「佳織さん、バレンタインデーなんです
夏の大会真っ最中なのにバレンタインデーなんです
清澄の皆は麻雀忙しすぎてそれどころじゃないようなんで
佳織さん、チョコください」
「言うと思って準備してました じゃーん」
「おお!なんと胸の谷間に溶けたチョコがああ!!
和並のボリュームないと出来ない技! くうう…」
「原村さんをまた引き合いに出すし
とにかく、はい、お召しあがれ」
「おおお… 佳織さんのにおいと汗と混じって最高のチョコだあ
じゅるるる…」
「ものすごい興奮しちゃって
数分後の私は彼から無理やりホワイトデーを喰らわされることに
なるのですね」