女子「ねえねえ咲ちゃん。須賀君とはもうチューとかしたの?」
咲「え、えええ!? 急に何聞いて・・・」
女子「だって、ずーーっと仲良いし。正直に答えなさいよ~」
咲「え、えへへ・・・それはノーコメントってことで」
女子「ノーコメントだって! あーやーしーいー! きゃーー!!」
咲「あはは・・・」
女子「ねえねえ、じゃあえっちなコトは!?」
咲「ぶっ! ・・・そ、それは~~・・・えっと、じゃあノーコメントかな?」
女子「キャーーー!! あやしすぎる!!」
咲「え、えへへ・・・・・・ふぁ・・・くしゅん!」
女子「あれれ、そのくしゃみ。愛しの須賀君が咲ちゃんの噂してたからだったりして~」
咲「もう、からかわないでよー! うふふ」


男子「なあ須賀、お前宮永ともうヤってんの?」
京太郎「はあ? 何をさ」
男子「えっちなことに決まってるだろ!」
京太郎「やってねーよ、馬鹿!」
男子「えー? じゃあおっぱい揉むのは?」
京太郎「やってない。っつーか揉むほど無いだろアイツ」
(くしゅん!)
男子「チューとかは?」
京太郎「・・・やってない」
男子「なんだよツマンネーな」
京太郎「あのなあ。アイツはただ幼なじみなだけで」
嫁だな君「チューはしてただろ」
京太郎「・・・・・・」
嫁だな君「中学の頃に、誰もいない・・・とお前らは思ってた教室で。実は俺あの時見てた」
京太郎「・・・お前、こんなトコロで覗きの自白するなよ・・・いやアレは、その・・・モノのはずみと言うか・・・」
男子「なんだお前。つまり、中学の時にキスまでやってんのに、それ以上何もしてないってのか?」
京太郎「う・・・」
嫁だな君「そうなるな」
男子「・・・」
京太郎「なんだよ! だから俺と咲とは別に」
男子「イ○ポ野郎」
嫁だな君「イ○ポ野郎」
京太郎「うるせえおめーら!」


咲「(『ほっぺに』チューって・・・えっちなことに入るのかな? ・・・多分入るよね、うん)」

名前:
コメント: