一「あ、京太郎く~ん。」

京太郎「お、こんにちは。一さん。こんな所で会うとは奇遇ですね。」

一「そうだね。あまり清澄の方には寄らないからね。」

京太郎「あぁー。もしかして、和とかに用事ですか?」

一「うぅん。違うよ。ちょっとした私用かな。あ、そうだ京太郎くんは今夜暇かな?」

京太郎「今晩ですか?まぁ、暇っちゃぁ暇ですね。両親も遅いですし。」

一「そっかぁ。お邪魔しても良いかな?」

京太郎「寧ろお願いしたいぐらいですね。」



京太郎「あんなに穏やかだったのにどうしてこうなった!?」

一「フフ。もう逃げられないよ。」

京太郎「ジリジリ寄って来ないでください。」

一「大丈夫。痛くはしないから。」

京太郎「嘘だッ!」

一「嘘じゃないよ。痛く“は”しないから。ね?」

京太郎「ふぅ。三十六計逃げるに如かず。」

一「逃がさないよ。」


一「フフッ。つっかまーえたー。」

京太郎「何する気ですか?」

一「練習だよ?」

京太郎「それは何の練習ですか?」

一「プロレスだよ?
  最初はね。(ボソッ)」

京太郎「最初はって言ったぁ!?」

一「違う“プロレス”もしたくないのかな?京太郎くんは?」

京太郎「…………お願いします」


カンッ