咲「ねえ京ちゃん。節句、寿司、太陽を切らずに言ってみて」

京太郎「…?まあいいか。節句寿司太陽。これでいいか?」

咲「いいよ、じゃあしよっか!」ヌギヌギ

京太郎「いやいや待て待て!なんで脱いでんだよ!?」

咲「え、だって京ちゃんさっきセックスしたいようっていったでしょ?」

京太郎「は、嵌められたー!!」

咲「やだ…//ハメるのは京ちゃんでしょ!///」バシッ

京太郎「ざんねん!わたしのじんせいはここでおわってしまった!!」


カンッ