http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360412188/







--某月某日・清澄高校--


優希「んー……今日もいい天気だじぇ」


京太郎「えーっと、この配牌の時に真っ先に切るべきなのは……」


優希「おっ、京太郎だ。 弱いなりに勉強してるんだな、感心感心……おーい京太郎ー!」

京太郎「ん? あぁ、おはよう優希ちゃん」

優希「おう! おはよう……」



優希「!?」

京太郎「ちょうど良かった。 なあなあ、この問題ってどう解いたらいいのかわかるか?」

優希「……」

京太郎「優希? おーい、どうしたー?」

優希「ふぇ!? あっ、ああ、これはたぶんだな……」

京太郎「なるほどね……いや、助かったぜ優希」

優希「う、うん……な、なあ京太郎?」

京太郎「なんだ?」

優希「さ、さっき私の事『優希ちゃん』って呼ばなかった?」

京太郎「え? いや、普通に優希って呼んでたと思うけど」

優希「そう……だったら、いいんだじぇ」

優希(気のせいだったのか……)

京太郎「……」

--同時刻--


咲「ふぁ……夜中まで本読んじゃったから眠いなー……」

咲「ううっ、このままだと歩きながら眠っちゃいそうだよ……」


和「……」


咲「あっ、和ちゃんだ……お話しながら行けば少しは眠気も覚めるかな……おーい、和ちゃーん」

和「!?」

咲「えへへ、おはよー、和ちゃん」


和「しゃ、しゃきしゃん、お、おはようございましゅ!」


咲「……えっ」

和「~~~~!!」プルプル……

咲「の、和ちゃん……?」アセアセ

和「す、すいません、ちょっと舌をかんでしまいました……」

咲「だ、大丈夫なのそれ!?」

和「だ、大丈夫です……」

咲「本当に? ちょっと見せてみて……」ズイッ

和「!!」ズザザッ!

咲「えっ、和ちゃん……」

和「だ、大丈夫です! 本当に大丈夫ですから!」タタッ

咲「あっ……」

咲(行っちゃった……私なにかしちゃったのかなあ……)

----


優希(朝のあれが気になって授業に集中できなかったじぇ……)

優希(京太郎はあの後いつもみたいに呼び捨てだったし、やっぱり私の気のせいだったのか?)

優希(でも気のせいならなんでそんな……もしかして私、京太郎にそう呼ばれたいのか?)

優希「よくわかんないじぇ……」

「……それで」

「いや……」

優希「あれ……あそこにいるのって、のどちゃんと京太郎……?」

和「……なら」

京太郎「……言うなって」

和「もう、須賀君……ですよ?」

京太郎「いや、だから違うんだって……」


優希「……仲良さそうだな2人共」ズキッ

優希(……なんか、嫌な気分だじぇ)

----

咲「はあ……」

咲(朝の和ちゃんの事が気になって頭に何も入らなかったよ……)

咲「お互い名前で呼ぶようになって少しは距離が縮まったと思ったのに……お昼一緒に食べてくれるかな……」

和「あ……」

咲「あっ、和ちゃん……あ、あのね、お昼ご飯一緒に……」

和「す、すいません……ちょっと職員室に呼ばれてるので今日は……」

咲「そう、なんだ……じゃあ、また今度だね」

和「本当にすいません……それでは」タタッ

咲「私、避けられてるのかな……屋上にでも行こう」スタスタ


和「私、なにしてるんでしょう……」

----


優希「……」モグ……

優希(はあ、タコスが全然のどを通らないじぇ……やっぱりさっき見た京太郎とのどちゃんが原因なのかな……)

「あっ、…………ん」

優希(京太郎はやっぱりのどちゃんが好きなのかな……だから私、あんな聞き間違いしたのか?
特別扱いしてほしくて、京太郎なら呼ばないような呼び方をしてほしかったのか?)

「ねぇ、……ちゃん!」

優希(ううう……もう自分で自分がわからないじょ。 私は京太郎にどうしてほしいんだ……)

咲「優希ちゃんってば!」

優希「ひゃあ!? あっ、咲ちゃん……」

咲「もう、ひどいよ優希ちゃん。 あんなに呼んだのに……どうかしたの?」

優希「う、ううん、なんでもないじぇ! 咲ちゃんこそどうかしたのか?」

咲「私達、今からお昼だから一緒に食べないって誘おうと思って。 いいかな?」

優希「私は全然構わないじぇ。 1人より誰かと一緒に食べた方が楽しいしな!」

優希(それに、1人だと変な事ばっかり考えちゃうし……)

咲「よかった! おーい、優希ちゃんもいいってー!」

優希「へっ?」

優希(咲ちゃん、誰かと一緒だったのか……のどちゃんかな? だったらちょっと気まずいじぇ……)

京太郎「おーう! 昼飯買ったらすぐそっち行くわー!」

優希「あ……」

優希(京太郎!? 確かに1人だと変な事考えちゃうから一緒に食べるのは大歓迎だけど、京太郎も来るなんて……)

咲「あっ、京ちゃんも一緒だけどよかったかな?」

優希「別に問題ないけど……あ、あの咲ちゃん、のどちゃんは一緒じゃないのか?」

咲「っ……」

優希「咲ちゃん?」

咲「さ、誘ったんだけど和ちゃん、先生に呼ばれちゃったらしくて……」

優希「そ、そうか」

優希(うう、のどちゃんも気まずいけど京太郎ほどじゃないからいてほしかったのに……
咲ちゃんと話してれば当然京太郎も入ってくるだろうし、どうすればいいんだ!?)

京太郎「あー、疲れた……待たせたな」

咲「京ちゃん遅いよー」

京太郎「わりいわりい、食堂の激戦区から抜け出すのに手間取ったんだ。 よっ、タコス娘。 相変わらず昼はタコスなんだな?」

優希「ま、まあな!」

優希(ぬぐぐ、人の気も知らないでのほほんとした顔しおって……)

京太郎「あっ、そうだ。 なあ、ゆ…………咲、ちょっと教えてほしいんだけどさ……」

咲「なにかな?」

京太郎「いや、この前やったネト麻の牌譜なんだけどこれで合ってたのかと思って……」

咲「どれどれ……」

優希「……」モグモグ

咲「京ちゃん、なんでここでカンしなかったの? 嶺上牌であがれたかもしれないのに……」

京太郎「いや、嶺上牌でしょっちゅうあがれるのお前くらいだからな?」

優希「……」モグモグ

優希(つまんないじぇ……考えたら京太郎と話す時はいつも私から、
少しはのどちゃんや咲ちゃんみたいに京太郎からも話しかけてくれてもいいじゃないか……)

京太郎「頼りになるのかならないのかはっきりしろよー」クシャクシャ

咲「あ、もう、髪乱れちゃうからクシャクシャしないでよー!」

京太郎「なんだ、咲もおしゃれに気を使うようになったのか」

咲「それどういう意味かな!?」

優希「……」ガツガツ

優希(胸がもやもやする……こんな事ならいつもみたいにちょっかい出してればよかったじぇ……)グスン

京太郎「……」

咲「もう、京ちゃんは本当にデリカシーとか欠けるんだから……」ブツブツ

京太郎「……優希ちゃん」ボソッ

優希「!?」

咲「えっ?」

京太郎「……おいおい、優希! そんなにがっついてるとのどに詰まらせるぞ?」

優希「えっ、あっ、うん……」

京太郎「ほら、お茶やるからとりあえず落ち着いて食べたらどうだ?」

優希「ありがと……じゃなくて! おい京太郎、今お前私のこと……!」

京太郎「なんの話かわかんねーな。 じゃあ俺は用事があるからまた部室でなー」

優希「ちょっと待っ……!」

咲「……行っちゃったね」

優希「なあ咲ちゃん、京太郎さっき私のこと……」

咲「うん、聞き間違いじゃなければちゃん付けで呼んでたね……」

優希「理由とか……」

咲「ちょっとわからないかな……」

優希「……もうわけわかんないじぇ」

優希(京太郎のやつ、いったいなにがしたいんだ……)

----


京太郎「くくっ……」

京太郎「あっはっはっはっは!!」

京太郎「なんだあれ、優希のあんな呆然とした顔見たことねー!」

京太郎「ちょっと呼び方変えただけであんなにしおらしくなるなら、もっと前からやっときゃよかったな……」

京太郎「全く、普段人をからかうからこんな事されるんだよ!」

京太郎「……」

京太郎「……いや、慣れない呼び方されてアタフタする優希ちょっとかわいいかもなんて思ってねーし」

京太郎「俺は大きな胸の子が好きだからあいつみたいなのは対象外だから」

京太郎「別になんか優希が落ち込んでそうだから、ちゃん付けして意識を
そっちに持っていってやろうなんてみじんも考えてないからな!?」

京太郎「……」




和「……それで、結局まともにゆーきと話せずに逃げてきたんですか?」

京太郎「……言うなよ」

和「……須賀君って素直じゃありませんよね」

京太郎「な、なんだよそれ」

和「だって、いつもいつも否定しますけど、やっぱりゆーきの事好きなんでしょう?」

京太郎「……いや、いやいやいやいや、そんな事ねーから、本当に、うん、ありえねーから」

和「こんなにゆーきにちょっかい出してるのに? いつもいつも、私にゆーきの中学時代の話とか聞きに来てるのに?
ああ、この間なんて中学時代のゆーきの写真の焼き増しをお願いされましたっけ?」

京太郎「ぐっ……」

和「いい加減に認めて素直になるのが一番ですよ、こういうのは。 ヘタレを見せられる私の身にもなってください」

京太郎「……ヘタレなら和だって人の事言えないだろ」

和「なっ!?」

京太郎「和だって咲さんがー、咲さんがーって言う割にはいざって時ヘタレじゃん。
今日だってどうせ緊張するからって咲からの誘いを断ったんだろ?」

和「うっ……い、今は私の事はいいんです!」

京太郎「よくねーだろ! ここまできたらお互いに素直にならなきゃ話進まないぞ!?」

和「そうは言いますけど……」

京太郎「……わかった、認める! 俺は優希が好きだ、
だから和に昔のあいつの話とか色々聞いてるし、写真だって頼んでるんだよ!」

和「っ……」

京太郎「和はどうなんだよ? 和だって咲が好きなんだろ?
だから中学の頃咲がよく読んでた本とか、あいつが楽しそうに話してた事とか聞いてるんだろ?
写真の焼き増しだってどっこいどっこいの数やってきたはずだぜ?」

和「……はい」

京太郎「お互いさ、相手の中学からの友達好きになった仲間なんだしさ……協力して頑張ろうぜ?」

和「そうですね……じゃあ今日もお願いできますか?」

京太郎「了解、こっちも色々教えてくれよ?」

和「もちろん」


京太郎(優希を好きになってから俺は速攻で和に協力を頼んだ、
優希の親友の和なら俺の知らない事をたくさん知ってるはずだからだ)

和(私は交換条件として咲さんの事を教えてもらった。
須賀君の話す咲さんは今の咲さんに通じるようで、でも私の知らない側面も見せてくれた)

京太郎(写真も交換した、空気を読んでなるべく二人きりにもした、そうしてお互いの想いを確実に成就させる)

和(私達はそのための協力者で、間違いなく似た想いを持つ仲間です)

--放課後・部室--


優希「……」ソー……

京太郎「なにしてんのお前?」

優希「はわあっ!?」

京太郎「なんだよ、人を化け物みてーに」

優希「ちょっ、ちょっと驚いただけだじぇ!」

京太郎(動揺してんなー、そんなにちゃん付けって効果あるのか?
和の話だと優希の奴はこういうの慣れてないから結構効くらしいけど)

優希(こ、今度こそどういうつもりか聞かないと……)

優希「京太郎……やっぱりお前、私の事ちゃん付けで呼んでるだろ?」

京太郎「……」

優希「気のせいだなんて言わせないじぇ! 少なくともお昼は咲ちゃんも聞いてるんだ、だから……」


京太郎「そうだって言ったら、どうするんだよ」


優希「り、理由を聞かせろ! なんでいきなりそんな事……」

京太郎「……」

京太郎(今までの俺ならここで誤魔化すんだろうな……だけど今日は、逃げてたまるか)

京太郎「……アタフタしてるお前が、かわいかったからだよ」

----


咲「うー、京ちゃんったら手加減なしに髪弄って、手櫛じゃ直せないよー……」

和「さ、咲さん」

咲「あっ……和ちゃん……」

和(うっ……咲さんが暗い……須賀君の言葉が本当なら私のせい、なんですよね……)

咲(もう、怒ってないのかな……それなら良かった……)

和「お、お困りのようですけど、どうかしたんですか?」

和(それならこのチャンスを全力でいかします……須賀君が咲さんの髪をクシャクシャにしたのは複雑ですが)

咲「京ちゃんが私の髪をクシャクシャーってやっちゃったから直してるんだけど……
ううっ、なんで今日に限って櫛忘れちゃうかなあ……」

和「あの、私櫛持ってますよ?」

咲「本当に? だったら悪いんだけど、和ちゃんその櫛貸してくれないかな……?」

和「……」

咲「和ちゃん?」

和(いつもの私ならここですぐに櫛を差し出すだけ……だけど、だけど今日は!)

和「あの、よろしければ私が髪をとかしましょうか?」

----


優希「えっ……」

京太郎「……」

京太郎(ああ、逃げてぇ、今すぐ笑ってここから逃げ出してぇ……!
だけど今日はこのまま素直にいくって決めたんだ……耐えろ、俺!)

優希「そ、それどういう……」

京太郎「だから! お前がかわいくて、つい意地悪したくなって、
いつもとは違う呼び方して驚いたり悶々としてるお前を見て
かわいいなんて思って……ああ、もうこれ以上言わせんな、恥ずかしい!」

優希「……」

京太郎「いいか、一度だけしか言わねえからよく聞いとけ! いつもあんな態度とっちまうけど俺は、お前の事……す……」

優希(えっ、嘘、京太郎が、私の事を……?)

----


咲「んっ……」

和「さ、咲さんどうですか?」

咲「気持ちいいよ……和ちゃん、髪とかすの上手なんだね」

和「え、ええまあ……これだけ長いと自然に上手くなりますから……」

咲「ふふ、和ちゃんの髪サラサラで綺麗だもんね……」

和「さ、咲さんの髪だって手触りがよくて、いいと思いますよ?」

咲「えへへ、ありがとう」

和「~~~~!」

和(咲さんかわいい咲さんかわいい咲さんかわいい……!)

和「咲さんかわいい……」

咲「へっ!?」

和「はっ!?」

和(しまった、心の声が漏れてしまいました……!)

咲「あ、あはは、和ちゃんも冗談キツいよー。 私なんて和ちゃんに比べたら……」

和「そ、そんな事ありません!」

和(こうなったら、なすがままです!)

和「咲さんはかわいいです、誰がなんと言おうとそれは間違いなく事実です!
咲さんがかわいくないなんて、そんなオカルトありえません!」

咲「の、和ちゃん?」

和「咲さんはかわいくて、今まで私の勇気がないせいで避けてしまいましたけど、私は咲さんが……す……」

咲「えっ……」

----





京太郎「す、少し成長した方がいいと思うぞ!」


和「すばらです!」



優希「……はあ?」


咲「……はい?」



京太郎・和「あ……」

----


京太郎「なにしてんだ俺……」ズーン

和「なんで、あそこで花田先輩……」ズーン


久「……ねぇ、あの2人どうしたの?」

優希「ふん、私は知らないじぇ!」

咲「私も知りません!」

久「そ、そう。 なんか2人も機嫌悪そうに見えるんだけど……」

優希「気のせいだじょ!」

咲「錯覚です!」

まこ「こりゃ、相当ご立腹じゃな……」

久「何があったのかしら……」

京太郎「ヘタレ、俺のヘタレ……」

和「バカ、私のバカ……」

咲・優希「……」


優希(あそこまで言われたらさすがに気持ちは伝わったけど……
土壇場でヘタレるような奴にこっちから告白なんかしてやるもんか!)

咲(期待したのに和ちゃんのバカ……絶対に私からは気持ちを伝えてなんかあげないからね!)

京太郎「あ、あの優希……?」

和「咲さん、その……」

咲・優希「ふんだ!」プイッ

京太郎・和「」チーン


カン!