ポッキープ、リッツの日らしいので...


京太郎「今回も俺の出番は無いんですか?」

リッツ「ごめんない。どうしても女子のIHだと描写し辛くて」

京太郎「1コマ!1コマだけでもいいんです!」

リッツ「控え室の描写も構図が決まってるから今からじゃ無理よ」

京太郎「じゃあ、俺は次はいつ出られるんですか?」

リッツ「しばらく無理ね。じゃあモブでもいいならチャンスをあげる」

京太郎「ありがとうございます!ありがとうございます!」

リッツ「ただし、勝負に勝てたらね」

京太郎「勝負...ですか?まさか麻雀...?」

リッツ「流石にそれじゃあ、アナタに勝ち目が無いでしょう?ポッキーゲームよ。使うのはプリッツだけどね」

京太郎「ポッキーゲームってあの?」

リッツ「最後まで逃げなかった、折らずに食べきれたらアナタの勝ち、少しだけどアナタの出番を用意してあげる」

京太郎「負けた場合は...?」

リッツ「私がお父さんを見つけるまで、出番はお預け。あんまり今と変わらないと言えば変わらない。どちらを選ぶかはあなた次第」ざわ ざわ

(まぁ、スケベだけどフェミニンなアナタは負けてくれるよね)

京太郎「...わかりました。チャンスを下さい。」

リッツ「ハイ、じゃあ私が咥えるから...ん」(スタートしなさい)

京太郎「行きます!」サクサクサクサク

リッツ「!」(えっ)

京太郎「」サクサクサクサク

リッツ「」(えっ?えっ?えっ?)

京太郎「」サクサクサクサク

リッツ「」(ダメッ!)ポキッ

京太郎「...やった!やりました!約束は守って下さいよ!」

リッツ「(ムカッ)貴方の気持ちはよくわかった。約束も守ります。」

京太郎「で、どんな出番なんですか?教えて下さいよ!」

リッツ「出番なんてない!父さんの見つかるまでな!」

京太郎「約束守るって言ったのに!鬼!悪魔!」

リッツ「アナタは勘違いしてる。私は『逃げなかった、折らずに食べきれたら』と言ったの」ざわ ざわ

京太郎「だから、逃げずに食べきった..,」

リッツ「そうね、でも折れたでしょ?アナタの勝利条件は『逃げない』『折らずに食べきる』だったの」

京太郎「あ...あぁ....」グニャー

リッツ「アナタもまだまだね」

京太郎「そんな...そんなぁ...逃げ無かっだのにぃぃい!!!」

リッツ(だからよ朴念仁!)「まぁ、IHが終わったり、私がお父さんと会えたら出してあげるから」

京太郎「えっ?」

リッツ「アシスタントと、お父さん探すのこれからもずっと手伝ってよね!」

カンッ!

リッツはムダヅモ仕様で想像してください。