http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363548712/




京太郎「いや、お前何を言ってんの?」

優希「照れるな照れるな! この美少女たる優希ちゃんに求婚されて本当は嬉しいくせに!」

京太郎「何この子すごいムカつく」

優希「それに片岡京太郎っていい名前だと思うだろ?」

京太郎「それが俺にさえ関係してなかったらな。 つーかマジで婿扱いなのか」

優希「結婚したら私がプロになって稼ぎまくるから、京太郎は家でタコスを作って待っていてくれ!」

京太郎「しかも俺が主夫かよ! あのな優希、俺は結婚するなら家庭的で胸の大きい女の子がいいんだ」

京太郎「悪いけどお前ではその条件にまるで当てはまらない」

優希「それでそれで、子供はだな……」

京太郎「おい、だから人を使って変な事考えるな、なんだそのにやけ面は!」

優希「のどちゃんで変な事考えてる京太郎っていつもこんな感じだじょ」

京太郎「……マジか」




【片岡優希はタコス娘】

京太郎「ほら、タコス買ってきたぞ」

優希「おお、ご苦労! タコスタコス~♪」

京太郎「……」

優希「タコスウマー♪」モグモグ

京太郎「お前って本当タコス好きだよな」

優希「好き? ふう、これだから素人は嫌になるじぇ」

京太郎「なんだよ、違うのか?」

優希「京太郎、お前は酸素が好きか?」

京太郎「は? いや、そんなの考えた事もねえよ」

優希「そういう事だじょ」

京太郎「意味がわからないんだが」

優希「察しが悪いな…タコスはな私にとっていわば酸素、好き嫌いを超えて私の血と肉とDNAを形成するなくてはならないものなのだ!」

京太郎「お前は何者なんだよ!?」

優希「タコス好きの呪われし血族って前に言わなかったか?」

京太郎「メキシコに謝れ! つーか好きって自分で言ってんじゃねぇか!」




【須賀京太郎はマネージャーじゃありません、部員なんです】

久「須賀君、買い出しお願いできるかしら」

京太郎「はい、わかりました!」


咲「えーっと、この前の牌譜どれだっけ……?」

京太郎「あー、それは確かこっちのファイルに……」


和「あ、あら? 卓の調子が……」

京太郎「どれどれ、ちょっと見せてみ……ああこれくらいなら俺でもなんとかなるかも。 工具、工具っと……」


まこ「おっ、京太郎が一番乗りか」

京太郎「おはようございます染谷先輩。 ちょっと待ってて下さい、もうすぐ掃除終わるんで」


京太郎「あっ、もうすぐお茶なくなるな……今の内に買ってくるか」

優希「京太郎」

京太郎「なんだ優希? ああ、タコスならそこの袋に入ってるから」

優希「いや、そうじゃなくて……京太郎は麻雀部のなんなんだじょ」

京太郎「なんだ今更、俺は麻雀部唯一の男子部員だろ。 悪い、これから買い出し行くから話の続きがあるなら後で聞く!」ガチャッ

優希「あ」

優希「……それなら牌磨き以外に牌触ってないのってどうなんだじょ」




【ステルス京の独壇場!】

京太郎「うーん」

優希「どうした京太郎、悩みがあるなら私が聞いてやってもいいじょ」

京太郎「いや、部長に言われて全国出場校の牌譜を集めてたんだけどよ」

優希「牌譜って各校の部室にあるんじゃないのか?」

京太郎「そうなんだよ、だから俺も素直にもらえるか半信半疑だったんだけど」

優希「女子校もあるのによく入れたもんだじぇ」

京太郎「校門に警備とかいたけど意外にすんなり通してくれたぜ?なぜか普通に扉開けて入った時中の人達にビックリされたけど」

優希「……ん?」

京太郎「誰も何にも言わないから問題ないのかって思いつつもある牌譜全部写してきたんだけどさ」

京太郎「挨拶もなかったのはちょっとショックだったな」

優希「……」

京太郎「あー、でも宮守と永水だけは入れなかったな」

京太郎「永水はお札貼られたし、宮守はなんかお婆さんにすっげえ見られて入りにくくてよ」

優希「京太郎……」

京太郎「ん?」

優希「今日は帰りに私がタコスおごってやるじょ」

京太郎「えっ、いいのか? それじゃありがたくいただくぜ」

優希「……私はちゃんと見てるからな」

京太郎「んん? なんかよくわからないけど、サンキューな」




【ごく自然に受け入れられた風潮被害】

優希「京太郎、タコスを買ってくるんだじょ!」

優希「京太郎、放課後タコス屋につきあえ!」

優希「京太郎、今度の休みにタコス巡りをするじぇ!」


優希「京太郎ー、タコスはまだかー!」

京太郎「ええい、今作ってるから少し落ち着け!」

咲「あれ?」

和「どうしました咲さん?」

咲「いや、ちょっと……優希ちゃん?」

優希「なんだじぇ、咲ちゃん?」

咲「最近京ちゃんの事、犬って言わないんだね?」

優希「えっ」

和「あっ、言われてみれば最近聞きませんね」

和「人を犬呼ばわりなんて注意しなきゃいけないとは思ってましたけど、ちゃんと直したんですねゆーき」

優希「いや、あの」

咲「どうしたの?」

優希「私、京太郎を犬扱いした事なんか一、二回くらいしかないじぇ……」

咲「あれ、そうだったっけ?」

和「おかしいですね、ゆーきは頻繁に須賀君を犬扱いしてた気がしたんですが」

優希「ひどい風潮被害だじぇ……」




【東風の神片岡優希】

優希『ここからは私の連荘で終わらせる。 この試合に東2局はこない!』キリッ

優希『ここに山を築く。 誰にも賽は振らせない……!!』キリッ


優希「」

京太郎「いやー、さすがに全国優勝校の先鋒は言う事が違うな」

優希「お、お前、なんで、これ!」

京太郎「姫松の監督代行って人から麻雀部宛てに送られてきたんだよ」

優希「あのデコのところか! えっ、麻雀部宛て……?」

京太郎「ああ、だからみんなももう聞いてるぞ」

京太郎「部長とか染谷先輩は『これも若さゆえのなんとやら』って言ってたし、咲は苦笑いくらいで何も言わなかったし……」

京太郎「だからまあ、そんなに悪くは思ってないだろ」

優希「な、な、な……」

京太郎「問題は和なんだよなあ。 あいつ『なんですかこのトラッシュトークは!』ってすっげえ怒ってたぞ」

優希「あ、あわわわ、麻雀関係で怒ったのどちゃんには会いたくないじぇ。 今すぐ逃げ」


ユーキ、ドコニイルンデスカユーキ!!

優希「ひぃっ!?」

京太郎「あー……ご愁傷様」ポンッ

優希「いやあああああ……!」


ちなみにこの世界での決勝はこんな感じになっております


優希(咲ちゃんのお姉さんでチャンピオン、相手にとって不足なしだじぇ!)ゴッ

照(準決勝は10万点で二位、だったらここで20万点奪い取る……)ギギギ

玄(もう準決勝みたいにはさせない。復活のドラゴンロード、松実玄に今度こそおまかせあれ!)ゴッ

漫(なにこの卓こわい)



番外『この世界での決勝大将戦』

咲(なにこれ、カンが出来ない……!?)

淡(またやられた……せっかくテルが稼いでみんなが繋いでくれたのに!)

穏乃(いける、今なら私達阿知賀が……!)タンッ

末原「ロン」

穏乃「えっ……」

末原「国士無双、48000。 Wありなら十三面待ちやったから阿知賀のトビ終了やったな……これで姫松がトップや」

穏乃「そんなっ……」

末原「さっきから黙って見てれば人をほったらかしにしてお互いの顔色を窺ってばかり」

末原「そりゃあんたらには色々見えて私には見えんかもしれんけど」

咲「す、末原さん……?」カタカタ

末原「だけどなあ、あんまり私ら凡人を舐めるなよ魔物共」

淡(なにこいつ、能力とかないはずなのに、怖い……!)ビクッ

末原「私は麻雀をしに来たんや、やれ支配だのやれ能力だのこれ以上――」

穏乃「っ……!」ゾクッ


末原「――お前らにつきあってられるか」


末原さん……というより姫松高校にはおそらく唯一残ってる無能力者のみの高校らしく麻雀をして戦っていただきたい所存




【のどっちからは逃げられない】

優希「どうしようどうしようどうしよう、このままじゃのどちゃんのスパルタ麻雀教室がああ……!」

京太郎「そんなに怯えるほど怖いのか?」

優希「……卓に座らされて配牌から和了るまで常に最善手を打たなきゃいけないんだじぇ」

京太郎「うわ、それはキツいな……でも1局分ならいつかはなんとかなるだろ」

優希「大会と同じ半荘二回分、上級者編は一回でも間違えたら東1局からやり直しでもか?」

京太郎「」


ユーキ、ココニイルンデスカ!?

優希「ひいっ、来たじぇー!」バッ

京太郎「お前何してんだ……」

優希「シー! 私はベッドの中に隠れてるからのどちゃんが来たらまだ私は来てないって言ってくれ!」

京太郎「はあ、わかったよ」

京太郎(ベッドが盛り上がって不自然なんだよなあ)


和「ゆーき!」

京太郎「よ、よぉ、和」

和「須賀君……ゆーきはどこですか?」

京太郎「いや、まだ来てないぞ?」

和「そうですか……」チラッ
京太郎(あっ、ベッド見た)

和「……」ジー

京太郎(すっげえ見てる……優希、俺は何も出来なかったよ)

和「……」カツカツ

和「何をしてるんですか、ゆーき?」バサッ

優希「あっ」

和「ゆーき……」

優希「の、のどちゃん……」カタカタ

和「今日は上級者編です」ニッコリ

優希「いやあああああ! 」ズルズル

京太郎「優希、すまん……へ?」ガシッ

和「須賀君もゆーきと共犯だったみたいですし、ちょうどいいですから一緒に勉強しましょう?」ニッコリ

京太郎「」

和「さあ、2人共行きましょうか」ズルズル

京太郎「う、うわあああああ!!」

優希「誰か助けてえええええ……!!」


バタンッ、ズルズル……




【誰しも休息は必要です】

優希「一番乗りだじぇ! おっ?」

京太郎「むにゃむにゃ」

優希「京太郎、探してもいないと思ったらこんなところで寝てたのか」

京太郎「すー……」

優希「マヌケな寝顔だじょ。 これはイタズラをしなさいというタコスの神様の導きだな!」


優希「それじゃあまずこのペンで落書きするじぇ!」

優希「えーっとまずは額にっと。 うーん、インパクトが足りないじぇ。 なら頬に……あとはー……」カキカキ


京太郎「んっ……ふぁぁ、よく寝た」

優希「タコスタコスー」

京太郎「なんだ優希来てたのか?」

優希「お目覚めか京太郎! なら早速タコスを買ってくるのだ!」

京太郎「今まさに食おうと持ってんじゃねえか、まだ必要ないだろ……」

優希「ちいっ、失敗か」

京太郎「失敗?」

優希「あっ! な、なんでもないじょ!」

京太郎「怪しいな……」

咲「こんにちはー」

京太郎「よっ、咲」

咲「こんにちは、京ちゃ……」

京太郎「んっ、どうした?」

咲「え、えっとその顔」

京太郎「顔?」

咲「て、手鏡貸すから見てみればわかるよ……」

京太郎「どれどれ……」


『片岡優希専用』
『発情期なので近づかないでください』
『大きなおっぱいが大好きなので気をつけてください』


京太郎「」

咲「き、京ちゃん?」

京太郎「ゆ・う・き……」

咲「あっ、優希ちゃんなら今走って出て……」

京太郎「逃げやがったなあの野郎!」ダッ

咲「あっ、京ちゃん待って、落書き落とした方が……」


ユウキドコダー!

ス、スガクンナンデスカソノカオハ!

ゲッ、ノドカコレハ……

アラアラ、タノシソウナコトシテルジャナイスガクン?

ブ、ブチョウ!?ヤメテ、シャメハヤメテクダサイ!イヤアアアアア……


咲「き、京ちゃん……」




【京太郎の癒やし】

京太郎「買い出しは別にいいけどこんな頻繁にする必要ってあるのか……?」

優希「気にしたら負けだじぇ」

京太郎「つーかお前なんでついてきてんの?」

優希「食堂のタコスが売り切れてたからだじょ!」

京太郎「言っとくけど奢んねえぞ」

優希「えー」

京太郎「えー、じゃないからな……あっ」

優希「んっ?」

子猫「ニャー」

京太郎「子猫だ、よしよし」ヒョイ

子猫「ニャー」ペロペロ

京太郎「おいおい、くすぐったいって! はは、人懐っこいなあ」

優希「首輪ついてるから飼い猫じゃないか?」

京太郎「おっ、本当だ」

優希「京太郎って動物好きなのか?」

京太郎「好きというか動物と戯れてると癒されるというか……家のカピなんか手もかからないしなあ」

優希「まるで他に手のかかる動物を相手してるみたいな言い方だじょ」

京太郎「……」


咲『き、京ちゃん、迷っちゃった……なんかここ変な音してるし、助けてぇ……』

優希『さあさあさあ、早くタコスを渡すんだじぇ、タコスタコスタコスー!』


京太郎「ああ、すっげえ手のかかるのが2人いるわ」

優希「そうか、大変なんだな京太郎……」

京太郎「……」




【魔境清澄高校】

優希「うむむ」

京太郎「どうした?」タンッ

優希「この前咲ちゃん達と染谷先輩の雀荘に遊びに行ったら麻雀だけはするなと言われたんだじぇ」タンッ

咲「私はいいけど優希ちゃんと和ちゃんはダメなんだって」タンッ

和「はい……」タンッ

京太郎「雀荘で麻雀するなってのも変な話だな……」タンッ

優希「京太郎、それロンだじぇ!」

京太郎「うおっ、狙い打ちかよ! これでラス転落かあ」ジャラッ

和「須賀君はもう少し捨てる牌に気を使った方がいいですね」タンッ

京太郎「あはは、教えてもらってるのに面目ない」タンッ

優希「話を続けるじぇ。 それで理由を聞いたんだけど」タンッ

京太郎「聞いたんだけど?」タンッ

咲「知らない方がいいって教えてもらえなかったんだ。 私達何かしちゃったのかなあ」タンッ

和「見当もつきませんね……ツモ、4000オールで連荘です」

京太郎「ひええ、やっぱり強いなあお前ら」ジャラッ

優希「京太郎には負ける気はしないじぇ!」

京太郎「言ってくれたな!」

和「2人共落ち着いてください」タンッ

京太郎「ふっ、ダブルリーチだ!」タンッ

優希「なぬっ!?」タンッ

咲「うわあ、京ちゃんすごいすごい!」タンッ

和「まだ和了ったわけじゃないんですから……」タンッ

京太郎「へっへっへ、一位は俺がいただくぜ!」タンッ

咲「あっ……ごめん京ちゃん、カン」

京太郎「うげっ!?」

咲「も、もういっこカン、もういっこカン」

優希「うわあ……」

咲「もういっこカン……」

和「これは……」

咲「り、嶺上開花……責任払いで京ちゃんのトビ終了、だよ」

京太郎「オーマイガー……せっかくの役満が夢と消えたぜ……」ガクッ


久「まこ、店で優希と和の麻雀を禁止したんですって?」

まこ「あいつらと打ったらせっかくの客がトラウマ抱えて逃げてしまうんじゃ。 手加減が出来る咲ですらあんまり入れたくないわ」

久「でも須賀君はあれだけやられて普通よ?」

まこ「あれはあいつがおかしいんじゃよ」




【自販機の謎飲料】

京太郎「カフェオレカフェオレと……」ピッ

京太郎「あ、売り切れたな。 最後の一個買えてよかっ……ん?」


 『新発売、濃厚タコスジュース!!』


京太郎「これはまたピンポイントで誰かを狙ってるというか何というか……」

優希「京太郎ー!」

京太郎「噂をすればだな」

優希「何の話だ?」

京太郎「いや、これお前が好きそうだなーって思ってさ」

優希「これ? うおおおっ!?」

京太郎「うわっ、すごい食いつきだな」

優希「タ、タコスジュース……まさかこんな夢のようなアイテムが実在していたとは」

京太郎「んな大げさな」

優希「何を言う、これさえあれば私の長年の夢『タコスを飲んでタコスを食べる』が実現するんだじょ!」

京太郎「なんだそのよくわからん夢は」

優希「早速買うじぇ! えっと二百円と……」

京太郎「自販機のものにしては高いな」

優希「こ、これがタコスジュース……すごい重量感だじぇ」ズシッ

京太郎(なになに、『具材80%』……まさかこれタコスがそのまま入ってんのか?)

優希「いただきまーす」ジュルジュル

京太郎「どうだ?」

優希「……」

京太郎「優希?」

優希「うええ……」

京太郎「お、おい!」

優希「マズい、話にならないくらいマズいじょ……昔食べた京太郎のタコスミタコスよりマズいじぇ」

京太郎「マジか……いやな予感はしてたけど」

優希「京太郎にやるじょ」スッ

京太郎「タコスの名前があってもお前が拒否するような代物を飲めってか!?」

優希「いいから飲んでみろ!」

京太郎「むごっ!?」

優希「えいっ!」ギュッ

京太郎「むぐっ、むぐっ、むぐっ……」ゴクッ

優希「ふう、処分完了だじょ」

京太郎「……意外に美味いぞ、これ」

優希「えっ」




【結果オーライ?】

京太郎「さーて、今日の部活も終了っと」

優希「京太郎!」

京太郎「んー? なんだよ優希」

優希「これからタコスを買いに行くから付き合え!」

京太郎「おいおい、まさか俺に奢らせる気か?」

優希「ふふん、まだまだだな京太郎! 今日の私はいつもとは一味違うじぇ……」

優希「今日はこの優希ちゃんがお前にタコスを奢ってやろう!!」

京太郎「……よし、あるな」

優希「なんで急に鞄を見てるんだじょ?」

京太郎「いや、今日は夕立か嵐になりそうだから折り畳み傘を確認してたんだよ」

優希「……どういう意味だコラー!」

――……

優希「……」ズーン

京太郎「あー……優希?」

優希「こ、こんなのおかしいじぇ……なんで今日に限って売り切れとか臨時休業とか……」

京太郎「慣れないことはするなって事じゃね?」

優希「こんなはずじゃなかったのに……うー」

京太郎「……なあ」

優希「なんだじょ……私は今落ち込んでるんだじぇ」

京太郎「なんなら、家来るか?」

優希「……え?」

――……

京太郎「ただいまー……って靴ないからいないみたいだな」

優希「お、お邪魔します!」

京太郎「なにお前、緊張してんのか?」

優希「き、緊張なんかしてないじぇ!! 私がどうして緊張しなきゃ……ゴニョゴニョ」

京太郎「まっ、いいけどな。 飲み物持ってくるからリビングで待っててくれよ」

優希「お、おう!」

優希「……」

優希「まさか、京太郎の家に来れるなんて思わなかったじょ」

優希「な、なんか落ち着かない……」

京太郎「お待たせ、ってお前なんで正座してんの」

優希「そ、そういう気分なんだじぇ」

京太郎「ふーん。 じゃあ早速作るとしますか」

優希「本当にタコス作ってもらっていいのか?」

京太郎「よくなきゃ誘わねーよ。 やっぱりお前の感想聞きたいしな」

優希「そ、そうか」

京太郎「じゃあちょっと待ってろなー」スタスタ

優希「……放課後デートは出来なかったけど、結果オーライだじぇ」

優希「えへへ……」




【片岡優希の日記1】

○月×日
今日は咲ちゃん、のどちゃん、京太郎と一緒にお昼を食べた。
京太郎がのどちゃんで不埒な妄想をしてたから、罰として肉まんを奪ったら勢いで押し倒された。
思わず今はダメって言っちゃった……後ならいいのかってつっこまれなくて本当に良かったじぇ。
だって、そう言われたら私は、京太郎を……


優希「……ううう」

優希「あああ! もうこんなのこれ以上書けるわけないじぇ!」

優希「だいたい言われたらなんなんだ! べ、別に私は京太郎の事なんて……」

優希「……どう、思ってるんだ?」

優希「のどちゃんを見てデレデレしてるのは腹が立つけど、それ以外はいいやつだし……」

優希「私のわがままも口では色々言うけどちゃんと聞いてくれる」

優希「京太郎を見てると胸がキュンキュンしちゃうし……やっぱり、私は……」


優希「――京太郎が好きなのかな……」




【ごく自然に受け入れられた風潮被害・京太郎の場合】

教師「須賀! またお前はそんな金髪に染めてきたのか!」

京太郎「これは地毛ですよ!」


京太郎「あっ、ハンカチ落としましたよ?」

モブ女子「えっ、ありが……ひっ、き、金髪……もしかして不良?」

京太郎「あのー?」

モブ女子「あ、ありがとうございます!」タタッ

京太郎「えっ、ちょっと……なんで逃げるんだ」


京太郎「おっ、それ新巻か。 読み終わったら貸してくれよ」

モブ男子「ひいっ!」

京太郎「えっ」

モブ男子「べ、別に今貸してもいいよ! か、返すのはいつでもいいから!」タタッ

京太郎「お、おい! また逃げられた……」


京太郎「ええっとタコスタコスっと……」キョロキョロ

不良「おいこら、そこの金髪!」

京太郎「へっ?」

不良「お前今ガンつけたよな、ええ?」

京太郎「ご、誤解だ!」

不良「とぼけてんじゃねえ、その金髪見る限りどこかの所属なんだろ……ちょっとこっち来いや!」

京太郎「じ、冗談じゃねえー!」ダダダッ!

不良「あっ、待てやこらあ!」


京太郎「はあ、はあ……なんで俺がこんな目にあわなきゃいけないんだよ!」

優希「帰ってきたか京太郎! さあタコスを補給させるんだじぇ!」

京太郎「悪い、絡まれて逃げてきたからまだ買ってねえ……」

優希「なにぃ!?」


風潮『須賀京太郎の金髪だけなぜか不良扱いされる』




【ステルスは1人じゃない】

優希「今日も京太郎のタコス作りの技術を極めるためにタコス屋巡りをするじぇ!」

優希「京太郎には頑張ってタコス界の頂点にたってほしいからな!」

優希「えっ……そ、そうか?」

優希「わ、わかった、今度作ってきてやるじぇ」
優希「私のタコスを食べて自信をなくしても知らないからな!」


ゆみ「全く蒲原の奴にも困ったものだ……やっぱりモモもそう思うか?」

ゆみ「……確かになんだかんだ言ってもあいつには部長としての器はあるしそれを認めてないわけじゃない」

ゆみ「いや、私は未熟さ……なんだ、否定してくれないのか?」

ゆみ「待て、確かにあれは今振り返ればとんでもない事をしたと思う」

ゆみ「だがあれくらいしなきゃモモは麻雀部に入ってくれなかっただろう?」

ゆみ「な、何を言ってるんだ!」


優希「ん?」

ゆみ「おや?」

優希「誰かと思えば鶴賀の部長じゃないか!」

ゆみ「私は部長じゃないんだが……そういう君は清澄の先鋒か、合宿についての話を清澄でした時にもいたな」

優希「おお、覚えてたか! えっ、なんだ京太郎……うん、あの時はお菓子も食べられると思ってたからな!」

ゆみ「ん? いや違うんだモモ、その時は久や龍門渕、風越のキャプテンも一緒だったんだ、決して2人きりというわけじゃ……」

優希「……」

ゆみ「……」

優希「と、とりあえず私達はこれからタコス屋に行くんで失礼するじぇ! 次の全国大会でまた会おう! 行くぞ京太郎!」

ゆみ「私は卒業だし鶴賀は部員集めからしなければいけないがな……ああ、頼んだぞモモ」


京太郎「なあなあ、優希」

優希「なんだ?」

京太郎「さっきの鶴賀の人、時々何もない所見て話してなかったか?」

優希「言うな! きっとあの鶴賀の部長には見えてはいけないものが見えてるに違いないじぇ……!」

京太郎「マジかよ」


モモ「先輩」

ゆみ「どうしたモモ」

モモ「あのタコスさん、時々何もない所見て話してたっすけど……」

ゆみ「あの子はもしかしたら見えてはいけないものが見えるのかもしれないな……」

モモ「ひえっ、本当っすか」


京太郎「それは怖いな……」

モモ「それは怖い話っすね……」




【変わる顔】

京太郎「ふんふんふん」

優希「ジー」

京太郎「ん、なんだよ優希? 人の顔じっと見て」

優希「いや、京太郎の顔が変わったような気がしたんだじぇ」

京太郎「はあ? おいおい、俺は産まれてから今に至るまでこの顔だぞ」

優希「いや、それはわかってるんだけど」

京太郎「じゃあどういう意味だよ」

優希「初めて会った時は普通に男だったのに、今は女と言っても不思議じゃない気がするじょ」

京太郎「ええっ、俺そんな女顔じゃねえだろ?」

優希「昔はそうだったけど……」

優希「でも考えてみれば京太郎は咲ちゃんがいなきゃ女装して出場させられてたはずだし、今の女顔が正しい姿なのかもな」

優希「今の京太郎は下手したら龍門渕のノッポより女の子っぽいじょ」

京太郎「嬉しくないぞ、それ」

優希「まあ安心しろ、たとえ京太郎が女だったという衝撃の事実が発覚しても私は一緒にいてやるからな!」

京太郎「不吉な事を言うんじゃねえ!」


『変わる顔・優希の場合』

京太郎「だいたい人にはそんな事言うけどお前はどうなんだよ!」

優希「何の話だ? 私はずっと美少女のまんまだじょ」

京太郎「ふん、確かに黙ってれば可愛い部類だろうけどな。 だけどお前が変わってないとは言わせねえぞ!」

優希「えっ、かわ……」

京太郎「まあ、これを見てみろ」


優希『ここに山を築く。 誰にも賽は振らせない……!!』キリッ


優希「これはこの前私をのどちゃん地獄教室に引き込んだアレじゃないか」

京太郎「この時のお前は可愛いというよりかっこいい部類だ。 お前も人の事言えないくらいに変わってるってこった!」

優希「ふむ、つまり女顔になってる京太郎とかっこよくなってる私、バランスがよくなってるわけだ!」

京太郎「お前のそのポジティブさはどこからくるんだよ……あっ、そういえばお前咲が初めて来た時何を思ったか敬語使って……」

優希「それは言うな!」

京太郎「なんだよ、そんな怒るなよ」

久「やっほー、まだ2人しか来てないの?」

京太郎・優希「……」

久「な、なに? 2人してそんな見ないでよ、恥ずかしいじゃない」

京太郎「いや、俺達はなんて不毛な会話をしてたんだろうなって」

久「へっ?」

優希「変わったといえば一番変わった人を忘れてたじぇ……昔の部長はまるでムー……」

久「喧嘩なら買うわよ」

京太郎・優希「ごめんなさい」ドゲザー




【もしも優希が敬語キャラだったら】

優希「学食でタコス買ってきましたー」

優希「確実に勝つなんてありえません」

優希「天才なんですけどねっ! 集中力が持続しないんです」

優希「私の得意な東場が――またやってきました!!」

優希「よくやりました! あなたは使える犬です!」

優希「えっ、あなたもタコス好きの呪われた血族なんですか!?」

優希「なんだか、みんなを馬鹿にされたみたいです……」

優希「うちの県が弱いかどうか――今見せてあげます!」

優希「その程度で消える勢いなら――最初から願い下げです!」

優希「ここからは私の連荘で終わらせます。 この試合に東2局はきません!」

優希「ここに山を築きましょう。 誰にも賽は振らせません……!!」

優希「い、今はダメです……いやぁ」

優希「ほら、パンチラです」


京太郎「……」

優希「ど、どうだった?」

京太郎「若干和と被らんでもないな……というかいつものお前と過ごしてると誰だこれ感が否めない」

優希「そうか……」

京太郎「まっ、お前はいつも通りでいいんじゃね?」

優希「じょ?」

京太郎「正直こんなキャラだったら俺も調子狂うしなー。 今みたいに気安く話せる気がしないわ」

優希「そ、そうか……なら、よかったじぇ」




【須賀京太郎タコス布教作戦】

京太郎「新作ランチ、ウマー」モグモグ

モブ男子「俺はそのために咲ちゃんや原村、片岡との飯の誘いを蹴ったお前が理解できない」

京太郎「だって今の内に食べとかないとなくなるかもしれないだろ? 三人との飯はまだ二年はできるんだし」ズズー

モブ男子「はあ、こういうところが理解できないんだよ……普通気になる女子と飯が食えるならそっちを優先するだろうに」

京太郎「まあ、な」

京太郎(正直和はもう目がないのわかりきってて積極的にいく気になれないんだよなあ……)

京太郎(俺、もしかしたら逃げてるだけなのか?)ヴーヴー

モブ男子「須賀、携帯鳴ってるぞ」

京太郎「ん、本当だ……優希か、もしもし?」

京太郎「は? タコスの危機? ああ、なるほどなるほど……そういう事か」

京太郎「ああいいぜ、わざわざコンビニまで行かされるのもめんどいしな」ピッ

モブ男子「どうした?」

京太郎「優希の奴がこのままだとタコスがなくなるかもしれんから広めてほしいんだと」

京太郎「まああいつくらいしか食ってる奴いないしなあ」ガタッ

モブ男子「広めるってどうやって?」

京太郎「そりゃまあ……実際に食ってもらうしかないだろ」スタスタ

モブ男子「は?」


オバチャーン、タコスコレデカエルダケクレー

ハイヨー、マタカノジョサンノタメカイ?

アイツハソンナンジャネーッテ!


京太郎「ほら」ドサッ

モブ男子「えっ」

京太郎「ここにいるお前の知り合いに配ってくれよ。 ついでにお前も食べて気に入ったなら今後も買ってくれると嬉しい」

モブ男子「それはいいけどお前……わざわざそのためにこんなに買ったのか?」

京太郎「コンビニで買わされるよりは安いから問題ないだろ。 じゃあ俺も行ってくるから頼むなー」

モブ男子「……」

ナアナア、チョットコレタベテクレヨ。オレノオゴリダカラサ……ウマイカ、ジャアコンゴモココノタコスヲゴヒイキニー

モブ男子「やっぱりあいつは時々理解できない……」




【片岡優希の日記2】

○月□日
今日は咲ちゃん、のどちゃんの三人で屋上でお昼ご飯
京太郎は私達を見捨てて学食の新作ランチを食べに行ったらしくていなかった
全く美少女三人とのご飯を蹴るなんてあいつはおかしい!
でもちょうどいいから最近私以外買ってくれないと食堂のおばちゃんがぼやいていたタコスを広めるように言っておいた
やってくれないのも覚悟はしてたけどどうやら本当に頑張ってくれたらしい、タコスは好評だったって言ってた!
やっぱり京太郎はいいやつだな!


優希「おばちゃんも喜んでたし、タコスは続いていくしいい事尽くめだじぇ!」

優希「本当に京太郎はいいやつだじょ!」

優希「だから私は京太郎が……」

優希「な、なんか顔が熱いじぇ……早く寝よう、うん」

優希「今日は本当にありがとうな、京太郎……おやすみなさいだじぇ」





【京優捕物帖】※咲日和ネタ

京太郎「さてと今日は買い出しもないし少しは打てるかな……」

猫「ニャー」タタタッ

京太郎「猫? なんでこんなとこに」

優希「待てー!」

京太郎「優希、どうしたんだよ?」

優希「京太郎、こっちに猫が来なかったか!?」

京太郎「ああ、今通り過ぎてったぞ。 なんだ、あの猫お前が連れてきたのか?」

優希「そんな事はどうでもいいんだじょ! 早くあの猫を捕まえないと……麻雀が出来なくなってしまう!」

京太郎「はいぃ!?」

――……

京太郎「なるほど、つまり染谷先輩の雀荘を繁盛させるために猫雀荘をしようとしてお試しに猫を部室に連れてきたのか」

優希「そういう事だじぇ。 だけど思った以上に猫がやんちゃ揃いでな!」

京太郎「牌やら点棒やらくわえて逃げ出したと……つーかさ、一応麻雀部員なのに俺には何の話もなかったんだけど」

優希「来たら話す予定だったんだじょ。 昼は京太郎いなかったし」

京太郎「連絡してくれてもバチは当たらないと思うんだが……まあいい、とりあえず今は猫だ」

優希「中をくわえた奴さえ捕らえれば全ての牌は揃う! 協力を求む京太郎!」

京太郎「しかたねえな、いっちょ張り切っていきますか!」

――……

京太郎「おい優希、そっち行ったぞ!」

優希「任せろ! てりゃああ!」スカッ

京太郎「ダメじゃねえか!」

――……

優希「捕まえたー!」

京太郎「本当か!?」

優希「ほれ!」

池田「いったいなんなんだし!」

京太郎「すいませんすいません! 優希、猫違いだバカたれ!」

――……

優希「ふう、一休み一休み。 タコス補給っと」

京太郎「サボるなあ!!」ゴチンッ

優希「あいたあ!」

――……

京太郎「と、言うわけで……」

優希「見事捕まえて牌を取り返してきたじぇ! ミッションコンプリートだじょ!」

久「あ、ありがとうね、2人共」

京太郎「いてて、ひっかかれたせいで傷だらけだぜ」

優希「私もだじょ……玉のお肌がボロボロ、タコスを食べなきゃ治りそうにないじぇ」

京太郎「それで治るのか!?」


久(予備の牌があった事は言わない方がよさそうね……うん)




【タコの付くものパワー】

京太郎「たこ焼き、タコさんウインナー、タコライス……」カキカキ

咲「何してるの京ちゃん」

京太郎「いやほら、県予選決勝で優希がタコス食べられちまった時があっただろ?」

咲「うん、龍門渕の井上さんに食べられちゃって優希ちゃん泣いちゃったんだよね」

京太郎「あの時は風越の福路さんがお弁当のタコさんウインナーを分けてくれたから助かったけど」

京太郎「いつもそんな助けがくるとは限らないって部長が言ってな」

咲「確かに……」

京太郎「だから今の内にタコの付くもののレシピを覚えておいて、優希がタコス切れになった時に備えようって話になったわけなんだ」

咲「京ちゃん、料理できたの?」

京太郎「簡単なのならともかく凝ったのは出来ねえけど、でもこういう事で少しでも役に立てるなら俺も嬉しいし」

咲「京ちゃん……」

京太郎「それにちゃんと用意してやらないと優希の奴うるさいしなー。 まっ、頑張ってみるさ」

咲「そっか……じゃあもし私に手伝える事があったら言って。 家庭料理なら一応一通り出来るから」

京太郎「おっ、サンキュー。 じゃあさっそくで悪いんだけどタコのつく料理出来る限り教えてくれよ」

咲「うん、いいよ」

京太郎「いっそ自分でタコス作れるようになったら楽なんだけどな」

咲「あはは、それを言ったら元も子もないよ」

京太郎「違いない」


優希「……」ジー

優希「京太郎と咲ちゃん、何楽しそうに話してるんだ?」

優希「……なんか胸がモヤモヤするじぇ」モグモグ




【いつの間にか自然に受けいられた風潮・京太郎の場合その2】

京太郎「全国大会も終わって最近部の空気が緩くなってきたな」

京太郎「よし、ここは1つドッキリでも仕掛けて皆をシャキッとさせるか!」

京太郎「そうと決まれば早速ロッカーに隠れてっと……おっと携帯の電源は切っておかないとな」

京太郎「さあて最初は誰が来るかなー」

――30分後――

京太郎「遅いな……」

京太郎「部長は学生議会、染谷先輩は家の用事ってところか?」

京太郎「だけど咲達はもう来てもいいはずなんだけど……もう少し待ってみるか」

――1時間後――

京太郎「あれ、もしかして今日って休みだったか?」

京太郎「いや、でもそんなの聞いた覚えないし……」

京太郎「きっとなんか用事で遅れてるだけだろ……うん」

――4時間後――

京太郎「結局誰も来ず……何やってんだ俺、馬鹿みたいだな……」

京太郎「もう帰ろう……ああ、一応電源入れとかないと」ピッ

ヴーヴー!

京太郎「あれ、メールと着信が……もしもし?」

優希『京太郎!!』

京太郎「うわっ!? な、なんだよ優希……」

優希『お前今どこにいるんだじぇ!』

京太郎「いや、部室だけど」

優希『はあああ!? 今日は染谷先輩の雀荘に集まって麻雀部員みんなで慰労会をやろうって話だっただろ!』

京太郎「そ、そんなの聞いてないぞ!?」

優希『いーや言った! この前京太郎がタコスを作ってる時にちゃんと私は伝えたじょ!』

京太郎「タコス作ってる時……あ」

――……

優希「京太郎、今度みんなで慰労会をやろうって話になったんだけど京太郎も来るよな?」

京太郎「んー」

優希「それは肯定なのか?」

京太郎「んー」

優希「わかったじぇ、じゃあ参加って事で○日の○時に染谷先輩の雀荘に集合だからな!」

京太郎「んー」

――……

京太郎「わ、悪い……」

優希『謝ってる暇があるならさっさと来い! みんな京太郎を待ってるんだからな! 』

優希『咲ちゃんなんか何かあったんじゃないかって、な、泣きそうに、なって……』

京太郎「本当にすまん! 今すぐ行くから!」

優希『早く来い、バカァ……』


風潮【須賀京太郎は清澄麻雀部で集まる時連絡すらされずハブられて気にもされない】




【ごく自然に受け入れられた風潮被害・優希の場合その2】

京太郎「優希、ちょっと話があるんだ」

優希「どうしたんだ? そんな真面目な顔、京太郎らしくないじぇ」

京太郎「実際真面目な話だからな……」

優希「そうなのかー。 で、話って?」

京太郎「ああ実はな、俺……」

優希「うんうん」

優希(あれ、待てよ……夕日の射し込む教室で向かい合って真面目な話……)

優希(これって咲ちゃんから借りた本にもあった告白のシチュエーションに似てるじょ)

優希(……告白!?)

京太郎「な、なんだか改めて言うとなると緊張するな……」

優希「ま、待つから落ち着くまで深呼吸でもすればいいんじゃないか?」

京太郎「そうだな……すう、はあ……」

優希(京太郎が私に告白……ゆ、夢みたいだじぇ! ど、どうしよう、答えは決まってるけどなんて返せば……)

京太郎「よし、もう大丈夫だ。 優希」

優希「は、はい!」

京太郎「俺な……」


京太郎「――咲と付き合う事になったんだ」

優希「――えっ」

京太郎「だからな、今までみたいに放課後つき合えないし、誘うのも自重してほしいんだ」

優希「うっ、えっ」

京太郎「言いたい事はそれだけだ……じゃあな」

優希「京太郎、ま、待って! 私、私は……!」


ガラガラッ、ピシャンッ

優希「あっ……」

優希「こ、こんなのってないじぇ……うっ、ううっ……うわああああん!!」


――……


優希「あ……ゆ、め?」

優希「よかった、じぇ……」

――……

京太郎「……」スタスタ

優希「……」トテトテ

京太郎「なあ、なんでさっきからついてきてんだ?」

優希「別になんでもないじょ」

京太郎「いや、なんでもないって事はないだろ」

優希「なんでもないんだ!」

京太郎「なんなんだよ……」スタスタ

優希「……」トテトテ


風潮【片岡優希は須賀京太郎との恋愛において高確率で噛ませ犬になる】




【キングエトペンの王冠と翼は誰が受け継ぐか?】※咲日和ネタ

優希「むう、何がいけなかったんだじょ」

京太郎「……お前、王冠と翼なんかつけて何してんだ」

優希「のどちゃんのエトペンを全国に備えてこれをつけたキングエトペンに強化したんだけど、なぜか返されてしまったんだじぇ」

京太郎「そりゃそうだろう……その王冠とかそれなりの大きさあるし刺さってもろ痛そうじゃないか」

優希「おお、そう言われればこの王冠ではのどちゃんのキングおっぱいには耐えられそうにないな!」

京太郎「キングおっぱい……なんだ、このアホなような響きなのになぜか心ときめく単語は……!」


――奈良県――


玄「むむっ、キングおっぱいよりおもちキングの方がロマンを追求してる気がするのです!」クワッ

宥「ひいっ! く、玄ちゃんが壊れちゃった……」


――……


京太郎「それにしてもお前がつけてると妙に似合うな、それ」

優希「そうか? まっ、この優希ちゃんの高貴なオーラにかかれば……」

京太郎「すっげえ子供っぽい」

優希「んなあっ!?」

京太郎「今のお前なら小学校の劇に混じってても違和感ないぞ……ぷふっ!」

優希「ええい、笑うな笑うな! そんな奴にはこうだじぇ!」

京太郎「うおっ!」

優希「キング京太郎だ! ぷっ、似合わないにも程があるじぇ!」パシャッ

京太郎「今写真撮りやがったか!?」

優希「同時にメールでみんなに一斉送信だじょ! よし、今度は翼をつけた姿も撮ってやろう!」

京太郎「やめい! お前、よくもやってくれたな!」

優希「あはは、悔しかったら私を捕まえてみろ!」トテテッ

京太郎「逃がすか! 王冠と翼つけたお前の写真撮って小学生ですって周りに送ってやる!」スタタッ

優希「きゃー!」


和「楽しそうですね2人共」

咲「本人たちは本気なのかもしれないけど、端から見たらじゃれあってるようにしか見えないよね」




【京太郎はお金持ち?】

優希「ううう……」

京太郎「どうした、財布見てうなり声なんかあげて」

優希「タコスを買う軍資金が底をついたんだじぇ……お小遣いまでまだ3日はあるのに」

京太郎「後先考えずに調子に乗って買いまくるからだろ」

優希「そんな事言ったってタコスを食べなきゃ私人の形を保てないし……」シュン

京太郎「……ったく、しょうがねえな」ゴソゴソ

優希「京太郎?」

京太郎「ほら、五千円貸してやるからこれで3日間なんとかしろ」

優希「うえっ!? さ、さすがにこんな大金受け取れないじょ!」

京太郎「別にいいんだよ、どうせ今小遣い余ってるし」

優希「……ちなみに、月いくらくらいもらってるんだ?」

京太郎「うーん、昼飯代合わせて月4万くらいか?」

※ちなみに高校生のお小遣いの平均は5600円

優希「」

京太郎「俺ほとんど学食とか購買だし肉体労働が多いから、それなりにもらっとかないとやってけないんだよ」

優希(わ、私でさえタコス代込みで月2万円なのに……上には上がいたのか)

京太郎「今月は意外に使わなかったからちゃんと返してくれるなら貸すぞ?」

優希「……じゃあ、お言葉に甘えるじぇ」

京太郎「了解、返すのはいつでもいいからな」

優希「京太郎に貸しを作るのはアレだから早めに返すじょ」

京太郎「まっ、そこは好きにしてくれ」

優希(京太郎って意外にお金持ちなんだな……新しい発見だじぇ)




【優希は幼児体型?】

優希「タコスウマー♪」モグモグ

京太郎「毎日毎日そんなに食べてよく飽きないな……」

優希「ん、なんか言ったか京太郎?」

京太郎「なんでもない、強いて言うならよくもそんなに食べて太らないなって思っただけだ」

優希「むぐっ……」

京太郎「優希?」

優希「わ、私は太らない体質だからな……」

京太郎「……なんかすまん」

優希「な、何を謝ってるんだ? 意味がわからないじょ」

京太郎「いや、気にしてるなら謝るべきだろうなと」

優希「……ええい、もうこの話は終わりだ終わり!」

優希「だいたい女の子に向かって体重関係の話をするなんてデリカシーがなさすぎる!」

京太郎「だ、だから謝ってるだろ。 そんな怒るなよ……」

優希「ううー……」

優希(最近確かにおなか周りがプニプニしてきたけど、まだ取り返しがつかないわけじゃないじぇ……うん、大丈夫)

京太郎(こいつの体型ってモロに幼児のそれなんだよなあ……その手の人が見たら結構たまらないんじゃないか?)

優希「……」モグモグ

※ちなみにタコスのカロリーは164kcal
優希は普段タコスを3つは食べるため合計は492kcal、高1女子の1日に必要な平均カロリーは2250kcal
意外に普段の優希のタコス消費量には問題がないのかもしれません





【須賀京太郎の日記】

○月△日
いよいよ全国大会本番
優希に必要なタコス屋を探して動いていたら長野で会った執事服の人にまた会って店を教えてもらった
店は会場から結構遠くてどうしたもんかと悩んでたら、
さっきの執事さんがタコスを自作できるらしくて明日から作り方を教えてもらえる事になった!
これでわざわざ買いに行かなくてもよくなるかもしれない!
待ってろよ優希、お前が驚くくらい美味いタコスを作ってやるぜ!
それにしてもあの執事さん、龍門渕の人だったんだな……だったら県予選の時は塩送られたって事か、なんか悔しい


京太郎「ふう」

京太郎「本当によかった……ついてきたはいいけど全く役に立たないなんてごめんだからな」

京太郎「これで、俺も少しはみんなの役に立てればいいんだけどな……」

京太郎「よし、明日から頑張って修行開始だ!」




【掃除も雑用の内】

久「今日はみんなで大掃除と荷物整理をしましょう」

まこ「ここは色々あるからのう……やるとしたら1日がかりになりそうじゃ」

和「そもそも関係ない物が多すぎる気がします……」

咲「そういえば最近ここの本読めてないなあ」

優希「よし、私は外のビーチチェアーが壊れてないか実際に寝てチェックを……」

京太郎「露骨にサボるフラグを立てるなよ!」

久「はいはい、それぞれ何をするかは任せるけど出来るだけサボらないようにね? じゃあ始めましょう!」


咲「あっ、この本、日に焼けちゃってる……背表紙も擦れてるし古い本なのかな」

咲「……ちょっと中身を確認するだけなら、いいよね?」

咲「……」ペラッ、ペラッ……
京太郎「ええっとこの箱はこっちに……」


和「あら、ベッドの下に何か……これ、エトペンのキーホルダー……」

優希「おお、それ前に私が持ってきてなくしたやつだじぇ。 そんなところにあったのかー」

和「……」キラキラ

優希「のどちゃん、欲しいならあげるよ?」

和「えっ、いいんですか!?」

優希「のどちゃんなら大切に扱ってくれそうだしな! 私が持ってるよりはそいつも幸せだじぇ!」

和「あ、ありがとうございますゆーき!」

京太郎「窓ガラスもだいぶ汚れてんな……雑巾、雑巾っと」


まこ「おんや、これは……」

久「まこ?」

まこ「ああ、見てくれ部長。 随分と懐かしい写真が出てきたんじゃ」

久「それまこが入部してきた時に撮った……」

まこ「この頃はまさか全国出場どころか優勝するなんて思いもせんかったわ」

まこ「正直お前さんが築いたここを引き継ぐというのは相当なプレッシャーじゃが……」

久「まこならできるわよ、私が保証する。 私が卒業した後の麻雀部をお願いね?」

まこ「うむ、精々努力はさせてもらう」

京太郎「自動卓も汚れてんな、ほとんどタコスのソースのせいっぽいけど」


――……


京太郎「なんで俺しか分担終わってないんですか!?」

久「ご、ごめんなさい……つい思い出話に花が咲いちゃったわ」

まこ「すまん、やってしもうた……」

和「エトペンのキーホルダーに夢中になってしまいました……ごめんなさい」

優希「そ、掃除は何か見つけちゃうとはかどらないものなんだじぇ……」

咲「結局本一冊読みきっちゃった……ごめんね、京ちゃん」

京太郎「ダメだこりゃ……」ガクッ




【猫蛇セアミィの謎】

優希「るんたった、るんたった♪」

京太郎「随分とご機嫌なこって……そんなにタコス食えるのが嬉しいのか?」

優希「まーなー♪」

優希(休みに2人で出かけるなんてまさしくデートに違いない! これが楽しくないわけないじょ!)

京太郎「ふーん……そういえばさ」

優希「なんだー?」

京太郎「お前私服でもその猫?蛇?だかのアクセサリーつけてんのな」

優希「おお、これか。 これはのどちゃんが私のために選んでくれたお気に入りだからな! 出来る限りつけるようにしてるんだじぇ」

京太郎「へえ、確かにあのペンギンといい和の趣味っぽいな」

優希「ふふふ、美少女たるこの優希ちゃんにのどちゃんの見立てたこの猫蛇セアミィが加わればまさに最強! 」

優希「向かうところ敵なしだじぇー!」

京太郎「自信過剰な気もするが……まあ、確かに似合ってはいるんじゃね?」

優希「あはは、京太郎が素直に褒めるなんて珍しい事もあるな。 なんだか照れちゃうじょ」モジモジ

京太郎「何言ってんだか……ん?」

セアミィ「///」

京太郎「」

京太郎(えっ、なにあれ。 さっきまで普通のぬいぐるみだったセアミィ?」

京太郎(だったかなんだかが今見たら優希みたいに照れてるんだけど)

優希「京太郎?」

セアミィ「?」

京太郎(また優希に合わせたみたいに顔変えた!? なんなんだよ、まさかアレ生きてるのか!?)

優希「おーい、無視するんじゃない!」

セアミィ「」プンプン!

京太郎「あ、ああ悪い……」

京太郎(聞くべきか、いや、でもそんなバカな話があるわけ……)

優希「よろしい! じゃあ早くタコス屋に行くじぇ!」トテテッ

京太郎「あっ、待てよ!」タタタッ

京太郎(気のせい、だよな。 うん、そうに決まってる……和じゃないけどそんなオカルトありえないって)


セアミィ「」ニコニコ




【本にあるからといってそれが正しいとは限らない】

優希「うぐぐ、京太郎め。 いつになったら私の魅力にメロメロになるのだ。 色々試してるのにな……」ペラッ

・男女に友情なし、ぐいぐい行けば必ず落とせる!

優希「京太郎!」

京太郎「どうした優希」

優希「新しいタコス屋が出来たらしいから明日の休み、私につきあえ!」

京太郎「なんで休みにまでつきあわされなきゃ……わかったわかった、行くからそんな目で俺を見るな」

優希「よし、約束だからな!」

優希(休日デート、これで京太郎も少しは私を意識するはず!)

京太郎(仲のいい妹とかいたらこんな感じなのかね……おごらされる未来しか見えないから財布に補充しとこ)


・意識させるような発言を繰り返してみよう!

京太郎「今日は俺達以外まだ誰も来てないのか」

優希「2人っきりだじぇ、あなた♪」

京太郎「はいはい、俺はネトマしてるからタコスでも食べておとなしくしてなさい」

優希「京太郎が食べさせてくれないのか?」

京太郎「お前なあ……」

優希(焦ってる焦ってる♪)

京太郎(まるで子供だな……なんで今の内に父親体験をしなきゃならんのだ)


・男は狼、セクシーに迫ればいける!

優希「き、京太郎……」

京太郎「どうした? おい、なんでお前スカートの裾なんか握って……」

優希「わ、私京太郎になら見せてもいいんだじょ……」チラッ

京太郎「は、はあ!? ちょっと待て、いくらなんでもそれは……」

優希「京太郎……」

京太郎(マズい、この前のメイド服と違って恥じらってるからなんかくるものが…いやいや、そんなわけない! 俺がこいつにそんな……)

和「こんにちは」ガチャッ

京太郎「」

優希「あ」

和「……」


スガクン、ユーキニナニヲヤラセテルンデスカ!

ゴカイダ、キイテクレノドカ!コレハユウキノヤツガ、マッテケイサツハヤメテ!


優希(後少しだったのに……)

京太郎(なるほどね……優希の奴、和が来るのわかっててやりがったのか……)

京太郎(ちくしょう、気の迷いとはいえあの時ちょっとドキッとした俺がバカだった!)


優希「今日も失敗……なんでうまくいかないんだろ」

・男の子を落としてアラサーにならない方法

   著者 小鍛治健夜

健夜「えっ、なにこれ、書いた覚えないよ」

恒子「私がやりました、テヘペロ♪」

健夜「こーこちゃん!?」




【もし京太郎が京子だったら】

京子「やっほー、咲」

咲「あっ、京ちゃん」

京子「ねぇねぇ、食堂一緒に行かない?」

咲「えっ、私今本読んでるんだけど……」

京子「本は食堂でも読めますよー。 1人一個限定のデザートがどうしても食べたいの、お願い!」

咲「ええ、普通そのためだけに食堂に誘う?」

――……

咲「中学で同じクラスなだけですから! 嫁さん違います!」

京子「まっこう否定ですか」

咲「えっ」

――……

京子「和って家庭的だよねー」

咲「そうだね」

京子「……」

和『おかえりなさい、京子さん』

京子「ふふ、うふふ……」

咲「き、京ちゃん……」
――……

京子「メイド服着た和、見たかったなあ……」

優希「そう言うと思って着てきたじぇ!」

京子「……」

優希「ほれ、パンチラ」

京子「いらない」

――……

久「先鋒優希、次鋒まこ、中堅私、副将和、大将咲!」

京子「部長、私は!」

久「京子は応援、以上!」

京子「ですよねー」

――……

京太郎「」

優希「うわあ」

咲「京ちゃん、女の子だったら色々すごいね」

京太郎「なにこれ、ひどい」

優希「これはのどちゃん以上のわかりやすいガチガチのアレだじぇ」

和「あはは……ゆーき、後でお説教です」

優希「ひいっ」

咲「しかも京ちゃんったら私の嫁さん違いますって言葉にあんな事言ったくせに」

咲「麻雀部に入ったのが和ちゃん目当てだったり妄想したりって節操ないよね」

京太郎「なんということだ……なんということだ……」


結論【須賀京太郎が実は女の子な場合、当初の描写のガチレズ度が指なめをした和と同等かそれ以上になる】


『よく考えると京子ちゃんだった場合』

京子「私も麻雀部に入ります!」

久「やった、これで団体戦に出られる!」

京子「すいません、私初心者なんですけど……」

久「安心しなさい、私達でちゃんと教えてあげるから!」

京子「あっ、はい!」


――咲ちゃん加入後……

久「京子、あの……今度の団体戦のオーダーなんだけど」

京子「私はレギュラー落ち、ですよね」

久「ごめんなさい……入ってくれた時にはあれだけ持ち上げておいて」

京子「あはは、いいですよ……私みたいな初心者より咲が入った方がいいに決まってますから」

京子「私は、みんなの分も雑用とか頑張ります!」

久「本当にごめんなさい……」

こんな事が起きるわけですね

まあレギュラー落ちはしても合同合宿には参加させてもらえるでしょうから……

京子「はあ……合宿に参加させてもらえはしたけど周りのレベルが高すぎてついていけないよ」

京子「私なんかとやって他の人は何か得るものあるのかなあ……」

京子「ダメだ、変な事ばかり考えちゃう。 早く戻ろう……あれ?」


咲「……」

和「……」


京子「咲と和だ……なんでこんなところに」


咲「じゃあ戻ろっか和ちゃん」

和「そうですね、咲さん」


京子「――えっ」

京子「咲と和が下の名前で呼び合ってる……なんで」

京子「――私はまだ、【須賀さん】なのに」

京子「なんで私より後に会って関わった時間も短い咲が、なんで、なんでなんで!?」

京子「咲……私は弱い、咲より麻雀やってきた時間も短いからレギュラーは妥当だと思うしまだいいよ」

京子「でもあんたは、私が麻雀部に入る前から好きな人も、奪うっていうの……」

京子「そんなの、あんまりだよ」


優希「京子……」


結論【京太郎が女の子なだけで清澄1年組が大変な事になります】


「須賀京子の憂鬱」

清澄高校に入学後、同級生の原村和に一目惚れして麻雀部に入部した京子。
ちょうど京子が五番目の部員で団体戦に出場できるようになると部長の久に歓待された京子は、
自分の入部動機がまさか和への恋情であるとは言えず大して興味もなかった麻雀に従事する事に。
しかし全国大会への熱意から久を筆頭に麻雀部員達に熱心に教えてもらったり、対局を繰り返して
麻雀の楽しさを知っていった京子は皆のためにもインターハイで頑張ろうと心に決める。

そして入部してから数週間後、京子は中学からのクラスメート宮永咲が麻雀の経験者であると知る。
家族麻雀でお年玉を巻き上げられていたと語る咲に彼女が初心者だと思った京子。
周りがベテランだらけであり、初心者の自分への教育に時間をとられて練習も出来ない。
それだけ時間を使わせても大会で自分が足を引っ張るのが確実な状況なのも手伝って、
初心者仲間欲しさに咲を勧誘した京子は彼女を麻雀部の部室へと連れていく。

それが自分のレギュラー転落と失恋を呼び込む行動とも知らずに……

安価なしでスレ立てするとしてあらすじはこんな感じですかね

京太郎が京子ちゃんになるだけで不憫、寝取られ、戦犯にもなれないレギュラー落ちなどの属性がつくという……




【京太郎のたこ修行】

京太郎「ほっ、ほっ……」

優希「到着ー! 京太郎、何してるんだ?」

京太郎「見てわからないか、たこ焼き焼いてんだよ」クルックルッ

優希「たこ焼き! ほほう、私の好物だじぇ!」

和「部室でたこ焼きを焼く意味がわかりません」

京太郎「しょうがないだろ、たこ焼き器しか持ってこれなかったんだよ」

和「答えになってません!」

優希「ジー」

京太郎「あんま近いと跳ねて火傷するぞ?」

優希「なら早く食べさせるのだ!」

京太郎「もうちょっと待てって」

咲「うわ、どうしたのこれ?」

和「須賀君がなぜだかたこ焼きを焼いてるんです、部室で卓の上にたこ焼き器を乗せて……理解できません」

京太郎「ここ電源少ないんだよ……だからといってパソコンの方だとちょっと遠いし」クルックルッ

優希「早く早く! 今日はタコスが売り切れてたからタコのつくものを食べなくては私は人の形を保てない!」

京太郎「わーってるって! ほら、一丁あがりっと」

優希「ヒャッハー!! タコだ、タコのつく食べ物だじぇー!」

和「あっ、ゆーき! そんなに慌てて食べたら火傷しますよ!」

優希「おっと……ふう、危うく美味しく食べられなくなるところだったじぇ」

京太郎「逃げやしねーからゆっくり食べろよな。 あっ、咲と和もどうだ?」

咲「これ、タコスがなくなった時のために作ったんだよね?」

京太郎「おう、今日は昼の時点でタコスがなくなってたからな。 」

京太郎「まさに前に話したタコスがなくなるシチュだったから他の物を作る事にしたんだよ」

咲「じゃあもらおうかな……京ちゃんがちゃんと美味しく作れてるか確認しないと」

京太郎「そういう言い方するなら俺は優希に食べてもらうだけでいいんだぞー?」

咲「……美味しそうだから私も食べたいです」

京太郎「素直でよろしい」

和「……」ゴクリ

京太郎「和はどうする?」

和「……わ、私は」チラッ

優希「むぐむぐ……京太郎が作ったにしてはなかなか……」

咲「あっ、美味しい……」

和「……私にもください」

京太郎「了解」


優希「京太郎、おかわりだ!」

咲「京ちゃん私も私も!」

和「わ、私もお願いします……」

京太郎「あいよー!」

久「えっ、なにこれ」

まこ「ここはいつから料理部になったんじゃ……」



【優希も本くらい読むんです】

優希「暇だじぇー。 みんないつになったら来るんだー」モグモグ

優希「うーむ……ここは1つ本でも読んでみよう!」

優希「面白い本はあるかなーっと……これにするか。 タイトルは【隣の家の少女】?」

優希「きっと隣の家の女の子を好きになっちゃうみたいな話だな!」

優希「ふふふ、これで優希ちゃんも文学少女だじぇ。 もう子供っぽいとは誰にも言わせん!」

優希「……」ペラッ

優希「……」ペラッ

優希「……」

優希「うーん、字ばっかりで飽きたじょ……もっと面白いのはないのかー?」

優希「【狂鬼降臨】、【問題外科】、【暗い森の少女】、【骨餓身峠死人葛】……」

優希「なんだかタイトルだけで頭が痛くなりそうだじぇ。 最後のなんかタイトル読めないし……」

優希「おっ、漫画みっけ! これなら私も退屈せずに読めそうだじぇ! えーっとタイトルは【ミスミソウ】? 」

優希「タイトルはよくわからないけど漫画なら面白いのは確実だじょ!」

――……

京太郎「ちわーっす」

優希「……」

京太郎「おっ、まだ優希だけか?」

優希「……」

京太郎「優希?」

優希「すいませんすいません、なんか生きててすいません」ガタガタ

京太郎「何があった!?」




【そういうところが好きなんです】

優希「うう、昼間は酷い目にあったじぇ……なんで部室にあんな本があるんだ。 まさか咲ちゃんの趣味じゃないだろうな……」

優希「今日は親も帰ってこないし、眠れなくなりそうだじょ……」


ガタッ!

優希「ひっ!?」

優希「か、風……?」


ガタガタッ!

優希「やあっ!?」

優希「やだやだ……誰かに電話して朝までつきあってもらいたいじょ……」

優希「でも、そんなののどちゃんには怒られるだろうし、咲ちゃんは途中で寝ちゃう気がするし……」


ガタガタガタンッ!!

優希「いやあっ!? ううう……京太郎ぉ……」


ピンポーン

優希「えっ……」


ピンポーン

優希「だ、誰だじょ……? まさか誰かが火をつけに来たとか……ひいっ」

京太郎「おい、優希ー?」

優希「――京太郎?」

京太郎「ふーむ、今日は様子が変だったから見にきたけどもう寝たのか……?」


ドタドタドタッ、ガチャッ!

優希「京太郎!」ガバッ!

京太郎「うおっ!?」

優希「京太郎京太郎……!」ブルブル

京太郎「ど、どうした? なんか怖い夢でも見たのか?」ナデナデ

優希「ううう……」

――……

京太郎「うん、うん……ああ、わかってるって。 じゃあ口裏合わせは頼むな」ピッ

優希「……」

京太郎「家には他のやつの家に泊まるって連絡して、そいつに口裏合わせも頼んどいた」

京太郎「で、部室でも変だったけど何かあったのか?」

優希「……部室で怖い本を読んだんだじょ。 夢にも出てきそうなくらい怖くて、今日は親もいないから……」

京太郎「心細かった、と……そういえば咲の奴がお前と全く同じ状態になった事があったわ」

京太郎「あそこヤバい本が色々あるらしくてさ、全部読んじゃったらしいあいつはもっと酷かった」

優希「そうなのか……」

京太郎「まっ、泊まるまでになったのはお前くらいだけどな」ナデナデ

優希「んっ……」

京太郎「今日は朝まで一緒にいてやるよ、お前が暗いと調子狂うしな」

優希「京太郎……」

京太郎「よし、今日は俺が夕飯作ってやるよ! ちょっとキッチン借りるな」

優希「京太郎は優しいじぇ……」

優希「――そういうところが私は好きなんだ……」

京太郎「なんか言ったか?」

優希「なんでもない!」




【それはとてもシンプルな理由】

京太郎「さて、そろそろ寝るか?」

優希「そうだな……京太郎のおかげで今日は眠れそうだじぇ」

京太郎「それは一安心だ。 じゃあ悪いけどソファー借りるな」

優希「えっ、なんで」

京太郎「なんでって……ソファーにも寝かせてくれないのかよ?」

優希「一緒に寝てくれないのか?」

京太郎「はあ?」

優希「朝まで一緒って言うからてっきり一緒のベッドで寝てくれると思ったのに……」

京太郎「……あのなあ優希。 お前自分がとんでもない事言ってる自覚あるか?」

優希「そう、か?」

京太郎「そうだよ。 いいか、もしそんな台詞を誰彼構わず言おうものなら間違いなくお前襲われるぞ? 」

京太郎「俺はそんな気にならないからまだいいけどな、世の中には色んな趣味のやつがいるんだから……」

優希「……京太郎以外に、こんな事言わないじぇ」ボソッ

京太郎「えっ? お前今なんて……」

優希「いいじゃないか。 京太郎は私を襲わないんだろ? それとも一緒にいてくれるって嘘だったの……?」

京太郎「うっ、そうきたか……はあ、わかったよ」

優希「やった!」

――……

京太郎「……」

優希「……」ドキドキ

優希(京太郎と一緒に寝るなんて夢みたいだじょ。 心臓の音、聞こえてないかな……)

京太郎「なあ、優希」

優希「な、なんだ!?」

京太郎「お前さ、どうして俺と一緒に寝ようなんて思ったんだ?」

優希「えっ……」

京太郎「自分で襲わないとか言いはしたけどさ……」

京太郎「普段の俺って和の事結構そういう目で見てたりするような奴だし、はっきり言ってそういう信用ある気がしないんだよ」

優希「……」

京太郎「お前が俺を信頼してくれてるなら嬉しいけど、どうしてそこまで俺を信用できるのか、ちょっと気になった」

優希「それは……」

京太郎「……悪い、なんか変な事聞いた。 もう寝ようぜ、明日は休みだけど早めに起きた方がいいしな」

優希「うん……」

――……

優希「京太郎、もう寝た?」

京太郎「zzz……」

優希「……さっきの質問の答えだけど、私は別に京太郎なら襲わないとか信頼してるわけじゃないんだじょ」

優希「いや、信用してないわけでもないけど」

優希「ただ、そうただ――」


優希「京太郎なら襲われてもいいって思ってるだけ」

優希「それだけだから……おやすみなさい」



京太郎「……ばかやろ」




【小さな変化、大きな前進】

優希「んっ、朝……?」

優希「あれ、京太郎……?」


京太郎「……」トントントン

優希「京太郎?」

京太郎「あっ……よ、よぉ、おはよう優希」

優希「おはようだじぇ」

京太郎「今朝飯作ってるから顔洗ってこいよ。 あっ、腹減ってると思ってまたキッチン借りたけどいいよな?」

優希「うん、お腹ペコペコだじょ……顔洗ってくる」

京太郎「おう」

京太郎「まっずいなあ……昨日のあいつの言葉聞いたせいか、まともに顔が見られないぞ」

京太郎「はあ、さすがにアレは反則だろ……」

優希「反則って何がだ?」

京太郎「なっ!? は、早いんだな?」

優希「えっ、さっきから数分は経ってるしそんなに早くないだろ?」

京太郎「あっ、そうなのか……そりゃ確かに早くないわ」

優希「京太郎、なんか挙動不審だじぇ」

京太郎「いや、そんな事はないぞ!?」

優希「そうかー?」

京太郎「そうなんだって! いいから向こう行って待ってろ、今朝飯持ってくから!」

優希「はーい」トテテ

京太郎「……くそっ、人の気も知らないで」

――……

京太郎「……ってな事があったわけなんだが、俺はどうしちまったんだと思うよ?」

咲『……』

京太郎「咲ー? 黙ってないでなんか言ってくれよー」

咲『京ちゃんってさ』

京太郎「おっ、なんかわかったのか?」

咲『バカでしょ』

京太郎「はああ!? お前言うに事欠いてそれはないだろ! おいこら待て、まだ話は終わってない、切るなって、おい咲!」

京太郎「切れた……なんなんだよ、もう」




【片岡優希の日記その3】

○月◇、☆日

昨日は京太郎が泊まりに来たから書けなかった分も書く

昨日部室で怖い本を読んだ。
読み終わった後もすごく気分が暗くなってのどちゃん達にも心配をかけちゃった……当分火とボウガンは見たくない。
昨日は親が遠出してて帰ってこないから1人きりで留守番してたけど、すごく心細くて泣きそうになって。
だけど上に書いた通り、京太郎が心配して泊まりに来てくれた。
それからはドキドキしっぱなしで怖いとかほとんど関係なくなってた……
渋られたけどなんとか押し通して一緒に寝られたしいい事づくめだった!

だけど今日の朝、京太郎はちょっと様子が変だった……何かあったのかな?


優希「ふう……京太郎、どうしたんだろ? 心配だじぇ」




【端から見たらわかりやすい】

京太郎「はあ……」

咲「京ちゃん、ため息なんてついてたら幸せが逃げちゃうよ?」

京太郎「ああ……」

咲「聞いてないし」

京太郎「なあ咲……」

咲「どうしたの? この前の事(>>214)でまだ悩んでるの?」

京太郎「最近優希の事が頭から離れない……俺はどうしちまったんだ……」

咲「まだこんな事言ってるよ……あのね京ちゃん、それは京ちゃんが優希ちゃんを好きって事……」

京太郎「それはない」

咲「そこ、はっきりと即答しちゃうんだ……根拠は?」

京太郎「だってあいつは俺の好みとはまるで正反対だし、和みたいに感じる事もないんだぞ?」

咲「うん」

京太郎「そりゃあ、優希だって女の子なんだなー」

京太郎「とは思うようにはなったけど、だからといってそれがイコール好きに繋がるかといったらそれは違うだろ」

咲「……」

京太郎「ああ、もう、なんかモヤモヤすんな……誰かこの気持ちをうまく説明してくれよ……」

咲(それ、和ちゃんへのは憧れで優希ちゃんへの気持ちが恋なんじゃないの?って言ったらすごい事になりそう……)

京太郎「ちくしょう、それもこれも優希があんな事言いやがったのが原因だ……どうしてくれようか、あのタコス娘……」

咲(端から見たら優希ちゃんに恋してるようにしか見えないんだけどなあ。 優希ちゃんは苦労しそうだね、今までもこれからも)

京太郎「はあ……」

咲(ため息つきたいのはこっちだよ、もう……)




【されど互いは気付かない】

優希「はあ……」

和「ゆーき? ため息なんてついて何か悩み事でもあるんですか?」

優希「のどちゃん……私、もうどうしたらいいかわからないじぇ」

和「ゆーきがそこまで言うなんてよっぽどの事があったみたいですね……よかったら聞かせてくれませんか?」

優希「実は……」

――……

和「須賀君に避けられてる、ですか」

優希「今までだって相手にされない事はあったけど避けられるのは初めてで……」

和「確かに、らしくはない気もしますね。 何か避けられる心当たりは?」

優希「うーん、様子が変になったのは京太郎が私の家に泊まった日からだったような……」

和「その時に何かありましたか?」

優希「一緒に寝た以外はいつも通りだったじょ」

和「一緒に寝た!? ゆーき、あなた須賀君とそんな事をしたんですか!?」

優希「えっ、ダメだったかな? 一緒の布団で眠っただけなんだけど……」

和「……それなら、いいんです」

優希「のどちゃん、何を想像したんだ?」

和「何でもありません! とにかく、須賀君がそこを分岐点に変わったとするなら一番可能性が高いのはゆーきを意識しているとか……」

優希「それはないじぇ」

和「根拠はあるんですか?」

優希「だって京太郎の好みと私は噛み合ってないし、それに……」

優希(京太郎が好きなのはのどちゃんだし……)

和「それに?」

優希「なんでもないじぇ……とにかく京太郎が私を意識してるって事はないと思う」

和「そうですか……」

優希「のどちゃん、私何かしちゃったのかな……ぐすっ」

和「そ、そんな事ありません! きっと何か行き違いがあるんだと思います。 だから泣かないでゆーき……」

優希「のどちゃあん……」

和(悔しいですがこれ以上は1人でどうにかできそうにありません……咲さんに相談してみましょう)




【ごく自然に受け入れられた風潮・京太郎の場合その3】

ハギヨシ「須賀君はなかなか筋がよろしいですね」

京太郎「そうですか?」

ハギヨシ「ええ、タコス作りを教えるようになってからまだ時間はたっていないのに随分成長しました」

京太郎「それはたぶん先生がいいからですよ」

ハギヨシ「ふふっ、そう言っていただけるとこちらとしてもお教えしたかいがありますね」

京太郎「これからもご指導よろしくお願いします」

ハギヨシ「もちろん」


京太郎「さて、時間も時間だし帰るとするか」

ハギヨシ「家までお送りしましょう。 車を出しますので少しお待ちください」

京太郎「あ、ありがとうございます! やっぱりハギヨシさんはいい人だなあ」

「あら、そこにいるのは……」

京太郎「あっ、あなたは確か和の対戦相手だった……」

透華「龍門渕透華ですわ」

京太郎「あっ、俺は……」

透華「清澄高校の須賀京太郎、でしょう? ハギヨシの交友関係くらい把握しておりますわ」

京太郎「あっ、そうなんですか……いつもハギヨシさんにはお世話になってます」

透華「別に構いませんわ、最近のハギヨシはいつにもまして楽しそうに過ごしていますもの」

京太郎「楽しそう? ハギヨシさんがですか?」

透華「ええ、正確に言えばあなたに色々指導するようになってから、ですわね」

透華「ここにいるのは女性ばかり、ハギヨシとしても同性の知り合いが出来た事が嬉しいんでしょう」

京太郎「いえ、そんな……」

透華「だからこそはっきりさせておきたい事があります」

京太郎「なんですか?」

透華「あなたはハギヨシと、懇ろな仲なんですの?」

京太郎「」ピシッ

透華「わ、私が気にしているわけではありませんわよ!? 」

透華「ただ屋敷のメイドが噂していましたから、衣の教育によろしくない関係か確かめる義務が私には……!」

京太郎「ないですないです! 俺はちゃんと女の子が好きです!」

透華「それならいいんですわ。 これからもハギヨシと仲良くしてやってくださいな」

京太郎「は、はい」

透華「それでは、ごきげんよう」

京太郎「……すごい事聞かれたぜ」

ハギヨシ「お待たせしました須賀君、行きましょう」

京太郎「あっ、はい」

京太郎(だけど、なんで俺は龍門渕さんの言葉を否定した時……)

『京太郎!』

京太郎(あいつの顔、浮かんだんだよ?)

風潮【須賀京太郎はホモである】




【傍観者達は何を思う】

和「……というわけ、なんですが須賀君はいったいどうしてしまったんでしょうか?」

咲「優希ちゃんはそんな事になってるんだ……そういう意味ではお似合いなのかな」

和「それはどういう……まさか」

咲「うん、間違いないよ。 京ちゃんと優希ちゃんは両思いなのに変なところですれ違ってるの」

和「須賀君は散々邪険にしてきた負い目から今さら自分の気持ちを認められず」

和「ゆーきは須賀君の好みとは違う自分が好かれている自信がない、といったところですか」

咲「たぶんね」

和「なんという……少し話せばあっさり解ける誤解なのに」

咲「それはしょうがないよ、京ちゃんはフレンドリーなのに肝心なところで臆病だから」

和「ゆーきも、これが須賀君でなければ当たって砕ける覚悟も出来るんでしょうね」

咲「苦労するね、お互いに」

和「全くです……ところで、いいんですか?」

咲「なにがかな?」

和「いえ、私の勝手な想像ですけれど、咲さんはそれなりに須賀君を好いていると思ってましたから」

咲「私が、京ちゃんを?」

和「気分を害されたのなら謝ります」

咲「いいよ、気にしないで……そもそもそんな事ありえないし」

和「そうですか?」

咲「うん。 確かに私にとって京ちゃんはお友達だし、一番仲のいい男の子だよ」

和「だけどそれがイコール好きに繋がるかと言ったらそうじゃないと思う」

和「……」

咲「まあ、京ちゃんは単純だし、エッチだし、馴れ馴れしいところもあるし」

咲「髪の毛のせいで軽く見られちゃうし、子供っぽいし、すぐに人をからかってくるし」

咲「わざわざレディースランチのためだけに人を連れ回すし、胸の大きな子にはデレデレしちゃうし」

咲「1つの事に集中しちゃうと周りが見えなくなるし、こういう時へたれちゃうような人だしね」

和「あの咲さん、さすがに言いすぎ……」

咲「――だけど」


咲「悪いところも確かにあるけどそんなの気にならないくらい、いい人でもあるんだよ」ニコッ

和「……!」

咲「だから早く付き合っちゃえばいいのにね、2人共」

和「そう、ですね」

和(あなたは、本当にそれでいいんですか咲さん……)

咲(……)




【まだ賽はふられてない】

優希「京太郎、今日の放課後……」

京太郎「き、今日は俺用事あるから!」

優希「あ……」


京太郎「くそっ、なんでこんな事になったんだ……」

「そうねぇ、天罰ってやつじゃないかしら?」

京太郎「それじゃあ俺が何かしたみたいじゃないですか」

「自覚ないの? 優希もかわいそうね」

京太郎「そんなの――」

京太郎(ん? ちょっと待て、俺さっきから誰と話して……)バッ

久「お疲れ様、須賀君。 なんか大変な事になってるみたいね」

京太郎「竹井先輩……別にそんな事は」

久「須賀君は嘘が下手ねぇ。 その顔見て何もないなんて信じられるわけないじゃない」

京太郎「……そんなに酷いですか?」

久「今にも死にそうね……ここは1つ元部長に相談してみない?」

京太郎「……実は」


久「へえ、優希がそんな事を言うなんてねえ」

京太郎「あんな事言われたらこれからどう接していいのか……」

久「あら、話を聞く限り簡単だと思うけど」

京太郎「えっ」

久「だって優希は須賀君が好きで、須賀君も優希が好きなんでしょう?」

京太郎「あの、俺の話聞いてました? あいつを好きとかそういうのじゃないって……」

久「須賀君、私にはあなたがそう言い聞かせるふりをして、優希と自分の気持ちを見ないようにしてるようにしか見えないわよ」

京太郎「なっ……」

久「和の時とは違う、だから自分は優希を好きじゃありませんって自分で言ってる事おかしいと思わない?」

京太郎「っ……」

久「好みが正反対なんてそれこそ根拠にもなってない愚論よ」

久「世の中の人が全員自分の好みと完璧に一致する人しか好きにならないなんて、和じゃないけどそんなオカルトありえません」

京太郎「う、ぐっ」

久「まあ須賀君は優希のアピール散々無下にしてきてるし、気まずいのかもしれないけど……」

久「いつまでも優希の好意に甘えるのはよしたら?」

京太郎「俺は!」

久「いいから黙って聞きなさい。 須賀君、ヒントをあげる……自分以外の誰かと優希が付き合ってるところ想像してみて」

京太郎「えっ」ズキッ

久「デートして、あの子が笑顔で好きって言って、言われて照れて、手を繋いで……」

京太郎「あ、つう……!」ズキッ、ズキッ


久「腕を組んで、キスして、最後にはその身体をあなた以外に襲われてもいいって……」

京太郎「やめてくださいっ!!」




【持つものにないもの、持たないものにあるもの】

優希「京太郎、今日の放課後……」

京太郎「き、今日は俺用事あるから!」

優希「あ……」


優希「どうしてこんな事になっちゃったんだじぇ……」

まこ「元気ないのう、優希」

優希「あっ、染谷先輩……」

まこ「何があったかはわからんが、いつも元気なお前さんがそこまで落ち込んどるいう事は今逃げていった奴が関係しとると見ていいか?」

優希「……」コク

まこ「もしよければ悩みを詳しく聞かせてもらえんか?」

優希「……わかったじょ」


まこ「なるほどのう。 それは確かに不安にも感じるじゃろうな」

優希「私どうしたらいいかもうわからないじぇ……」

まこ「しかし優希、なぜ京太郎のやつがおんしを好きだという可能性を最初から否定するんじゃ?」

優希「だって京太郎はのどちゃんが……」

まこ「確かに京太郎が麻雀部に入った目的は和じゃし、そう思う気持ちはわからんでもないが……じゃが本当に可能性はないのかの?」

優希「えっ……」

まこ「わしはな優希、お前さんが次にツモれる聴牌をわざわざ崩しにいってるように見えるんじゃよ」

優希「聴牌をわざわざ……?」

まこ「そうじゃ。 色々な客を見てきた身から言わせてもらうなら京太郎はお前さんを好いとると思う」

優希「京太郎が、私を……」

まこ「優希、確かにお前さんになくて和が持っているものはたくさんあるじゃろう」

まこ「じゃがそれは逆もしかり、優希にあって和にないものだって同じくらいたくさんあるんじゃ」

優希「のどちゃんになくて、私にあるもの」

まこ「そうじゃ、優希はそれで勝負すればいい」

まこ「たとえどんなに削られても、心を支える点棒が尽きなければお前さんは戦えるはずなんじゃ」

優希「……」ギュッ

まこ「優希、わしの言葉をどう捉えるかはお前さん次第じゃ。 それを踏まえた上でどうしたいか決めんしゃい」

優希「私、私は……京太郎と一緒にいたい。 今みたいなのは、もう嫌だ!」

まこ「ならどうすればいいか、わかっとるな?」

優希「……ありがとう、染谷先輩! 私、いってくるじょ!」タタタッ

まこ「……頑張れよ、優希」


優希「はあ、はあ……」

優希「京太郎、私は決めたじぇ……私は、今日お前に告白す――」


咲「それは通らないよ、優希ちゃん」ゴッ




【もう自分に嘘はつかない】

久「やめてください、ねぇ……どうしてかしら?」

京太郎「それはっ……」

久「あなたは優希を好きじゃないんでしょう? だったらあの子が誰と付き合う事になろうと文句は言えないはずよ」

京太郎「それとも、何か心境に変化でもあったのかしら?」

京太郎「お、俺は……」


優希『私は片岡優希! よろしくな京太郎!』

優希『初心者が私に勝とうなんてまだまだ甘いじぇ!』

京太郎(あいつは、出会った時から偉そうで、その癖ちょっと気に入らない事があるとだだをこねて)

優希『京太郎! 私はタコスを所望する!』

優希『そこにいる全員にタコスを食べさせるのだ』

優希『よくやった! お前は使える犬だ!』

京太郎(人を使いっぱしりにして散々振り回す、まるで子供みたいなやつ)

優希『京太郎京太郎……!』

優希『……京太郎以外に、こんな事言わないじぇ』

優希『京太郎なら襲われてもいいって思ってるだけ』

京太郎(だけど間違いなく優希は女の子で、そんなあいつを俺は、俺は――)

京太郎「いや、です」

久「何が?」

京太郎「俺は、優希を誰にも渡したくないです。 あいつの笑顔も照れた顔も独占してしまいたい」

久「どうして?」


京太郎「俺は、優希が好きだから」


久「……手間がかかるんだから」

京太郎「すいません」

久「謝るくらいならさっさと告白でもしてきちゃいなさい! あなたのお姫様が待ってるわよ?」

京太郎「そうですね……俺、学校に戻ります!」

久「行ってらっしゃーい……本当に、ややこしいくらい素直になれないんだから、【3人共】」


京太郎「戻ったはいいけどあいつどこにいるんだ? しらみつぶしに捜すしか……」

和「何をしてるんです」

京太郎「和! ちょうど良かった、優希を見なかったか?」

和「……教えるのは構いませんがその前にいいですか?」

京太郎「お、おう」

和「――今度ゆーきをこんな形で傷つけたら私はどんな手を使ってでもあなたとゆーきの仲を引き裂きます」

京太郎「……!」ゾクッ

和「私が言いたいのはそれだけです……ゆーきは屋上に行きましたよ」

京太郎「和」

和「なんですか?」

京太郎「優希を大切に思ってくれてありがとうな。 お前のそういうところも好き【だった】よ!」タタタッ

和「……」

和「ゆーきを、お願いします須賀君」




【たとえ今は勝てなくても】

優希「咲、ちゃん」

咲「優希ちゃん……今のあなたを京ちゃんの所に行かせるつもりはないよ……」

優希「な、なんでそんな!」

咲「優希ちゃん、私ね京ちゃんの事をとっても大切な友達だと思ってるの」

優希「……」

咲「だからね、京ちゃんがもし不幸になるのなら私はそうさせる人を認めない」

優希「私がそうだって言いたいのか?」

咲「どうかな……優希ちゃん、あなたは京ちゃんをどれだけ知ってる、理解してる?」

優希「……」

咲「私は京ちゃんの悪いところを10はあげられる、だけどいいところならその倍以上あげられる自信があるよ」

咲「優希ちゃんはなんで京ちゃんが好きなのかな? 」

咲「もし京ちゃんがわがままを聞いてくれる便利な存在だから、なんて欠片でも思ってるのなら……」ゴッ

優希「っ!」

咲「――私は全力で優希ちゃんを排除するよ」

優希(咲ちゃん、もしかして……)

咲「それで? 優希ちゃんはどれだけ京ちゃんを理解してるかな?」

優希「……咲ちゃんには勝てないじょ」

優希「私は京太郎と出会ってまだ半年くらい、どうしても咲ちゃん以上に京太郎を理解なんて出来てない」

咲「そう……」

優希「だけど!」


京太郎『須賀京太郎、よろしくな優希』

京太郎『うおおっ、初心者相手に容赦ねえ!?』


優希(初めて出会った時からわかってた。 目の前の男子はのどちゃんがお気に入りなんだって)


京太郎『またかよ、お前タコスで身体が出来てんのか?』

京太郎『しょうがねえな……タコスを食わせればいいんだな?』

京太郎『犬って……』


優希(どうしようもなく鈍感でスケベで馴れ馴れしい奴)


京太郎『ど、どうした? なんか怖い夢でも見たのか?』

京太郎『今日は朝まで一緒にいてやるよ、お前が暗いと調子狂うしな』

京太郎『よ、よぉ、おはよう優希』


優希(それでも私は京太郎が好きなんだ)

優希「今は咲ちゃんに勝てなくてもいい、私はいつか必ず京太郎の理解者になる!」

咲「!」

優希「咲ちゃんが京太郎のいいところを20出すなら私は30あげられるようになってみせるじょ! だから咲ちゃん……私を行かせて!」

咲「――良かった」

優希「えっ?」

咲「優希ちゃんは本当に京ちゃんを想ってくれてるってわかったから。 行って、京ちゃんは屋上にいるはずだよ」

優希「咲ちゃん……ありがとう」タタタッ




【その嶺に花は咲かない】

咲「……あーあ、本当に世話の焼けるカップルだなあ」

咲「これは今度しっかりお礼してもらわないとね」

咲「……」


京太郎『えっと俺、須賀京太郎って言うんだ。 よろしく宮永さん』

京太郎『うーん、なんか友達にしてはよそよそしいよな俺達……』

京太郎『よし、これから宮永さんの事は咲って呼ぶからそっちも京太郎って呼んでくれよ!』

咲(……そう、これで良かった)

京太郎『まだ須賀呼びかよー……じゃあなんなら呼べるんだ?』

京太郎『き、京ちゃん? それはちょっとハードルが高いんじゃないかなー……ああ、わかったわかったから泣きそうな顔するなって!』

咲(じゃあなんで、私は今こんなに胸が痛いんだろ、泣きたいんだろ……)

京太郎『咲は高校どこにするんだ? 清澄か……じゃあ俺もそこにするわ』

京太郎『咲を1人で行かせたら大変な事になりそうだからな!』

京太郎『怒るなって、ジョークジョーク!』

咲(あ)

京太郎『咲、ノートありがとうな』

京太郎『咲、レディースランチを恵んでくれ!』

京太郎『咲、これからもよろしくな』


咲(そう、だったんだ)


和「咲さん、こんな所にいたんですか?」

咲「……」

和「咲、さん?」

咲「和ちゃん、私……」


咲「――京ちゃんの事、好きっ、だった……みたい」ポロポロ


和「咲さん……」

咲「あは、ははは……京ちゃんを散々鈍感とか言ってたくせに、私も気づいてなかったんだ、自分の気持ち……!」ポロポロ

和「……」

咲「よく考えてみたら私、京ちゃんと同じような言い訳してたよ……なに、やってるんだろうね?」ポロポロ

和「咲さん……」ギュッ

咲「今さらわかってもさあ! もう私はスタートラインにすら立てないんだよ! 」

咲「やましい心がないのかって優希ちゃんを邪魔したくせに、誰よりも私がやましい心を持っちゃってる!」ポロポロ

和「もういいです、もういいですから……!」

咲「なんで今頃わからせるの!? なんで何もかも手遅れになった後で、こんな気持ちに気付かせたの……」

和「咲さん、いいんです。 苦しまなくていいですから……思いっきり気持ちを吐き出してください」

咲「やだ、やだやだやだあ! 京ちゃんを渡したくない、私だって京ちゃんに見てほしいよぉ……!」

和「……」ナデナデ

咲「うわああああああんっ!!」




【花が散った日、風が吹いた日】

優希「はあはあ……あれ、京太郎いない……」


ガチャッ

京太郎「あっ」

優希「あっ」

京太郎「……よぉ」

優希「……なにしてたんだ、バカ」

京太郎「バカな自分に喝を入れてた。 悪かったな、待たせちまって」

優希「別に、待ってないじぇ」

京太郎「今って意味じゃなくて、もっと前からって意味だよ」

優希「……」

京太郎「俺さ、やっとわかったんだ……」

優希「なに、を」

京太郎「俺、お前に惚れてる」

優希「あ……」

京太郎「好きなんだよ優希、お前の事が」

優希「……」ポロ

京太郎「えっ」

優希「ふっ、ひっく、っ……」ポロポロ

京太郎「えっ、えっ!? な、なんで泣くんだよおい!」

優希「だって、京太郎は私の事、見てくれなかったし、何しても相手にしてくれないし……!」

京太郎「……ああ、そうだったな」

優希「みんなに言われても、私不安でっ、怖くてっ……」

京太郎「ごめんな、不安にさせて……」

優希「わ、私も京太郎が好き、好き、好きだじぇ……!」

京太郎「そうか……」

京太郎「だったら俺と――」

優希「だから私と――」


京太郎・優希「――付き合ってください」


久「あっ、まこ? これから空いてないかしら? うん、うん……ええ、私達でもう1人のお姫様を慰めてあげたいのよ」

まこ「了解じゃ、じゃあ迎えに行くか……わしらで頑張ったなって言ってやらんとな」


和「あっ、先輩方。 はい、ありがとうございます……ええ、泣き疲れて眠っちゃってますから移動はタクシーにしましょう」

咲「京、ちゃん……すう、すう……」


京太郎「……帰るか、行こうぜ優希」スッ

優希「うん!」ギュッ

京太郎「さて、これからどうするかね……」

優希「京太郎」

京太郎「なんだ?」

優希「だーい好きだじぇ!」ニコッ




【須賀京太郎と片岡優希の日記】


○月◎日
今日は俺にとって色々激動の1日だった。
なんせ初めての彼女が出来た日だからな!
竹井先輩には感謝してもしきれないぜ……今度お礼しないと
それにしても俺が優希と、か……今でも少し信じられない気もするけど夢じゃないんだよな……
頑張ろう、あいつの彼氏だって恥じる事なく胸を張れるようにな

京太郎「今日は本当に色々あったなあ……」

京太郎「彼女、か……く、くくっ、やべえ、にやけが止まらねえ!」

京太郎「ふう……優希、何してんのかな」


○月◎日
き、き~~~~(波線部分は文字が滲んでよく読めない)
今日京太郎と付き~~事になったた
ま、まだま手を~~~らいだどいずれは~~~
相談にのってくれたのどちゃん、背中を押してくれた染谷先輩、そして咲ちゃん、ありがとう

優希「うわああ、前半部分が酷い事になってるじぇー!」

優希「ううう……今でも心臓がドキドキ言ってるじょ」

優希「京太郎もドキドキしてくれてるのかな……」


番外【ごく自然に受け入れられた風潮被害・和の場合】


咲「――京ちゃんの事、好きっ、だった……みたい」ポロポロ

和「咲さん……」

和(ああああ!! 咲さん咲さん咲さん、泣き顔も素敵です、美しいです!)

咲「あは、ははは……京ちゃんを散々鈍感とか言ってたくせに、私も気づいてなかったんだ、自分の気持ち……!」ポロポロ

和「……」

和(だけど咲さんを泣かせた罪は許しませんよ、2人共……!)

咲「よく考えてみたら私、京ちゃんと同じような言い訳してたよ……なに、やってるんだろうね?」ポロポロ

和「咲さん……」ギュッ

和(よっしゃあああ!! 自然に咲さんに抱きつけたあああ! 咲さんの髪の匂いクンカクンカ! 涙もペロペロしたいですう!)

咲「今さらわかってもさあ! もう私はスタートラインにすら立てないんだよ!
やましい心がないのかって優希ちゃんを邪魔したくせに、誰よりも私がやましい心を持っちゃってる!」ポロポロ

和「もういいです、もういいですから……!」

和(今はあんな男より私の感触を感じてくださいよ! ああ、忌々しい男、早くこの手で八つ裂きにしてやりたい!)

咲「なんで今頃わからせるの!? なんで何もかも手遅れになった後で、こんな気持ちに気付かせたの……」

和「咲さん、いいんです。 苦しまなくていいですから……思いっきり気持ちを吐き出してください」

和(一番吐き出してほしいのは私への愛なんですけどね!)

咲「やだ、やだやだやだあ! 京ちゃんを渡したくない、私だって京ちゃんに見てほしいよぉ……!」

和「……」ナデナデ

和(だけどこれで邪魔者は消えました、後は私がじっくり咲さんを……2人への天誅はその後にしましょう……)

咲「うわああああああんっ!!」

和(ふふふ!)


――……


久「……なんて考えてたりしてね、あはは」

和「今すぐ卓に座りなさい部長! 麻雀で泣かせて差し上げます!!」

まこ「お、落ち着くんじゃ、和!」

和「私がそんな事を考えるわけがないでしょう! だいたい須賀君はゆーきの大切な……あ」

咲「……」

和「あ、あの咲さん、その……」

咲「大丈夫だよ、和ちゃん。 あの時泣かせてもらって少しスッキリしたから……」

和「咲さん……」


風潮【原村和は咲狂いで結ばれるためには平気で周りや親友の優希すらも踏みにじる】




番外【ごく自然に受け入れられた風潮被害・咲の場合】

咲「やだ、やだやだやだあ! 京ちゃんを渡したくない、私だって京ちゃんに見てほしいよぉ……!」

和「……」ナデナデ

咲「――あっ、そうだあ」

和「えっ」

咲「そうだよ……なんで気づかなかったんだろう……ふふふふふ」

和「さ、咲さん……?」

咲「京ちゃんと結ばれないなら優希ちゃんを排除すればよかったんだあ……」

和「さ、咲さん!? 何を……」

咲「カン」ドグシャア!!

和「あうっ!?」

咲「ごめんねぇ、和ちゃん……私これから京ちゃん、優希ちゃんと麻雀をしてこなきゃいけないから」

咲「待っててね京ちゃん……優希ちゃんを消したら、その心を壊して家で大事に大事に飼ってあげるからね!」

和「ゲホッ、ゲホッ、咲、さん……」ガクッ

咲「あっはははははははは!!」

――……

久「咲はこれくらいアグレッシブでも……」

咲「それもうアグレッシブじゃないですよ!」

和「ただの頭おかしい人じゃないですか!」

まこ「あんたは何がしたいんじゃ……?」

久「んー、さすがにやりすぎたか。 まあ、でもこれで少しは気が紛れたんじゃない?」

咲「えっ……」

久「すぐに吹っ切れなんて言わない、でも少しずつこの失恋を乗り越えていきましょう……」

久「咲は泣き顔もかわいいけど笑顔の方がもっとかわいいんだから」ナデナデ

咲「部長……」

久「ふふっ、私はもう部長じゃないわよ?」

まこ「ええじゃないか、わしを含めた麻雀部員達にとって部長はやっぱりあんたなんじゃよ」

久「しょうがないわねぇ……これじゃいつまでも卒業ができないじゃない」

咲「ごめんなさい……」

久「謝らなくていいわ。 じゃあ卒業までは頑張って先輩やらせてもらおうかしら?」

まこ「今だって入り浸ったとるじゃろうが……」

久「まあね!」

和「……いい話にしようとしてますが、私はさっきの妄想を許す気はありませんよ?」

久「あはは、別に打つのは構わないわよ? 泣かされるのは和かもだけどね」

和「言いましたね!」

久「まこと咲も入りなさい! 今日は徹夜で打ちまくるわよー!」

まこ「しょうがないのう、じゃあちょっくら揉んでやるか!」

咲「……」

咲(みんな、私を元気づけようとしてくれるのがわかる……嬉しいなあ)

和「咲さん?」

咲「あっ、今行くよ!」

風潮【宮永咲はヤンデレ魔王】




【新しい1日の始まり】

優希「……んふぁ……よく寝たじぇ」

優希「……」パカッ

  『須賀京太郎:グループ……恋人』

優希「……夢じゃない」

優希「えへ……へへへへ///」コロン

優希「私、もう京太郎の彼女なんだ……」コロコロ

優希「にやけが止まらないじぇー!」コロコロコロコロ


ドサッ!

優希「あいたっ!?」


優希「えっと……あっ、いた! 京太郎! お、おはよう!」

京太郎「ああ、おはよう優希」

優希「待っててくれたのか?」

京太郎「まあな。 一緒の登下校とかいかにも恋人っぽいだろ」

優希「こ……」

京太郎「な、なんだよ」

優希「は、恥ずかしい事言うな、バカ!」

京太郎「べ、別に恥ずかしくないだろ! 本当の事、なんだからよ」

優希「そういうのが恥ずかしいって言ってるんだじょ!」

京太郎「……んだよ、じゃあお前には俺達の関係は恥ずかしい事なのか?」

優希「えっ、そ、そんなんじゃ……」

京太郎「ふーん、いいよいいよ。 俺は恥ずかしいなんて別に思ってなかったんだけどお前がそう思うなら、俺達合わないのかも……」

優希「そ、そんな……ちょっと待って! 私はそんなつもりは……あれ?」

京太郎「くっ、くく……」

優希「……おい」

京太郎「お、お前がまさかそんな……ちくしょう、かわいいじゃねえか!」

優希「このやろ! よくも人を笑い物にしたなあ!」

京太郎「ははは! せっかくつき合えたのに俺が合わないのかもなんて考えるかよ!」

優希「むうう……!」

京太郎「ほら、さっさと行こうぜ。 学校遅刻しちまうからな」

優希「……おりゃ!」ギュッ

京太郎「のわっ! 優希、お前何を……」

優希「さっきのはどうしても許せん! 罰として私を背負って学校に行くのだ!」

京太郎「は、離れろよ!」

優希「いーやーだー! おやおや、京太郎……顔がなんだか赤い気がするじょ」

京太郎「なあっ!?」

優希「ふふん、私の魅力的なボディにメロメロになってきたんだな! よしよし、たっぷり堪能させてやろう!」ギュウッ

京太郎「うおおお、やめろぉ!」スタタッ!

優希「あはははは、早い早い! そらそら超特急で行くのだー!」

京太郎「ちくしょうううう!!」




【須賀京太郎の女子力】

優希「お昼だじぇ!」

京太郎「屋上は風が気持ちいいもんだなー……そういえば他に誰か誘ったか?」

優希「のどちゃんや咲ちゃんは部長達とどこか行ったらしいじょ」

京太郎「ふうん、じゃあ今日は2人きりってわけか」

優希「そういう事だな! さあ、存分にいちゃつこうじゃないか!」

京太郎「じゃあ食べさせあいでもするか?」

優希「」

京太郎「あれ? おーい優希?」

優希「……はっ!」

京太郎「おっ、戻ってきたか」

優希「ま、また変な事を……」

京太郎「いちゃつこうって言いだしたのはお前じゃん」

優希「そ、そうだけど……」

京太郎「まあ、それは後でにするとして弁当食うか」

優希「弁当? なんだ京太郎、お弁当を作れたのか?」

京太郎「お前のために料理勉強したんだからな……少し食うか?」

優希「もちろんいただくじぇ!」

京太郎「おう、食え食え」

優希「おっ、タコさんウインナー! タコめしにタコのやわらか煮、タコの和え物もあるじぇ!」

京太郎「須賀京太郎特製タコ尽くし弁当だ! とくとご賞味あれ!」

優希「いただきまーす! モグモグ……」

京太郎「どうだ?」

優希「うまい! よくやるじゃないか京太郎!」

京太郎「そうかそうか! まだまだあるからたくさん食べていいからな」

優希「言われずとも!」

京太郎「さて俺も食うか。 うん、我ながらよくできた!」

優希「タコスにタコ料理に幸せなご飯だじぇー♪」

京太郎「これはまだまだ改善出来るか……メモっとこ」

優希「……」

京太郎「ん、どうした?」

優希「なんでもないじぇ」

優希(なんだろう……美味しいんだけどなんか女子力的な意味で負けた気がするじぇ。 私も作れた方がいいのか……?)

京太郎「今度はタコライスでも作るかー」

優希(……でもとりあえずは今目の前にあるお弁当に集中するじぇ!)

優希「タコさんウインナーいただき!」

京太郎「おおい!? 人のまで取るなよ!」

優希「早い者勝ちだじょ! お弁当うまー!」

京太郎「ええい、やめんか! このタコ好き娘がー!」




【最後のわがまま】

京太郎「部活、行くかあ」

優希「相談したんだし、みんなに報告した方がいいのか?」

京太郎「どうだろうなあ……聞かれたら答えるって感じでいい気もするけど」

優希「じゃあ私はのどちゃんと染谷先輩には言っておくじょ」

京太郎「だったら俺は部長と咲に……」

優希「京太郎、その事なんだけど……」

――……

京太郎「ちーっす」

優希「来たじぇ!」

咲「あ」

優希「あ」

京太郎「なんだ、咲だけか?」

咲「う、うん……」

京太郎「そうか、じゃあ俺は出とくわ」

咲「えっ、京ちゃん?」

京太郎「優希、とりあえずみんな来たら止めとくから」

優希「……頼んだ」

京太郎「任された」ガチャッ、バタンッ

咲「あ、あの優希ちゃん?」

優希「咲ちゃん……私、京太郎と付き合う事になったじょ」

咲「あっ……そ、そうなんだ、よかったね!」

優希「……1つ聞きたいんだけど、もしかして咲ちゃんもだった?」

咲「えっ、あっ…………うん」

優希「やっぱり、そうだったんだ」

咲「気付いたのは……優希ちゃんを行かせた後、だったけどね」

優希「はは、まるで京太郎みたいだじぇ」

咲「自分でも、そう思うよ」

優希「咲ちゃん」

咲「なに、かな?」

優希「ごめんとは、言わないじょ。 京太郎が好きな気持ちに関しては咲ちゃんに負けてるつもりはないから」

咲「うん……私も謝ってほしくはないかな」

優希「だから、その、言いたいのは1つだけ……ありがとうだじぇ、咲ちゃん」

咲「うん……ねえ優希ちゃん、私友達としてだけど優希ちゃんが好き」

咲「だから甘い考えかもしれないけどこんな顔色窺うみたいにギクシャクしたくない」

優希「私も、咲ちゃんは大好きな友達だから……ギクシャクなんてイヤだじぇ」

咲「だから優希ちゃん、もしよかったら1つだけ私のわがまま、聞いてくれる?」

優希「わがまま?」


咲「――今度、京ちゃんの家に一緒に泊まってくれないかな?」

優希「えっ……えええええっ!?」




【須賀京太郎と片岡優希と???の日記】

◆月○日
俺の知らない間に何が起こったか、優希と咲が今度泊まりに来る事になった。
しかもいつの間にか家にも許可を取ってたらしいし……
いったいどういうつもりなんだ、2人して?

京太郎「……なんなんだろうな、本当に」

京太郎「わからねー、女の子の考える事なんて全くもってわからねー」

京太郎「……寝よ」


◆月○日
今日、咲ちゃんと話して1つの計画を立てた。
最初に一緒に京太郎の家に泊まろうと言われた時はビックリしたけど、咲ちゃんを見たら断るなんて選択肢にもなかった。
今度の休みは忙しくなりそう……

後お昼に食べた京太郎のお弁当になんだか女の子として自信がなくなったのはここだけの秘密


優希「咲ちゃん……」

優希「……寝るじぇ」


◆月○日
今日優希ちゃんに最後のわがままだってお願いをした。
それは優希ちゃんと一緒に京ちゃんの家にお泊まりする事……優希ちゃんは驚いてたけどすぐにいいって返事をくれた。
ありがとう優希ちゃん……私、頑張るからね。


咲「……これで、きっと私は吹っ切れるよ」

咲「京ちゃん……」