塞「おしるこできたよー」

京太郎「あっ、すいません手伝わずに」

塞「いいんだよ、須賀君はお客様なんだから」

塞「……はぁー、でもコタツ出しといてよかったぁ」

京太郎「急に寒さが増してきましたからねぇ。おしるこいただきます」

塞「どうぞー♪」

京太郎「ん、甘。それにしても時期的に早くないですか?」

塞「いやいや、おいしいものはいつ食べてもおいしいものだよ」

京太郎「それもそうですね」

塞「そういえば長野はそばがき汁粉っていうのもあるんだっけ?」

京太郎「よく知ってますね。でも残念ながら食べたことはないんですよ」

塞「じゃあ今度二人で食べに行こうか」

京太郎「そうですね、そうしましょう」

塞「ふふっ、デートだね?」

京太郎「んぶっ!」

塞「狼狽えちゃってかわいい~♪」

京太郎「さ、塞さぁん!」



続かない