京太郎「……ん?なんだこのボタン」

咲「どうかした?」

京太郎「いやさ、引き出しの中に変なボタンがあってよ」

優希「試しに押してみるじぇ」

和「正体が分からないままと言うのも不安ですし。須賀くんお願いしても良いですか?」

京太郎「マジで押しても良いのか?」

和「何があっても恨みっこ無しにしますので。まあ、咲さんが反対するのでしたら話は違って来ますけど」

咲「ううん。私も押すのに賛成だよ?ちょっぴり興味もあるし」

京太郎「なんだよ咲も押すのに賛成なんじゃ俺断れねぇじゃん」

優希「いいからさっさと押せーっ!」

京太郎「はいよ。………じゃあ押すぞ」

ポチッ

パッ

咲「あ、テレビの電源が付いた」




玄『……………』




優希「映ってるのって確か阿知賀の先鋒だった…」

和「玄さん?でもどうして」



玄『せーのっ♪』

玄『でもそ~んなんじゃダ~メ♪』

玄『もうそ~んなんじゃほ~ら♪』

玄『ここっろ~は進化~す~るよっず~っとずぅ~っと♪』

テレッテッテレッテーテ テレテレッテレッテーテ テッテレ テッテレ テレッテッテレッテーテ

京太郎「は?」


~~~~~~~~~~~~~~~






~~~~~~~~~~~~~~~



玄『ふわふわり♪ふわふわる♪』

玄『あいつが名前を呼ぶそれだ~けで痛み悟~る♪』

玄『ふわふわる♪ふわふわり♪』

玄『あなたが笑っているそれだけでアウトにな~る♪』

玄『か~み~さ~まありがとお~♪運~命のいたずらでも~♪』

玄『全員アウトなのが~しあ~わ~せ~な~の♪』


プツッ

京太郎「………」

咲「………」

優希「………」

和「………」


デデーン 全員 アウトー





和「須~賀~く~ん~!!」ゴゴゴゴッ

京太郎「俺は悪くぬぇええ!!!」

優希「往生際が悪いじょ京太郎っ!!」

咲「………」ゴッ


スパパパパーン



カンッ