京太郎「ふんふんふーん」ジュー…ジュー…

穏乃「くんくん…いい匂いしてきたね!」ワクワク

淡「お腹すいたー!」チンチンチン

憧「こら淡、お行儀悪いわよ?」

淡「お腹減ったからしょうがないんだよこれはー」

憧「知ったこっちゃないわよ。ていうかこっち手伝いなさいよ」

淡「えー…シズだってやってないじゃーん。私だけ言うのー?」

穏乃「ぅ?私買い出し係だったよ?」

淡「え。…マジで?」

穏乃「うん」コクッ

淡「何もしてないの私だけ!?」

憧「そーよ。だから手伝って…」

京太郎「憧ー。そいつは片付けに使うからほっといていいぞー」

淡「あわっ!?」

憧「あー…ご愁傷様」

淡「」

咲「京ちゃーん、ご飯持ってきたよー」トテトテ

京太郎「そこ置いといてー。タコスと和の方はどうだった?」

咲「もうすぐタレの味の調整終わるみたい。他に持ってきて欲しい物ってある?」

京太郎「んー…他には塩と七味と…後レモンとかかな…」

咲「わかった、伝えと」「もう持ってきてるっすよ」「わひゃあ!?」

桃子「ステルスモモ、調味料携えてただいま参上っす!」ビシッ

京太郎「そこ置いといてー」

桃子「あ、はい…じゃなくて!せめてもう少し反応が欲し」「飲み物持ってきてー」「あ、はい…」

桃子「くすん…」トボトボ

咲「うわぁ…さすがに冷たすぎない?」

京太郎「いーんだよあれくらいで。一旦相手すると止まらんからな…食い終わった後に相手すれば機嫌直すよ」

咲「そうなんだ…」

優希「おーい!タレが完成したじぇー!」タタタ

和「ゆーき、走ると転びますよ」

京太郎「お、そんじゃはじめっか…焼き野菜パーティー!」

「「「「「「おー!」」」」」」

「…あれっ!?お肉無いの!?」

カンッ