淡「京太郎京太郎」

京太郎「ん?」

淡「それぴらーん」たくし上げ

京太郎「おまっ!?」

淡「よく見てよー、全部はあげてないよー?」

京太郎「……あぁ、確かにふとももくらいしか、いや何やってんだよお前」

淡「京太郎が見たそうだったから見せてあげようと思ってねー?もっと上げようか?」

京太郎「いやいや、さすがに誰か来たらまずいしもう下ろせって」

淡「そう言われたらあげたくなるんだよね!」

淡「ほーら、ゆっくりゆっくり上がっていくー」

京太郎「……そういや白糸台の夏服って結構スカート長いよな?」

淡「うん?そだね。だからたくし上げがしやすいね。ほーらもう少しでパンツが…」

京太郎「……普段隠れてるけど、お前ふとももも結構いいな」

淡「へっ?」

京太郎「太いって訳じゃないけど、こう、触ったらほどよく柔らかそうで……」

淡「や、やめてよ!もうやめ!!」赤面&たくし上げ終了

京太郎「なんだ、今更恥ずかしくなったのか?」

淡「京太郎が変なこと言うから!!」

京太郎「ま、これに懲りてもうああいうことはやめとくんだな」

淡「うー」

ガチャ

菫「なんだ、淡と京太郎がいたのか」

京太郎「菫さん」

淡「聞いてよー!京太郎に辱められた!!」

京太郎「誤解を招く言い方をするな!!」

菫「……大方淡のせいだろ」

淡「まだ何も言ってないよ!?」

菫「今までのお前を見てれば分かる。締め切ってるな、窓開けるぞ」

淡「じゃあ京太郎のせい!!」

京太郎「なんでだよ!」

ガラッ

菫「ん、結構風が強…」ビュー

淡「大体京太郎は…」ブワッ

京太郎「あ……ピンク」

淡「……え」

菫「…………」

京太郎「…………」

淡「…………」

菫「……正直、すまない」

淡「……見た?」

京太郎「がっつり捲り上がってた。可愛らしいな」

淡「っ、馬鹿ー!!」

京太郎「ぶっ!?」バチーン

淡「うわーん!!」ダッ

菫「あ、おいどこに……いや、そっとしておくか」

淡(見られた見られた!!今日の結構子供っぽかったのに!!)

淡(ああもうせめて大人っぽいのなら……そうじゃない!!)

淡「……しばらく京太郎の顔見れないよ」


カンッ!!