中一

咲「こ、今年のバレンタインは京ちゃんにチョコあげてみようかな、
べ、別に深い意味はないけど義理は大切だもんね。いつも仲良くしてもらってるし。
でも京ちゃんにだけあげて本命だと思われたら…それはそれで!」


咲「はい京ちゃん、えと、その…バレンタインのチョコです」

京「うお、サンキュー。咲がくれるとは思わなかった。おまえバレンタインとか興味ないかと思ってたよ。
他のやつにもあげたの?」

咲「ううん!誰にも!…京ちゃんだけ、だよ…」

京「そりゃ光栄」モグモグ

咲「……」ドキドキ

京「チョコっていいよなー、俺こう見えて甘いもの好きなんだ」モグモグ

咲「あの…それだけ…?」

京「なにが?」

咲「いえ、なんでも…」

中二

咲「今年は高級なチョコにしよう、にんげんのチョコよりうまいってどこかの魔人さんも言ってたし。
それでラッピングも豪華にして、これなら京ちゃんだって…!」


咲「京ちゃん、チョコどうぞ」

京「おお、さんきゅ。て、去年と違って随分豪華だな。
モグモグ…うわ、味もすげーいい!高かったんじゃないかこれ」

咲「う、うん。ちょっと気合いれてみました」

京「な、なんか悪いな。お返しはこっちもなるべく頑張るよ、期待しててくれ」モグモグ

咲「あの…それだけ…?」

京「なにが?」

咲「お返しより期待してたものがあったりなかったりするんだけど…」

京「え?な、なんだよそれ」

咲「いえ、いいです…」


中三

咲「今年はもう手作りでいこう!京ちゃん鈍いからこっちもそれくらいやんなきゃダメだ!
クラスの中で一人だけチョコあげて三年目だよ?それで手作りだよ!?
いくらゾウ亀並に鈍い京ちゃんだって、今度こそ私の気持ちに気づいてくれるはず…!」


咲「はい京ちゃん、チョコレート」

京「お、おう、ありがとな。…なんで目血走ってんの?」

咲「気合とか鈍重な誰かさんに対する不満とかいろいろ」

京「よくわからんが…これもしかして手作り?」

咲「うん!手作り!京ちゃんだけにあげる手作りチョコ!」

京「そ、そか、じゃあ心していただきます」モグモグ

咲「……」ギンギンギラギラ

京「…おお、うまいなこれ、店で売っててもおかしくないレベルだ。
咲パティシエとかいけるんじゃね?」

咲「それだけ?」

京「え…なにが?」

咲「それ徹夜してつくった手作りチョコなんだけど。
私、チョコあげるのなんて京ちゃんだけなんだけど。
味よりこめられた気合とかその裏側の気持ちとかに気づいてほしかったんだけど、あ、でも味褒めてくれたのは嬉しかったです。
京ちゃんの感想はそれだけ?」

京「…すまん、何言ってるかわからん」

咲「……………」

京「えと、咲さん…?」

咲「京ちゃん」ニコ

京「はい」

咲「せっかくだから食べさせてあげるね」

京「え、い、いいよ」

咲「遠慮しないで、ほらあーん」グリグリグリ

京「ちょ、咲さん、そこ口じゃないです、鼻です」

咲「え?なに?なんて言ってるかわかんない。
やっぱり鈍すぎる人は日本語も不自由になっちゃうのかな?」シュインシュインシュイン

京「なんか変なオーラでてる、金色に光ってる!
ていうかそこは口じゃなくて目…あだだだだ!!!!」

以上です


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

689 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/01/29(金) 02:42:40 ID:RY42VE7K0 [1/1回発言]
687
いいよいいよー咲ちゃんかわいいよー
勝手に高一編作ってみた

咲「押してダメなら引いてみよう」

咲「京ちゃん今日バレンタインデーだね チョコもらえた?」

京「いや…それが全然…」

咲「ふ~ん」

京「おいおい咲もくれないのかよ 去年までくれてたのにさ」

咲「私からのチョコ ホントに欲しい?」

京「欲しいさ」

咲「じゃああげる ハッピーバレンタイン京ちゃん」

京「おお!用意してくれてんじゃん!大好きだよ咲!」

咲「っ!////いっ…いいえ…//」


名前:
コメント: