京太郎「気が利いてんな、咲。いい嫁さんになるな咲は」

咲「そうかな?」

京太郎「ああ」

優希「京太郎のご飯にふりかけかけといたじょ」

京太郎「勝手なことをするな優希!」

優希「えぇーっ・・・」

和「須賀君の目玉焼きに塩を振っておきましたよ」

京太郎「余計な真似するんじゃない!」

和「すみません」

久「須賀君のデザートの雪見だいふく、一個食べちゃった」

京太郎「殴りますよ部長」

咲「あ、京ちゃん。ほっぺにご飯粒付いてるよ?取ってあげるね」

京太郎「ちょっ、恥ずかしいだろ咲///」

優希「京太郎!」

京太郎「何だよ優希?」

優希「お前、咲ちゃんにばっかり甘いんじゃないのか?」

京太郎「んなこたねぇよ」

久「そうかしら?」

染谷「こないだ、優希が京太郎の唐揚げにレモン汁かけたとき怒っとったんじゃなかったか?」

京太郎「そうでしたっけ?」

優希「そうだじぇ!咲ちゃんがかけたときは怒らないのに!こんなのっておかしいじぇ!」

咲「……」

京太郎「みんな何が言いたいんですか!?咲を特別扱いして何が悪いっていうんですか!?」

久「あちゃー、開き直っちゃったかー」

和「別に須賀君が咲さんを特別扱いしようがどうだっていいです。ただ……」

染谷「部の調和っちゅうもんを考えてもらわんと」

京太郎「でもっ!」

久「ねえ須賀君?どうして咲を特別扱いするの?幼馴染ってだけじゃああまではならないんじゃない?」

須賀「っか~、それを聞きますか部長」

久(ちょっとうざいわね……)

須賀「例えばですよ。例えばの話です」

和「ええ、何ですか?」

京太郎「例えばの話ですが、部長」

久「なあに?」

京太郎「好きな人はいますか?」

久「いえ、別にいないけど」

京太郎「話になりませんね。じゃあ染谷先輩。染谷先輩はどうですか?」

染谷「わしか?いや、わしも別におらんが……」

京太郎「上級生はみんな枯れ果ててますね」

染谷「失敬な奴じゃな」

久「ほんとよね」

京太郎「この部には誰か片思いでいいから恋してる奴はいないのか」

優希「あ……、私が……その……」

和「一応いますけど」

京太郎「じゃあ和。和は俺がお前のご飯に勝手にごま塩かけたらどうする?」

和「少しイラッとしますね」

京太郎「だろう?」

京太郎「でも、ご飯にごま塩を勝手にかけたのが和の好きな相手だったとしたらどうだ?」

和「それは・・・」

優希「あの、私にも好きな人がいますけど」

京太郎「許せるだろう?」

和「・・・・・・はい。その人になら例えご飯の上にスライスチーズを乗せられたとしても
笑って許せると思います。むしろ何をされても喜んでしまうと思います」

京太郎「だろ?つまりそういうことなんだよ」

久「なるほど。じゃあ須賀君は咲のことが好きなわけね」

咲「ふぇぇ~・・・///」

京太郎「なんでそういうことになるんですか!」

染谷「ちゃうのんか?」

京太郎「今の例え話って言ったじゃないですか」

優希「ほっ・・・。じゃあ、京太郎は咲ちゃんに恋してるってわけじゃないんだな」

京太郎「バカヤロウ!優希バカヤロウ!」

優希「えぇ~・・・。どゆこと~・・・」

京太郎「それはそれ、これはこれ」

和「まあ、須賀君が咲さんを特別扱いしてることについて私からは特に言うことはありません」

久「でも、人間関係が色々とね。現に優希がいつもイライラしてるわ」

優希「そんなことないんですけど!」

染谷「咲、お前は京太郎をどう思っとるんじゃ?」

咲「えぇ、私ですか?私はその・・・・・・///」

和「私も気になりますね。どうなんですか咲さん?」

咲「その・・・私は・・・///」

久「ほらほら~。You言っちゃいなYo!」

優希「どうなんだ咲ちゃん!」

咲「うぅ~・・・・・・」

京太郎「やめろ!咲が困ってるじゃないか!悪ノリが過ぎるんじゃないか!?」

咲「京ちゃん・・・・・・」

京太郎「みんなで寄ってたかって咲のわき腹を突っついて、俺をどう思うかだとか・・・・・・」

染谷「まあな。久、それに優希。お前さんらはやり過ぎじゃ」

優希「咲ちゃんごめん・・・・・・」

久「ごめんね咲。ちょっと調子に乗り過ぎたわ」

和「すみません咲さん」

咲「いえ、大丈夫ですヨ」

京太郎「それだけですか?」

久「え?」

京太郎「俺にも謝って下さい」

優希「えっ?何でそうなるんだじぇ?」

久「私も今のはちょっとわからないわ」

和「同感です」

京太郎「わからないんですか!?まったく・・・・・・。染谷先輩ならわかってくれますよね」

染谷「いや、さっぱりわからん」

京太郎「はぁ・・・。こんなこと説明させないで下さいよ」

久「何で上から目線なのよ」

優希「早く説明するじょ」

京太郎「咲に俺のことどう思ってるか今聞いてましたよね?」

久「ええ」

京太郎「もしですよ?もし咲が俺のこと大好きって言ったらどうするんですか?もしそんなこと咲が言ったら俺は・・・俺は・・・」

和「・・・どうなるっていうんですか?」

京太郎「照 れ る じ ゃ あ な い か」

優希「死ねっ!」

久「どうしようもないわね」

和「須賀君は本当に馬鹿ですね」

染谷「しょうがない奴じゃのう」

咲「うぅ・・・・・・///」

和「じゃあ咲さんに、須賀君なんて何とも思ってません。嫌いです。そう言われたらどうするんですか?」

京太郎「・・・・・・・・・」

優希「何黙ってるんだじぇ京太郎」

久「どうしたのよ?」

染谷「京太郎・・・・・・お前、泣いとるんか・・・・・・?」

京太郎「そんなこと言われたら俺、悲しいです」

優希「・・・・・・・・・」

和「・・・・・・・・・」

久「・・・・・・・・・」

染谷「・・・・・・・・・」

咲「京ちゃん・・・・・・・・・」

久「さて、部活動に戻りましょうか」

優希「そうだな」

和「そもそも、部活中に食事してる須賀君が悪いんですからね」

染谷「そもそも何で部活中に飯なんか食うとるんじゃあんたは」

京太郎「当時はまだ若く、お腹が空いていました」

咲「京ちゃん、片付け手伝うよ」

京太郎「ありがとう咲」

和「咲さん、須賀君を甘やかさないで下さい」

久「そうよ。咲も須賀君を甘やかし過ぎなんじゃないの?」

優希「そうだそうだ!」

染谷「ただの幼馴染にしては世話焼き過ぎなんと違うか?」

咲「それは・・・・・・」

京太郎「咲を責めるな!責めるなら俺を責めろ!」

久「はいはい、須賀君は黙っててちょうだいね」

和「教えて下さい咲さん。咲さんと須賀君はどういう関係なんですか?咲さんは須賀君をどう思っているんですか?」

咲「あのね・・・・・・」