成香「リーチです!」

玄「わわっ、早いですね成香さん」

成香「手が素敵に入りましたので!」

京太郎「平和だなあ……」

恭子「これや、私が求めてたんはこういう麻雀なんや……」

京太郎「ドラは来ませんけどね」

恭子「……ま、まあこのくらいなら許容範囲内やから」カタカタ

京太郎「ああ、またカタカタしてますよ末原先輩……ちょっとお茶入れてきますね」

恭子「誰のせいや、誰の……莉子ちゃん、それロンや!」

莉子「!?」ビクッ

恭子「チートイ、6400……あっ」

莉子「チートイ、6400……うわあああああんっ!!」

恭子「あ、あかん、やってしもうた……す、須賀ー!」

京太郎「はいはい、どうしました……ってまた莉子に6400点のチートイぶつけたんですか!?」

恭子「ご、ごめんな?なんかこの子と打ってるとチートイになりやすうて……」

莉子「ひっく、ひっく……」

京太郎「……カン」ボソッ

恭子「ひっ!?」ビクッ

京太郎「追っかけるけどー」ボソッ

恭子「あわ、あわわわわ……」カタカタ

京太郎「永水のおっぱい巫女」ボソッ

恭子「普通の麻雀、させてえな……」カタカタ

咲「こんにちはー……」

京太郎「あっ」

恭子「み、宮永ぁ!?」カタカタ

咲「ひっ、末原さん!?」カタカタ

京太郎「あー……どうしようこれ」