうよ」

京太郎「……」

健夜「ごめんね、ごめんね……ダメな独身20代でごめんね……」

京太郎「う、うーん」

健夜「お、起きてくれた!」

京太郎「うぅ……」

京太郎「どこだここ…」

健夜「あ、あの!」

京太郎「えっ?」

京太郎「だ、誰っすか」

健夜「き、君…吐いて、倒れちゃったから……」

健夜「とりあえず水飲んで!」

健夜「はい、これ」

京太郎「あ、はい…」

京太郎「ありがとうございます…」

健夜「ゆっくり、少しずつね」

京太郎「はい、分かりました…」

京太郎「……」

ゴク…ゴク…

健夜「……」ジー

京太郎「っはあ」

健夜「……大丈夫?」

健夜「まだ、気持ち悪い?」

京太郎「い、いえ…大丈夫です」

健夜「君、学生だよね?」

健夜「見たことない制服だけど…」

京太郎「俺、長野の方から来たんで」

健夜「長野?」

京太郎「はい、麻雀のインターハイで…」

京太郎「高校の…」

健夜「あ、そうなんだ!」

京太郎「はい」

健夜「……」ジー

京太郎「……」

健夜「……」ジー

京太郎「ど、どうかしましたか」

健夜「えっ!?」

健夜「い、いやー…気にしないで……」

健夜「(私って知名度低いのかなぁ……)」

京太郎「……」

健夜「もう一度聞くけど、体調とか大丈夫?」

京太郎「あ、大丈夫です……」

京太郎「よいしょ」

京太郎「ほら、立てました」

健夜「良かったぁ」

京太郎「すいません、助けてもらったのにお礼も…」

健夜「いいよいいよ、そんなの」

健夜「困った人は助けなきゃね、大人の女性たるもの」

京太郎「本当すいません」ペコ

健夜「いいよ、良かったよ本当に」

健夜「念のため病院とか…」

京太郎「い、いいですいいです!」

健夜「そうかな?」

京太郎「それじゃ、俺はこれで」

健夜「気をつけてねー!」

健夜「……」ヒラヒラ

京太郎「ありがとうございましたー」ヒラヒラ

健夜「……」

京太郎「……」テクテク

健夜「……」

京太郎「……」フラフラ

健夜「や、やっぱりダメダメ!!」ドドド

健夜「君、フラフラじゃん!!」ドドド

京太郎「うぅ……す、すいません」

健夜「とりあえずもう1回ベンチに戻ろう?」

健夜「ね?」

京太郎「はい…」

健夜「そういえば名前聞いてなかったよね」

京太郎「あ、そうでしたね」

京太郎「須賀京太郎です」

健夜「私は小鍛治健夜だよ」

京太郎「……」

健夜「……」ジー

京太郎「……」

健夜「……」ジー

京太郎「小鍛治……」

健夜「!」

京太郎「珍しい名字ですね」

健夜「だよね……」

京太郎「あ、すいません失礼っすよね」

健夜「いやいや、いいのいいの」

健夜「よく言われてたから……昔は」

京太郎「昔?」

健夜「!!」

健夜「い、いや違うよ?」

健夜「そういう昔じゃないよ?」

健夜「ちょっと前まではー……って意味でね」

京太郎「は、はい」

健夜「……」

健夜「(最悪だよ私、気にしすぎだよ)」

健夜「(話題変えよ…)」

健夜「それで、須賀くんはどうしてここに?」

京太郎「それは……」

健夜「ごめん、あんまり言いたくないことだったかな……」

京太郎「……」

京太郎「いや、誰かに聞いて欲しかったんで」

京太郎「ちょっと、変な話かも知れないですけど聞いてもらえますか」

健夜「うん、いいよ」

健夜「任せて、こう見えて私って聞き上手なんだよ!」

京太郎「へぇ、すごいですね」

健夜「……」

京太郎「……」

健夜「ご、ごめんね話の腰折っちゃって」

健夜「どうぞ」

京太郎「はい……」


……

京太郎「ていう感じで」

京太郎「白糸台の大将からグワーって来て……」

京太郎「あ、すいません意味不明っすねこれ」

健夜「……」

京太郎「小鍛治さん?」

健夜「あ、あぁ…なんでもないよ!?」

京太郎「や、やっぱり頭おかしいですよね、俺」

健夜「……」

京太郎「幻覚まで見えて……」

健夜「おかしくないよ」

京太郎「え?」

健夜「それは須賀君に才能があるからだよ!」

京太郎「さ、才能ですか」

健夜「そう、麻雀の才能!」

京太郎「麻雀に才能なんて……」

健夜「あるよ、才能!」

健夜「須賀君はきっと凄い選手になれると思うよ!」

京太郎「……」

健夜「きっと全国の人たちとも渡り合えるような!」

京太郎「……」

健夜「なんだったら私と打ってみようか。今から!」

京太郎「え……」

健夜「近くに雀荘喫茶もあるし、ほら」グイ

京太郎「おわっ……」フラフラ

京太郎「あ、すいません俺、またふらふらしちゃって」

健夜「……」

京太郎「え、今から行くんですか?」

健夜「……」

京太郎「小鍛治さん?」

健夜「さ、最低だ私……」

京太郎「こ、小鍛治さん?」

健夜「病み上がりの人を無理矢理打たせようとするなんて……」

健夜「これじゃ学生時代と変わってないよ……」

京太郎「ど、どうしたんですか急に!?」

健夜「ご、ごめんね……急に」

京太郎「いきなりどうしちゃったんですか」

健夜「……」

健夜「た、たまにね…」

健夜「すごーく、麻雀が打ちたくなるの」

京太郎「はぁ」

健夜「すごくね」

健夜「打ちたくなるんだ…」

京太郎「……」

健夜「で、打ってるときは凄く楽しいんだけど」

健夜「麻雀ってこんなに楽しいんだ!」

健夜「ってね」

京太郎「……」

健夜「でも、打ち終えた後、相手の顔は……」

健夜「……」

健夜「さっきの須賀君」

京太郎「はい?」

健夜「さっきの須賀君みたいになるの」

京太郎「え……」

健夜「だからプロになったんだ」

健夜「……」

健夜「い、意味不明だね!?」

健夜「何言ってんだろ、私……やだなー」

京太郎「ていうか、小鍛治さんってプロだったんですか!?」

健夜「そ、そうなの…一応……」

京太郎「うわ、凄い!!」

健夜「え?」

京太郎「いやー、やっぱりプロから見たら白糸台なんてまだまだなんですか?」

健夜「え?」

健夜「ま、まぁ…宮永照と大星淡は凄いと思うよ」

健夜「他にも弘世菫、渋谷尭美、亦野誠子と粒揃いだよね…
準決勝では成績不信だった人もいるけどやっぱり対戦相手との相性とかもあるし」

健夜「全体的に見てもかなり強い学校なんじゃないかな?」

京太郎「……」

健夜「(何言ってんだ私)」

京太郎「や、やっぱりいかにもプロって感じですね」

京太郎「まぁ、私よりはまだまだだけど?みたいな感じが……」

健夜「ごめんなさいごめんなさい!」

京太郎「え、どうしたんですか?」

健夜「そ、そうじゃないのそうじゃないの!」

京太郎「いや、まさにプロって感じですね」

健夜「やめて!」

健夜「私のせいでプロに変な先入観持たないで!」

京太郎「は、はぁ…」

健夜「違うのアレは…うっかりしてたの……」

京太郎「……」

京太郎「いや」

京太郎「実は俺、まだ麻雀始めたばっかりのペーペーの初心者なんですよ」

健夜「え、そうだったの!?」

京太郎「はい、役とかもまだあんまし…」

健夜「本当に初心者なんだ……」

京太郎「あ、なんかすいません」

健夜「いや、いいよいいよー」

京太郎「それで、皆大会で忙しいから…最近は雑用ばっかで」

健夜「そ、そうなんだ……」

京太郎「ネト麻でもあんまり振るってないんですよ」

京太郎「それで、あのー」

京太郎「もし、良かったら……」

健夜「!!」

健夜「い、いいよいいよ!」

健夜「全然いいよ!」

京太郎「ほ、本当っすか!」

健夜「むしろ指導させて下さいってお願いしたいくらいだよー!」

京太郎「いやいや」

健夜「……」

京太郎「え?」

健夜「また急にテンション上がっちゃった……みっともないよね…私」

京太郎「(また急にどうしたんだろうこの人)」


……

健夜「着いたよー」

京太郎「うわ、いかにもこだわりのって感じの…」

健夜「こう見えて結構安いんだよ」

健夜「……見た目通りかもしれないけど」

京太郎「はは……」

健夜「プロの常連さんも沢山居るんだよ」

京太郎「え、それって結構すごいことなんじゃ」

健夜「秘密だよ、これ!」

京太郎「わ、分かりました」

健夜「あと軽食メニューとかも美味しいし!」

京太郎「へぇ」

健夜「……」

京太郎「……」

健夜「私はちゃんと家で料理もしてるよ!?」

京太郎「何も言ってませんよ俺!」

健夜「ごめんごめん……いつもはツッコミがくるから」

京太郎「そうなんですか」

健夜「いやー、これがまた…」

良子「そこのお二人、店の前に立っていては他の客人の迷惑になりますよ」

健夜「あ、すみませんでした…」

良子「!?」

良子「こ、小鍛治プロ!?」

京太郎「あ、すみませんでした……って知り合いの人ですか」

良子「……」

良子「……こちらの少年は」

健夜「ま、まぁまぁ良子ちゃんの言う通り、迷惑になっちゃうから中に入ろ」

良子「そうでした」

健夜「お邪魔しまーす…」ガラガラ

良子「今日もお世話になります、店長」

良子「アイスコーヒーひとつお願いします」

良子「……」

良子「小鍛治プロ、今日は……」

健夜「な、なにかな良子ちゃん」

良子「まさかその少年と…」チラ

京太郎「はい?」

健夜「ち、違うよ違うよ!」

健夜「今日は指導、この子初心者らしいから」

良子「そうでしたか、では」

良子「また時間が空きましたら、私にもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします」ペコ

健夜「う、うん」

良子「では」スタスタ

京太郎「今の人、凄いきっちりした人ですね」

健夜「良子ちゃんもプロだよ」

健夜「新人なのに何本か賞も取ってるんだよ」

健夜「最近の若手プロの中では多分、1番強いんじゃないかな?」

京太郎「へぇ……」

健夜「須賀くんも5年後はああならなきゃ」

京太郎「男ですよ俺」

健夜「いや、そういう意味じゃなくてね」

京太郎「あの、小鍛治さんってもしかしてかなり凄い人だったりするんですか」

京太郎「さっきの人もすごい頭下げてたし」

健夜「いやいや、良子ちゃんは礼儀正しいから」

健夜「先輩と後輩の関係を凄くきちっと守ってるというか…」

京太郎「なるほど」

健夜「……」

京太郎「なに落ち込んでるんですか」

健夜「気にしないで……」

健夜「あ、須賀くん何か頼む?」

京太郎「いや、いいですよ」

京太郎「さっきもらった水もありますし」

健夜「そう?」

健夜「遠慮しないでいいんだよ、カツ丼とかでも」

京太郎「カツ丼なんてあるんですか」

健夜「あはは…今から麻雀するのにカツ丼は無いよね」

健夜「(食べながら打つ人もいるけど)」

健夜「じゃ、私もアイスコーヒーでお願いします」

京太郎「奥の卓の方で待ってますね」

健夜「お願いしまーす」


……

京太郎「ありがとうございました」ジャラジャラ

健夜「うーん……」

京太郎「ダメダメですね、俺……」

健夜「だ、ダメだよ…すぐマイナスの方向行っちゃ」

健夜「さっきも言ったけど、ちゃんと反省してプラスの方向持っていかないと」

京太郎「はい…」

健夜「(あれから後ろに付いて何回か見たけど)」

健夜「(本当に初心者なんだなぁ)」

健夜「(対人戦もあんまりやったことないみたいだし…)」

健夜「(いいもの持ってるとは思うんだけど…)」

健夜「……」

健夜「(良子ちゃんは、今どんな感じかな)」チラ

健夜「……」ソワソワ

京太郎「小鍛治さん」

健夜「ひゃい!?」

京太郎「気になるなら、見てきても…」

健夜「え、でも」

京太郎「いや、俺はしばらくこの卓でおじさんたちに相手してもらうんで」

京太郎「さっきのはちょっといけそうだつた気もするんで」

おっさん「おいおい、ペーパー免許のボウズが何言ってんだ」

\ドッ/

京太郎「多分、しばらく見てもらってもすぐモノには出来ないと思いますから」

健夜「そ、それじゃあ少しだけ…ごめんね」

京太郎「はい)


……

健夜「良子ちゃん、どんな感じかな」

良子「小鍛治プロ」

おっさんB「相変わらず全く歯が立たねぇ」

良子「ありがとうございました」

おっさんB「はいはい、俺は抜けるぜ」

良子「1人空きが出来ました」

良子「小鍛治プロ、良かったらお願い出来ますか?」

健夜「ちょ、ちょっと外ではあんまり…」

良子「申し訳ありません、小鍛治さん」ペコ

健夜「……」

良子「ご指導、よろしくお願いします」

健夜「……」

健夜「うん」



……
良子「……」

良子「(やはり……)」

良子「(この人、小鍛治プロとの対局は)」

良子「(本当に牌が……『来ない!』)」

良子「(だがいくら無敗王者といえ、もうプロという同じ土俵に立っている者同士)」

良子「(非公式でも関係ない)」

良子「(この試合、勝つ気で行かせて貰います)」

良子「……」ゴウッ

健夜「(良子ちゃん、打ち方かなり変えてきてる)」

健夜「(完全デジタルの子だと思ってたけど…)」

良子「ポン」

良子「(感覚で、掴みにいく)」

健夜「(非公式だからかな、こんな打ち方も出来る子なんだ…)」

健夜「……」

健夜「(ふふ)」

健夜「(やっぱり麻雀って楽しいね、こーこちゃん)」

健夜「(でも私、負けないよ)」ゴウッ

おっさんB「側から見てると素人同士の打ち合いに見えるんだけどなぁ」

おっさんC「あれがプロの打ち方なんだよ、あれで来るの」

おっさんB「マジかよ、シャレにならねぇ」

ガタッ!

おっさん「お、おい!兄ちゃん!?」

京太郎「あ、は…い」

京太郎「……はぁっ、はぁっ!」

おっさん「だ、大丈夫か!?」

おっさんB「なんか向こうが騒がしいな」

おっさんC「この対局、見逃すと後悔するぞ」

おっさんB「分かってるよ」

健夜「(向こうでなにかあったのかな?)」

良子「小鍛治プロ」

健夜「あぁ、ごめんね」

良子「(さっきのポンでも顔色一つ変えませんでしたか。まぁ当然かも知れませんが)」

良子「(かなりプレイスタイルを変えて臨んでいるハズなのですが)」

良子「……」

良子「(本当この方は…)」

健夜「……」ゴウッ

良子「(得体の知れない、モンスターですね)」

京太郎「……あ」フラフラ

ドサ

おっさん「お、おい!?」

おっさん「大変だ、人が倒れた!!」

おっさんD「すぐ救急車「それには及びません」

おっさん「だ、誰だあんた?」

ハギヨシ「その方の友人です」

ハギヨシ「この店で大事になるのも避けたい」

店長「……」コク

ハギヨシ「彼は私が責任を持って、連れていきます」

京太郎「は、ハギヨシさ…」

ハギヨシ「喋らないで、京太郎くん」

ハギヨシ「男にお姫様だっこされるのは、嫌かもしれませんが」

京太郎「はぁっ、はぁっ……」

ハギヨシ「(かなり、苦しそうですね)」

ハギヨシ「(それにしても何故こんな場所に)」

ハギヨシ「……」

ハギヨシ「(考えるのは後回しですね)」

ハギヨシ「ふッ!」ヒョイ

おっさん「すげぇな、あんた」

ハギヨシ「執事ですので」

ハギヨシ「では、私はこれで」ペコ

おっさん「お、おう…大事にしてやってくれな」

ハギヨシ「……」ペコ

良子「!」

健夜「良子ちゃん?」

良子「人が……」

健夜「えっ?」クル

健夜「……」

健夜「あ……」

健夜「す、須賀……くん?」

良子「お連れの少年でしたか」

良子「すいません、今回は私の負けということで」

健夜「え?」

良子「失礼します」ガタ

良子「……」ダッ

健夜「わ、私も行くよ!」ガタ


……

良子「どうなされたのですか」

ハギヨシ「少し気分が優れなかったようです」

ハギヨシ「熱も少し出ていますしね」

良子「何か手伝うことはできますか」

ハギヨシ「大変ありがたい申し出ですが、私1人で十分です」

ハギヨシ「親切にありがとうございます、淑女のお二人方」ペコ

良子「いえ、当然の事ですので」ペコ

ハギヨシ「それでは、お騒がせいたしました」

健夜「……」

良子「(小鍛治プロのお連れの方ではなかったのでしょうか)」

健夜「……」

健夜「っ!」ダッ

良子「小鍛治プロ、どこへ?」

健夜「ご、ごめんなさい、店長さん!」

健夜「ツケでお願いします!」ガチャ

バタン

良子「……」

良子「(まぁ)」

良子「(対局中のそれと人間性は、同じものではありませんよね)」

良子「(私としたことが、年長者に対するリスペクトが足りなかったようです)」

良子「彼女の分は私が払いますので」

店長「……」コク

ハギヨシ「吐き気はしますか?」

京太郎「す、少し……」

ハギヨシ「病院までなるべく早く揺らさずに行きますが、吐きたくなったらいつでも言ってくださいね」

京太郎「は、はい……」

ハギヨシ「……」バダム

健夜「すみません!」ガチャ

ハギヨシ「おや、あなたはさっきの……」

健夜「あの……」

ハギヨシ「……もしかして、小鍛治プロでは」

健夜「そ、そうですけど!」

健夜「お願いします、私も乗せて下さい!」ペコ

ハギヨシ「……」

ハギヨシ「後部座席へ、彼を看てやっていて下さい」

健夜「!」

健夜「ありがとうございます!」


……

健夜「は、はやい」

ハギヨシ「法定速度は守っていますので、心配なさらず」

健夜「えっ、あの…はい」

京太郎「……」

健夜「ごめんね、須賀君……」

ハギヨシ「……」

ハギヨシ「小鍛治プロ、彼の容態に何か心当たりが?」

健夜「……倒れたんです、須賀君」

健夜「私、散歩してたんですけど」

健夜「そうしてたら、彼が苦しそうにしてるのが見えたので……」

健夜「その後、話しかけたら吐いたあと気絶しちゃって…」

ハギヨシ「それは、ご迷惑を」

健夜「い、いえ!その後がいけなかったんです」

健夜「彼が、起きた後に私が麻雀喫茶になんか……つ、連れていったから…」

健夜「うっ…ぐす……」

健夜「す、須賀君、インハイの試合見て、気持ち悪く、なったって、言ってたのに……」グス

ハギヨシ「……」

ハギヨシ「小鍛治プロは悪くありませんよ」

健夜「ふ、ふぇ?」

ハギヨシ「彼らや、彼女らに関して無知すぎる私たちが悪いのです」

健夜「そ、それってどういう……」

ハギヨシ「私が仕えているお方も、小さなころは大変でしたから」

ハギヨシ「窓ガラスの修繕スキルが上がりましたよ」

健夜「ま、窓ガラスのですか」

ハギヨシ「おや、私もおかしな話をしてしまった」

ハギヨシ「これでおあいこですね。しばらく運転に集中します」

健夜「は、はい…」

京太郎「……」

健夜「ごめんね、須賀君……」

ハギヨシ「……」


……

京太郎「お待たせしましたー」

ハギヨシ「京太郎くん」

健夜「!」ガタッ

京太郎「すいません、色々迷惑かけちゃって」

ハギヨシ「いえいえ、竹井さんから保険証のコピーを借りておいて良かった」

健夜「す、須賀君……わ、私」

京太郎「えっ、小鍛治さん!?」

京太郎「す、すいませんわざわざ!」

京太郎「俺また倒れちゃって、ホントいつの間に病弱キャラになっちゃったのか…」

健夜「……」

京太郎「小鍛治さん?」

健夜「よ、よかったよぉ……」グズ

京太郎「え!?」

ハギヨシ「私は先に車で待っていますので」

京太郎「ちょ、どうしたんスか!?」

健夜「ごめんね、私、私が悪いのに、ピーピー泣きすぎだよね……」

京太郎「え、いやー…俺の方こそなんかすいません」

京太郎「まさかこんなに自分が貧弱だとは……」

健夜「ち、違うんだよ……須賀君のせいじゃないんだよ…」

京太郎「……」

京太郎「……小鍛治さん」

健夜「な、なにかな?」

京太郎「俺、実は麻雀やめようかなーって思ってたんですよ」

京太郎「ホントに」

健夜「え……?」

京太郎「だって女子でアレですよ?」

京太郎「男子だったらどんな事になるか…」

健夜「……」

京太郎「でも、やめました」

健夜「え……」

京太郎「あ、辞めるのをやめたって事です。ややこしいっすね」

京太郎「小鍛治さんに教えてもらってちょっと自信もらったんですよ、実は」

健夜「で、でも私、すぐに良子ちゃんの方に」

京太郎「いや、プロのお姉さんに後ろで見てもらって強くならない男は居ませんよ!」

健夜「そうかなぁ…?」


……

おっさん「いやー、でもボウズが抜けてくれて一応助かったわ」

おっさんB「何言ってんだ、縁起でもねぇ」

おっさん「そうだけどよ」

おっさん「だって見ろよ、ボウズの手牌」

おっさんB「どれどれ」

良子「これは……」

おっさん「お、戒能プロ」

良子「失礼」

おっさん「後ろについてた小鍛治プロが居なくなって、しばらくしたらコレだよ」

おっさん「ワザと弱いフリでもして甘えてたのかね?」

良子「ふむ」


良子「……結局」

良子「あの少年は一体何者だったんでしょうか」

おっさん「さぁ?」

おっさん「小鍛治プロのツバメじゃねえのか」

おっさんB「ツバメって、おい」

良子「そんな話は聞いたことありませんが…」

おっさん「そうなのか」

良子「今日、初めて会いました」

良子「ですが私自身、小鍛治プロとプライベートの付き合いがそれほど多い訳ではありませんので…」

おっさんB「ま、もしそんなん囲ってたら、こーこちゃんが言いふらして回ってるだろうさ」

良子「……それもそうですね」


……

京太郎「ただいまー」ガチャ

京太郎「心配かけてすいませんでしたー!」

久「……」

まこ「……」

咲「……」

和「……」

優希「……」

シーン

京太郎「あ、あれ?」

まこ「お、おう…」

まこ「まぁ、よう帰「どこ行ってたんだバカこの犬!!!」

咲「優希ちゃ」

優希「皆がどれだけ心配したと思ってるんだじぇ!!」

京太郎「わ、悪い悪い……」

京太郎「ちょっと気分悪くなってさ」

咲「京ちゃん、もう大丈夫なの?」

京太郎「ああ、もちろん!」

京太郎「今なら5キロ先のスーパーでもダッシュで買い出しに行けますよ、部長!」

久「え、えぇ……はぁ」

和「大事にならなくて良かったです、本当に」

京太郎「和、もしかして心配してくれたのか!?」

和「当たり前ですよ……」

京太郎「ま、マジか」

京太郎「そ、そうだ!帰ったら皆自慢しようと思ってたんだよ!!」

優希「何を?」

京太郎「ちょい待ってろ」ゴソゴソ

京太郎「じゃーん!!」

咲「色紙?」

京太郎「小鍛治プロのサイン色紙!!」

久「え!?」

京太郎「しかも宛名付き!!」

まこ「そんなもんどこで……」

優希「京太郎の事だから怪しい露店商に引っかったに違いないじぇ!」

京太郎「チッチッチ、違うんだなそれが」

京太郎「もちろん、本人から直接書いてもらったんだよ」

京太郎「なんなら本人に直接確認取ってもいいんだぜ?」

優希「なに!?」

京太郎「ちょっと待ってな」プルル

咲「よ、よくわからないんですけど…」

咲「京ちゃんはその、小鍛治プロって人に助けてもらったって事ですか?」

久「龍門渕の執事さんによるとね……って」

久「咲、小鍛治プロのこと知らないの?」

咲「は、はい」

和「元世界ランキング2位の超有名選手ですよ」

まこ「ま、最近テレビでは解説でしか出番がないからの」

咲「そ、そんなに凄い人だったんですか……じゃあ、このサインってかなり貴重なんじゃ」

久「好きな人は何十万も出すんじゃないかしら」

咲「そ、そんなに!?」

まこ「店に飾っておこうかの」

久「……」

和「部長、まさかオークションにでも出品する気じゃ」

久「そ、そんなことしないわよ!?」

久「ホラ、宛名も付いてるし!!」

和「焦りすぎです」

久「ぐぬ…言うようになったわね、和も」

咲「なんにしても、京ちゃんが無事で良かったです」

久「ホント、その通りね」

和「試合には出れなくても同じ仲間ですからね」

まこ「……」

久「まこ?」

まこ「あ、あぁ……いや、なんでもない」

京太郎「ほら!」

優希「もしもーし?」

小鍛治『も、もしもし、健夜ですけど』

小鍛治『須賀君?』

小鍛治『どうしたの?』

小鍛治『も、もしかしてサインの名前間違ってたとか……』

小鍛治『ど、どーしよ……あ、またご飯でもご馳走させてね、その時ついでに』

優希「ふん!」

ガシャーン!

京太郎「ぁぁぁあ!!!俺の携帯がぁぁあ!!!!」

優希「手が滑った!!」

京太郎「俺のサイン色紙に水がぁぁあ!!!」

優希「心配させた罰だじぇ!!」

京太郎「ふふふ……」

優希「な、何笑ってるんだじぇ」

京太郎「こんなこともあろうかと!!」

京太郎「サイン色紙にサランラップを巻いておいたのだ!!」

優希「何!?」

京太郎「ははは、俺の作戦勝ちだな優希!!」

優希「く、京太郎の癖に生意気だじぇ!」

京太郎「これは渡さん、家宝にする!!」

優希「アラフォー手前のベテラン選手のサイン色紙を家宝にするなんて情けないやつだじぇ!!」

京太郎「何とでも言え!!」ガチャ

バタン

優希「待てこのやろー!」ガチャ

バタン

和「携帯の方はどうでもいいんでしょうか……」


……

健夜「……」ソワソワ

恒子「なにソワソワしてんの、すこやん」

健夜「し、してないよ!?」

恒子「ふーん」ニヤニヤ

健夜「な、なに?」

恒子「もしかして例のツバメくん?」

健夜「何で知ってるの!?」ガタ

健夜「ていうかツバメじゃないよ!?」

恒子「え、当たってたの!!」

恒子「つぶやこーっと」

恒子「すこやん、親鳥なう。っと」

健夜「……」グググ

恒子「冗談冗談」グググ

健夜「やめてよ……本当そんなんじゃないんだから」

恒子「へぇー」

健夜「ていうかもう1回聞くけど、なんで知ってるの?」

恒子「教えなーい」

健夜「……」サッ

恒子「……」ガッ

健夜「……」グググ

恒子「……」グググ

恒子「ちょ、強い!今日のすこやん力強い!」ギギギ

健夜「うるさいよ!?」

健夜「結局誰に聞いたのこーこちゃん……」

恒子「すこやんのお母様からお聞きしました」

健夜「……」

健夜「え……」

健夜「なんでおかーさんが知ってるの……」

恒子「さぁ」

健夜「良子ちゃんがバラすはずないし……」

恒子「え、なに?」

恒子「戒能プロも知ってるの?」

健夜「一応……」

恒子「選手生命終わったね!」

健夜「……」

恒子「冗談冗談!」

健夜「びっくりさせないでよ……」

健夜「プロで知ってるのは良子ちゃんだけだと思うんだけど」

健夜「……と、思いたい」

恒子「え?」

恒子「なんで戒能プロだけ」

健夜「えーっと、それはね」

恒子「待って!」

恒子「私、当ててみるから」

健夜「ハズレ」

恒子「まだ何も言ってないよ!?」

健夜「だって、こーこちゃん絶対ふざけたこと言うもん!」

恒子「真面目に答えるから!」

健夜「えー…」

恒子「う~ん……」

恒子「2人で高校生相手に逆ナンしてお持ち帰りしてきた!」

健夜「(ほら来た……)」

恒子「違う?」ドヤ

健夜「なんで自信ありげなの……」

恒子「もー、今日のすこやんノリ悪いよー?」バンバン

健夜「え、そうかな……ごめんね」

恒子「気を付けてよね!」バンバン

健夜「いたいいたい……」

健夜「……」

健夜「(……考えてみたら、私がこーこちゃんのギャグに乗った事って数えるくらいしかないんじゃ)」

健夜「あれ、私っていつもこんな感じだからノリ悪いも良いも無いんじゃ……」

恒子「今思えばそうだねー」チュー

健夜「……」

恒子「ストローで飲むグレープフルーツジュースってなんでこんなに美味しいんだろ」

健夜「いや知らないよ……」

健夜「……」

健夜「私も頼もうっと」

恒子「で、どうなの」

健夜「え、何が?」

恒子「何が、じゃないよすこやん!」

恒子「ツバメくんのことに決まってんじゃん!」

健夜「そのツバメくんってのやめない!?」

恒子「ごめん、なんかリアルだもんね」

健夜「今日のこーこちゃん言いたい放題だね」

恒子「じゃ、仮称Tくんで」

健夜「イニシャルも何も全然関係ない名前になっちゃったよ……」

恒子「じゃ、名前教えてよ」

健夜「う……」

健夜「や、やだ」

恒子「うわ……」

健夜「うわ……ってなに!?」

恒子「いや、なんかすこやんが別の生き物にメタモルフォーゼしたかのような空気を感じ取ったの」

健夜「なにソレ……」

恒子「で、どうなの」

健夜「どうって……」

恒子「須賀京太郎くんとはどんな感じなの?」

健夜「……え」

健夜「うわぁぁぁぁあ!?」

恒子「ふふふふふふふふ」

恒子「私が知らないとでも思ったか魔人アラフォー!!」

健夜「何、その嫌な名前の魔人!」

恒子「昨日の仲間は今日の敵!」

恒子「仲間を疑うことも考えた方がいいよ!」

健夜「……」

健夜「どうせ、おかーさんでしょ……」

恒子「まぁ、そうなんだけどね!」

恒子「で?」

健夜「……」

健夜「まぁ、一応今度ご飯どうかなって…」

恒子「……」

恒子「手出すの早ッ!!」

健夜「そういうツッコミやめてよ!?」

恒子「ごめんごめん、なんか興奮しちゃって」

健夜「ていうかまだ会って2日しか経ってないんだけど」

恒子「大会終わったら帰っちゃうしね!」

健夜「……」

恒子「もう1年遊べるドン!」

健夜「ぷっ! な、なにそれ……」

健夜「しかもちょっと似てるし…」

恒子「ね、それっていつ?」

健夜「右ブロックの準決勝戦終わってからの夜だけど…」

恒子「マジ!?」

健夜「う、うん…」

恒子「私その日解説終わったら、後何もないから」

健夜「う、うん?」

恒子「一緒に行く!」

健夜「え……」

健夜「本気で言ってるのそれ」

恒子「マジマジ! ツバ付けとかなきゃ!」

恒子「もちろん、すこやんがね!」

健夜「急に行きたく無くなってきたよ…」


……

京太郎「……」

京太郎「や、やべぇ緊張してきた」プルル

京太郎「あ、電話かかってきた」

ガチャ

透華『もしもし、ハギヨシですか?』

京太郎「え、須賀ですけど……」

透華『も、申し訳ありません。間違えましたわ』

京太郎「いえ」ガチャ

ツーツー

京太郎「……」プルル

ガチャ

透華『もしもし、ハギヨシですか?』

京太郎「いえ、須賀です」

透華『ど、どうなっていますの!?』

京太郎「すみません。俺、今日携帯壊しちゃってハギヨシさんに貸してもらってたんです」

透華『ああ、そうでしたか』

京太郎「あ、今帰ってきたんで変わりますね」

ハギヨシ「申し訳ありません。透華お嬢様」

透華『気にしていませんわ』

ハギヨシ「京太郎くんも、すみません」

ハギヨシ「それで、何か御用でしたか」


……


……

健夜「須賀君!」

京太郎「小鍛治さん! ……と」

恒子「おっす少年!」

京太郎「え……」

京太郎「も、もしかして福与アナ!?」

京太郎「本物!?」

健夜「(そっちは知ってたんだ…)」

恒子「え、あたしのこと知ってるの?」

京太郎「ええ、そりゃもう」

京太郎「……顔くらいは」

恒子「顔だけかい」

京太郎「もしかして今中継してたり?」キョロキョロ

健夜「あはは…大丈夫、大丈夫…」

京太郎「ですよね」

恒子「うんうん」

恒子「ネット配信はしてるけどね!」

健夜「今すぐやめて!」

京太郎「……」ポカーン

健夜「ハッ!」

健夜「(つい、いつものノリでツッコミしちゃったよ……)」

恒子「すこやん、ちょっと落ち着きなよ」

恒子「Tくん困ってるよー」

京太郎「Tくん?」

健夜「……」

健夜「……」ゴゴゴゴゴ

恒子「じゃ、入ろうか須賀君」

京太郎「え…あ、はい」

健夜「入る前から疲れたよ……」

健夜「ファミレスでごめんね…」

恒子「いきつけのファミレスです」

健夜「(また余計な事を!)」

京太郎「えっ」

京太郎「プロ御用達って事ですか」

健夜「……」

恒子「……」

健夜「変なコメント重ねないで、こーこちゃん!」

恒子「正直反省してます」

京太郎「?」

京太郎「えーっと、福与アナ?と…小鍛治プロはすごい仲いいんですね」

恒子「年の功だね!」

健夜「意味不明だよ…」

恒子「あ」

恒子「こーこちゃんって呼んでもいいんだよ」

京太郎「こ、こーこちゃん?」

恒子「そうそう」

恒子「で、こっちがすこやん」

健夜「え、私にも振るの」

京太郎「す……」

京太郎「すこやん……」

健夜「……」

健夜「……」カァ

恒子「おー、照れてる」

健夜「やめてよ!?」


……

恒子「ドリンクバー3つで!」

京太郎「え、俺は…」

恒子「いいっていいって!」

恒子「今日はすこやんが奢ってくれるから!」

京太郎「いや、悪いですって」

健夜「いいんだよ、須賀君。色々迷惑もかけちゃったしね」

恒子「金なら浴びるほど持ってるしね!」

健夜「……」ヒュッ

恒子「飲み物取ってくるよー!」スカッ

健夜「(躱された!)」

京太郎「あ、それなら俺行きますよ!」スタスタ

恒子「え……」

健夜「……」

恒子「調子乗ってすいませんでした」

健夜「え? 何? 聞こえないよ?」

恒子「もー!ごめんってば」

健夜「あー……疲れた」

健夜「本当ドッと疲れたよ……」

恒子「……」

健夜「……」

健夜「歳のせいじゃないよ!?」

恒子「いや分かってるよ!」

健夜「こーこちゃん、ちょっとはしゃぎ過ぎだよ」

恒子「いやー、なんか久しぶりにプライベートであういう世代の子と話したからさー」

恒子「いやー、いいわ……汚れてない男子高生って」

健夜「おじさんみたいだよ、こーこちゃん……」

健夜「それに須賀君からしたら、おばさん2人がはしゃいでるように見えてるかもしれないんだよ!?」

恒子「それは嫌だな!!」

恒子「でも私まだ、20代前半だよ?」

健夜「私だって20代だよ」

恒子「……」

健夜「……」

恒子「やめようか、この話……」

健夜「うん……」

京太郎「すみません」トトト

恒子「おろ、少年」

健夜「須賀君、どうしたの?」

京太郎「考えたら俺2人の飲みたいもの聞いてないと思って……」

健夜「そんな、なんでもいいのに…」

健夜「ごめんね、気を使わせちゃって」

恒子「いい子だなー」

健夜「(こーこちゃんは悪過ぎるよ……)」

恒子「よし、ここはおねーさんが行ってきてあげよう!」

恒子「何がいい?」

京太郎「え、いやでも」

恒子「遠慮すんな!」

恒子「私ドリンクバー大好きだから!」

健夜「(どんな意味で言ってるんだろう)」

京太郎「えーと、んじゃ炭酸で」

恒子「炭酸ね、炭酸!」

京太郎「すいません」ペコ

恒子「いいっていいってー!」

恒子「じゃ!」

京太郎「ちょ、小鍛治さんは…」

健夜「私はいいよ……」

京太郎「え?」

健夜「どうせ違うの持ってくるし…」

健夜「(流石に須賀君のはちゃんと入れてくると思うけど)」

京太郎「俺、なんか持ってきましょうか?」

健夜「いやいや、いいよ」

京太郎「でも…」

健夜「えーと、ほら」

健夜「私、水が好きだから!!」

健夜「……」

健夜「(我ながら苦しいフォロー)」

京太郎「水、水ですか…」

健夜「う、うん」

京太郎「……」

京太郎「も、もっと持ってきましょうか!?」

健夜「え、いいよ!?」

健夜「(須賀君もなんかたまにボケるんだよなぁ……)」

健夜「本当に気なんて使わなくていいから」

京太郎「いやー、でも皆に聞いた相当凄い選手って言ってまして」

京太郎「元世界ランキング2位って」

健夜「あぁ……それは、まぁ」

京太郎「……」

健夜「……」

健夜「ちょ、ちょっと頑張ったなぁ私っていうのはあったから……」

健夜「謙遜しませんでした、ごめんなさい……」

京太郎「(なんで謝ってるんだろう)」

健夜「こーこちゃん、遅いなぁ」

京太郎「もしかしてファンにサインでも求められてるとか」

健夜「無くはないけど、多分違うと思うよ」

健夜「多分また混ぜてるんだと思う…」

京太郎「混ぜてる?」

京太郎「……」

京太郎「まさか」

健夜「ホント小学生みたいでしょ……」

京太郎「は、はは……」

健夜「須賀君からもビシッと言ってやってよ…」

健夜「年下に言われたらきっとこーこちゃんも」

健夜「……」

健夜「いや、あの子は直さないな」

京太郎「(最近咲に同じことやったからな、俺も)」

恒子「お待たせー!」

京太郎「あ、帰ってきた」

健夜「うわ、うわうわうわ……」

健夜「やっぱり混ぜてるし!!」

京太郎「すげぇ色してますね…」

恒子「いやー、やっぱり」

恒子「これがなきゃファミレス来た意味がないでしょ!」

恒子「ねぇ?」

京太郎「……」

京太郎「はい!」

恒子「おお」

健夜「……」

健夜「(あれ?)」

健夜「(須賀君もそっち側?)」

健夜「誰が飲むのこれ…」

恒子「すこやん」

健夜「無理」

京太郎「じゃあ俺が!」

恒子「行け、若人!」

健夜「や、やめときなよ須賀君」

健夜「お腹壊しちゃうよー……」フルフル

京太郎「……」

キュン

恒子「あ、今キュンと来たでしょ」

京太郎「!?」

恒子「見た目はヤンキーなのに可愛いなー!」ガシガシ

京太郎「ちょ、やめ……やめて!」ガシガシ

恒子「はいやめた」パッ

京太郎「早ッ」

恒子「メニューメニューっと」

健夜「わ、私は、えーと、えっと」

健夜「な、なんにしようかなー」

恒子「うわ露骨」

恒子「すこやん焦りすぎー」

健夜「誰のせいだと……」

恒子「あ、ねぇねぇ須賀君」

京太郎「はい?」

恒子「目の前のお姉さん、いくつか当ててみ!」

健夜「……」ピク

健夜「……」シュバ

恒子「お花摘みにいってきまーす☆」スカッ

京太郎「えぇ!」

健夜「……」ゴゴゴ

恒子「ふんふふんふすこーやん」スタスタ

京太郎「行ってしまった……」

健夜「……」

京太郎「……」

シーン

健夜「す、須賀君」

京太郎「はい!?」

健夜「あ、あの……」

健夜「私、いくつに見える……かな……」

京太郎「(続くのかよこれ)」

京太郎「えーと」

健夜「……」

京太郎「(この質問、どう答えてもいい方向に転ばない気が)」

京太郎「あぁー、もう最初見た印象で」

京太郎「23、4くらいかな?」

健夜「……」

健夜「え!? ウソでしょ!!」

京太郎「(ほらやっぱり!)」

京太郎「いや、今は正直福与アナより1、2歳上くらいかなと」

京太郎「さっき小鍛治さんのが年上みたいなこと言ってましたから」

健夜「……」

健夜「マジ?」

京太郎「はい、割りとマジです」

健夜「お、おぉ……」

健夜「うおぉお」

京太郎「(割と面白い反応するんだなこの人)」

京太郎「結局のところ本当の年齢は?」

健夜「……っ! えーと!」

健夜「ひ、秘密!」

京太郎「ですよね」

健夜「……」

健夜「(なんだろう、このあしらわれてる感)」

咏「ファミレスファミレスーっと」

えり「子どもですか」

咏「いいじゃんよお、えりちゃん」

えり「やめて下さいよそれ……」

健夜「あれ、咏ちゃんだ」

京太郎「咏ちゃん?」

咏「およ」

咏「あれ、すこやんプロじゃね?」

えり「あなた達に上下関係というものは無いんですか?」

咏「こかじプロー」フラフラ

健夜「咏ちゃーん」

えり「聞いてないし……」

咏「奇遇ですねぃ、小鍛治プロ」

健夜「そ、そうだね…咏ちゃんはあんまりここに来ないし」

咏「……およ?」

京太郎「え?」

咏「お、おぉぉぉぉお……?」ズイ

京太郎「!?」

えり「三尋木プロ、初対面の方に失礼ですよ」ヒョイ

咏「ぐえ」グイ

健夜「あはは……」

咏「相席いいですかー?」

健夜「え……あ、いい?」

京太郎「お、俺は構いませんけど」

えり「迷惑ですよ、三尋木プロ……その」チラ

京太郎「……」

えり「お、お二人方に?」

京太郎「(まぁ、疑問系だよな)」

咏「そのお二人方は付き合ってらっしゃるんですか?」ニヤニヤ

えり「な……」

健夜「は!?」

健夜「……」

健夜「えっ!?」

健夜「……」

健夜「え、えぇ!?」

京太郎「(相当混乱してるな小鍛治さん……)」

健夜「な、何言ってるんだろ!?」

健夜「ねぇ!?」

京太郎「え、俺!?」

咏「おー……」

咏「これが、じゅんじょ」

咏「う痛っ!」ポコ

えり「流石にからかい過ぎです!」

咏「何も叩くことないじゃん…」

えり「年長者は敬うべきです!」

健夜「……」

京太郎「(また落ち込んでる……)」

恒子「あれ、針生アナ?」

えり「……」

チッ

京太郎「(今、舌打ちの音が……)」

恒子「うわ、やっぱり!」

恒子「針生さんだー!」バッ

えり「触らないで下さい」スカッ

恒子「……」バッ

えり「……」スカッ

チッ

恒子「ちょ!?」

恒子「今の聞いた!? 須賀君!」

恒子「舌打ちしたよこの人!」

えり「気のせいです」

えり「……小鍛治プロが居るからにはもしかしてとは思っていましたが」

えり「やはり居ましたか…」


……

健夜「あ、須賀くん…この子……この人はね」

咏「おっす」

京太郎「ちゅ、中学生?」

咏「……」

咏「ぷっ…」

咏「あっはっは!なんっだ、それ!」ケラケラ

健夜「(見えるけどね)」

咏「ひー」

健夜「三尋木咏プロだよ」

京太郎「ぷ、プロですか?」

健夜「そう、それに日本代表選手も兼ねてるんだ」

京太郎「日本代表!?」

咏「ピース」

京太郎「ほ、本当はいくつなんですか?」

咏「なになに、気になんの?」

京太郎「いや、マジで一瞬小中学生かと……」

健夜「ま、まぁ…わかるよその気持ち」

咏「おいおい!」

咏「なになに、機嫌取ろうとしてんの?知らんけど」

咏「褒めて何か出させようとしてんの?」

京太郎「いや、別に……」

咏「アメとかならあるけど」コト

京太郎「黒飴……」

咏「もひとつあった」コト

京太郎「キンカンのど飴……」

咏「ほい」コト

京太郎「パインアメ……」

咏「いやー」

咏「ほんとババアかってのね! はっはっは!」ケラケラ

健夜「……」ピク

京太郎「……」

健夜「まだ何も言ってないよ!?」

京太郎「俺も言ってませんよ!?」

恒子「よいしょっと」

えり「行きましょう、三尋木プロ」

咏「え」

えり「ここよりいい店知ってますから、ほら」

咏「今日のえりちゃん強引だね」

えり「一刻も早くここを離れたいので」

咏「じゃあねぇーい」フリフリ

恒子「ここよりいいチェーン店なんてあるもんか!」

健夜「なんでチェーン店限定なの……」

恒子「ったくよー、態度悪いよ針生アナ!」

京太郎「ヤンキーですか」

恒子「お前の方がヤンキーだろうが! キンキンの髪しやがって!」ガシガシ

京太郎「じじじげですって!」ガシガシ

健夜「こーこちゃんの方が後輩なんだから……」

恒子「関係無いね!」

健夜「え、あるでしょ!?」

京太郎「まぁ、側から見たら仲良く見えましたけど」

恒子「まっさか!」

恒子「私が仲良くしてあげてるんだよ」

健夜「いないからって好き放題言っちゃダメだよこーこちゃん…」

恒子「針生アナって友達少ないからさー」

恒子「しかもロリコンだし!」

健夜「それは違うと思うな……」

恒子「あ、そういやメニュー頼んでない」

京太郎「……」ギュルルル

健夜「……」

京太郎「……すいません、俺です」

恒子「育ち盛りか!!」ガシガシ

京太郎「ぐわぁぁ……」ガシガシ

健夜「い、いやその通りだよこーこちゃん! やめてあげてよ!」

恒子「ほら、すこやんもやってやれ!」

京太郎「うぇ!」ズイ

健夜「え!?」

健夜「……」

健夜「……」ソーッ

健夜「……」サワッ

京太郎「……」ピクッ

恒子「何やってんのあんた達……」

恒子「ま、そんなことよりメニューっと」

恒子「……」

恒子「ステーキ食べなよ、須賀君」

恒子「一番高いやつね!」

京太郎「え」

健夜「もー、こーこちゃんダメだよ……」

健夜「ほら、もひとつメニューあるし」ヒョイ

京太郎「あっ ありがとうございます」

健夜「好きなの選んでいいんだよ」

京太郎「……」ペラ

京太郎「……」ペラ

京太郎「……」ピタ

京太郎「れ、レディースセットって……」

健夜「ん?」

京太郎「美味しそうだなぁって、ははは…」

恒子「男ならステーキでしょ!」

健夜「もう、絡まないの」

健夜「……!」

健夜「じゃ、私が頼むよ!」

京太郎「え、いいんですか?」

健夜「私の分は、須賀君が頼んでくれたらいいし……」

京太郎「そ、それじゃあお言葉に甘えちゃっていいですか」

健夜「全然いいよー」

恒子「……」

恒子「(す、すこやんが……)」

健夜「こーこちゃん?」

恒子「保護者してる!」

健夜「……ど、どういう意味なのそれ」

恒子「いや、深い意味はないよ!」シャキーン

健夜「……」

京太郎「いや、実は長野でもこうやってレディースランチ頼んで食ってた事があるんですよね」

恒子「!?」

健夜「!?」

恒子「(も、もしかして彼女持ちなのこの子)」

健夜「……」

恒子「すこやん?」

健夜「え、何?」

恒子「(案外冷静だ……)」

健夜「(こーこちゃんが珍しく難しい顔してる…)」

恒子「(よし、ここは私がすこやんの為にひと肌脱ぐよ!)」

健夜「(また余計なこと考えてないといいんだけど…)」

恒子「須賀くんやーい」

京太郎「はい」

恒子「そのレディースランチの子って…」

恒子「コレ?」

健夜「(小指!)」

京太郎「いえ、違いますけど」

恒子「なぁーんだ」

健夜「ホッ……」

健夜「(その前に意味が通じてよかったよ)」


……

恒子「以上でお願いしまーす」

京太郎「ありがとうございます」

健夜「ふぅ……」

京太郎「疲れてるんですか、小鍛治さん」

健夜「ご、ごめんね…」

恒子「すこやん体力無いからね!」

京太郎「注文前に話し過ぎましたね、ちょっと」

京太郎「俺はかなり楽しかったですけど」

健夜「そ、そう!?」

恒子「(落ち込んだり元気になったり忙しいなぁ)」


……

恒子「以上でお願いしまーす」

京太郎「ありがとうございます」

健夜「ふぅ……」

京太郎「疲れてるんですか、小鍛治さん」

健夜「ご、ごめんね…」

恒子「すこやん体力無いからね!」

京太郎「注文前に話し過ぎましたね、ちょっと」

京太郎「俺はかなり楽しかったですけど」

健夜「そ、そう!?」

恒子「(落ち込んだり元気になったり忙しいなぁ)」


……

久「須賀くん、今頃いいもの食べてるんでしょうねぇ」

まこ「ホテルのレストランも十分豪華じゃと思うが」

優希「決勝、前に! 1人外食なんて! 気がたるみすぎだじぇ!」

和「優希、行儀悪いですよ」

優希「ヤケ食いだじぇ!!」ガツガツ

咲「……」

和「どうしたんですか、咲さん」

咲「京ちゃんは、麻雀やってて楽しいのかなぁって」

和「……」

咲「い、嫌味じゃないよ!?」

咲「ただ、私たちが試合してるとき、京ちゃんは1人きりで見学してて」

咲「私の方が後から入ったのに……」

咲「それで、京ちゃんは麻雀を楽しめてるのかなぁって」

咲「そう、思ってたんだ…」

和「咲さん……」

久「心配してもラチがあかないわよ、そんなこと」

和「部長」

久「案外、麻雀でもなんでも、今1番楽しんでるのは須賀くんだったりしてね?」


……

京太郎「食い足りない……」

恒子「ほらー、やっぱりレディースセットなんてシケたもの頼むから!」

健夜「シケたものって……」

健夜「あ、良かったら私の食べる?」

恒子「アラフォーが攻撃をしかけた!」

健夜「うるさいよ!」

京太郎「じゃ、じゃあ一口だけ」

恒子「ほら、あーんってしろ!」

京太郎「え!?」

京太郎「むぐ!」

健夜「ちょ!? こーこちゃん?」

京太郎「死ぬかと思った……」

恒子「ほら、すこやんも!」

健夜「え!? 私!?」

京太郎「え」

恒子「ほらほら!」

健夜「え、えーと! ……じゃ、じゃあ」

健夜「あ、あーん?」

京太郎「……」モグモグ

京太郎「あ、ありがとうございます」

健夜「……」

健夜「……」カァ

恒子「また照れてやんの」

健夜「う、うるさいよ……」

京太郎「……」

京太郎「小鍛治さん、福与さん」

小鍛治「何かな?」

京太郎「俺、今最高に楽しいっす!」ニカ

恒子「ふむ?」

小鍛治「な、なんだかよく分かんないけど……」

小鍛治「須賀君が楽しんでくれて、良かったよ」ニコ


……

京太郎「ごちそうさまでした、小鍛治さん」

恒子「いいってことよ!」

健夜「全然いいよー」

健夜「って、なんで私より先にこーこちゃんが返事してるの……」

京太郎「つーか、あの」

恒子「んー?」

京太郎「ホテルの方向こっちじゃないんですけど」

健夜「え!」

恒子「当然じゃん」

京太郎「はぁ!?」

恒子「今、デパート向かってますから!」


……

えり「本当に、こんなデパートでいいんですか?」

咏「いいんだよー」フラフラ

えり「(まさか一杯で酔うとは…)」

えり「それで、何が欲しいんですか?」

咏「えりちゃんかねぃ」ニヤニヤ

えり「またそんなことを…」

咏「冗談冗談ー」

えり「はぁ……」

えり「で、何が欲しいんですか?」

咏「うーん」

咏「……」

咏「下駄?」

えり「えっ……」

えり「(デパートで下駄?)

えり「デパートで下駄って売ってるんでしょうか…」

咏「わっかんねー」フラフラ

えり「……」

えり「(普段の倍、適当さが増している気が)」

えり「ま、まぁとりあえず靴売り場に」

咏「あつい……」

えり「お願いですから脱がないで下さいよ」

咏「えりちゃん固すぎだぜー」ケラケラ

えり「脱ぐのに硬いも柔らかいのもないのでは…」

咏「……」

えり「……」

咏「なんか急に頭がスッキリした」

えり「?」


……

恒子「着いたー!」バタン

健夜「ご、ごめんね須賀君」

京太郎「……」ポカーン

健夜「このおバカさんが…」

恒子「おバカさん……」

恒子「まぁまぁすこやん、ちょいちょい」

健夜「なに……」

恒子「(もうすぐ須賀君帰るんだし、記念にプレゼントくらい買ってあげないと!)」

健夜「(なんか重くないかなそれ)」

健夜「(会って2日の相手にプレゼントって)」

恒子「(大丈夫大丈夫!)」

恒子「(出会って2日でご飯奢ってる時点で十分重いから!)」

健夜「……」

健夜「(それもうアウトじゃん!?)」

恒子「須賀君やーい!」

京太郎「ってな感じです……はい、遅れます……はい…はい」

京太郎「えっ、お土産?」

健夜「電話中みたいだね」

京太郎「……す、すみません…ちょ、手持ちが……」

京太郎「…ごめんなさい、ごめんなさい……明日はバリバリ働きますんで……」

恒子「……」

健夜「こーこちゃん?」

恒子「……」

恒子「急に罪悪感がしてきた……」

健夜「遅いよ……」

京太郎「お待たせしましたー!」タタタ

恒子「お、おう…」

京太郎「?」

健夜「ちょっと反省してるみたいだから放っておいてあげてね…」

京太郎「はい?」

恒子「……」

恒子「須賀少年や」

健夜「(もう復活した!)」

恒子「須賀少年が長野に帰る前に私たちがなんかプレゼントをと思ってねー」

京太郎「え」

恒子「このイ○ンでな!」

健夜「(急にスケールが小さくなった感が)」

京太郎「え、いいですよそんなの……あと須賀少年ってなんすか」

恒子「ま、細かい事は気にせずに」グイ

京太郎「ぐえ」グイ

健夜「ちょ、こーこちゃんダメだよ引っ張っちゃ!」

恒子「……」

健夜「どうしたの?」

恒子「今、一瞬針生さんが見えた気がする」グググ

京太郎「ぎ、ギブギブ!」グググ

恒子「おっ、ごめんよ」

京太郎「はぁ…はぁ……」

健夜「大丈夫?」

京太郎「は、はい」

恒子「……」

恒子「ちょっと驚かしてやろっか」

京太郎「え?」


……

えり「流石にスニーカーくらいしか見当たりませんね……」キョロキョロ

咏「んー」

咏「……」

咏「おっ、これは」

えり「どうしました、三尋木プロ」

咏「見て見て!」

えり「?」

咏「このスニーカー、ピッタリじゃね?」

えり「……」

えり「(小学生に見える……)」

咏「おおー! 走れる走れるー!」トトト

えり「ちょ、商品ですよ!」

えり「(着物でも走れるのか)」

恒子「いやー、困りますねお客様」

恒子「我が社の商品で勝手に遊んでもらっては」

京太郎「(我が社の商品?)」

健夜「(色々おかしいよ…)」

えり「す、すいません! 今すぐ…」クル

恒子「……」ニヤ

えり「……」

えり「あ、あなた達は…」

えり「(何故全員サングラスなのだろうか)」


……

恒子「で、何してたのー?」

えり「少し、買い物を……」

健夜「あ」

健夜「そういえば今日、咏ちゃんの誕生日だったよね」

京太郎「あれ、そうだったんですか」

恒子「……」ジー

えり「な、なんですか」

恒子「……」ニヤニヤ

えり「……」

恒子「邪魔しちゃ悪いから私たちは退散しよっかー☆」クル

京太郎「……」

健夜「……」

京太郎「(今さら何を言ってるんでしょうか、あの人)」

健夜「(絶対何か企んでるんだよ…)」

えり「ま、待って下さい!」

恒子「んー?」

えり「ど、どうせなら一緒に行動を…」

えり「(このまま目を離すと何をされるか分かったものではありません)」

恒子「全然いいよー!」

恒子「……」

恒子「(計画通り)」

京太郎「すごく悪い顔してますね」

健夜「生まれながらのイタズラっ子なんだよ、多分」

えり「三尋木プロ、三尋木プロ」

咏「んー?」トトト

恒子「ちはす!」

咏「おー、さっきの三人組じゃん」

咏「何してんの?」

恒子「いやー、今日が三尋木プロの誕生日と聞いて」

恒子「駆けつけました!」

咏「おぉ……マジで?」

恒子「もちろん」

京太郎「……」

健夜「……」

えり「……」

えり「急に大所帯になりましたが……」

えり「そちらの少年、時間は大丈夫なんですか?」

京太郎「あ、よく考えたらダメですね」

恒子「だーいじょうぶだって!」

えり「何を根拠に……」

恒子「この時間イ○ンで騒いでるチャラチャラした集団なんてよく見かけるし!」

健夜「それがどう関係あるの…」

咏「わっかんねー」

えり「頭痛が……」

恒子「ま、姉妹でなんとか通せるでしょ!」

健夜「どうやって通すの!?」

京太郎「……」

えり「……」

恒子「……」

恒子「がんばれ、四女!」ポン

京太郎「四女!?」

恒子「プチ女装プチ女装!」

京太郎「ちょ、本気ですか!?」

恒子「いけるいける!」

京太郎「無理無理無理!」

恒子「素材はいいから!」

恒子「ね、すこやん!」

健夜「……」

健夜「え、私!?」

えり「今のうちに置いて行きましょう」

恒子「どこ行く気だこら!」

チッ

咏「おもしれぇー」ケラケラ

えり「面白くありませんよ……」


……

咏「ふーん、じゃあもう暫くしたら帰るんだ」

京太郎「はい、まぁそうです」

京太郎「三尋木プロ? は今日が誕生日だったんですね」

咏「そうなんだよねぃ」

咏「今日で25になりました!」

京太郎「25!?」

恒子「因みに私より年上だから」

京太郎「……」

京太郎「お、おめでとうございます……」

咏「せんきゅー」

咏「お、アイス」

恒子「デパートといえばスイーツ」

恒子「入るよ!」

健夜「私はちょっといいかな…」

えり「私も遠慮しておきます」

咏「誕生日なのに……」ボソ

えり「……」

えり「はぁ……」

恒子「甘いね、お母さん」

えり「誰がお母さんですか」


……

咏「ちょっと見ててみ」ニヤ

京太郎「?」

咏「……」トコトコ

咏「抹茶ひとつ、コーン」

咏「学割で」

京太郎「!?」

店員「はい、どうぞ」

咏「さんきゅー」トコトコ

健夜「学割……」

恒子「うわ、いいなアレ」

恒子「いっつもあんなことやってんの」

えり「初めて見ました……」

恒子「ダメだよ、パートナーの事はしっかり把握しとかなきゃ!」

えり「別にパートナーという訳じゃ……」

恒子「ま、この話はここまでにして……」

えり「……」

恒子「おーい、須賀君は何がいい?」

京太郎「俺、自分で払いますよ」

恒子「素直に奢られとけって!」

京太郎「……じゃあ、バニラで」

恒子「オッケー」

恒子「すみませーん」

店員「はい」

恒子「バニラお願いします」

店員「はい」

恒子「あ、三段で!」

京太郎「三段!?」


……

店員「どうぞ、バニラのトリプルになります」

京太郎「う、うぉぉお……」

恒子「落とすなよー」

京太郎「ちょ、ちょっと無理が……」ヨタヨタ

恒子「……」

恒子「つんつん」

京太郎「うわっ!?」

健夜「こーこちゃん、余計なことしちゃダメだよ」

京太郎「俺、三段も食べれませんよ」

恒子「大丈夫!」

恒子「私たち3人で食べるから!」

京太郎「は!?」

健夜「!?」ガタッ

咏「えりちゃん、ひと口あげよっかー?」

えり「!?」

えり「い、いりませんって!」

咏「かてーこと言うなっての」

えり「う、う……」

咏「ほら、あーん」

えり「ちょ、ちょっ待っ……」

咏「あははは!」ケラケラ

咏「えりちゃん焦りすぎ!」

えり「……」グター

えり「(疲れた…今までで間違いなく一番疲れてる……今日……)」

京太郎「……」プルプル

恒子「ガブっといけ!ガブっと!」

健夜「無理だよ!? なに言ってるの!」

恒子「じゃあ私が!」

健夜「それもダメだよ!?」

えり「(何をやってるんだろうあの人たち……)」

咏「……」パクパク

咏「……」

咏「お、おお!?」キーン

えり「何やってるんですか」

京太郎「あ」

恒子「三段目ー!!」

健夜「お、落ちちゃう!」

えり「!」

えり「……ッ!」シュバ

ビチャ

咏「おお…」

咏「えりちゃん、ナイスキャッチ!」

恒子「ナイスキャッチ!」

えり「……」ズーン

えり「カップ貰ってきます……」

京太郎「す、すいません!」

えり「いえ……」

えり「自然に体が動いた自分が悪いので」スタスタ

京太郎「(自然にだったのかあれ)」

咏「えりちゃん、勿体ないのが嫌いだからね」

恒子「なんか、すこやんみたいだねー」

健夜「……」

健夜「私がおばさんみたいってこと!?」

咏「絶好調ですねぃ」

京太郎「(小鍛治さん……)」


……

久「で、お土産は?」

京太郎「……」コト

咲「アメ?」
~~~~~~

咏「ほー」

咏「長野に帰るからプレゼントを……」

恒子「そうなんですよ!」

咏「んじゃ、私からもなんかあげようかねぃ」

京太郎「え、本当ですか!?」

恒子「やったじゃん!」

咏「はい、アメ」

コト

京太郎「……」

恒子「……」
~~~~~~

京太郎「もうひとつ……」コト

咲「ボールペン、かな?」

久「某テレビ局のマークがあるわね」

~~~~~~

咏「えりちゃんもなんかあげなよー」

えり「え、私ですか!?」

京太郎「そんな、無理してもらわなくても…」

えり「……」ゴソゴソ

えり「こんなのなら……」コト

恒子「私も持ってるよこのボールペン…」

京太郎「あ、ありがとうございます」

~~~~~~

久「他には何かないの?」

京太郎「一応、皆にと思って自腹でお菓子なんかを」ガサ

咲「ありがとう、京ちゃん」

京太郎「ああ」

久「サインは?」

京太郎「貰ってないですけど」

久「なんで貰ってこないの……」

京太郎「流石に図々しいかと思って」

咲「小鍛治プロには何も貰わなかったの?」

京太郎「ああ……まぁ」

久「煮え切らないわね」

久「私は部屋に戻るから」

久「須賀君も寝過ごしちゃダメよ」

京太郎「はい」

久「それじゃ、お休みなさい」ガチャ

バタン

京太郎「咲も戻れよ、試合近いんだから」

咲「……」

咲「京ちゃん、何か貰ったでしょ」

京太郎「……」

京太郎「一応、最後に3人でプリクラ撮った」

咲「え、見せて見せて!」

京太郎「ダメに決まってんだろ」

京太郎「もう早く寝ろ、試合近いんだから!」

咲「京ちゃんのケチ!」ガチャ

バタン


……

恒子「それケータイに貼るの?」

健夜「いやいや絶対無理だよ!」

恒子「じゃ、どーするの?」

健夜「……」

健夜「どーしよ…」

恒子「額縁に入れて飾っておくとか!」

健夜「なんか怖いよそれ……」

健夜「でも」

健夜「……」

健夜「大切にはしたい、かな」

恒子「……」

恒子「いい顔しちゃって!」


おわり