http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363548712/



【3人の初デート】

京太郎「結局色々わからないままこの日を迎えてしまった」

京太郎「ったく、都合よく泊まりが親がいない日になるなんてそんなの考慮できますかってんだ……」

京太郎「つーか泊まりに来る話だけだったのに、なんで俺達朝から待ち合わせして電車に揺られてんの?」

優希「さっきからブツブツうるさいじょ、京太郎」

咲「そうだよ京ちゃん、せっかくなんだから楽しまないと!」

京太郎「何が起こるかわからないのに楽しめるか! いや、もうどうしようもないのはわかってるけどさ」

優希「言わなかったか? 今日は京太郎の家に行く前に3人でデートなんだじぇ!」

咲「私、遊園地なんて久しぶりだから楽しみ!」

京太郎「マジっすか……」

京太郎(くそ、本当に2人が何を考えてるかが読めない! なんで初デートがこんな胃が痛みそうな状況なんだよぉ!)

優希「京太郎はせいぜい両手に花の状況を楽しめ! 大丈夫、取って食べたりはしない……たぶん」

京太郎「おいなんだ、今のたぶんって!」

咲「あっ、優希ちゃん、タコス作ってきたけど食べる?」

優希「おお、咲ちゃんのタコスは久々だじぇ! 食べる食べる!」

京太郎「なんなんだよ、このアウェイ感……」




【楽しむ事が一番いい】

優希「着いたー!」

咲「まずはどれに乗ろうか?」

優希「そうだな、まずはやっぱり……」

京太郎「楽しそうだなあいつら……」

京太郎(確かに気にしてたってしょうがないっちゃしょうがないんだよな……)

京太郎(優希と咲の2人が俺に何かやらかす気ならなんとなくわかるだろうし、少し頭を切り換えるか)

京太郎「……2人共、どこ行くか決まったか?」

優希「おう、ジェットコースターに行くぞ京太郎!」

京太郎「お前乗れんの? 身長制限的な意味で」

優希「失礼な奴だな京太郎は! 私だってこれくらい余裕だじぇ!」

咲「ええっと、優希ちゃん……本当にジェットコースター乗るの?」

優希「なんだ、怖じ気づいたのか咲ちゃん」

咲「そ、そういうわけじゃ……」

京太郎「無理しなくていいんだぜ? 咲が耐えられるとは思えないしなー」

咲「むっ……わかった、乗るよ。 行こう優希ちゃん!」スタタッ

優希「それでこそ咲ちゃん!」トテテッ

京太郎「意地になったな、ありゃ……大丈夫なのかね」


咲「や、やっぱりやめとけばよかったかも……」カタカタ

優希「今さら何を言うんだ咲ちゃん、もう後戻りは出来ないじぇ!」

京太郎「そろそろてっぺんだぞー」

咲「えっ、ちょっと待って、まだ心の準備が……」


ガタンッ

咲「きゃあああああああ!!?」

優希「わああああ!」

京太郎「うおおおお!」


――……


咲「はへ、ほへ……」フラフラ

京太郎「だから無理すんなって言ったのに……」

優希「咲ちゃん大丈夫かー?」

咲「だ、大丈夫だよ~……ちょっと地面が揺れてるだけだから~……」

京太郎「ちょっと休憩させた方がいいな、これは」

優希「同感だじぇ」

咲「うう、ごめんねぇ……」




【それはトラウマなんです】

咲「ご迷惑をおかけしました」ペッコリン

京太郎「気にすんなって。 じゃあ次は……定番のお化け屋敷でも行くか!」

咲「え゛っ」

優希「じょ!?」

京太郎「えっ、なに咲だけじゃなくて優希もダメなのか?」

優希「そ、そんなわけないだろ!」

咲「わ、私だって苦手なわけじゃないもん! だいたいお化けなんて、SOAだよSOA!」

京太郎「SOAってなんだよ?」

咲「そんなオカルトありえません!」

優希「全くだ! そんなオカルトありえないじょ!」

京太郎「麻雀ではオカルトの塊みてえな奴らがよくもまあ言えたもんだな……じゃあ問題ないだろ、作り物しかないなら余計に」

咲「優希ちゃん……も、もしかして墓穴を掘ったって言うのかな、これ」カタカタ

優希「だ、大丈夫だよ咲ちゃん……京太郎の言う通り作り物しかないなら臆する事はないじぇ」カタカタ

咲「そ、そうだよね!」

京太郎「あっ、そういえば言い忘れてたけどお化け屋敷は今期間限定でなんかコラボしてるらしいぜ」

咲「そ、そうなんだ」

優希「い、いったい何とコラボしてるんだ?」


京太郎「ええっと確か……【ミスミソウ】だったかな」

咲「」

優希「」




【悲劇は繰り返される】

優希「ごめんなさいごめんなさい……」カタカタ

咲「あうあうあう……」カタカタ

京太郎「歩きにくい……お前らもうちょっと離れて……」


ガタンッ!

優希「じぇぇぇ!?」ギュッ

咲「うひゃう!?」ギュッ

京太郎「……ダメだこりゃ」

――……

京太郎「もうすぐ出口か。 なんか怖いというより虚しさとかがあって、あっさりな感じだったな」

優希「ふ、ふふん! 大したことなかったじぇ!」ウルウル

咲「ほ、本当だよ! やっぱり作り物は作り物だよね!」ウルウル

京太郎「散々泣いておきながらどの口が言うか……ん?」

優希「ど、どうした京太郎?」

京太郎「今なんか聞こえなかったか?」

咲「ふえっ!? き、京ちゃん冗談はやめてよ……」

京太郎「いや本当なんだって、ちょっと耳澄ましてみろ」

優希「……」

咲「……」


……パーイ、…コス…カー…

優希「ひいいっ!?」

咲「ほ、本当になにか聞こえるよぉ!?」

京太郎「だよなあ……まさか最後の最後にこんなのがあるとは油断してたぜ」


……キセン……イ……

優希「な、なあ京太郎、なんかこの声近づいてきてないか?」

京太郎「あー、そういえばさっきより声が大きくなってる気が……」

咲「や、やだあ……」


アッ、チョウドイイトコロニ!オーイ!

優希「あ、足音が……」

咲「だんだん近づいてきて……」

京太郎「背後に……」

モモ「リンシャンさん、タコスさん、ちょうどいいところにいたっす! 加治木先輩を……」ポンッ


優希「ぎにゃああああああっ!!」

咲「いやああああああっ!!」

京太郎「うわっ、引っ張るな! 痛い痛い、ぶつかってるから、おいこら落ち着けえええ!」


モモ「……」ポツーン

ゆみ「な、なんだ、今のこの世のものとは思えない叫び声は!?」

モモ「……先輩」

ゆみ「モモ!? まさかお前鶴賀祭みたいに誰かを……モモ?」

モモ「わ、わたわた、私……金髪の幽霊を見たっす……!」カタカタ




【回る回る】

京太郎「いてて……」

咲「ご、ごめんね京ちゃん。 さっきは本当に怖かったから……」

京太郎「別に気にしてないから安心してくれ」

優希「いやあ、あのお化け屋敷はなかなかのなかなかだったな!」

京太郎「お前は少し反省しような!?」

咲「あはは、ねぇねぇ、お昼食べたら次はどうしよう?」

京太郎「なるべく疲れないので頼む。 そっちも走り回って少し疲れてんだろ?」

優希「ふむふむ、じゃあこれにするか!」


――……


優希「……」

京太郎「……」

優希「……」バッ!

京太郎「させるか!」ガシッ!

優希「ちいっ、やるな京太郎!」

京太郎「お前にだけは触らせねえ、今の平穏を守るためには絶対にな!」

優希「ぐぎぎ……!」

咲「ほ、本当に私が回す役でいいの?」

京太郎「もちろんだ咲! このタコス娘にそれを触らせたら最後、俺達は昼飯をリバースする事になるぞ!」

優希「お前は何もわかっていない京太郎! コーヒーカップに乗ったのなら最大速度で回すのは礼儀であり、義務なんだじぇ!」ギリギリ…

京太郎「そんな義務があってたまるか……!」ギリギリ……

咲「えっとこんな感じでいいのかな?」グルグル

京太郎「うぐぐ、なんでこんな時だけ力が強いんだよお前……!」

優希「ふふふ、麻雀部員である以上この程度の力は最低ラインだじぇ……!」

京太郎「それ、絶対おかしいだろうが……!」

優希「何とでも言え、最後に勝つのはこの優希ちゃんだじょ……!」

咲「うーん、加減がわからないよ」グルグルグルグル

京太郎「……おい、なんか周りの景色がすっげえスピードで回ってないか?」

優希「そういえば……おおう、目が回るじぇー!」

咲「なんだか楽しくなってきたかも!」グルグルグルグルグルグル!!

京太郎「お前もか、お前も触らせちゃいけない人種だったのか咲ぃ!?」

優希「うっ、もうダメ……」ガクッ

京太郎「優希っ!?」

咲「コーヒーカップって楽しいよね!」グルグルグルグルグルグルグルグル!!

京太郎「やめろぉぉぉぉぉぉ!!」




【楽しい時は早く過ぎ去る】

京太郎「ううう……」

優希「気持ち、悪いじぇ……」

咲「ごめんなさいごめんなさい!」

京太郎「さすがにもうあの手のは無理だ、うぐっ」

優希「同感だじぇ、うぷっ」

咲「本当にごめんなさーい!」


――……


京太郎「はあ……なんだか今日の三分の一は休憩に費やしてた気がするぞ」

優希「情けない奴だ」

京太郎「誰のせいだ、誰の!」

咲「……」

京太郎「……咲!」

咲「えっ……あっ、なに?」

京太郎「いや、今優希とも話してたんだけどそろそろ帰ろうと思うんだよ」

咲「……そうか、もうそんな時間なんだ」

優希「おーい京太郎! どうせなら最後にアレに乗ろうじぇ!」

京太郎「観覧車か……確かに締めには相応しいかもな。 行こうぜ、咲」

咲「うん……」


――……


優希「おぉ、見ろ京太郎、咲ちゃん! まさに絶景だじょ!」

京太郎「ゴンドラが揺れるから落ち着けっつーの」

咲「……」ボー

京太郎「咲? どうした、気分でも悪いのか?」

咲「ううん、大丈夫……ただ」

京太郎「ただ?」

咲「楽しい時間は本当にあっという間なんだなって……」

京太郎「……まだ1日は終わりじゃないぞ」

咲「そうなんだけどね……京ちゃん、今日なんで私と優希ちゃんが京ちゃんの家に行くのか気になってるよね?」

京太郎「まあな……結構唐突だったし、気になってなかったってのは嘘になるな」

優希「……」

咲「その理由を今話すよ、それで1つの区切りにしたいから……」

京太郎「区切り?」

咲「うん……京ちゃん、その前に大前提になるお話をするね」

京太郎「お、おう、って優希?」

優希「……」ギュッ


咲「――私、京ちゃんが好きなの」




【彼女の中の1つのけじめ】

京太郎「は……?」

咲「言っておくけど友達としてとかじゃないよ?」

京太郎「いや、まあ、それは、わかるけどよ……」

優希「……」ギュウッ

咲「京ちゃん、人って手が届かなくなった時に初めてその存在の大きさに気付くんだ」

咲「お母さんやお姉ちゃんと離れて暮らす事になった時も、東京に行ってお姉ちゃんに拒絶された時も」

咲「私は後になってなくしたものの大きさに気付いたよ」

京太郎「……」

咲「それと同じ感覚を久しぶりに感じた。 そう、あの日……京ちゃんに告白しに行く優希ちゃんの背中を押したあの日に」

京太郎「なっ……」

優希「咲ちゃんは、その時わかったんだよな?」

咲「そう、私は京ちゃんが好き。 意地悪だけど優しくて」

咲「中学の時に塞ぎ込んでた私の友達になって引っ張ってくれた、私にまた麻雀を始めるきっかけをくれた京ちゃんが、大好き」

京太郎「咲……」

咲「後からこんな事言うなんておかしいよね? でも抑えられなかった……」

咲「信じられないかもしれないけど、私にとって京ちゃんは結構大きな存在なんだよ」

京太郎「……」

咲「だから優希ちゃんにお願いしたの。 1日だけでいいから優希ちゃんと一緒に京ちゃんと過ごさせてほしいって」

京太郎「なんで、優希も一緒に?」

咲「見たかったんだ、京ちゃんと優希ちゃんがどんな会話をして、どんな風に遊ぶのか」

咲「ごめんね、優希ちゃん……デートの邪魔しちゃって」

優希「一歩違ったら、たぶん咲ちゃんの立場は私だった……だから気にしないでほしいじょ」

咲「ありがとう……京ちゃん」

京太郎「……」

咲「京ちゃんの答えはわかりきってる。 そういうところも私が好きになった京ちゃんのいいところだから」

京太郎「それでも、お前は言えたんだ……強いな、咲」

咲「違うよ、強くないから耐えられなくてこんな事してるの……私は、はっきり言われなきゃわからないんだよ、きっと」

京太郎「そう、か」

咲「京ちゃん……だからお願いします。 答え、聞かせて?」

京太郎「……」ギュウッ

優希「あっ……」


京太郎「――咲の気持ちを俺は受け入れられない」

咲「あ……」

京太郎「俺は、こいつが、優希が好きだから。 わがままも言うし、子供っぽいところもあるけど優希じゃなきゃ俺はダメなんだ」

優希「京太郎……」

京太郎「だから、ごめんな」

咲「……ありがとう、京ちゃん」




【まだ1日は終わらない】

咲「ふう……ちょっと悲しいけど、なんだかそれ以上に清々しい気分だよ」

京太郎「そうか」

咲「でも京ちゃんも酷いよねー」

京太郎「えっ、なにがだよ」

咲「ただ断ればいいのにわざわざ優希ちゃんとの惚気をサービスしてくれちゃうんだもん」

京太郎「んなっ!?」

優希「あうっ!?」

咲「今だってしっかり手つないでるし……あーあ、独り身には目の毒だなあ」

京太郎「お、お前なあ! さっきまでのしおらしさはどこ行った!?」

咲「残念でした、あれは好きな人にだけ見せる乙女型咲ちゃんなんだよ! 私をフッた京ちゃんは二度と見られないんだからね!」

京太郎「へぇへぇ、そうですか……じゃあ今のずいぶん頼もしそうな咲さんはもう迷子にならないだろうから、助ける必要ないよな?」

咲「そ、それとこれとは話が別だよ!」

京太郎「聞こえない聞こえない」

咲「き、京ちゃんのバカ! 優希ちゃんも何か言ってあげてよ!」

優希「……///」

咲「……優希ちゃん?」

京太郎「あ、これフリーズしてるわ」

優希「///」

咲「……かわいいね」

京太郎「やらんぞ」

咲「いや、奪わないよ……」

――……

優希「うーん、帰ってきたじょ!」

京太郎「そろそろ七時か……って咲どこ行くんだ?」

咲「えっ、帰るんだよ?」

京太郎「帰るってお前……」

咲「だってもう私のけじめはついたし、泊まる必要はないよね?」

咲ふふっ、京ちゃんは優希ちゃんだけを泊めてあげなよ。 彼氏なんだからさ」

京太郎「お前、部長に似てきてないか……」

咲「あっ、酷い! まあ、とにかく……もうお泊まりはいいから帰……え?」ギュッ

優希「……ダメだじぇ、咲ちゃん。 まだ1日は終わってないんだ、ここまで来たら付き合ってもらうじょ」

咲「えっ……で、でも優希ちゃんはいいの?」

優希「構わん! 片岡優希、交わした約束は最後まで守るのだ!」ニコッ

京太郎「……だ、そうだが?」

咲「……京ちゃんはどう思う?」

京太郎「俺、客2人分のもてなす用意しちゃってるんだよ、だから来てくれないと困るんだよなー」

咲「……」

京太郎「来いよ咲、友達が泊まっちゃいけない道理はないぜ?」

優希「行こう、咲ちゃん!」

咲「……うん、お邪魔します!」




【三人寄れば騒がしい】

京太郎「いらっしゃい」

咲「お邪魔しまーす」

優希「邪魔するじぇ!」

カピ「キュー」トコトコ

京太郎「ただいま、カピ」ナデナデ

優希「おぉ、あれが京太郎のペットのカピバラか」

咲「京ちゃん、あの子の事すごいお気に入りなんだよね。 毎日帰ってきたら一緒に遊んでたんだって」

京太郎「さてと、カピに新しく餌やったら俺達も夕飯にするか」

咲「あっ、手伝うよ」

優希「私も私も!」

京太郎「咲はともかく優希は料理できるのか?」

優希「タコスなら作れるじぇ」

咲「……優希ちゃんは私と一緒にやろうか」

京太郎「そうしてくれ……俺は別口でやっとくわ」

優希「なんか馬鹿にされてる気がするじょ!」

――……

京太郎「今日はタコライスでも作るか……材料はタコスに似てるからいけるだろ」

咲「優希ちゃん、私達は……」

優希「タコス以外作れない私なんて……」ブツブツ

咲「と、とりあえず簡単なのをいくつか作ろう、ね!」

優希「うん……」

京太郎「ふんふん……」

――……

咲(とりあえず出来る限り優希ちゃんの様子を見ながら肉じゃがとか作ったけど……どうしても)

咲(優希ちゃんの作った玉子焼きだけこの場から浮いてる……!)

京太郎「と、とりあえずいただくとするか……いただきます」

咲「そ、そうだね、いただきます」

優希「う、うむ! いただきます!」

京太郎(さて、あの浮いてる玉子焼き……やっぱり俺がいくべきだよな……よし)

京太郎「ま、まずはこれからいくか……」ヒョイッ、パクッ

京太郎「……」ジャリッ、ガリッ、モゴッ、ブチュッ

咲(なんか音がおかしいよ!?)

優希「き、京太郎、どうだ?」

京太郎「……」ニコッ

優希「あ……」

京太郎「」ドサッ

咲「京ちゃん!?」

優希「京太郎!?」

京太郎「甘辛苦酸っぱしょっぱい……」カタカタ

咲「京ちゃん、しっかりして!」

優希「京太郎ー!」




【命の洗濯】

優希「京太郎、大丈夫かな……」

咲「京ちゃん、青白い顔してたもんね……」


京太郎『ちょっと横になってれば治るから、お前達はお風呂にでも入っといてくれ……』


優希「ううっ、さすがに落ち込むじょ。 私才能ないのかなあ……」

咲「だ、大丈夫だよ! 私だって最初は失敗ばっかりだったし!」

優希「そうなのか……?」

咲「うん。 そうだね、一番酷かった失敗はお父さんもお母さんもいなくって」

咲「お姉ちゃんと2人でお留守番してた時に作った、間違えて卵の殻が半分以上入っちゃった卵焼きかな」


照『お、おいしいよ咲、歯ごたえがあって……』ガリッ、ガリッ


咲「あの時はお姉ちゃんに悪い事したなあ……お姉ちゃんはレンジでゆで卵やろうとして爆発させてたけど」トオイメ

優希「あはは、咲ちゃんでもそんな失敗するんだな!」

咲「それはそうだよ、私だって麻雀もお料理も初心者で失敗した事はたくさんある」

咲「京ちゃんだって昔はタコスなんてまともに作れなかったでしょ?」

優希「そういえば……」

咲「だから優希ちゃんも練習すればきっと美味しいお料理が作れるようになるよ」

優希「……そうだな、私諦めないじょ! タコスが作れて他のが作れないなんて事ないもんな!」

咲「その意気だよ優希ちゃん、頑張って!」

優希「うん!」


――……


優希「そういえば咲ちゃん」

咲「どうしたの優希ちゃ……ひゃわあ!?」

優希「やっぱり……咲ちゃんの胸が少し大きくなってる!」ムニュムニュ

咲「ちょっと優希ちゃ……だめだよぉ!」

優希「むむむ、悔しいじぇ……私と同じ小さい胸同盟の一員でありながら成長するなど!」ムニュムニュ

咲「そ、そんなの知らないよぉ……いいから離して……」

優希「おおっと、ごめんごめん。 危うくダークサイドに堕ちるところだったじょ」パッ

咲「はあはあ……もう酷いよ優希ちゃん……」

優希「うぐぐ、それにしてもなぜだ、なぜ私は大きくならないのだ?」

咲「私に聞かれても……」

優希「今まで散々調べて試してきたけどどれもこれもダメだった。 こうなったら最終手段に打って出るしかないか……!」ザバァ

咲「さ、最終手段? えっ、優希ちゃんどこ行くの!?」




【普通は逆】

京太郎「あー、やっと腹が落ち着いてきた……しかしこれは急いで改善させないと俺の命に関わるな」

優希「京太郎!」

京太郎「お、出たのか? ちょうどこっちも話が……」クルッ

優希「私の胸を揉め!」

京太郎「ぶっ!? いきなり何を言い出してんだ! つーかパジャマを着ろ、バスタオル一枚でうろうろするな!」

優希「この方が揉みやすいだろ、さあ遠慮するな!」

京太郎「バカやめろ、その格好で俺に近付くな、ちょっと咲、助けてくれ!」

咲「ゆ、優希ちゃんダメだってば!」

京太郎「本当に来たか……ってお前もパジャマ着ろやあ!」

咲「あっ、わっ、きゃああああ!」

京太郎「悲鳴をあげたいのはこっちだ、さっさと戻って服着てから出直してこーい!」


――……


京太郎「はい、それじゃあちょっとそこに正座しろ」

優希「……」

咲「……」

京太郎「お前らさあ、俺をいじめて楽しいか?」

京太郎「 普段和と関わってるせいで自分達じゃわかってないかもしれないけど、お前らは十分美少女の部類に入るんだよ」

咲「そんな美少女だなんて……///」

優希「照れちゃうじぇ……///」

京太郎「モジモジしてる場合か!」

京太郎「そんな奴らにバスタオル一枚でうろうろされる思春期男子の苦痛を少しは鑑みてくれよ! 本気で襲うぞ、こら!」

優希「私は別にいつだって構わないと言ったはずだ!」キリッ

京太郎「咲がいるって事を考えろ! つーか普通そういうの嫌がるのはそっちだろうが!」

咲「だ、大丈夫! なるべく見ないようにするよ!」

京太郎「そういう問題じゃない! フッた子が見てる中でやるとか何の拷問だ、恥ずかしさで死ねるわ!」

優希「やるなんて、京太郎ってばエッチだじょ……」

京太郎「そこを恥ずかしがるならさっきの行動を見直してくれよ、頼むから!」

咲「き、京ちゃん、とりあえず落ち着こう? あんまり大声出すと近所迷惑だし……」

京太郎「誰のせいだと思ってるんだよ、ああん?」

咲「京ちゃん怖い……」カタカタ




【わざととしか思えない】

京太郎「はあ……そんな怯えるなよ。 まるで俺が悪者みたいじゃねえか」

優希「か弱い女の子にこんな拷問を強いてるんだからあながち間違ってないじぇ」

京太郎「ちょっと正座させたくらいで大げさすぎるだろ! ああ、もういい……よけい疲れるし俺はシャワー浴びてもう寝る」

優希「じゃあ私達も一緒に寝るか、咲ちゃん」

咲「いいのかな……?」

京太郎「ああー、別にいいんじゃね?」

優希「ほら、京太郎もこう言ってるし行こう!」

咲「あっ、優希ちゃん引っ張らないで……」

京太郎「元気なもんだ……さて、2人は一緒に寝るみたいだし俺は1人でゆっくりするか」


京太郎「」

優希「遅いじぇ、京太郎!」

咲「お、お邪魔してます……」

京太郎「絶対わざとだろ、お前ら……」


――……


京太郎「なんでこんな事になった……」

京太郎(女の子に挟まれて眠る……それは男の夢の到達点の1つだ、俺だって夢想した事がないわけじゃない)

咲「な、なんか緊張するね」

優希「安心しろ、咲ちゃん。 ここは京太郎の隣で眠った先輩の私が色々教えて……」

京太郎「優希だってまだ二回目だろ」

優希「うっ」

京太郎(だけどそれがまさか優希と咲相手に現実になるとか……人生ってわからんもんだ)

優希「京太郎、狭い」

京太郎「3人一つのベッドに入ってりゃそうなるに決まってるだろ、我慢しろよ」

優希「いいや、我慢できん! だから……」ゴソゴソ、ピトッ

京太郎「……おい」

優希「んふふ、京太郎あったかいじぇ」スリスリ

京太郎(こいつ、本当にわざとじゃないのか……それにしてもなんかいい匂いするな、家にあるシャンプーこんないい匂いしたっけ?)

咲「いいなあ……ねぇねぇ京ちゃん、私もちょっとだけ寄るね」モソモソ、ピトッ

京太郎「は?」

咲「えへへー……」

京太郎(咲までおかしくなった……これ、眠れるのか俺……)




【彼は知らない秘密の話】

京太郎「くかー……」

優希「京太郎の奴、あっさり寝ちゃったじぇ」

咲「本当に早かったね……そんなに疲れてたのかな」

優希「だとしてもこんな美少女達に囲まれてこの反応は失礼にも程があるじょ」

咲「あはは、そうかもね」

優希「全くだ」

咲「……優希ちゃん」

優希「咲ちゃん?」

咲「今日は本当にありがとうね。 おかげで楽しい思い出ができたよ」

優希「それは約束したし、気にしないでって言ったはずだじぇ」

咲「だけど本当は優希ちゃんがこんな提案受ける必要なかったんだよ?今日は結局私のわがままにただつき合わせてただけで……」

優希「それは違うじょ、咲ちゃん。 私だって今日は楽しかった、この3人で出かけた事なんてなかったしな」

咲「そういえば、そうだね」

優希「咲ちゃんは色々気にしすぎなんだじょ。 もっとドーンと来てもいいんだじぇ」

咲「そう言われてもなあ……」

優希「簡単に揺らぐほど私達は甘くないぞ?」

咲「優希ちゃんはすごいね」

優希「何が?」

咲「私だったら不安でそこまで言えないよ……ねぇ、どうしてそこまで言えるの?」

優希「うーん、私も京太郎と一緒になる前はスッゴくやきもち妬いてたんだけど……今はあんまりそういうの感じないんだじょ」

咲「なんで?」


優希「こんな好みと正反対でも私を選んでくれた京太郎を信じてるのが半分で……」

優希「――咲ちゃんならそんな事はしないってわかるのが半分だじぇ」

咲「えっ」

優希「咲ちゃんだってなんでわざわざ私に約束を取り付けたんだ?」

優希「その気になれば私には内緒で京太郎と2人きりのデートができたかもしれないのに」

咲「そ、そんなの無理だよ!」

優希「咲ちゃん、京太郎が起きちゃうじぇ。 なんでできないんだ?」

咲「……だって、京ちゃんは確かに好きだけど、優希ちゃんだって私にとって大切な……」

優希「そこ、そういうところが、私が咲ちゃんを信じられる根拠」

咲「あっ……」

優希「私、これでも人を見る目はあるんだじぇ。 尊敬する先輩は麻雀で捨て駒にされてもそれを全うするいい人だし」

優希「後輩達は素直ないい子ばかり、のどちゃんだって厳しいのは思ってくれてるからだってわかってるし――」

優希「私が恋した人はちょっとスケベだけど、すごく優しい人だから」

咲「優希、ちゃん……」

優希「だから、私は咲ちゃんもいい子だって信じられるんだ」ニコッ




【少女達の絆の話】

咲「あは、ははは……優希ちゃんこそ、いい子すぎるよ……」ポロポロ

優希「咲ちゃん、また泣いて……泣き虫すぎるじぇ」

咲「だって、だってぇ……」

優希「京太郎の服使っていいからまずは泣き止んでほしいじょ」

咲「う、うん……」

優希「落ち着いた?」

咲「……うん、もう大丈夫」

優希「よかった、咲ちゃんを泣かせたら京太郎にも怒られちゃうじぇ」

咲「あはは、ごめんね。 最近の私、どうも涙腺が弱くて」

優希「迷子とかになったらすぐ泣くって京太郎は言ってたじょ」

咲「……ひ、ひどい。 京ちゃんってばそんな事まで話してたの?」

優希「他にも咲ちゃんがカピバラをおっきいハムスターだって言って抱きついてあまりの毛の堅さに泣いちゃった話とか色々聞いた」

優希「京太郎って咲ちゃんの話も結構するんだじぇ……それはもう羨ましいって思えるくらいに」

咲「そ、そうなんだ……///」

優希「咲ちゃん、喜んでるのが丸わかりだじょ」

咲「あう、ごめん」

優希「別にいいじぇ、そこにやきもち妬くほど私は狭量じゃない!」

京太郎「んっ……」

咲「ゆ、優希ちゃん、京ちゃんが起きちゃうよ!」

優希「あわわ! 枕で口を押さえれば……」

咲「死んじゃうからダメだよぉ!」

京太郎「すう……」

優希「なんとか寝たじぇ」

咲「危なかったね」

優希「そろそろ私達も寝た方がいいかもな」

咲「そうだね……優希ちゃん。 私、京ちゃんが好き」

優希「うん」

咲「だけどね、優希ちゃんも大好き……だから、私とこれからもお友達でいてくれる……?」

優希「えっ、ええっ?」

咲「ダ、ダメ……?」ウルウル

優希「……はあ、京太郎やのどちゃんが咲ちゃんをほっとけない理由がよーくわかったじぇ」

咲「へっ?」

優希「そんな事言われなくても、私はこれからもずっと咲ちゃんと親友でいたいんだけど……」

咲「あ……よかったあ」

優希「咲ちゃんは天然すぎるじぇ。 私がもう咲ちゃんは友達じゃないとか言うと思ったか?」

咲「ご、ごめん……えへへ、でも今日は本当に最高の1日だったよ!」

優希「それは違うぞ、咲ちゃん。 私達が親友でいる限りもっと最高の日が来るに決まってる! そうでしょ?」ニコッ

咲「優希ちゃん……うん!」ニコッ


京太郎(全く、騒がしくて寝れやしない。 けどまあ、いいか……よかったな、2人共)




【ガーネット】

咲「んっ、ふぁぁ……もう、朝?」

優希「むにゃむにゃ……」

咲「優希ちゃん、まだ寝てる……あれ、京ちゃんは……?」


――……


京太郎「……」ズズッ

咲「京ちゃん」

京太郎「起きたのか、咲」

咲「うん、京ちゃんも早いね?」

京太郎「なんでか早く起きちまったんだよ……コーヒー飲むか?」

咲「う、うん」

京太郎「砂糖とミルクは多めに入れとくからな」

咲「……」

京太郎「……」カチャカチャ

咲「ねぇ、京ちゃん。 私達が初めて会った時の事覚えてる?」

京太郎「唐突だな……もちろん覚えてるぜ」

咲「私ね、その時から京ちゃんがちょっと怖かったんだ」

京太郎「金髪だから不良に見えたってか? その手の話は聞き飽きたぞ」

咲「違うの、最初はそれもあったけど私が怖かったのはもっと別の事」

京太郎「なんだよ?」

咲「――私が何よりも怖かったのは、京ちゃんが私の中から麻雀を消しちゃうんじゃないかって事だった」

京太郎「……」

咲「京ちゃんが優しいのはすぐわかったし、過ごした日々はわざわざ思い出す必要がないくらい胸に焼き付いてる」

咲「だから怖かったんだ……京ちゃんと一緒にいた私に麻雀は必要なかったから」

咲「お姉ちゃんとの最後の絆を、私は自分から手放しちゃうんじゃないかって」

咲(たぶん……だから私は京ちゃんへの恋心を見て見ないふりをしたんだ)

咲(もし恋人になったらきっと私は京ちゃんを優先して二度と麻雀に関わろうとしなかったから)

京太郎「……なるほどね」

咲「だけどそんな心配いらなかった」

咲「麻雀を楽しむようになったのは色々な人達のおかげで、その最初の一歩は京ちゃんがいたから踏み出せた」

京太郎「今から考えたら身の程知らずもいいとこだったけどな」

咲「それはしょうがないよ……だから京ちゃんはね、私の恩人でもあるんだよ」

京太郎「恩人か……そんな大層なもんじゃなくてもいいだろ」

咲「えっ」

京太郎「俺達は親友だ、男女とか関係なくな。 ただそれだけじゃダメなのか?」

咲「……京ちゃんはやっぱり優しいね」

京太郎「なんだそりゃ」

咲(私がもし、他の誰かに好きになったとしても……京ちゃんはきっと特別で大切な……)

咲「京ちゃん!」

京太郎「なんだ、咲」

咲(やっと私も……前に進めるよ。 ありがとう京ちゃん、優希ちゃん……)



咲「私達、ずっと親友だからね!」





【麻雀がメジャーになった世の中で雑用が得意な普通の少年須賀京太郎を待っていたのは……】

咲「京ちゃん!」

優希「京太郎!」

咲・優希「私とつきあってください!」

京太郎「……どうしてこうなった」


なんと2人の少女からの告白だった!


咲「京ちゃん、お弁当作ってきたよ!」

優希「京太郎、タコスを作ってきたぞ!」

京太郎「……俺、弁当あるんだけど」


様々な手練手管でアピールしてくる2人にたじたじな京太郎
そして2人のアピールはどんどんエスカレートしていき……


京太郎「お前ら、人の家でなにしてんの?」

咲「京ちゃん、私達……」

優希「今日からここに住む事になったじぇ!」

京太郎「はあああ!?」


対決の舞台はとうとう須賀家に移行、わざとなのかそうじゃないのかわからない
ハプニングも連続し京太郎の胃はボロボロになっていくばかり
しかし一緒に住むにつれ京太郎は2人の真剣な気持ちに向き合っていく事になる


咲「京ちゃんは私にとってかけがえのない人だから」

優希「年月とか関係ない、私は京太郎が好きなんだ!」

京太郎「……」


まるで対称的な2人の違う魅力にそれぞれ惹かれ始める京太郎……しかし1人しか選べないというジレンマが彼の足を鈍らせる
悩む京太郎に無理強いは出来ないと咲と優希が途方に暮れていたそんな時、ある人の言葉が閃きを生み出した


久「いっそ2人共恋人になっちゃえば? なーんて冗d」

咲・優希「それだ!!」

久「えっ」


倫理や常識などゴッ倒すと言わんばかりに2人揃ってのアピールを始めた咲と優希
少女達は止まらない、ひたすら想い人に好かれるために加速していく


京太郎「ちょっと待て、それはおかしいだろ!」

咲「京ちゃん、大切なのは当人同士の気持ちだよ!」

優希「そうだそうだ! 両手に花のなにが不満なんだ、諦めてお縄につけい!」

京太郎「むちゃくちゃ言うなー!」


はたして京太郎は2人の思惑通り両手に花になってしまうのか?
それともあくまで1人だけを貫くのか?

これは1人の少年と2人の少女達のある意味熱い戦いの記録である!


咲「京ちゃん!」

優希「京太郎!」

京太郎「もう勘弁してくれ!」




【時々出てくる風潮被害・3人の場合】

咲「私達、ずっと親友だからね!」

京太郎「……」

咲「京ちゃん?」

京太郎「うーん……なあ、咲?」

咲「なあに?」

京太郎「もしお前がいいなら、優希に隠れてつきあうか?」

咲「……えっ?」

京太郎「いや、なんか今のお前見てたらよ」

京太郎「すっげえフッたのが惜しく思えてさ……なあ、優希にはバレないように立ち回るから俺とつきあわない?」

咲「き、京ちゃん!? 自分がなに言ってるかわかって……」

京太郎「わかってるよ、なあダメか咲?」

咲「そ、そんなのダメに決まって……」

京太郎「優希に遠慮してんのか? いいじゃないか、バレなきゃあいつが泣く事なんてないんだ……」

京太郎「俺達がうまくやれば俺もお前もあいつも幸せなままだ」ギュッ

咲「あ……ダメ、ダメだよ京ちゃん……」

京太郎「――好きだぜ、咲」

咲「――!!」

京太郎「答えは?」

咲「……バレなきゃ、みんな幸せ?」

京太郎「そうだ」

咲「……うん、いいよ」ギュッ

京太郎「そうか、ありがとうよ咲……」ニヤァ

咲(バレなきゃいいんだ……そうすればみんな幸せになれるんだ……)

――……

優希「京太郎! これからデートしようじぇ!」

京太郎「あ、悪い優希……今日は親に早く帰ってこいって言われてるんだ」

優希「あ、そうなのか……」

京太郎「悪い、埋め合わせは必ずするから!」

優希「家の用事ならしょうがないから謝るな! それじゃあ今度のデートできっちり埋め合わせしてもらうじぇ!」

――……

咲「家の用事だなんて京ちゃんもずいぶん平気で嘘をつくようになったよね……」

京太郎「はっ、あいつがあんな単純な嘘でも信じるから悪いんだよ」

咲「……本当に、これでいいのかな?」

京太郎「今さらそりゃないぜ咲……お前だって今の状況を受け入れたんだからここにいるんだろ?」

咲「……」

京太郎「まあ、せいぜい楽しもうぜこれからも」

咲「……うん」

――……

照「もしこんな事になってたら許さない」ギュルルルル

咲「なるわけないでしょ! 変な妄想しないでよ、お姉ちゃんの馬鹿!」

風潮【須賀京太郎が恋愛において屑化する】
風潮【須賀京太郎と片岡優希がつきあってる時、宮永咲が浮気相手として存在する】
風潮【片岡優希は須賀京太郎をNTRされる】




【雑用サポート魂は麻雀にも影響するか?】

優希「あっはっはっはー! 圧倒的一位のまま逃げ切るじぇー!」タンッ

京太郎「ぐぎぎ……まずい、トぶ、トんでしまう……!」タンッ

和「2人共、少し落ち着いてください」タンッ

和(まずいですね……須賀君はゆーきからの直撃で点棒がほとんど残っていない……)

和(ゆーきから逆転するには須賀君に影響しない安いツモでは意味がない……ここはゆーきを直撃狙いでいきます)

咲「き、京ちゃん、しっかりして!」タンッ

咲(京ちゃんの口からなんか白いのが出てきてる……)

咲(南場だから優希ちゃんは落ち着いたけど、ここは差し込んで京ちゃんを一回浮上させないとマズいかも)

優希「むむむ、調子が悪い……やっぱり南場は得意じゃないじぇ」タンッ

京太郎(ふ、ふふふ……優希のやつめ、俺が死に体だからって油断してやがるな……だけど舐めるなよ!)


・京太郎手牌
一一一m 222p ⑧⑧⑧s 北北 中 白 ツモ牌北


京太郎「くふっ、ふふ……!」

京太郎(張った張った張った! 四暗刻、張らせてもらったあ! まだまだ逆転劇のチャンスは残ってるぜ!)

優希(京太郎、高いの来たな)

和(バレバレです……)

咲(これ、差し込んだら私がトんじゃうかも……どうしよう)

京太郎「さあ、ここから逆転といきますか!」タンッ 打牌・白

優希「京太郎、それポン!」

京太郎「なにっ!?」

京太郎(いや待て、下家の優希が鳴いたおかげですぐにまた俺のツモ番が来た! 和了る可能性はむしろ増えたはず!)

京太郎「っ、違う!」タンッ

優希「それもポン!」

京太郎「んなっ!?」

京太郎(う、嘘だろ……二回連続で優希に鳴かせちまった……いや、だけどまさか)

京太郎「……」タンッ

優希「それもポンだ!」

京太郎「」

和(まずい、須賀君とゆーきにしか番が!)

咲(な、なにも出来ない……)

京太郎(ありえない、ありえない! いくら普段が無茶苦茶だからってこんな、こんな……!)

京太郎「そんなの……!」タンッ

優希「……京太郎、それもだ、ポン」

京太郎「あ……」

京太郎(そんな、アホな……)

京太郎「……」タンッ

優希「ロン、7700。 京太郎のトビ、だじょ」

京太郎「は、ははは……なんだ、これ」ガクッ


久「……あれも才能なのかしら?」

まこ「さすがにあれが京太郎の才能だったらあんまりすぎるわ」




【ただの惚気】

京太郎「」チーン

優希「京太郎ー!」

咲「京ちゃんが真っ白になっちゃったよ……」

和「さすがにあれはショックだったでしょうからね……役満を崩してでも回避なんて考えられなかったでしょうし」

久「それにしてもさっきのはすごかったわねー……さしずめ相手の有効牌を必ずひく能力ってやつかしら」

まこ「なんじゃそのイジメみたいな能力は……いや、場合によっては相手の当たり牌を握り潰すからアリか?」

京太郎「……はっ!?」

優希「京太郎、目を覚ましたか!」

京太郎「俺は……ああ、そうか。 役満張ってイケると思ったら粉砕されたんだっけか」

優希「あ、謝りはしないじぇ……」

京太郎「謝罪なんかこっちもいらねえよ、勝負事なんだしな。いや、あれはむしろ優希がすごかったって褒め称える場面だな」ナデナデ

優希「京太郎ー……」フニャア

久「さすが私が鍛えただけの事はあるわね須賀君、人によってはトラウマを植え付けられそうな中なかなかタフじゃない」

まこ「それは褒めるところじゃないじゃろ……」

京太郎「よっし、もう一回やるか!」

咲「だ、大丈夫なの京ちゃん?」

京太郎「はっ、トビで一々落ち込んでたらお前らの相手なんかできるかよ! 優希、今度こそリベンジしてやるぜ!」

優希「ふん、またトバしてやるじぇ!」

京太郎「そうはいくかっつーの!」

和「心配は杞憂だったようですね?」

咲「そうだね……」

――……

京太郎「よっし、カン! 嶺上……なわけはないよなっと」タンッ

優希「ツモ! ドラ乗って倍満、8000オール!」

京太郎「ぐあっ、カンが裏目に出た!」

久(今の、須賀君が鳴いてずらさなきゃ優希ツモれなかったんじゃないの?)

京太郎「通らばリーチ!」

優希「通らん! ロン、1600!」

京太郎「だああ!?」

咲(親番流されちゃったよぉ……)

京太郎「それっ」タンッ

優希「ポン!」

京太郎「げっ!?」

和(有効牌が……)


久「で、まるで須賀君が優希のサポートしてるようにしか見えなかった今の半荘から出た結論は?」

咲「さっきのあれも含めてこれは明確な惚気です」

和「遠回しな惚気にしか見えませんね」

まこ「これは惚気じゃろうなあ」

京太郎・優希「何が!?」




【世の中には知らなくていい事がある】

咲「じゃあ私達こっちだから」

和「また明日です、2人共」

京太郎「おーう、また明日なー」

優希「咲ちゃん、のどちゃんバイバーイだじょ!」


京太郎「うああ、今日も勝てなかったなー」スタスタ

優希「今日も京太郎のサポートのおかげでバカ勝ちだったじぇ! ご苦労様だったな!」トテテ、トテトテ

京太郎「やめて、別にしたくてしてるわけじゃないんだからそれ言うのやめて」スタスタ

優希「まあまあ、もしかしたらコンビ打ちで最強になれるかもしれないぞ?」トテテ、トテトテ

京太郎「だったら俺にも和了らせてくれ……ん?」ピタッ

優希「どした?」

京太郎「いやなんでもない、行こうぜ」トテトテ

優希「そうか」トテトテ

京太郎「あーあ、いつになったら背中くらい見えるようになるんだか」

優希「ははっ、寝言は寝て言え」

京太郎「ひでえ」

優希「そんな事より京太郎」

京太郎「そんな事って……なんだよ」

優希「私、1つ気になってた事があるんだけど」

京太郎「気になる事?」

優希「私とのどちゃんは高遠原時代からの同級生だじぇ」

京太郎「そうだな、まるで俺と咲みたいだ」

優希「そう、京太郎と咲ちゃんも中学の同級生だったわけだ」

京太郎「それが?」

優希「普通に考えたら私とのどちゃん、咲ちゃんと京太郎の家の方が近いはずなのに」

優希「なんで一緒に帰る時咲ちゃんとのどちゃん、私と京太郎って組み合わせに分かれるんだ?」

京太郎「優希……」

優希「おぉ、わかるのか?」

京太郎「世の中には知らなくていい事があるんだよ」

優希「えっ」

京太郎「大人の都合とか色々あるんだよ……深くつっこまないのが皆のためなんだ」

優希「そ、そうなのか……」

京太郎「そうなんだ……こんな話よりもっと楽しい話をしようぜ」

優希「わ、わかった!」

優希(私は危うく開けてはいけない扉を開けるところだったのか……危なかったじぇ)


京太郎(うーん、ちょっと脅かしすぎたか? 別に深く考えた事なんてないけどちょっとからかってみただけなんだが……)




【もしも立場が違ったら】

京太郎「ほれ、今日のタコス」

優希「ご苦労様だじぇ!」

咲「京ちゃんもすっかり優希ちゃんのお世話が板についたよね」

京太郎「そうか? ああ、優希口元にソースついてるぞ」フキフキ

和「ええ。 ゆーきとの付き合いは私の方が長いのに、まるで須賀君の方が昔からの付き合いみたいに感じる時もありますし」

優希「ふむふむ、つまり私と京太郎、咲ちゃんとのどちゃんが同じ中学だったらという話だな!」

京太郎「いや、違うから。 つーか優希と俺がねぇ……」

――……

優希「おい京太郎! ちょっと私に付き合え!」

京太郎「なんだよ優希、付き合うってまたタコス屋か?」

優希「違う違う、今日はこれから麻雀部に行くから一緒に入部してほしいんだじょ」

京太郎「いや、なんで俺が」

優希「私いるところに京太郎ありってやつだ!」

京太郎「意味分からんわ……麻雀なんて俺やった事もないのに」

優希「だったら優希ちゃん専属マネージャーとして……」

京太郎「今と変わらないじゃねえか!」

優希「なあなあ、ダメかー? 私が1から教えるから一緒に入ろうじぇー」

京太郎「……はあ、しょうがねえな」


京太郎「ぐあ、また焼き鳥……初心者に容赦なさすぎだろお前!」

優希「ふははは! これで京太郎が私に作るタコスは3つになったな!」

――……

優希「あっ、京太郎……」

京太郎「おつかれさん。 残念だったな、インターミドル」

優希「あの人、強すぎるじぇ……悔しいじょ」

京太郎「原村だっけか? 確かにお前が東場で手も足も出ないのは初めて見たな……まあ高校でリベンジ、だな」

優希「うん……」

――……

京太郎「優希は高校どこ行くんだ?」

優希「清澄に行こうと思う」

京太郎「清澄? 麻雀なら風越か去年インターハイ出場の龍門渕の方がよくないか?」

優希「だって清澄にはタコスがあるんだじぇ! それに、清澄以外だと京太郎と一緒に通えないし……」

京太郎「あー……そう、か」

――……

京太郎「うーん、咲の時以上に苦労しそうだ」

優希「なんでだ!?」

咲「私達は関わってるかどうかもわかんないね」

和「私も清澄に来ていたかどうか……」

京太郎「まっ、結論から言うならやっぱり今が一番って事だな」

優希「質問に答えろー!」




【清澄麻雀部の黄金世代】

優希「タコスうまー」

京太郎「優希からの評判もいいし俺のタコス作りも上達したな……これも師匠のおかげだぜ」

咲「文化祭でクラスでタコス喫茶やらないかって意見もあるよね」

優希「なぬっ!? タコス喫茶だって!?」

京太郎「それ俺ばっかり働かされるフラグじゃね? 後優希、食ってる途中で叫ぶなよ、牌につくだろ」フキフキ

優希「京太郎! もしタコス喫茶を実現させたら私は終わりまでいるからな!」

京太郎「店としては助かるのか迷惑なのか悩ましいところだな」

優希「なんだとー!」

咲「あはは……そういえば部長、麻雀部では何もやらないんですか?」

久「うーん、なんせ私が議会長としての役目に追われそうだから、何かやるにしてもあんまり見られないのよね」

まこ「別にわしが責任者をしてもええんじゃが……」

久「ちなみに皆はなんかやりたい事ってある?」

和「実際の対局を含めた初心者用の麻雀教室とかどうですか?」

京太郎「麻雀やめるかトラウマになる奴が増えるな」

和「そんなオカルト……ありえるのが問題ですね」


咲「ここの本を使って読書会とか」

優希「やめてください、しんでしまいます」

咲「そうだね、ごめん……」


京太郎「メイド喫茶とか」

咲「ええー、またあの格好するの恥ずかしいよ」

和「……私はそれもありかと」

咲「ええ!?」

優希「ここはやっぱりタコス喫茶を!」

和「ゆーきが食べてしまってお客様に出す分がなくなる光景が容易に想像出来ますね」

優希「のどちゃん、それを言ったらおしまいだじぇ……」

京太郎「いや、我慢する努力しろよ」


久「うーん、やっぱりすぐには決まらないか。 だけど何かしらしたいわよね……この6人でいられるのは今年だけなんだし」

まこ「またらしくない事を……悪いもんでも食ったのか?」

久「私だってたまにはセンチになるわよ……夢が叶った後だと余計にね」


京太郎「よし、咲の中学時代の自作小説を印刷して配るか」

咲「なにを言い出すの!? ダメだよ、絶対やめて!」

優希「ここは来た人にタコスを作らせて私が審査を……」

和「ゆーきはまずタコスから離れましょうか」

優希「そんなご無体な!」


久「――本当、最後の年がこんな楽しい麻雀部になってよかった」




【言葉が無粋な時もある】

京太郎「今日は皆来ないのか……俺はネトマしてるけど優希はどうするよ?」

優希「とりあえず京太郎の対局を見てるとするじぇ」

京太郎「そっか、わかった」

――……

京太郎「よっしゃ、また一位!」

優希(さすがに半荘何回も見てるのも飽きたし暇だじぇ……)ジー

京太郎「今日は調子がいいなー……よしもう一度」

優希(タコスうまー……京太郎、楽しそうだじぇ。 声とかかけづらいな)モグモグ

京太郎「リーチっと……よし、一発ついた!」

優希(早く終わらないかな……京太郎、ネトマばっかりだ)クルクル

京太郎「うがっ、捲られた!? 油断しちまったなあ……」

優希(ベッドは気持ちいいじぇ……寝ちゃおうかな)パタパタ

京太郎「よしっ、対局終了っと」

優希(あっ、終わった?)ガバッ

京太郎「次はもうちょっと上でやってみるか」

優希(なーんだ、まだやるのか……)ポスンッ

京太郎「うわ、やっぱり上は強い……げえっ、【のどっち】って和が相手かよ!?」

優希(京太郎、京太郎ー、かーまーえー)コロコロ

京太郎「くそっ、やってやる!」

優希「……むう」

京太郎「あっ、無理だ、勝てないこれ」

優希「……」トテトテ

京太郎「ううっ、すごすご逃げる羽目になるなんてついてない……次はここ辺りでやるか」

優希「……」ギュッ

京太郎「えっ、優希? どうかしたか?」

優希「……」

京太郎「黙ってちゃわからないんだけど……あっ、部屋しめきっちまった」

優希「……」スリスリ

京太郎「……はあ」

優希「……」ビクッ

京太郎「……」ナデナデ

優希「あ」

京太郎「……」ナデナデ

優希「……///」モジモジ

京太郎「……」ナデナデ

優希「京太郎……」フニャフニャ

京太郎「……」ギュッ


優希「……えへへ///」ニコニコ

京太郎「……ったく///」




【片岡優希専用充電器須賀京太郎】

優希「京太郎ー」パタパタ

京太郎「どうした?」

優希「ちょっとベッドに座るんだじぇ」

京太郎「えっ、なんで」

優希「いいから座れ!」

京太郎「なんなんだよ……これでいいか?」

優希「うむ、そのままじっとしてろよ」ギシッ

京太郎「はいはい……って」

優希「おぉ、これはなかなか……」

京太郎「……あの優希さん、いきなり人の膝に座ってきましたけどこれはどういう事でしょうか?」

優希「充電だじょ!」

京太郎「充電って、何を?」

優希「……何をだろう?」

京太郎「わかんねえのかよ!」

優希「だって見たのを真似してるだけだし……」

京太郎「こんな事してたのが実際にいるのかよ……」

――……

白望「くしゅんっ……」

胡桃「くちゅん!」

塞「あらら、2人共風邪?」

白望「だからダルいのか……」

胡桃「それいつもでしょ!」

――……

京太郎「で、何を充電してるかもわからないのにこんな事してて何か意味があるのか?」

優希「何かがわからなくても充電してるのは間違いないから問題ないじぇ!」

京太郎「ふーん……そんなもんか」

優希「そんなもんだ! というわけでちょっと腕借りるじぇ」

京太郎「ああ、もう好きにしてください」

優希「京太郎の腕を私のお腹に回して……これでよし! 充電なんだからしっかり固定しないとな! 」

優希「さあ存分に充電頼むじぇ、充電器京太郎!」

京太郎「俺はお前の充電器なのか……本当いったい何が出てるんだろうな」

優希「うーん、それは……」ポクポクポクポク……

京太郎「……」

優希「そうか!」チーン!

京太郎「わかったのか?」

優希「わかったじぇ! 充電器京太郎から充電されるのはこの優希ちゃんへの愛情……」

京太郎「恥ずかしい事を……優希?」

優希「ううっ……///」

京太郎「……恥ずかしくなるくらいなら言わなきゃいいじゃねえか」

優希「う、うるさいうるさいうるさい!///」




【京太郎の中の人は麻雀が上手い】

京太郎「ふははは!」

優希「京太郎、気をしっかり持つんだ京太郎!」

咲「京ちゃん落ち着いて!」

和「この高笑い、どこかで聞いたような……」

久「……えーっと、これは何事?」

まこ「いや、いつも通り一年達に打たせてたんじゃが……京太郎がトビになってからあんな風に」

久「とうとう壊れてしまった、と……耐えきれなかったのね須賀君」

京太郎「……もう一回だ。 今度は負けはしない」

和「休んだ方がいい気もしますけど……部長、どうしますか?」

久「うーん、とりあえずやらせてみたら?」

――……

京太郎「……」タンッ

咲「ロン、2400だよ」

京太郎「やはりゲームと同じようにはいかないな……」

和(なんででしょう、今の須賀君に妙な既視感が……)

京太郎「条件はクリアされた、リーチ……ツモ、跳満3000、6000」

咲「今日の……ううん、今の京ちゃん、何か変……」

京太郎「うはははははっ!! やれるじゃないか! やれる、やれるぞ」

和(聞けば聞くほど何かが頭にちらつきますね……なんなんでしょうか?)

優希「ずいぶん好き勝手やってくれたな京太郎……だけどそれもここまでだ!」

京太郎「ふん、戦術的勝利などいくらでもくれてやる」

優希「むかっ……だったら全力で潰すまでだ! ツモ! 6000、12000!」

咲「今の京ちゃんはいつもの京ちゃんじゃない……だから私が、私達が止めるよ! カン! 嶺上開花、4000、8000!」

京太郎「ほわあっ!?」

和(思い出せないというのはなかなか辛いですね……あっ)

京太郎「制圧された? こんなに簡単に……ゲームにすらなっていないぞ!」

咲「京ちゃん、もう終わらせるよ!」

優希「目を覚まさせてやるじぇ!」

和「須賀君」

京太郎「くっ、ここから逆転するには……んっ?」

和「ロン、大三元、48000です」

――……

京太郎「……条件が同じならば負けはしなかった」

優希「負け惜しみはやめろ!」スパーン!

京太郎「痛っ! あれ、俺は……」

咲「き、京ちゃん、元に戻ったんだね!」

京太郎「な、何の話だ!?」

久「……これならいけるかも」

まこ「おい久、なんか変な事考えとりゃせんか?」

和「あの既視感は何だったんでしょう……」




【つく嘘にも限度がある】

優希「京太郎……」

京太郎「なんだよ優希、元気ないじゃないか」

優希「私、京太郎に言わなきゃいけない事があるんだじぇ」

京太郎「まじめな話っぽいな……改まってどうした?」

優希「実は……デキちゃった」

京太郎「……は?」

優希「もう3ヶ月だってこの前病院で……」

京太郎「な、なに言ってんだよ」

優希「……ごめん」

優希(慌ててる、慌ててる♪ 京太郎、エイプリルフールの嘘だって全然わかってないみたいだじぇ!)

京太郎「ふ、ふざけてるんだろ? だって、そんな、ありえない! 俺達、まだそんな事してないじゃないか!」

優希(あ、そうだった……)

京太郎「なんなんだよ、たちの悪い冗談はやめてくれよ……」

優希「……ひっく、ううっ」

優希(くそう、なんて初歩的ミスを……情けなくて涙が出てくるじぇ)

京太郎「!?」

京太郎(な、なんで泣くんだよ……冗談じゃ、ないって言うのかよ……)

京太郎「ま、まさか……嘘、だろ?」

京太郎(この反応、とんでもない事があったとしか思えない……だけど、もし優希が今頭に浮かぶそんな目にあったんだったら……!)

優希「うっ、ううっ……」

優希(ああ、嘘ってバレちゃった……ダメダメだじぇ……)

京太郎「無理やり……」

京太郎(馬鹿か俺は!? 優希が本当にそういう目にあったのなら口に出すべきじゃないだろ!!)

優希「京太郎の、言う通りだじぇ……」

優希(今年は上手くいかずか。 確かに京太郎の言う通り無理やりで現実味のない嘘だったな……もっと練っとくんだったじょ)

京太郎「そう、か……」

京太郎(優希……くそっ、俺は何をやってんだよ! 優希を守ってやれなかった)

京太郎(今も泣かせちまった、思い出すだけで辛いだろうにそれを口に出させちまった!!)

優希「もう帰ろう、京太郎」

優希(来年はもっと凄い嘘をついてやるから覚悟しとくじぇ!)

京太郎「……わかった」

京太郎(……許さねえ、優希をそんな目にあわせた奴を俺は絶対に許さねえ……!)


――数日後……

京太郎「……」ギュウッ

優希「京太郎、もう許して……」

京太郎「うるせえ、あんなふざけた嘘で俺の寿命は縮んだんだ、黙って抱きしめられてろ」

優希「ううっ///」

優希(まさかそんな勘違いしてたなんて思わなかった……)

京太郎(嘘でよかった……本当に、よかった……!)




【しっぺ返しは痛いもの】

京太郎「よぉ、優希。 急に学校に呼び出してどうしたんだよ」

優希「京太郎……」

京太郎「んっ?」

優希「今まで黙ってたんだけど実は私、タコスがあんまり好きじゃないんだじょ……」

京太郎「はっ?」

優希「むしろ毎日食べてたから見るのも嫌いなんだ……だから作ってくる京太郎もあんまり快く思ってないんだじぇ」

京太郎「な、なんだよそれ……」

優希「だから、私達もう終わりにしよう……」

京太郎「ま、待てよ優希! そんな急に言われても……」

優希「さようなら京太郎……」スタタッ

京太郎「優希!」


――五分後……

優希「……驚いたか京太郎!」

京太郎「優希……」

優希「今日はエイプリルフールだじぇ、京太郎! だからさっきのも全部嘘だったのだ! 」

優希「私がタコスを嫌いになるなんてありえないし、京太郎と別れるなんてもっとありえないじぇ!」

京太郎「……」

優希「あれ、どうした? 」

京太郎「優希、いい事教えてやるよ」

京太郎「――エイプリルフールってな、午前中までなんだよ」

優希「えっ」

京太郎「あの時計見てみろ……逆算してお前がさっき別れを切り出したのが12時5分過ぎになる計算……」

京太郎「つまりアレをエイプリルフールの嘘だって事には出来ないんだよ」

優希「そ、そんな、嘘だよな!?」

京太郎「だいたいさ、こんな酷い嘘つく奴をこれから先も好きでいられると思うか?」

優希「あ、いや、それは……」

京太郎「お前には失望したよ、優希……じゃあな」

優希「ど、どこ行くんだ!」

京太郎「どこだっていいだろ、俺達はもう赤の他人なんだからな」

優希「あ……」

京太郎「……」スタスタ

優希「そんな、こんなのってないじぇ……でも、自業自得、なのか……うっ、ううっ」

京太郎「えっ!?」

優希「うっ、京太郎っ……やだ、やだやだやだあ……別れるなんていやあ……!」

京太郎「!」スタタッ

優希「京太郎……?」

京太郎「すまん、やりすぎた! お前も半分わかっててノってたもんだと……!」

優希「どういう、事だじぇ」

京太郎「いや、お前が何かすると思ってあらかじめあの時計の時間を進めてたから
まだ12時にはなってないんだよ。 すっかりわかってるもんだとばかり……」

優希「……」プルプル

京太郎「優希、さん?」

優希「こんの、バカバカバカアアアア!」




【清澄高校麻雀部の弱点】

京太郎「うおお、また負けたあ!」ガクッ

久「うーん、上達はしてるはずなんだけど」

まこ「さすがに相手が悪すぎるんじゃないか? ネト麻なら安定した成績を出せているんじゃし」

久「だけど一番時間を割いてる部内で勝ててない現状で須賀君は自分の成長を実感できてるのかしら……」

まこ「難しい、ところじゃな」

久「どうしよう…来年になれば初心者もそれなりに来るだろうし、今の内にみんなの指導スキルもアップさせておきたかったんだけど……」

京太郎「うおおお! ツモ来いツモ来い……ちくしょう、来ねえー!」

和「須賀君、ちょっとうるさいです」

京太郎「あ、はい、すいません」

久「本当にまいったわね……全国を制覇した私達清澄高校麻雀部にこんな弱点があったなんて」

まこ「圧倒的なまでの指導力不足か……」

久「指導に向いていない咲と優希はもちろん、和も麻雀に関しては堅物だから萎縮する恐れがあるのよね」

久「能力持ちなんか指導させたら……考えただけで酷い事になりそう」

まこ「わしも部長職があるけぇ、付きっきりではできんし……」

京太郎「ツモ! 2600オール!」

優希「むっ、京太郎に和了られたか!」

京太郎「いよっしゃあ! ここからの連荘で逆転してやるぜ!」

咲「あっ、京ちゃんそれロン。 12000の一本付けで12300」

京太郎「」

久「となると、一番初心者に指導できそうなのが須賀君なのよねぇ……だけど」

まこ「今年の夏は雑用ばかりやらせてきた京太郎に来年も自分の精進より初心者指導に時間を割け、というのはさすがにな……」

京太郎「ふいー、なんとか三位か」

優希「ぐぎぎ、親被りで最下位なんて……!」

京太郎「悪いなあ優希」ニヤニヤ

優希「むきー! そのにやけ面腹立たしいじぇ!」

咲「ど、どうどう優希ちゃん……」

和「須賀君もあまりゆーきをからかわないでください」

京太郎「悪い悪い、えーっとこれで今日は半荘4回やって最下位2回、三位2回か」

京太郎「 トバなかっただけマシだな、途中優希にぶち当ててトップに立ったし」

優希「その後咲ちゃんに責任払いさせられて一気に最下位になったくせに」

京太郎「それを言うなよ!」

咲「あはは……」


久「……それにしても、本当によく折れないわね須賀君」

まこ「不思議なもんじゃな」




【彼が折れない理由】

京太郎「今日も打った打った」

優希「相変わらず負けてばっかだけどな!」

京太郎「うっせー、人が余韻に浸ってんだから水差すなっつうの」

優希「負けて余韻に浸るなんて聞いたことないじょ」

京太郎「だからそういうのをやめろって言ってんだよー」グリグリ

優希「いたた……でも京太郎はよく投げ出さないな」

京太郎「何が?」

優希「普通これだけやって一位が全然取れなかったら嫌になって辞めても不思議じゃないじょ」

優希「私だって勝てないとやっぱりつまんないし」

京太郎「うーん、そんなもんか? 」

京太郎「正直入った時からみんなとのレベルに差がありすぎて、負けた悔しさよりこいつらすげえって思う方が強いんだよなあ」

優希「確かに京太郎は完全に初心者だったからな。 少しでもやってた方がキツいのかもしれないじぇ」

京太郎「それに一時期はほとんど牌に触ってなかったしな。 その時に比べたら対局できるだけありがたい話だ」

優希「ふむふむ」

京太郎「それにさ、全国優勝のお前ら相手に和了ったり一時的にでもトップに立てたりするだけですっげえ嬉しいんだよ俺」

京太郎「だからなんつうかあれだ……実力差で勝てないのは当たり前なんだから、勝つ以前にまずは和了る事だけ考えとくかって感じ」

優希「一位への欲とかないのか?」

京太郎「そりゃもちろんあるさ、やるからには一位狙いに決まってる」

京太郎「だけどそんなの今の俺にはまだまだ高望みなんだって理解もしてるんだよ。

京太郎「だから今一番意識してるのは和了る事と振り込まない事の2つくらいだな」

優希「むう、やっぱりそうなる思考回路がよくわからないじょ」

京太郎「ははっ、お前はそれでいいんだよ」

優希「うーん……」

京太郎「そんな事で悩んでるとあっという間に俺がお前を追い越しちまうぞ?」

優希「ふっ、馬鹿も休み休み言え! 清澄高校エースのこの私が京太郎に抜かされるなんてそんなオカルトありえないじぇ!」

京太郎「はいはい、せめて咲と和に勝ち越してからエースを名乗ろうな」

優希「馬鹿にするなよ! 見てろ、京太郎が惚れ直すくらい鮮やかに勝ってやるからな!」

京太郎「期待しない程度に楽しみにしとく」

優希「やっぱり馬鹿にしてるだろ、京太郎ー!」

京太郎(まっ、もし俺が簡単に折れないのに理由があるんだとしたら……)

京太郎(それはきっと、負け続けてもいたいくらい麻雀部の日常が楽しいから、なんだろうな)




【いったい何がしたいのか】

優希「暇だじぇ」

京太郎「暇だな、皆は打ってるしパソコンはメンテで使えないし」

優希「正直対局見ててもあまり参考にならないし……もう2人でイチャイチャする?」

京太郎「アホ、皆が真面目に麻雀してるのにそんな事出来るか。 時と場合を考えなさい」

優希「むう、じゃあしりとりでもするじょ」

京太郎「まあ、小声でやるなら構わないぜ」

優希「じゃあ私からだな……タコス」

京太郎「スイカ」 優希「カマキリ」

京太郎「リンゴ」 優希「ゴーカート」

京太郎「トナカイ」 優希「インターネット」

京太郎「またトか……トイレ」 優希「レンタカー」

京太郎「カピバラ」

優希「ライオ……じゃなくてラーメ……でもなくてラジオ!」

京太郎「おっぱ……いや待て、変えるからそんな目で睨むな……オランダ」

優希「だし巻き卵」

京太郎「ゴルフ」 優希「風紀委員……会!」

京太郎「上手く避けたな……インテリア」 優希「アーモンド」

京太郎「ドーナツ」 優希「ツバメ」

京太郎「めかじき」

優希「……京太郎」

京太郎「どうした、お前の番だぞ?」

優希「今言った。 次は【う】だじょ」

京太郎「……おい、人名はさすがに」

優希「早くしろ」

京太郎「……ウーロン茶」 優希「チャイム」

京太郎「昔馴染み」 優希「味噌汁」

京太郎「ルーキー」 優希「京太郎」

京太郎「おい」

優希「早く」

京太郎「……牛」 優希「醤油」

京太郎「……優希」

優希「!」

京太郎「……早くしろよ」

優希「京太郎」

京太郎「牛」 優希「醤油」

京太郎「優希」

優希「京太郎!」

京太郎「優希!」ギュッ

優希「京太郎!」ギュウッ

咲・和・久・まこ「うるさいそこ!」




【風潮被害……?】

優希「今日は京太郎とデートだじぇ♪」

優希「準備に手間取ってたらもうこんな時間だじょ……早く行かないと!」


ガチャガチャ

優希「あれ、扉が開かない……なんでだ?」


ガチャガチャガチャガチャ

優希「鍵は確かに開いてるのにどうなってるんだ……あれ、ドアになんか時計とボタンと紙が……」


優希は扉を
コンマ01~50…開けられない
コンマ51~98…開けられる
ぞろ目…京太郎から来ました


優希「」

優希「……えっ、なんだこれ」

優希「コンマ……つまりストップウォッチみたいにこのスイッチを押してコンマ51以上で止めればいいのか?」

優希「ふん、誰だか知らないけどやってやるじぇ!」タンッ

優希「……そこだ!」


コンマ21……開けられない


優希「んなっ!? ええい、もう一度!」タンッ


コンマ24、コンマ13、コンマ04……


優希「なんで、なんで上手くいかないんだ! もうこれで10回以上試してるのに!」

優希「このままじゃ間に合わない……京太郎にメールしないと……えっ」


優希が送ったメールは
コンマ01~50…通信障害で届かない
コンマ51~98…無事に届く
ぞろ目…おや、誰か来たようだ


優希「携帯にまで変な文章が……っ、やるしかないのか!」タンッ


コンマ26…通信障害で届かない


優希「なんでだあ!? この、この、このー!」


コンマ03、コンマ42、コンマ15、コンマ10……


優希「もう、やだあ……待ち合わせ時間も過ぎちゃったじぇ……」


ヴーヴー!

優希「あっ、京太郎から電話……」


優希が電話に出ると
コンマ01~10…そこには怒り狂った京太郎が!
コンマ12~50…京太郎は呆れながらも苦笑いしている
コンマ51~98…京太郎は心配しているようだ
ぞろ目…京太郎が迎えに来ている途中らしい


優希「……まあ、わかってたじぇ」

優希「でもこれならいくらなんでも上手くいくはず……」タンッ


コンマ01…そこには怒り狂った京太郎が!


優希「」

――……

優希「はっ!?」

優希「ゆ、ゆめ……?」
優希「ううっ……コンマなんか、コンマなんか大っきらいだー!」


風潮というか事実【片岡優希はコンマの神に愛されていない】




【たまには静かにゆったりと】

優希「うわーうわー! 遅刻遅刻遅刻ー! すっかり寝坊だじぇ!」

優希「ただでさえテスト赤点でいい印象もたれてないのに! 急がないと留年の危機だじょー!」

――……

優希「はあ、はあ、はあ……ま、間に合った~……」

京太郎「なんだ、今日はやけに遅かったな」

優希「ね、寝坊しちゃった」

京太郎「まあそれは見りゃわかるけどな……もしかして朝飯も食ってないのか?」

優希「それどころじゃなかったからな!」ドヤッ

京太郎「なんで偉そうなんだよ……昼の分は減るけど一個食うか?」

優希「いただくじぇ」

京太郎「ちなみに今日は一時間目自習だからここまで急ぐ必要もなかったんだぜ?」

優希「なにぃ!? 走ってきて損したじぇ……」ガクッ

京太郎「ははっ、髪もクシャクシャでやんの」

優希「笑うな笑うな! くそう、いくら美少女たる優希ちゃんでもこんな身だしなみでは魅力が半減だじぇ」

京太郎「自分でそういう事を言うなって……櫛持ってるし髪くらいなら直してやろうか?」

優希「なんだ、京太郎櫛なんか持ってたのか?」

京太郎「ハギヨシさんから教えてもらったんだよ。 男たるものいざという時のためにハンカチと櫛は最低限持ち歩けってな」

優希「へぇ……それならお願いするじぇ!」

京太郎「それじゃあ椅子にお座りくださいお姫様?」

優希「へっ、変な事言うな!」

京太郎「悪い悪い、髪留め外すぞ?」

優希「おー」ファサッ……

京太郎「……」

優希「んっ、どうしたんだ?」

京太郎「あっ、いや、なんでもない……始めるからな」

京太郎(髪留め外して髪おろしただけでちょっとドキッとしたなんて言えるかよ……)

優希「ふぁ……んっ……」

京太郎「結構サラサラしてんな……なんか特別な事やってんの?」

優希「いや、特にはやってないじょ。 あふっ、くすぐったいけど気持ちいいじぇ……」

京太郎「それはようござんした」

優希「……」ウトウト

京太郎「眠いのか? じゃあ寝ていいぞ。 髪は整えとくから」

優希「……だったらお言葉に甘えて、少し寝るじぇ……」

京太郎「おやすみ、優希」

優希「おやすみだじょ……」

京太郎「……」

優希「すー……」

京太郎「いいもんだな、こういうのも」

咲「教室なのを忘れてなければね……」

京太郎「……あ」




【その温もりは特別なもの】

京太郎「むにゃむにゃ」

優希「部活に来てみたら京太郎がベッドで寝てたじぇ」

京太郎「Zzz……」

優希「前にもこんな事あったな。 その時には確か顔に落書きしたんだっけ」

京太郎「んんっ……」

優希「きっとこれはまたタコスの神様が悪戯をしなさいと言っているんだじぇ!」

優希「でも今度はどうしようかな……同じ事は芸がないから別の事をしてやりたいじょ」ポクポクポクポクポクポク……

優希「そうだ!」チーン!

――……

咲「こんにちはー」

咲「あれ、まだ誰も来てないのかな……京ちゃんと優希ちゃんが先に来てると思ったんだけど」

京太郎「くかー……」

咲「あ、京ちゃん寝てるの?」ヒョイッ

京太郎「んう……」

優希「すうすう……」

咲「」

咲(えっ、ええええええっ!? なんで京ちゃんと優希ちゃんが一緒にベッドで寝てるの!?)

京太郎「Zzz」

咲(いや、京ちゃんと優希ちゃんの関係を考えれば一緒に寝てるのは不思議じゃないんだけど! )

咲(でも、でも部室でそういうのはおかしいというか、そもそもまだ早いんじゃないかなって私は思うよ!)

優希「Zzz」

咲(と、とにかく起こした方がいいよね……他のみんなが来たら騒ぎになっちゃう)

咲「き、京ちゃん、優希ちゃん起きて……」ユサユサ

京太郎「Zzz……んあ?」

咲「お、おはよう京ちゃん」

京太郎「あー……おはよ、咲……」

咲「京ちゃん、2人が恋人なのは理解してるけど、私こういう事はあんまり感心はできないよ?」

京太郎「はぁ? なに言って……」

優希「Zzz……京太郎……」

京太郎「どわああああああっ!?」ドスンッ!

咲「き、京ちゃん大丈夫!?」

京太郎「いたた……な、なんで優希が一緒に寝てるんだよ!」

咲「京ちゃんが連れ込んだんじゃないの?」

京太郎「んなわけねえだろ! こちとらキスだってまだ……」

咲「えっ」

京太郎「やべっ、今のは忘れてくれ!」

咲「京ちゃん……」

京太郎「やめろ、そんな情けない奴を見る目で俺を見るなぁ!」

優希「えへへ、京太郎暖かいじぇ……Zzz」




【だから何がしたいのか】

京太郎「また暇だな、今日は皆が来てないってだけだけど」

優希「暇だじぇ……パソコンはいつになったら直るんだ?」

京太郎「俺に聞くなよ……壊したのはネト麻しながらタコス食ってソース機械の内側に入れたお前と変な操作した咲だろ」

優希「うっ、か、過去の事をチクチクつついてたら大物にはなれないじょ」

京太郎「お前は過去を振り返らなさすぎなの」

優希「ああ言えばこう言う……それで今日はどうする?」

京太郎「なんかしりとり禁止されたからな……」

優希「暇つぶしになるゲームとかちょっと調べてみるじぇ」カチカチ

京太郎「おー、頼む」

優希「……おっ、これとかどうだ!」

――……

咲「今日もいっぱい打とうね和ちゃん!」

和「そうですね、先に誰か来てたら早速始めましょうか……あら?」

久・まこ「……」

咲「何してるんですか、部長と染谷先輩。 部室の扉に耳を着けて……」

久「あっ、2人共、ちょっと静かにして。 中に気付かれちゃうから」

和「須賀君とゆーきですか……今度は何をしてるんですかあの2人は」

まこ「聞いてみればわかる……ちょっと耳を澄ましてみい」

京太郎『優希、愛してる』

優希『あうっ///』

京太郎『なんだ、照れてんのか?』

優希『て、照れてなんかいないじぇ! 私も愛してる京太郎……』

京太郎『うっ……』

優希『京太郎こそ、照れてるんじゃないのか?』

京太郎『そんなわけ、ないだろ……愛してるぞ優希』

久「この調子で何回も愛してるって言い合ってるのよ、あの2人」

まこ「仲がいいのは構わないんじゃが……」

和「な、な……」

久「あっ、和何を……!」

和「何をしてるんですかあなた達は!」バーン!

京太郎「おわっ!?」

優希「のどちゃん!?」

和「別にするななんて言いませんし、仲がいいのは喜ばしいですけど、ここは皆が来る部室なわけで……」

京太郎「落ち着け和! 何を勘違いしてるか知らんけど俺達はゲームをしてただけだぞ!」

優希「そ、そうだじぇ! 2人で愛してるって言い合って照れた方が負けってゲームを……」

和「……あなた達はそうやって紛らわしいまねをして! ちょっとお話があるのでそこに座りなさい!」

京太郎・優希「えっ、なんで怒って……ひいいっ!?」

咲「三麻しましょう」

久「そうね」

まこ「じゃな」




【エースの座はまだまだ遠い】

京太郎「ロン、8000!」

優希「捲られたー! ううっ、南場はやっぱり苦手だじぇ!」

和「須賀君に直撃を受けるようではまだまだ南場のゆーきには課題が多そうですね」

京太郎「さりげなくバカにされてる気がする」

咲「そ、そんな事ないよ京ちゃん」

優希「京太郎が下家なら連続ポンから和了れるのに……京太郎、早く私の右側に座れ!」

京太郎「ざけんな! 俺にまた思わず上家と下家(>>352)を間違えるような目にあえっていうのか!」

優希「うー!」

久「こんな時南場の不調を補う力があればいいんだけどねぇ。 龍門渕の井上さんの麻雀も少しは参考に出来はしたけど……」

和「だから能力とかそんなオカルトありえません!」

京太郎(俺からしたら和も十分オカルトなんだが……)

まこ「そうじゃのう……いっそ東場で決着がつくような能力が優希にあったらいいんじゃが」

和「だからそんなオカルト……」

咲「ま、まあまあ和ちゃん、話が進まないから落ち着こう?」

和「むう……」

京太郎「東場で決着が着く……阿知賀の先鋒の人とかみたいにですか?」

優希「ドラのお姉さんか! 確かにあのお姉さんにはいっぱいドラが集まるからな」

久「優希の東場速攻とドラが集まる能力か……」

京太郎「数え役満連発されて相手のトラウマになる未来しか見えません」

久「そうね……咲のお姉さんにボロボロにされてたせいで」

久「ドラが使えない事からの点数低下ばかり注目されるけど、あの子本当に恐ろしい能力持ちよ」

和「玄さんのアレは別にそんなオカルトじゃないんですが……」

優希「ほほう、つまりあのお姉さんから能力を頂けば私は名実共に最強というわけか!」

まこ「能力を頂戴なんて出来んじゃろう、さすがに……」

咲「マホちゃんなら平気でやっちゃいそうですけどね……」

京太郎「ん、マホって誰だ?」

優希「私の後輩だじぇ! 将来は私達清澄の名を受け継ぐものになるだろう逸材だ!」

和「人の打ちまねより、未だにチョンボしてしまうのを何とかした方がいいと思うんですけどね」

久「まあ、言ってはみたけど結局ないものねだりでしかないし、とにかく優希の集中力を伸ばすしかないのよね……」

久「このままじゃ優希、須賀君に負けちゃうわよ?」

優希「ううっ、それは嫌だ!」

京太郎「やっぱりバカにされてるよな、これ」

咲「き、気のせいだよ……」




【そこは彼女の特等席】

京太郎「うーん……」ペラッ

優希「京太郎、何してるんだ?」

京太郎「見ればわかるだろー……和から渡された麻雀テストやってんだよ。和曰わくそろそろ次のステップに進んでもいいだろうって」

優希「なるほど、それでやってみたはいいけど全然わからくて唸ってたわけだな!」

京太郎「だってこれ難しすぎるんだもんよ……本当にちんぷんかんぷんだ」

優希「困ってるなら手伝ってもいいじぇ」

京太郎「ああ、そりゃありがたい。 少しこの暗号文解読を手伝ってくれよ」

優希「その代わりに今度のテスト勉強を手伝ってもらうじぇ!」

京太郎「俺に出来る範囲なら別にいいぞ」

優希「じゃあ早速手伝ってやろう!」

京太郎「……おい」

優希「んっ?」

京太郎「なんで人の膝に座ってんだよ。 また充電とでも言うつもりか?」

優希「これが一番やりやすいだろ?」

京太郎「いや、隣でいいじゃねえか」

優希「私はこれがやりやすいんだじょ! ほら、さっさとわからないところを言うじぇ!」

京太郎「わかったよ、ったく」

京太郎(俺が集中出来ないんだけどわかってんのか、優希の奴……)

優希「これはだな……」モゾモゾ

京太郎(ええい、モゾモゾ体を動かすな! 色々危ないだろうが!)

優希「それでここはー……」

京太郎(くそっ、優希の体が密着して話が耳に入ってこない! こいつが誘ってるとかじゃないのがわかる分余計にキツい!)

優希「……京太郎?」

京太郎「……えっ、どうした?」

優希「手が止まってたけど、もしかして私の話わかりにくかったか?」

京太郎「い、いやそんな事ないぞ?」

優希「それならよかったじぇ。 ほれほれ、続きだ続き」

京太郎(いかんいかん、見返りありとはいえ優希は本当に親切で教えてくれてるんだ……まじめに聞いてやらないと申し訳ないだろ)

優希「ここは……うーん」

京太郎(……だけど、まあこれくらいは許されるだろ)ポンッ

優希「じょ?」

京太郎「それで続きは?」ナデナデ

優希「うっ、えっと、たぶんこう……///」

京太郎「たぶんって大丈夫なのかー? 頼りにしてるんだから頼むぜ優希先生?」ナデナデ

優希「ま、まかせろ!///」




【アンバランスで似たもの同士な2人】

優希「うー、手が届かない、じぇ!」ピョンピョン!

咲「どうしよう……」

京太郎「何してんだ優希、咲」

優希「あの棚の、上の、箱が取りたいんだ、じょ!」ピョンピョン!

咲「脚立持ってこなきゃいけないね……私ちょっと取りに行ってくるよ」

京太郎「いや、普通に取れるだろ……よっと」ヒョイッ

咲「あっ、最初から京ちゃんに頼めばよかったんだね……」

京太郎「お前、やっぱりどこか抜けてるよな……」

優希「むぐぐ……私は京太郎みたいに無駄にでかくないんだ!」

京太郎「別に無駄じゃねえし!」

――……

京太郎「優希、待て! よくも俺の弁当を食ってくれたな!」

優希「あんな風に出されてたら食べてくださいと言ってるようなものだじぇ!」

京太郎「その食い意地を矯正してやる! 待てや、こらー!」

優希「お断りだじぇ!」

京太郎「くっ、狭い路地に逃げられた……体格差があって俺じゃ通れないし回り込むしかないか」

優希「はっはっはー! ざまあみろだじぇ、京太郎!」

和「ゆーき、何してるんですか?」

優希「」

京太郎「あっ、和! そいつ捕まえといてくれ、俺の弁当食いやがったんだ!」

和「……ゆーき、そういうのはやめなさいとあれほど……」

優希「じょぉぉぉ!?」

――……

優希「ふえー、今日も麻雀漬けで疲れたじぇ」グデー

京太郎「雑用もしてる俺に比べたらマシじゃんかよー」グデー

優希「最近は買い出しなんてほとんどしてないだろ」グデー

京太郎「まあなー」グデー

まこ「あんたら、部室のベッドでグダグダするくらいなら家に帰らんかい!」

――……

京太郎「うーん、やっぱり上級者卓となるとネト麻でもなかなか勝てないな……」

優希「京太郎は脇が甘いんだじぇ。 例えばこことか……」

京太郎「あー、確かにこれは凡ミスだったな……」

咲「優希ちゃん、なんの躊躇いもなく京ちゃんの膝の上に座ってるね」

和「もう一々注意するのも疲れました……」

まこ「仲がいいのはいい事じゃ、いい事なんじゃ……」

久「体格とかは凸凹コンビなのにああいうところは似たもの同士よね、あの2人って」

京太郎「やった、上級者卓初一位だ!」

優希「よくやったじぇ、京太郎!」




【信頼できるからするんです】

京太郎「疲れた……さすがに1日ぶっ続けでネト麻はキツいわ」グデー

優希「おぉ、京太郎よ、死んでしまうとは情けない」

京太郎「疲れた原因のほとんどが今膝に乗ってる誰かさんに振り回されたからなんだが、そこんとこどう思います優希さんや」

優希「全く京太郎をここまでボロボロにするなんて不届き千万だじぇ!」

京太郎「お前の事だよ、こんにゃろめ」

優希「なんと!? 衝撃的すぎて言葉が出ないじょ!」

京太郎「むしろなんでお前はそんなに元気なんだよ……」

優希「京太郎と一緒だからな!」ニッコリ

京太郎「……」

優希「ん?」ニコニコ

京太郎「なんでもない……」ギュッ

優希「おわっ、急に抱きしめたらビックリするだろー!」

京太郎「知らん知らん」ポテッ

優希「頭にあご乗せたらおーもーいーじぇー!」

京太郎「ああ、こりゃ楽だわー」グリグリ

優希「あごでグリグリするなー!」

京太郎「いいだろー、マッサージだマッサージ」グリグリ

優希「そんなマッサージはいらな……んにゃー!」

京太郎「そういえば部長から聞いたんだけどなー……こうしてあごを乗せるのはそれだけ相手を信頼してるからなんだってよー」

優希「……」

京太郎「いつの間にかそこまで深みにはまってたんだな、俺って……ふぁぁ、眠い……」

優希「……京太郎」

京太郎「んー?」ウツラウツラ

優希「し、しょうがないから私の頭を少しだけ貸してやるじぇ。 あごを乗せるのも好きにしていいじょ」

京太郎「……どういう風の吹き回しだ?」ウツラウツラ

優希「べ、別にちょっとした気まぐれだ! 京太郎のあごが頭にあるくらいで私は困らないってだけだじょ!」

京太郎「ふうん……だったら好きにさせてもらうわ……つーかちょっと寝るかも」

優希「えっ、ちょっと待っ……」

京太郎「……ぐう」

優希「本当に寝ちゃった……ま、全く卑怯にもほどがあるじぇ、あんな事言われたら邪険になんかできるわけないじょ」

京太郎「……Zzz」

優希「寝息がくすぐったいじぇ……あっ、こら、私の髪の毛は食べ物じゃない!」

京太郎「カピ、逃げるなよー……」

優希「私はカピじゃないじぇ! ええい、だから髪の毛を食べようとするなー!」




【相手だけ見たら主人公レベル】

京太郎「牌譜牌譜っと……あった、これだ」

京太郎「優希のやつ、こんなところにしまいっぱなしにして……」

京太郎「勉強のために全国大会の牌譜貸してくれんのは嬉しいけどちゃんと整理しとけよ」

京太郎「それにしてもやっぱりあいつの牌譜は東場と南場で全然違う様相だな……」

京太郎「えーっと全国で清澄が打ったのが永水、宮守、姫松、有珠山、臨海、阿知賀、白糸台……」

京太郎「それで優希の相手が……」

京太郎「……」

京太郎「よくよく見たらなんだ、このムリゲー」

京太郎「二回戦の相手は確か神を降ろすとか言われてる神代さん」

京太郎「準決勝は去年全国三位の辻垣内さん」

京太郎「で、決勝は咲の姉ちゃんでチャンピオンの宮永照さん……」

京太郎「全国はすごいとか先鋒にエースが多いって言っても限度があるだろ……他の高校も決して弱くはなかったし」

京太郎「だけど優希も+はほとんどないけどなんだかんだで酷い」

京太郎「大量失点もしてない……むしろ最初はハイペースで和了りまくってる」

京太郎「思い返せばあいつが東場で全く和了れなかったのって県大会決勝くらいなんだよな……」

京太郎「うーん……」

優希「京太郎、牌譜見つかったか?」

京太郎「優希、お前実はすごい奴だったんだな」

優希「い、いきなりなんだ!?」




【勘違いは往々にしてあるもの】

京太郎「いくぞ、優希」

優希「う、うん……痛いのは嫌だからな?」

京太郎「わかってるって……んっ」

優希「ひゃうっ!」

京太郎「大丈夫か?」

優希「だ、大丈夫だじぇ……続けていいじょ」

京太郎「じゃあちょっと奥まで行っても大丈夫かな……」

優希「はぁ……ふっ……」

京太郎「どうだ、気持ちいいか?」

優希「あっ、うっ……そこ、擦れて気持ちいいじょ……」

京太郎「そうかそうか、それはよかった」

優希「京太郎……そこ、そこもっと……!」

京太郎「ここか?」

優希「ひゃあんっ! うん、そこ……そこが一番っ……」

京太郎「確かにここが一番アレみたいだな……ちょっと強くいくぞ」

優希「はぁ、ぁ……んんっ!」

京太郎「もう少しで終わるからな、ちょっとだけ我慢してくれよ」

優希「あっ、っ……つうっ……!」

京太郎「ふうっ……終わったぞ優希」

優希「はぁ……はぁ……」

京太郎「おいおい、まだ終わってないのにそんなにクタクタになってどうすんだよ」

優希「だって、京太郎上手すぎるじぇ……」

京太郎「そうなのか? そんなに経験ないからわかんないんだけど……」

優希「間違いないじぇ! 店を開いてもいいレベルだじょ!」

京太郎「はいはい、わかったから続きやるぞ。 逃げてたらいつまでも終わんないからなー」


京太郎「自分でやると痛いからって人に耳掃除させたのお前なんだから。 言ったからには最後までおとなしくやられろよな」

優希「そんなの言われなくてもわかってるじぇ……」


ドタンッ、バタンッ!

京太郎「んっ?」

優希「なんだ?」

久「あいたたた……」

まこ「メガネが飛んでってしもうた……」

和「きゅう……」

咲「……和ちゃん、胸が、胸が顔に当たって息が……」ジタバタ

京太郎「何してるんだ、みんな……」

優希「なんだか楽しそうだじぇ!」

京太郎「1人死にそうだけどな……微妙に羨ましい」

優希「むっ、今のは聞き捨てならないじょ!」

咲「誰か助け……むぐうっ!」




【染められる心】

京太郎「今日は随分雨が降るな」

優希「警報も出てるみたいだじぇ」

京太郎「マジか。 こりゃ外は危ないな……」

京太郎「優希、家には連絡しとくからお前今日は泊まってけ。 さすがに警報まで出てる中で帰らせるわけにはいかない」

優希「じょ? でも着替えとか持ってきてないじぇ」

京太郎「俺のジャージ貸すからそれ着てくれ。 大きいだろうけど我慢してくれな?」

優希「しょうがないな……じゃあおじゃまするじぇ」

京太郎「それじゃあ俺は電話してくるからそこのタンスからジャージ取り出しておいてくれ、確か下から二番目の棚に入ってるはずだ」

優希「わかった」


ガチャッ、バタンッ

優希「えーっと下から二番目、二番目……あった! ちょっと試着してみるか」ゴソゴソ

優希「うーん、やっぱり大きいじぇ……袖はブカブカだし、これなら下を履く必要もないな」

優希「そういえばこれ、京太郎が着てるやつなんだよな……」

優希「……」クンカクンカ

優希「……はっ!? わ、私は何をしてるんだじょ! 匂いを嗅ぐなんてまるで変態だじぇ!」

優希「こ、こういうのは京太郎の専売特許で……」

優希(でも、なんだかこの匂いを嗅いでると落ち着く気がする……)

優希「……」キョロキョロ

優希「京太郎はまだ帰ってこない、誰も見てないんだ……なら、我慢なんて意味ないじょ」

優希「……」クンカクンカ

優希(京太郎の匂い……前に一緒に寝た時を思い出すじぇ。 まるで抱きしめられてるみたいで落ち着くじょ……)

優希「……でも、物足りないじぇ」

優希「あ、あー、そういえば、少し眠くなってきたかもしれないじぇ……だからベッドに入ってもそれはしょうがないよな!」

優希「お、おじゃまするじぇ……」モソモソ

優希「あうっ……これは予想以上に、強烈だじょ……」

優希(全身が京太郎に包まれてる……胸がドキドキして、おかしくなっちゃいそう……)

優希「ううっ、なんだか身体が切ないじょ……」モジモジ

優希「……」ドキドキ

優希「す、少しだけなら……いい、よね?」ソー…

京太郎「戻ったぞー」

優希「わひゃあ!?」

京太郎「あれ、どうした? ベッドに入って具合でも悪いのか?」

優希「べ、別にそんなんじゃないじぇ!」

優希(わ、私何しようとして……ううっ、恥ずかしくて京太郎の顔が見られないじょ……)

京太郎「?」




【知らず知らずに深みに堕ちていく】

優希「……」

優希(どうしよう……京太郎のジャージ持って帰ってきちゃったじぇ。 せっかくだから洗濯して返すってほとんど無理やりだったけど……)

優希(これを着たら、昨日みたいにおかしくなっちゃうのか……?)

優希「……」ゴクッ

優希(怖いのに、身体がそれ以上に期待してる……こんなの、おかしいじょ)

優希「ダメだダメだ! あんなの私じゃない、私じゃない……!」

優希(タンスの奥にしまっておこう……そうすればもう誘惑に負ける事はないんだじぇ……!)ゴソゴソ

優希「はあ……」ボスッ

優希(これでいいんだ、これで私と京太郎は元通り馬鹿やってじゃれあういつもの日常に戻れ、る……)

優希「あれ……?」


優希「そういえば私達、つきあってるのに、何かそれらしい事したっけ……?」


優希(京太郎は前以上に私に構ってくれるし、デートだってしてるけど……似たような事は前からしてた)

優希「ほとんど昔と変わってないんだ……私達の間には決定的な何かが足りないんだじょ……」

優希「なんだじぇ、何をしてないんだ……? 私と京太郎がつきあってからしてない事……」

優希「――あ」

優希「そうだ、私達まだ……キス、してない」

優希「もう何ヶ月も経つのに一回もキスをしてないんだじぇ!」

優希「くうっ、ラブラブなカップルを自称していたのに基本すらこなしていなかったなんて、私はまだまだだった!」

優希「よし、決めた! 私は近い内に京太郎と絶対にキスしてやるじぇ!」

優希「待ってろよ京太郎! 私は必ずやお前の唇を奪って今以上にメロメロにしてやるからな!」


優希(それで、そうしたら私は京太郎と……)ゾクッ


京太郎「はっくしゅんっ!」

京太郎「なんだ、なんか寒気がするぞ……」

京太郎「何もなきゃいいんだがなあ……」




【優希空回り最前線】

優希「よし、行くじぇ!」

京太郎「ふぁぁ……結局寒気が気になって眠れなかったな」

優希「京太郎ー!」

京太郎「んっ? よぉ、優希おはよう」

優希「おはようだじぇ! ところで京太郎、ちょっと話があるんだけどいいか?」

京太郎「話?」

優希「うん、あのな……私と、その……」

京太郎「優希と?」

優希「……な、なんでもないじぇ!!」スタタッ!!

京太郎「えっ、おい優希!?」

優希(言えるか言えるか言えるか! 私とキスしろーなんて言えるわけないじょ!)

優希「うわああああああ……」

京太郎「な、なんだったんだいったい……」

――……

優希「ムシャムシャ!」

和「ゆ、ゆーき、そんな食べ方をしたら危ないですよ?」

優希「そっとしておいてくれ和ちゃん! 私は今情けない自分に喝を入れてるんだじぇ!」ガツガツ!


咲「京ちゃん、何かしたの?」

京太郎「俺にもわかんないんだよ……優希、どうしちまったんだ?」

優希「タコスおかわり! もういっこおかわり! さらにもう一つおか……」

和「もう! いい加減にしなさいゆーき!」

――……

優希「ロン、12000!」

京太郎「ぐえっ!?」

優希「ロン、24000!」

京太郎「ぎゃあ!?」

優希「ロン、48000ー!」

京太郎「ぐわああああ……!」


まこ「おお、なんとえげつない……」

和「どうやら今日のゆーきは須賀君を徹底的に狙い打ちするみたいですね」

久「喧嘩でもしたのかしら?」

咲「そういうわけじゃないみたいですけど……」

優希「ロン、1500! ロン、1500の一本付けで1800! ロン、1500の二本付けで……」

京太郎「点数が低い分余計なぶられてる気分になる、うおおおおおお!?」

優希(そもそも私がこんなに悩む事になったのも全ては京太郎がヘタレなせいだじぇ! 」

優希「この根性なしめ、ボコボコにして鍛えてやるじょー!)

京太郎「もうトんでる、トんでるからやめ……」

優希「うるっさい! ロン、ロン、ローーン!」

京太郎「誰か優希を止めてくれー!」




【背中を押されて向き合って】

京太郎「」プスプス

優希「ガルルルルル」

咲「京ちゃんが焼き鳥状態になっちゃったよ……」

和「ゆーき、もう須賀君は戦えません! これ以上いたぶるような真似はよしなさい!」

優希「フー、フー……」

優希(ああ、何やってるんだ私は……こんなの自分の思い通りにいかない鬱憤を京太郎に八つ当たりして発散してるだけだじぇ……)

京太郎「くっ……」

久「須賀君、生きてるー?」

京太郎「大丈夫ですよ、部長。 これくらいの惨殺は今までの部活で何度も味わいましたから」

まこ「それは笑顔で言う事じゃないんじゃないかのう……」

京太郎「ははは、まあ今回は優希の気迫もすごかったし、正直ちょっとビビりましたけど……」

優希「……」

京太郎「――彼女がこんなに強いなんて、彼氏冥利につきますよ」

優希「……あ」

京太郎「だけど今度はこうはいかねえからな! 覚悟しとけよ優希」ワシャワシャ

優希「……ひっく」

京太郎「えっ」

優希「うっ、うわあああああん……!」

京太郎「」

咲「あー、京ちゃんが優希ちゃんを泣かせた!」

和「須賀君……ゆーきを悲しませたらどうなるか忠告しましたよね?」

まこ「すまんが味方はできんのう、許せ京太郎」

久「これは色々聞かなきゃいけないわねー?」

京太郎「」

――……

久「つまり、須賀君がキスしてくれないから不安になっちゃったのね?」

まこ「それで色々やろうとしたが空回りして、結果さっきのアレになったと」

優希「そうだじぇ……」

和「咲さん、どう思います?」

咲「京ちゃんが悪いね、まさかまだしてないなんて思わなかったよ」

京太郎「うぐうっ!?」

京太郎(なんでだ、なんでいつの間にか俺が裁判の被告みたいになってるんだ!? )

京太郎(いや、確かにちょっとスローペースかなと思わないでもなかったけどまさかこんなに思い詰めてるとか思うか、普通!)

久「須賀君ってガツガツしてそうに見えて意外に純情だったのね?」

まこ「大切にしたいといったところじゃろうが、それで不安にさせては世話ないぞ?」

和「ゆーきも今回はやりすぎでしたし、思うところがあるなら私からは何も言いません」

咲「京ちゃん、不幸になるなんて私は許さないよ?」

京太郎「……もう、わかった、わかりました!」


京太郎「そんなに言うなら、この場でキスしますよ!」

優希「えっ」




【レモン味とはほど遠いけれど】

久「えーっと、それ本気で言ってるの?」

京太郎「えぇ、もちろんです!」

咲「京ちゃん、自棄になってるんじゃ……」

京太郎「自棄になってなんかいねえよ! ここまで不安にさせたならちゃんとした方がいいだろ!」

和「だ、だからといってここでやる必要は……」

京太郎「今さらするななんて言わせねえぞ! こうなったら見せつける勢いでやってやる!」

まこ「落ち着かんかい、京太郎! 優希だってみんなに見られながらなんて望まんはずじゃろう!」

京太郎「そうなのか優希」

優希「えっ、えっと……」

京太郎「否定しないって事はOKなんだな。 じゃあするぞ」

優希「き、京太郎……」

久「ダメだわ、まるで聞く耳持ってない……このままだと優希のファーストキスが衆人環視の羞恥プレイになってしまう」

まこ「どうするんじゃ、久!」

久「しょうがない……ここは優希のためにも退くしかないわね。 外に出ましょう、みんな」

和「そうですね……優希だって今の状況は好ましいはずがありません」

まこ「部室を変な事には使うなよ2人共!」

咲「……京ちゃん、上手くいったね」


バタンッ

京太郎「……やっぱり咲にはバレてたか」

優希「京太郎? それどういう……」

京太郎「あのな、いくらなんでもみんなが見てる中でキスなんか出来るわけないだろ……」

京太郎「ああ言えば気つかって出てってくれると思ったんだよ」

優希「な、なんだそうだったのか……ホッとしたじぇ」

京太郎「……でだ、とにかくこうして2人っきりになったわけだけど」ギュッ

優希「う、うん……」

京太郎「ごめんな優希。 まさかあそこまで不安がってたなんて、思ってもなくてさ。 こんな形じゃムードもクソもないけどよ……いいか?」

優希「いちいち、聞かないでほしいじぇ……///」

京太郎「……それもそうだな」スッ

優希「あっ、京太郎……」

京太郎「優希……」


    「んっ……」


京太郎「……ぷはあっ!」

優希「……///」

京太郎「息止めちまった……やっぱり上手く出来ないもんなんだな……」

優希「顔が熱いじぇ……///」

京太郎「俺も心臓バクバク言ってる……」

優希「……///」

京太郎「……///」

優希「か、帰ろうじぇ! 京太郎!」

京太郎「そ、そうだな! 今日はもう帰るか優希!」




【思春期には刺激が強い】

京太郎「……」ポケー

京太郎「キス、したんだよなあ……」

京太郎「はあ……」ポケー

カピ「キュー」トコトコ

京太郎「おぉ、カピー、ちょっと聞いてくれよ」ダキッ

カピ「キュー?」

京太郎「俺な、今日優希とキスしちゃったんだよ」

京太郎「ほら、最近家にもよく来るようになった俺の彼女、お前もタコス食わされかけたあいつ」

カピ「キュー」コクコク

京太郎「それでな……そのせいかなんだか知らないけどあいつの顔が今まで以上に頭の中ちらつくんだ」

カピ「キュー」フンフム

京太郎「心臓はうるさいし顔も熱いまんま、母さん達にも心配されちゃって正直困ってるんだよ……なんとなく電話もかけづらいし」

カピ「キュー」

京太郎「俺って確かにあいつが初めての彼女だけど、ここまでになるとはさすがに思ってなかった……」

京太郎「恋は盲目ってこういう事を言うのかもな」

カピ「キュー」

京太郎「でも本当、どうしたらいいんだろうなー……明日どんな顔してあいつに会えばいいんだか」ナデナデ

カピ「キュー」

――……

優希「……」

優希「……うう」

優希「うわあああああああ!」ゴロゴロ!


ユウキ、シズカニシナサーイ!

優希「あっ、ご、ごめんなさーい」

優希「ふうっ……」

優希「とはいっても落ち着くなんて無理だじょ……」

優希「長期戦覚悟の戦いが1日で終わるなんてさすがの私も予想してなかったじぇ」

優希「まさか京太郎とこんな早く、キス……」

優希「あうっ、また顔が熱いじぇ……///」

優希「うー、あー……なんだかソワソワして落ち着かないー!」ゴロゴロ

優希「京太郎に電話しようかな……でも今声を聞いたら頭真っ白になっちゃう気もするし……」

優希「ううっ、私はどうしたらいいんだー!」


ユウキ!イイカゲンニシナイトオコルワヨ!

優希「ま、またやっちゃったじぇ! ごめんなさーい!」

優希「……もう寝るか」

優希「動揺してるのバレるのも嫌だし、明日なんて声をかけようか考えとくじぇ……」




【京太郎、風邪をひく】

京太郎「う、あ……朝か……」

京太郎「なんだ、身体ダルい……起き上がれねえ……」

京太郎「母さーん、ちょっと来てくれー……」

――……

咲「えっ、京ちゃんが風邪?」

優希「そうだじぇ、熱も結構高いらしくて電話でもうんうん唸ってた」

咲「あんな事があった次の日に風邪って京ちゃんらしいと言えばらしいね……」

優希「あんな事……うっ///」

咲「あっ、変な事言ってごめんね」

優希「べ、別に構わないじぇ! それより咲ちゃん、今日私部活休むからよろしく頼む!」

咲「えっ、なんで……って聞くのは野暮かな。 うん、いいよ」

咲「部長が来てくれるから練習はなんとかなるし、みんなには私から伝えておくよ。 京ちゃんによろしくね」

優希「ありがとう、咲ちゃん!」

――……

京太郎「38度5分……まだまだ引きそうにない、か。 最近ネト麻やってそのまま机で寝ちゃう事も多かったからな……」

京太郎「それにしても、一昨日からの寒気とか昨日顔がずっと熱かったのは熱があったからだったのかよ……」

京太郎「よりによって昨日じゃなくてもいいだろうに……変に悩んだ俺が馬鹿みたいじゃないか」

京太郎「ダルいなあ……どうせ何も出来ないんだし寝るとするか」

京太郎(優希のやつ、どうしてるんだろうな……)

――……


    ピンポーン

京太郎「Zzz……」


    ピンポーン

京太郎「Zzz……」


    ……ガチャッ

京太郎「……んうっ?」


    パタパタ

京太郎「母さんか?」


    ガチャッ、ギィィ……

京太郎「母さん、どうかした……あ」

優希「えっと、お、お見舞いに来たじぇ」

京太郎「優希、来てくれたのか……あれ、まだ部活やってる時間じゃないか?」

優希「京太郎が心細いと思って休んできた! どうだ、誰もいなかったし愛しの優希ちゃんが来て嬉しいだろう!」

京太郎「……ああ、嬉しいな」

優希「えっ!?///」

京太郎「なんだよ、その反応」

優希「い、いや、まさか素直に答えられるとは思わなくて……」

京太郎「病気の時くらい素直になるさ……照れ隠しする余裕もないからな。
そういえば誰もいないってお前どうやって入ったんだ?」

優希「京太郎のお母さんから緊急用の鍵の隠し場所を教えてもらってるからな!」ドヤァ

京太郎「なにそれ、俺知らない」




【ただ遊びたかっただけ】

優希「京太郎、頭なんか抱えてどうしたんだじぇ。 もしかして頭が痛いのか?」

京太郎「いや……確かに頭の痛い問題は発覚したけど、本当に頭が痛いわけじゃないから心配するな」

優希「本当に? どこか痛むとかそういうのはないのか?」

京太郎「大丈夫だって。 まあ熱はまだあるし身体もダルいけどさ……あっ、体温計取ってくれないか?」

優希「これか?」

京太郎「サンキュー」

優希「そういえば京太郎、ご飯とかはどうしたんだ?」

京太郎「さっきまで寝てたから何も食べてない。 食欲もあんまりないしな」

優希「それはよくないじぇ! こういう時はちゃんと食べなきゃダメだってのどちゃんも言ってたじょ!」

京太郎「わかってはいるけどさ……んっ、38度ちょうどか」

優希「まだ高いな……よし、わかった。 ここはこの私が京太郎のご飯を作ってやろう!」

京太郎「え゛っ」

優希「遠慮はいらないぞ、これでも少しは練習したからな! 京太郎はせいぜいお腹を空かせて待ってるんだじぇ!」

京太郎「いや、待て、待ってくれ……!」


    バタンッ、パタパタ……

京太郎「マズい…今の弱ってる体で前に食べたようなの食わされたら、俺死ぬかもしれない。そ、それだけはなんとか回避しないと…!」

カピ『キュー』

優希『あっ、カピじゃないか! どうしたんだ、スカートくわえられたら先に進めないからはなしてほしいじぇ』

カピ『キュー……』

京太郎「カピ!? そうか、カピのやつ俺を助けるために優希を止めようとしてくれてるんだな」

京太郎「恩に着るぜカピ、元気になったらいつもよりいっぱい餌をあげるからな……!」

カピ『キュー、キュー!』グイグイッ

優希『うわわわっ!? そ、そんなに引っ張っちゃダメだじぇ、カピ!』

カピ『キュー!』

京太郎「よし、いいぞ。 そのまま優希を引き止めるんだ……母さんさえ帰ってくれば優希が料理をする必要もなくなる!」

優希『まるで私を行かせたくないみたいだじぇ……だけど諦めるほど私はヤワじゃない!』

カピ『キュー!?』

優希『ははは、乗っちゃえばこっちのものだじぇ! おっ、なんだカピ、私をキッチンに連れて行ってくれるのか!』

カピ『キュー♪』

優希『じゃあ出発進行ー!』

カピ『キュー!』

京太郎「……」

京太郎「ははっ、カピはただ遊びたかっただけだったのか……」




【たがはとうに外れてる】

京太郎「どうする、どうすればいい……このままだと俺が腹をこわすのは確定だ」カタカタ

京太郎「布団にくるまってるせいで部屋の外で何が起きているのかわからないのがさらに怖さを引き立たせるぜ……」

優希「京太郎ー、おかゆ持ってきたじぇ!」

京太郎「ああ……」

京太郎(もう覚悟を決めるしかないのか……あれ?)

京太郎「見た目は、美味そうだなこれ……」

優希「むっ、今のはどういう意味だじぇ! 言っただろ練習したって、私は日々成長しているのだ!」

京太郎「確かに見た感じは成長したな……だけどやっぱり食べてみない事には」

優希「なら食べてビックリすればいいじぇ!」

京太郎「わかったわかった……んっ、レンゲがないぞ?」

優希「レンゲならここにあるじぇ」

京太郎「ああ、じゃあそれをこっちに……」

優希「あーん」

京太郎「」

優希「ほれ、早く口を開ける」

京太郎「別に自分で食え……」

優希「いいや、ダメだ! さっき布団に潜ってたしキツいんだろ? こんな時くらい私に甘えるんだじぇ!」

京太郎(こりゃお前の料理にビビってたとか言えないな……)

京太郎(かといって他に上手いいいわけも思いつかない……というかわざわざ拒否する意味もないか……)

京太郎「じゃあ、あーん……」

優希「あーん」

京太郎「んっ……あむっ」モグモグ

優希「ど、どうだ?」

京太郎「……美味い」

優希「本当か!?」

京太郎「嘘ついたってしょうがないだろ……美味しいぞ優希」ナデナデ

優希「え、えへへ……///」

京太郎「……で、これは本当にお前だけで作ったのか?」

優希「……」

京太郎「……」

優希「……帰ってきた京太郎のお母さんに手伝ってもらったじぇ」ガクッ

京太郎「……どうせさっきまで覗いてた母さんに自分が全部作った事にでもしろって言われたんだろ」

優希「えっ、京太郎のお母さんいたのか?」

京太郎「扉の陰にな……いつの間にか帰ってきてたと思ったら何してんだ、そんなに人の彼女に興味津々なのかよ」

優希「み、見られてたのか……なんか急に恥ずかしくなってきたじぇ」

京太郎「別に来たら見せつけてやればいいだろ……それより水くれないか?」

優希「見せつける……わかった水だな、ちょっと待って」ングッ

京太郎「えっ」

優希「……」スッ

京太郎「優希、お前何を――」

    チュッ




【ある意味熱が上がる看病】

京太郎「んぐっ!?」

優希「んっ……」

京太郎「……!」ゴクッゴクッ

優希「はぁ……」

京太郎「お、お、おおまおまお前何して……!」

優希「み、水を飲ませただけだじぇ///」

京太郎「だけってなあ!」

優希「騒ぐと治る病気も治らないじょ」

京太郎「誰のせいで……はあ、もう風邪移っても知らねえぞ」

優希「大丈夫だ、私は風邪をひかないと親に太鼓判を押されてるくらいだからな!」

京太郎(それって健康体だって褒めてるのか、それともなんとかは風邪をひかない理論でバカにされてるのか……後者だな)

優希「むっ、今バカにされた気がするじぇ」

京太郎「気のせいだ」

優希「……」ジー

京太郎「そ、それよりご飯の続きをくれないか?」

優希「こっちも口移しにするか?」

京太郎「頼むからやめろ、熱が余計上がって死ぬ」

優希「はーい、じゃあ口を開け京太郎!」

京太郎「あーん……」

――……

京太郎「ごちそうさま……えっと水」

優希「水か! 今準備するからちょっと待って……」

京太郎「またやる気か!? そのままペットボトルで俺によこせばいいだろ!」

優希「えー、だって間接キスになっちゃうじぇ……」モジモジ

京太郎「自分がさっきやった事思い出せや!」

優希「あれは看病のためだからしょうがないんだ! さあ、覚悟を決めろ!」ングッ

京太郎「いや、だから俺にだって心の準備が――」

    ――只今色々アレな事になっているので見せられません――

優希「んちゅ……はぁ」

京太郎「お、おい優希……もう、水とか関係なくなってないか? それに冗談抜きで風邪移るぞ……」

優希「……」ポフッ

京太郎「優希……?」

優希「……別に移ったっていいじぇ」

京太郎「へっ?」

優希「京太郎のいない学校で食べるタコス、美味しくないんだじぇ」

優希「前だったらまだ耐えられたけど一歩進んだ矢先にこれなんてあんまりじゃないか……」

京太郎「……」

優希「だから、早く京太郎に元気になってほしいじょ……移して治るなら、それでも私は――」

京太郎「優希」

優希「えっ……」

    チュッ




【その気持ちが特効薬】

優希「あ、えっ……///」

京太郎「……今は、それで我慢しとけ。 後そんな事言うなよ」

優希「京太郎……」

京太郎「なるべく早く治すようにするから。 万が一お前が風邪ひいたら、俺もなんか気が抜けるしそれに……」

優希「寂しいのか?」

京太郎「お前なあ……」

優希「違うの?」ウルウル

京太郎「……悪いのかよ、寂しいのが」

優希「そんなわけないじぇ! むしろ京太郎が私にメロメロだってわかって大満足だ!」

京太郎「っ、調子に乗るなっての!」グリグリ

優希「じぇぇ! 頭をグリグリするのはやめろー!」

京太郎「ああ、もうお前今日は帰れ! これ以上いたら本気で風邪移すぞ!」

優希「それはいけないじぇ! 私が風邪で休んだら京太郎が寂しくて泣いちゃうもんな!」

京太郎「このやろ、言わせておけば言いたい放題言いやがって……お前治ったら覚悟しとけよ」

優希「期待しないで待ってるじぇ! じゃあ私は帰る、また明日な!」

京太郎「……おう。 今日はありがとうな」

優希「いいってことだじぇ!」


    パタンッ、パタパタ……

京太郎「全く、これはさっさと治さないとな……」

優希『あっ、京太郎のお母さん! 今日はもう帰りますじぇ!』

優希『えっ、京太郎の事……も、もちろん! 私は京太郎の彼女だから!』

優希『明日? 京太郎が来ないならまた……えっ、京太郎が家で私の事を?』

優希『明日来たら教えてもらえる……了解しましたじぇ!』

京太郎「おい、待て、優希の奴母さんと何を――」

優希『京太郎の秘密本の隠し場所? それは気になる、いや、気になりますじぇ!』

京太郎「おい……!」

優希『そ、そんなところに隠してたのか……京太郎』

京太郎「教えたのか、おい、マジで教えたのか? というか母さん気付いてたのかよ!?」

優希『えっ、これがその中の1つ……?』

京太郎「!?」

優希『あ、うっ……節度さえ守れば別にいいって……』

京太郎「何吹き込んでんだあの親はあああ……」

優希『わ、わかった、じゃなくてわかりましたじぇ! これ読んで勉強して京太郎と……』

京太郎「なんて、事だ……!」

優希『さようならー!』


    ガチャッ、バタンッ……

京太郎「絶対治す、今日中に、治す……!」




【血は争えない】

優希「た、ただいまだじぇ……」

優希「誰もいない……今の内に部屋に戻ろう」パタパタ

優希「……京太郎のお母さんからもらったこれ、どうしよう」

優希「どうせ京太郎の事だからおっきいおっぱいの女の子がいっぱい載ってる本なんだろうな……」

優希「なんかムカつくな……このまま捨ててやろうか。 でもそんな事したらきっと京太郎怒るじぇ……」

優希「……敵を知ればなんとやら、ちょっとだけ、見てみようか?」

優希「こ、これはっ!?」


京太郎「くそっ、どれだ、どれを持ってかれた!? ある、ある、ある……あれ?」


京太郎「俺のコレクション一冊も減ってない……どうなってるんだ?」

優希「ち、小さな女の子ばっかりだじぇこの本……!」


優希「うわ、うわ、うわわわ……///」


    ペラッ、ペラッ……

優希「こ、こんな事して大丈夫なのか!?」


    ペラッ、ペラッ……

優希「~~~~!?」←声にならない


    パタンッ

優希「あうう、全部読んじゃったじぇ……///」

優希「き、京太郎がなんでこんな本を……あいつ巨乳好きに見せかけたロリコンだったのか……?」

優希「いいや、そんなはずない! そうだったら私のアピールは早い内に実を結んでたはずだじぇ!」

優希「でもこれ、実際京太郎の家にあった本らしいし……も、もしかして京太郎、私とこういう事したいのか……?」

優希「そ、そんなの無理だじぇぇぇ……///」プシュー

――……

京太郎「……母さん」

須賀母「京太郎、起きてきて大丈夫なの?」

京太郎「汗かいたせいかだいぶよくなった気がする……それより聞きたい事があるんだけど」

須賀母「なあに?」

京太郎「母さん、優希が帰る時本渡してたよな?」

須賀母「あらら、気付いちゃった? ふふ、京太郎のコレクションの中でも一番喜びそうなのを渡しておいたから安心しなさい」

京太郎「いや、何を渡したんだ? 俺のコレクションは一冊たりともなくなってなかったけど」

須賀母「えっ……じゃあ、あのコミックLOって本は……」

京太郎「……たぶん、父さんが俺の部屋に隠したやつだろ。 ほら、父さん……母さんみたいな小さい子好きだし」

須賀母「」←135cm

京太郎(父さんがあんなだから俺は巨乳好きになったはずなんだけどな……血は争えないのか?)




【執念と誤解】

京太郎「……んー、よし! 熱も下がった、身体も支障が出るほどダルくない!」

京太郎「須賀京太郎、完全復活だ!」

京太郎「おはよー」

須賀母「おはよう」

須賀父「」チーン

京太郎「……母さん、父さん魂抜けてるけど」

須賀母「知りません!」プクー

須賀父「俺の秘蔵品がぁ……なんでちゃんと隠してくれなかったんだ京太郎!」

京太郎「知らねえし! つうか息子の部屋に自分の趣味のエロ本隠すなよ!」

須賀父「別にいいじゃないか、京太郎だってこっちに目覚めたんだろう?」

京太郎「違う、俺は小さい子がどうとかじゃなくて優希が好きなだけだよ!」

須賀母「京太郎、よく言ったわ! 父さんみたいに小さい子なら誰でもいいような人にはなっちゃだめだからね?」

須賀父「ゴフッ!?」

京太郎「自業自得だし俺は助けねえからな……じゃあ俺部活あるし早めに出るから!」

須賀母「行ってらっしゃーい」

カピ「キュー」

須賀父「……」ヘンジハナイ、タダノシカバネノヨウダ

――……

京太郎「さて、急いで優希と合流しねえと……あいつの事だからとんでもない勘違いしてる気がする」

優希「あ」

京太郎「おっ、優希! おはようさん」

優希「あ、う、お、おは……///」

京太郎(あっ、これ完全に勘違いしてるわ)

京太郎「あ、あのな優希、昨日母さんに本渡されたと思うんだけど」

優希「じょ!?」

京太郎「あれはその、なんて言うか……」

京太郎(い、言えねえ……あれは俺の父親の趣味とかそんな事言えるわけないだろ……!)

優希「京太郎……?///」ドキドキ

優希(京太郎、言いにくそうだじぇ……やっぱり京太郎、私とあの本に描いてあったみたいに……)

京太郎「え、えっとだからつまりだな!」ガシッ

優希「ひゅいっ!?」ビクッ!

京太郎「ゆ、優希……あ、あれは!」グイッ

優希「あ、あわわわ……ダメーー!」ドンッ!

京太郎「おわあっ!?」

優希「わ、私あんなの無理だじぇ、無理! だからその」

京太郎「ま、まて優希、話を……」

優希「~~~~!!///」ダッ!

京太郎「あっ、待て優希! 頼むから話だけでも聞いてくれよー!」ダッ!


咲「……相変わらず2人共仲いいなあ」




【2人の歩みはまだまだ続く】

京太郎「な、なんとか誤解が解けた……」

優希「わ、私は京太郎を信じてたじぇ!」

京太郎「どの口が言うんだよ……まあ、そんなわけだから家に来ても父さんには絶対近づくなよ?」

優希「わかったじょ……後これ」

京太郎「ああ、この本はきっちりこっちで処分しとくから」

優希「助かった……正直どうすればいいのか途方に暮れてたじぇ」

京太郎「本当に悪いな、父さんは母さんにしっかり締めてもら……いや、母さんもある意味同罪だから俺から2人にはしっかり言っとく」

優希「うん……と、ところで京太郎?」

京太郎「なんだよ」

優希「京太郎は、私とそういう事したいのか?」

京太郎「はあ?」

優希「い、いや、さっきは逃げちゃったし今だって出来る気はしないけど……も、もし京太郎がしたいなら」

京太郎「ばかやろ」ピンッ

優希「あうっ!? い、いきなりデコピンなんて酷いじぇ!」

京太郎「そりゃしたいかしたくないかって聞かれたらしたいに決まってるけどな」

京太郎「別にお前に無理させて今すぐどうこうしたいとは思わねえよ」

優希「そうなのか……?」

京太郎「まあ、時間はまだまだあるんだし俺達のペースで進めばいいんじゃないか?」チュッ

優希「んっ……」

京太郎「……少なくとも俺は、今はこうしてるだけで満足だぞ?」

優希「……京太郎、顔真っ赤だじぇ///」

京太郎「うっせ、お前に言われたくねえよ///」

和「……」ピクピクッ

咲「の、和ちゃん、落ち着いてね?」

和「わかっています、今何を言ったところで無駄なのは……」

和「だけど誰が来るかわからない屋上であんな事をされたら注意の1つくらいしたくもなります……!」

優希「京太郎」

京太郎「ん?」

優希「やっぱり京太郎は私の婿だじぇ!」

京太郎「は? なに言ってんだお前」

優希「えっ……」

京太郎「お前が俺の嫁になるんだろ、優希?」

優希「じぇ!?///」

京太郎「いやか?」

優希「……いや、じゃないじぇ///」

京太郎「そうかそうか」ニヤニヤ

和「もう誰かあの2人を止めてください……」シクシク

咲「もうあれは言っても治らないと思うなあ……」トオイメ

京太郎「いいか優希、お前は俺の嫁だからな!」

優希「も、もちろんだじぇ、京太郎!」




【ちょっとした未来のお話】

実況『さあ、第1回ペア麻雀大会もとうとう決勝! はたして栄冠を掴むのはどちらのペアなのか!』

咲「はあ……」

照「どうしたの咲?」

咲「私決勝棄権したい……」

照「どうして?」

咲「だって……このペア麻雀大会で勝てる気が全くしないんだもん」


実況『さあ、既に卓についている宮永姉妹に少し遅れて現れたのは今回全試合をトビ終了させた優勝候補!』

?「緊張、するな」

?「ここで勝てば初めてのタイトル獲得だから?」

?「それもあるけど、相手が咲とそのお姉さんだからな……俺達のやり方が通用するかどうか」

?「……大丈夫」ギュッ

?「えっ?」

?「私達が負けるわけがない。 私達はこの大会を皮切りにペア麻雀無敗神話を築くんだからな!」

?「……そうだな」

?「頼むじぇ、あなた!」

?「おっ、その舌っ足らずな喋り方も学生時代以来で懐かしいな……任せとけ奥さん」


実況『その麻雀はペアでこそ真価を発揮する! 』

実況【個人ではタイトルこそ取れないものの、初心者への指導力から今やテレビで見かける事も多い【牌のお兄さん】!』

実況『差し込み率はプロ内トップ! 麻雀界屈指の名サポーター! 須賀京太郎!』


京太郎「嬉しくねえ紹介だなおい!」


実況『そのパートナーは今年オリンピック東風戦部門を大会記録を大幅に塗り替えて優勝した期待のルーキー!』

実況『今回のペア麻雀大会も須賀京太郎プロのサポートで全ての対戦相手を東場でトバしてみせたその姿はまさに【東風の女神】!』

実況『この大会で夫婦そろってタイトルホルダーとなれるか! 須賀優希!』


優希「今日はいつも以上に暴れてやるじぇ!」

咲「久しぶりだね、京ちゃん、優希ちゃん」

京太郎「おう、オリンピック以来だったか? 相変わらずのほほんとしてるな咲」

咲「むっ、それどういう意味!」

優希「……こうして戦うのはインターハイ以来だな、チャンピオン!」

照「そうだね」

優希「あの時の雪辱今こそはらす! 今度は負けないから覚悟するんだな、宮永照!」

照「今度も、負ける気はない……」ギュルルルル

京太郎「積もる話は後にしとくか……やるぞ優希!」

優希「おう、サポートは任せた京太郎!」

京太郎・優希「それと言わせてもらう……」

京太郎・優希「この試合、南場は来ない!」




【えげつないプロ雀士】

実況『さあ、今回の対局もいよいよ南3局! 一位はモブAプロ! 』

実況『次いで須賀プロと続き、モブCプロ、モブBプロが大差をつけられてラスという形になっています!』

京太郎(さて、と……そろそろやるか)

京太郎「カン」

実況『おっと、ここで須賀プロがカンをしました! しかし、これはむしろモブBプロの手牌のドラを増やしてしまっていますが……』

京太郎(モブAプロの当たり牌はたぶんこれだから握り潰して……次にやる事はと……)

京太郎「ポン」

実況『須賀プロ、鳴いてモブAプロのツモ番を飛ばしました! しかしこれで須賀プロはますます和了りにくく……』

モブBプロ「あっ……ツ、ツモ! 三倍満、6000の12000!」

実況『なんとここでモブBプロが三倍満をツモ和了りで二位に浮上! 』

実況『親被りでモブAプロは三位転落、須賀プロが棚ぼたで一位に浮上しました!』

モブAプロ(くそっ、須賀プロがカンしなけりゃここまでの痛手にはならなかったのに……!)

京太郎「……」

モブCプロ(というか、須賀プロがさっき鳴かなかったらモブBプロはツモれなかった……やばくねこれ)

モブBプロ(やった、二位浮上! このまま須賀プロをまくってやる!)

京太郎「ん、ツモ。 300、500」

モブBプロ「んなあっ!?」

モブAプロ「おう……」

モブCプロ「やられた……」

実況『し、試合終了! なんと棚ぼた一位だった須賀プロが最後にゴミ手を和了ってそのまま逃げきりましたー!』

京太郎「お疲れ様でした!」

モブプロ「……お疲れ様でした」

京太郎(ふう……やっぱり東場でメチャクチャにひっかき回されたり)

京太郎(デジタルの極致で早和了りされたり、嶺上開花で責任払いさせられまくる事がない卓は楽でいいわ)

京太郎「弱い奴は弱いなりの戦いをさせてもらいますってな……おっとそろそろ麻雀教室の時間だ、急がないと!」



【こっちもえげつない】

優希「ダブルリーチ!」

実況『プロ大会東風戦部門はまさに波乱の展開となっております! 』

実況『ただいま東一局四本場、ここまで和了っているのは片岡……失礼しました』

実況『須賀優希プロただ1人! 他の面子はただひたすらに須賀プロに点棒を支払わされ続けています!』

優希「ツモ! 跳満6000オールの四本付けで、6400オール!」

実況『またもや須賀プロが和了りました! いくら宮永プロなどが参加していないとはいえこれはまさに圧倒的な戦いとなっております!』

優希「ポン、ポン!」

実況『須賀プロ、連続で中と白をポン! これは来るのか、来てしまうのかー!』

優希「ツモ、大三元。 16000オールの五本付け、16500オール!」

実況『決まったー! 須賀プロ、役満を和了って他三家をトバし、見事勝利を勝ち取りました!』

優希「ありがとうございました!」

モブプロ「」チーン

優希(やっぱり京太郎がいないと速さがちょっと落ちちゃうな……)

優希「私は、私達は咲ちゃん達みたいな魔物になれないならこうやって地道に頑張るしかない……今日も京太郎と特訓しよう」

優希「あっ、京太郎の麻雀教室が始まっちゃう! 急がないと!」

――そして、時は経ち

京太郎「いよいよ今日か……長野県予選の解説とか緊張するなー、優希も一緒とかよけいに緊張するよ」

優希「でも一番緊張してるのは……」

京太郎「やっぱりあいつらかな?」

優希「私達、この前つい本気出しちゃったし……」

京太郎「あいつらときたら人のコンビ打ちを真似するんだもんなー、あれに焦ってつい昔みたいな事しちまった」

優希「……あの子達勝てるかな?」

京太郎「勝つさ、だけどまあ……解説する時は贔屓目なしでな?」

優希「もちろん! むしろ下手な打ち方したらお説教!」

京太郎「怖い怖い……それじゃ行くか」

優希「うん!」

実況『さあインターハイ長野県予選がいよいよ始まります!』

実況『前大会は名門風越がインターハイ過去5連覇の清澄をくだし全国へのキップを手にしたが、落ち目の清澄はどうなるのか!?』

京太郎「好き勝手言うよ……清澄は元々5連覇を始めたあの時代がすごすぎたんだ。 その後も正直あの時代には到底及ばなかった」

優希「でも今年はきっと違う。 だって今年の清澄には」

京太郎「身内びいきなしでも強い俺達の子供達がいるんだからな」

カン!