竜華「京太郎はどこや!」バーン!!

京太郎「うわっ、竜華先輩!? なんですかいきなり……」

竜華「怜に膝枕したそうやな」

京太郎「へ? あぁ、はい」

竜華「ずるい」

京太郎「……はい?」

竜華「ずるいで! 京太郎の膝枕はウチのもんや!」

京太郎「いや何言ってんだアンタ!?」

竜華「いつも膝枕したったるやろ! せやから京太郎にされる権利はウチだけのもんや!」

京太郎「……えーっと。要するに膝枕してほしいんですか」

竜華「なんやわかっとるやないか。ほらはよ」グイグイ

京太郎「ちょっ、まだ昼食ってる途中っ!」

竜華「ウチに膝枕するんとベン・トー食うんとどっちが大事なんや!」

京太郎「何その二択!? あと弁当の発音がなんかおかしい!!」

竜華「えーい、ええから膝枕せえ!」グイグイグイ

京太郎「やだもうこの人どうしたの!? 普段のクールビューティーな竜華先輩はどこに!?」

竜華「ひざまくらああぁぁぁぁぁぁ!!」

京太郎「のわああぁぁぁぁぁぁ!!?!?」


続くわけがない