京太郎「ほれあーん」

淡「あー……まぐ。ん~♪ きょーたろーまた腕を上げたね!」

京太郎「なんでほんのり上から目線? てかこの体勢は食べづらくないか」

淡「やーだーここがいいー」パタパタ ←淡on京膝

京太郎「パタパタすな。ほら次何食う?」

淡「アスパラベーコン!」

京太郎「おお、自らアスパラに行くとは成長したな」

淡「きょーたろーのおいしいもん」

京太郎「前は「凝縮された森」とかなんとか言ってたのになぁ」

淡「む……それブロッコリーの時だよ」ムスーッ

京太郎「わかってるよ。アスパラは「ツクシのお化け」だろ?」ナデナデ

淡「にへ~♪ その通り!」

京太郎「淡の言ったことは何でも覚えてるぞ。初対面の時なんか俺の顔見るなり──」

淡「あわわわわ!? それは覚えてなくていいよ!」

京太郎「いやぁ、あれはへこんだなぁ」シミジミ

淡「うぅぅ……きょーたろーのいじわる……」シクシク

京太郎「はは、悪い悪い。ほれあーん」

淡「あーん。まぐまぐ」←条件反射

京太郎「どうだ?」

淡「美味しい! さすがきょーたろー!」パタパタ

京太郎「パタパタすな」

淡「あっ、そうだ! きょーたろー箸貸して!」ピョコン

京太郎「おう、どうした?」

淡「えっへっへー、はいあーん♪」

京太郎「あーん」←条件反射

京太郎「ん。淡に食べさせてもらうとより美味いな」

淡「ふふーん、当然!」

京太郎「なんで自慢気なんだろうねこの子は」ナデナデ

淡「あわ~♪」



照「……」ギュルギュル

菫「……もしもし壁殴り代行サービスですか?」

誠子「二人とも落ち着いて下さい!?」

尭深(お茶に合う甘さ……)ホノボノ



カンッ