明華「ねえねえ京太郎くん」

京太郎「なんですか明華さん?」

明華「Hなことをしましょう!」

京太郎「……えっ?」ドキッ

明華「ですからHなことをしましょう、つまりセ○クスです!」ドン!

京太郎「ちょっ!? 何言ってるんですか!!」

明華「大好きな人としたいと思うのは当然ですよね?」

京太郎「いや、わかりますけど……って明華さん俺のこと好きだったの!?」

明華「……そこが悲しいところなんですよねぇ、鈍感は罪ですね」

京太郎「いや、むしろ敏感すぎて早いくらいで……」

明華「みんなであれだけアピールしても反応がないのです、つまりもうこれは既成事実しか手がありません!」ジリジリ…

京太郎「あの…なんでこっちに来るんですかね……」ゴクリ…

明華「大丈夫です…京太郎くんは横になって気持ちよくなったら子種を出すだけで結構ですから……」

京太郎(やばいっ! 喰われるっっ!)

明華「とにかくレッツ既成事実です!」ガバッ!

京太郎「のわっ!」バタッ

明華「はぁ…京太郎くんっ……」スリスリ…

京太郎「こんな簡単に喰われてたまるかっ!」ドンッ!

明華「きゃっ!?」ドサッ

京太郎「この隙に逃げ……黒だとっ!!」クワッ!

明華「黒ってなん……きゃああぁぁぁぁぁっっ!!」バッ!

京太郎「あわ…あわあわわわわ……」

明華「見られました…これは責任を取ってもらうしかないですよね?」

京太郎「いや、元はといえばそっちが…こうなったら……」

明華「さあ覚悟してくださいね」

京太郎「逃げるんだよォォォーッ!」ダダッ!

明華「待ちなさい! 妊娠させてくれるまで絶対に逃がしませんよっ!」

カン!