京太郎「い、いや……」

塞(もしかして私に声を……?)

シロ(私か……?ダル……)

豊音(うわわ、もしかして私にだったりして……///)

胡桃(えっ?ナンパ?どうしよう……///)

エイ(スシテンプラ)

トシ「まあ立ち話もなんだし、どこか入ろうじゃないか。いいね?」

京太郎「アッハイ」

喫茶店

トシ「みんな、何でも好きなの頼んでいいよ」

塞「それじゃあコーヒーを」

シロ「私もそれで」

胡桃「じゃあ私はココア」

豊音「えっと、何がいいかな……」

エイ「スシ!テンプラ!」

須賀「俺は自分で払いますよ」

トシ「いいっていいって。それより、あんた、この辺の子なのかい?」

京太郎「いえ、俺は麻雀部の応援に来てて……。あ、俺、須賀京太郎っていいます」

トシ「へぇ、奇遇だね。私らも全国大会の出場校なんだよ」

京太郎「そうなんですか!?」

トシ「まあね。うちの子らは強いよ。場合によっちゃ優勝だって狙える」

京太郎「そうなんですか」

トシ「須賀君のとこはどこの高校なんだい?」

京太郎「清澄高校です」

塞「喫茶店にはお寿司も天麩羅もないよ」

エイ「スシ・・・テンプラ・・・」

トシ「おや、清澄の……」

京太郎「知ってるんですか?」

トシ「いや……。おっと、それより注文をしないとね。誰か店員呼び出しボタンは押したかい?」

胡桃「まだだよ」

豊音「じゃあ私が押すね」

京太郎(ボタンを押すくらいではしゃいで可愛いな……。あの子、なんて名前なんだろう……)

トシ「私は熊倉トシ。この子たちの引率だよ。あんたたちも自己紹介しな」

胡桃「鹿倉胡桃」

塞「臼沢塞です」

豊音「姉帯豊音……です……///」

シロ「しろみ……」

エイ「スジテンプラ」

京太郎「ど、どうも……」

トシ「それにしてもあんたも変わってるねぇ」

京太郎「そうですか?」

トシ「こんなお婆さんをナンパするだなんて」

京太郎「ブーッ!」ゴホッ ゴホッ

豊音「わわ、大丈夫?ジュースが……」

京太郎「す、すみません姉帯さん。せっかくのハンカチが汚れちゃって……///」

豊音「だ、大丈夫です……///」

京太郎「ナンパだなんてそんな……」

トシ「おや、じゃあうちの教え子にナンパしたってのかい?」

京太郎「はい。すみませんでしたぁっ!」

塞「!?」

胡桃「!?」

豊音「!?」

シロ「ダル……」

エイ「スシ……テンプラ……」

トシ「おや、素直な子だね」

トシ「で、誰なんだい?誰が目当てで声をかけたんだい?」

京太郎「いやぁ……あはは……///」

塞(誰だろう……。シロかな……?)

胡桃(エイスリンは金髪だし可愛いし……)

シロ(疲れた……)

エイ(スシテンプラ)

豊音(誰をナンパするつもりだったんだろう……///)

京太郎「それよりコーヒーが冷めますよ」

塞「そうだな。……熱っ!?」

京太郎「大丈夫ですか!?」

塞「あ、うん。大丈夫だ。大丈夫だから……そんなにくっつかないで欲しい……///」

京太郎「す、すいません……///」

トシ「ヒューヒュー」

エイ「ンン、ヤルネェ……」

シロ「ダル……」

豊音「も、もしかして塞をナンパとかだったりして……///」

塞「えぇっ!?」

胡桃「破廉恥!」

トシ「どうなんだい?須賀君?」

京太郎「お、俺、俺……」

豊音「ドキドキ」

胡桃「ワクワク」

エイ「スシテンプラ」

シロ「ダル…」

京太郎「お、俺、買出しの用事があるんだった!」

トシ「おや、そうなのかい?」

京太郎「これ、御代です。それでは失礼します」ぺっこりーん

豊音「うわわ、行っちゃった」

塞「だね」

胡桃「でも、誰をお茶に誘うつもりだったんだろう」

シロ「案外胡桃だったりして」

胡桃「えぇーっ!?そんなことないって!バッカじゃないの///」

トシ「でも満更じゃないんだろう?」

胡桃「うぅ~……///」

エイ(スガキョウタロートイッタナ。スガダケニ、スガスガシイヤツダッタ)

シロ「何考えてるの?」

エイ「スシテンプラ」

京太郎「いや~、緊張した~」

優希「どうかしたのか?」

京太郎「優希か!?おどかすなよ」

久「まあまあ」

京太郎「部長もいたんですか。って、みんないるじゃないですか。
今日は試合がないから東京見物するんじゃなかったんですか?」

染谷「それがのう」

咲「あはは、私が迷子になっちゃって・・・。ごめんね、みんな・・・」

和「いえ、むしろ試合に備えて英気を養う為にも宿で休むのも大事です」

久「で、何があったの?」

染谷「まさか他校の生徒と問題でも起こしたんじゃなかろうな?」

京太郎「うっ……」

咲「京ちゃん……?」

優希「これは報告義務があるじぇ、犬……!」

和「なるほど。他校の生徒をナンパしたら引率の先生も一緒だったと……」

染谷「お前は何しに来とるんじゃ、ほんまに……」

京太郎「すみません……」

久「まあ、面白いから良し」

咲「えぇ~、それでいいんですか~?」

優希「うちの高校の評判が下がるじぇ!この犬のせいでな!」

京太郎「く、悔しいっ……でも言い返せないっ……」

久「その高校には明日謝りに行くわよ。それで須賀君の件は不問にしてもらいましょう」

京太郎「すみません部長」

久「何言ってるの?貴方も一緒に行くのよ、須賀君」

京太郎「いぃ!?俺もですか!?」

優希「当たり前だじぇ!」

和「当事者なのですから当然です」

染谷「じゃな」

久「で、須賀君。誰をナンパするつもりだったのかしら?」

京太郎「……内緒ですよ?」

咲「うん」

京太郎「あのな……」